木枯らし一号と春一番を比べてみた





秋もそろそろ終わりかなという時期になると、北西の冷たい風が吹くことが有り、クリーニング店に預けっぱなしのコートを思い出します。また冬の終わり頃急に暖かい南風が吹くと、女性のスカートの丈が気になります。

今回は、季節の変わり目に吹く強い風「木枯らし一号」と「春一番」を比べてみました。


プロフィール

木枯らし一号

・発生時期 10月半ばから11月末
・発生条件 西高東低の冬型の気圧配置 北寄りの風 風速8m/s以上
・毎秋最初の木枯らしを「木枯らし一号」として発表


春一番

・発生時期 おおむね立春から秋分の間
・発生条件 日本海に在る低気圧に向かって南から暖かい風が吹き込む。風速8m/s以上 前日に比べて気温が上昇
・この条件に当てはまる一番最初の風を「春一番」と呼ぶ


比べてみました

まず前提ですが、一般的に「風は、気圧の高い方から低い方へ吹く」(実際には高気圧は時計回りの渦状に風を吹くので真っ直ぐではないが)
これは水が高い方から低い方へ流れるのと同じです。また気圧の差が大きい(等圧線の間隔が狭い)ほど強い風が吹きます。

上の図「木枯らし一号」を見てみましょう。冬型の気圧配置「西高東低」になっています。大気は大陸に在る寒気を伴った高気圧から、日本の東海上に在る低気圧に向かって流れます。風向きは北西の風になり、冬の到来を予感させます。

下の図「春一番」では日本の南海上に在る高気圧から、日本海に在る低気圧に向かって暖かい南寄りの風が吹くのが解ります。気温は上昇し、春の訪れを感じさせます。

この様に季節の変わり目に吹く風ですが、一つ違いがあります。木枯らし一号は関東地方(東京)と近畿地方(大阪)でしか発表されませんが、春一番は那覇・仙台・札幌を除く多くの地方で発表されます。春を待つ人々がそれだけ多いという事でしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.