アメリカNo1モータースポーツNASCAR コース編





年間観客動員数400万人とも言われる NASCARの魅力を紹介していきます。

NASCARとは、アメリカ合衆国でのみ行われる、全米人気No1モータースポーツ(数少ないが過去に日本など海外開催有り)。当サイトでは時速320km/h(200mile/h)オーバーで疾走する最上級カテゴリー「モンスターエナジーNASCARカップ・シリーズ」を中心に紹介します。

余談ですがNASCARのカテゴリー名は、タイトルスポンサーにより決まります。
1972~2003年 ウィンストンカップシリーズ スポンサー R.J.レイノルズタバコ社
2004~2007年 ネクステルカップシリーズ スポンサー スプリント・ネクステル
2008~2016年 スプリントカップシリーズ スポンサー スプリント・ネクステル
2017~ モンスターエナジーカップシリーズ スポンサー モンスターエナジー


NASCARの特徴「オーバルトラック」
ヨーロッパや日本で行われるモータースポーツは、ロードコースと呼ばれるコーナー・直線・加速減速を繰り返すテクニカル指向の強いサーキットが殆どです。

それに対しNASCARでは、オーバルトラック 楕円の形で直線とバンクの付いたコーナーで構成されたコースを周回します。(年2戦ロードコース有り)
このコースの差がNASCAR独特のテクニックや戦略、ドラマチックなレースを生み出します。NASCARでは、最後の一周でトップが入れ替わる事もよくあります。
それでは、代表的なオーバルトラックを二つ見てみましょう。




ブリストル・モーター・スピードウェイ

一周 858mのショートオーバル(別名ハーフマイル)
バンク角 最大28°
最高速220km/hオーバー
写真中程の楕円の部分がコース その外側は全て観客席で収容人数160,000人を誇る。またどの席に座ってもコース全体が見わたせる様設計されており、アメリカンエンターテーメントを感じさせる。
ドライバーは常に加速・減速・コナーリングを強いられ、最もタフなコースとも言われる。


デイトナ・インターナショナルスピードウェイ

一周 4,023m NASCAR屈指のスーパースピードウェイ
バンク角 最大31°
速度が上がり過ぎるためエアリストリクタープレートの装着が義務付けられている。
(馬力が推定800→500にダウン)
にも関わらず最高速320km/h(200mile/h)を叩き出す。
NASCARの開幕は デイトナから
300km/hオーバーでのドラフティングは、圧巻 一見の価値有り。(普通に車押してます)


それでは、圧巻のドラフティング映像を御覧ください。

こちらは、ブリストルの迫力の映像です。

NASCARモンスターエナジーカップシリーズは、日テレジータスでご覧いただけます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA