NASCAR チーム・ドライバー 一覧 紹介 シボレー編2

2017年NASCAR チーム・ドライバー紹介もシボレー後編を残すのみとなりました。前回も書きましたが、カップ戦のドライバーズポイントで、カイル・ラーソンがトップを走るという嬉しい誤算 下克上NASCARを演じています。今年のプレーオフに残れる16名は誰なのか?熱い戦いは、まだまだ続きます。それでは、NASCARチーム・ドライバー紹介 シボレー後編です。






Richard Childress Racing(リチャード・チルドレス・レーシング)

・NASCARカップ戦 シリーズチャンピオン 6回(ドライバーは全てデール・アーンハート)
・オーナー リチャード・チルドレス(元NASCARドライバー)
・ドライバーの育成に定評がある。
・2017年は、3・27・31号車を出走

3 Austin Dillon(オースティンディロン)

・リチャード・チルドレスの孫
・2011年から2013年に掛けて数チームからスポット参戦 2014年以降リチャード・チルドレス・レーシングよりレギュラー参戦
・NASCARカップ戦での最高順位 3位
・2017年 伝統の3号車のドライバー

27 Paul Menard(ポール・メナード)

・27号車のスポンサーであるホームセンターMenards創設者ジョンメナードJr.の息子
・2011年よりリチャード・チルドレス・レーシングのドライバーに
・NASCARカップ戦 1勝(2017,3,19まで)
・2017年 27号車のドライバー 黄色ベースのカラーリングが多いようです。

31 Ryan Newman(ライアン・ニューマン)

・ペンスキー スチュワート・ハースを経て2014年からリチャード・チルドレス・レーシングのドライバーに
・NASCARカップ戦 18勝(2017,3,19まで)2017年第4戦フェニックスで4年ぶりの優勝
・2008年 デイトナ500優勝 2014年 年間シリーズ2位
・2017年 31号車のドライバー CAT(猫ではありません、キャタピラーです)のロゴが目印。


JTG Daugherty Racing( JTG・ドハティ・レーシング)

・オーナー Tad Geschickterと元NBAのブラッド・ドハティ
・2017年は、37・47号車を出走

37 Chris Buescher(クリス・ブッシャー)

・フロント・ロー・モータースポーツから2017年 JTG・ドハティ・レーシングに移籍
・NASCARカップ戦 1勝(2017,3,19まで)
・2017年 37号車のドライバー

47 A. J. Allmendinger(A. J.アルメンディンガー)

・6度の移籍を繰り返し2013年からJTG・ドハティ・レーシングに
・NASCARカップ戦 1勝(2017,3,19まで)
・2017年 47号車のドライバー






その他のチーム・ドライバー

Circle Sport – The Motorsports Group(サークルスポーツ – モータースポーツグループ) 33 Jeffrey Earnhardt(ジェフリー・アーナート)

Germain Racing(ジェルマン・レーシング) 13 Ty Dillon(R)(タイ・ディロン)

Leavine Family Racing(リービン・ファミリー・レーシング)95 Michael McDowell(マイケル・マクダウェル)

TriStar Motorsports(トライスター・モーターズ)72 Cole Whitt(コール・ホイット)

Premium Motorsports(プレミアム・モータースポーツ)15 Michael Waltrip(マイケル・ウォートトリップ)15 Reed Sorenson( リード・ソレンソン)55 Derrike Cope(デリケ・コープ)

Rick Ware Racing(リックウェア・レーシング)51 Timmy Hill(ティミー・ヒル)51 Cody Ware(コーディー・ウェア)51 Stanton Barrett(タントン・バレット)51 Kevin O’Connell(ケビン・オコネル)

Beard Motorsports(ビアード・モータースポーツ)75 Brendan Gaughan(ブレンダン・ゴーハン)

Tommy Baldwin Racing(トミー・ボールドウィン・レーシング)7 Elliott Sadler(エリオット・サドラー)

2017年フェニックスの映像です。ライアン・ニューマンの勇姿を御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA