クロマグロと黒毛和牛を比べてみた





最高の刺し身が味わえる「クロマグロ」と、国産牛の最高峰「黒毛和牛」を比べてみました。


プロフィール

クロマグロ

・太平洋の熱帯から温帯に広く分布する大型魚
・大きいものでは体長3m 重さ400kgを超える
・赤身で適度に脂が乗っており最高級の寿司・刺し身ネタ
・絶滅危惧種2類に指定されており、天然ものは値段が高騰
・一般に流通しているものは、ほぼ養殖(正確には蓄養)


黒毛和牛

・和牛の一つ黒毛和種の事(和牛とは国産牛と言う意味ではなく、牛の特定の品種の事)
・体重 雌450kg 雄700kg程度
・1日増体量は 800g(毎日800g太る ドキ)
・世界最高の肉質と称され、脂肪交雑(サシ、霜降り)が入り柔らかくてジューシー
・代表的なブランドとして 神戸牛 松阪牛など


比べてみました

どちらも最高級食材ですが、今迄で一番高額な記録を見てみましょう。
クロマグロ1匹 1億5540万円 キロあたり700,000円
黒毛和牛1頭 5000万円 キロあたり73,700円
この食材を使って最高の逸品を作りましょう。

クロマグロの握り

寿司ネタ用切り身を20g 歩留まり65%として
お待たせ致しました、どうぞお召し上がる下さい。
一皿(2貫)40g  43,000円なり

黒毛和牛のステーキ

ステーキ肉200g 歩留まり30%として
ご注文の品はこちらで宜しいでしょうか。
黒毛和牛ステーキ200g 49,100円です

食材の部位を特に指定せず平均的な価格を算出しましたが、大トロやサーロインならさらに価格が跳ね上がるでしょう。

近年クロマグロは、蓄養(幼魚のクロマグロを生け簀等で成長させ出荷する事)や完全養殖の技術も定着されつつあり、値段も手頃になっています。

牛肉もサシ霜降りの多い黒毛和牛一辺倒から、赤身の多い赤牛(褐色和種)や黒毛和牛とアンガス種を掛け合わした交雑種などバリエーションが広がっています。

さて今夜の食卓は、クロマグロ それとも黒毛和牛

え、私ですか もちろん かしわです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.