山形県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 東北 (四輪自動車)

山形県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


高畠町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山形県東置賜郡高畠町

山形県南部 農業地帯、米どころ置賜地方にある人口約23,400人の町

左側に町のマスコットキャラクター「はたっき(左)」「たかっき(右)」
右側に阿久津八幡神社三重塔、まほろば(住みやすい場所の意)古の里歴史公園の竪穴式住居が描かれています。

高畠町は昼夜の気温差が大きく、美味しい農作物が沢山生産されています。デラウエア(ぶどうの品種)の生産量は日本一です。山形の美味しいお米、ブランド米として急成長を遂げた「つや姫」は、置賜産のものが大変人気が高いです。高畠町では有機栽培や無農薬栽培の「つや姫」も生産されています。

スポンサーリンク


河北町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山形県西村山郡河北町

山形県のほぼ中央にある雛とべに花の里 人口約18,600人の町

河北町は「雛とべに花の里」をキャッチフレーズにしており、ナンバープレートにもお雛様が紅花を持った姿が描かれています。河北町と雛の関わり合いは古く、500年ほど前、城主白鳥十郎が開いた旧暦3月2日の「節句市」、「おひな市」が始まりと言われています。現在は、4月2日3日に河北町谷地で「ひな市」が立ちます。詳しくはコチラ「谷地ひなまつり

また河北町で生産される「スリッパ」は、輸入品では真似の出来ない品質とデザインが売りで、全国生産量の約4割を占めます。


寒河江市(さがえし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山形県寒河江市

山形県のほぼ中央 寒河江川に育まれた内陸の市 人口約40,700人

慈恩寺の三重塔と、夜空に浮かぶ満月に見立てたサクランボが描かれています。寒河江市は置賜地区同様内陸型気候で、昼夜の寒暖差が大きく美味しい農作物が沢山収穫できます。サクランボの生産量は、県内第三位を誇ります。(山形県のサクランボ生産量は、全国の収穫量の約7割を占めています。)

また地区内には清流寒河江川が流れ、良質のお米が収穫されています。寒河江市ではタンパク質含有率5.7パーセント以下に設定した「厳選つや姫」の生産に取り組んでおり、全国的にも人気が高いです。寒河江市のつや姫についてはコチラ


新庄市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山形県新庄市

山形県北東部 交通の要衝 人口約36,000人の市

市の木もみと市の花あじさいが描かれています。右下に居るのは、市の公式キャラクター「かむてん」です。かむてんは、「幽遊白書」「HUNTER✖HUNTER」の漫画家「冨樫義博」がデザインしました。

冨樫義博は新庄市出身で、他にも市の広報誌の表紙で新庄まつりの様子も書いています。新庄まつりは市を代表するイベントで、色鮮やかに飾り付けられた山車が市内を巡行します。


天童市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山形県天童市

山形県の中央 東側に位置する人口約62,000人の市

招福のシンボル「左馬」が描かれています。プレートの形は、将棋の駒をイメージしてます。天童市で創られる将棋の駒は、全国の95%を占め国の伝統的工芸品の指定を受けています。

天童市の特産品に縁起物の置物として室内の装飾に用いられる、将棋の駒の形をした「置き駒・飾り駒」があります。駒に描かれる文字には、王将や左馬がよく使われます。また天童市は昔から木工が盛んで、デザイン性の高い家具が生産されています。天童市の観光と物産はコチラ

スポンサーリンク


東根市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山形県東根市

山形県の中央 宮城県と接する自然豊かな田園都市 人口約47,500人

さくらんぼが描かれています。色・艶からして、「佐藤錦」でしょうか?東根市はさくらんぼの生産量日本一です。プレートをよく見ると、「さくらんぼ東根市」と書かれているのが解ります。ちなみに山形新幹線の駅名は「さくらんぼ東根駅」です。さくらんぼの代表品種「佐藤錦」は東根市で作出されました。

またもも、ぶどう、梨、りんご、ラ・フランスなども生産されており、いつ来ても最高の味に出会えるをモットーに「果樹王国ひがしね」を宣言しています。


スポンサーリンク

舟形町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山形県最上郡舟形町

山形県の北東部 小国川が流れる古代ロマンの里 人口約5,500人の町

最上川に流れ込む小国川と若あゆが描かれています。右側に居るのは、国宝「縄文の女神」をデフォルメした、西ノ前土偶キャラクター「めがみちゃん」です。

縄文の女神は舟形町「西ノ前遺跡」から出土した縄文土偶で、高さが45cmあり現在日本最大の土偶で国宝に指定されています。また土偶にしては珍しく、欠損部分がなく完全な形で復元されています。ちなみに八頭身の均整のとれたべっぴんさんです。もっと知りたい舟形町はコチラ


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.