福島県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 東北 (四輪自動車)

福島県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ


小野町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県田村郡小野町

福島県阿武隈山系の中部 四方を山に囲まれた笑顔とがんばりの町 人口約10,200人

背景に描かれる桜は、「夏井川の千本桜」でしょうか。此処におわすお方は、平安時代の美人歌人「小野小町」をモチーフにした、知的でかわいらしい公式イメージキャラクター「小桜ちゃん」です。小野小町の生誕地や家系は謎の部分もありますが、美人の多い小野町が生誕地とする説には説得力が有ります。(美人に謎は付きものです)

また小野町には、リカちゃん人形が作られていく様子を見学できる「リカちゃんキャッスル」が在ります。


喜多方市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県喜多方市

福島県内陸部北部に有る 蔵の街 人口約48,000人の市

蔵の白壁を背景に、3大ラーメンの1つとも言われる「喜多方ラーメン」が描かれています。喜多方の街を散策すると、すぐに「蔵」に出会えます。この街の蔵は店舗、住まい、作業場、貯蔵庫など暮らしの一部として使われています。

喜多方ラーメンは豚骨・煮干のスープと太麺が基本で、あっさりとした味わいです。

また地区内山都町の「山都そば」も有名で、そばの実の中心部分「一番粉」を多く使い、つなぎ粉を用いない「10割そば」は、他のそばより白っぽくコシと歯ごたえが有ります。

スポンサーリンク


いわき市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県いわき市

福島県の東南端 太平洋に面する人口約346,000人の市

上部に虹 下に海を配置し、その狭間に、いわき市の代表的リゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」のシンボル ハイビスカスとフラガールが描かれています。スパリゾートハワイアンズは東北一集客力のあるリゾート施設で、年間140万~150万人が足を運びます。

またいわき沖の太平洋は寒流と暖流のぶつかる場所で、サンマ・カツオなどの水産物が美味しい事で知られています。


鏡石町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県岩瀬郡鏡石町

福島県南部内陸 田んぼも光り輝く都市 人口約12,340人

鏡石町のナンバープレートは、町の花木「あやめ」「しだれ桜」、文部省唱歌「牧場の朝」、鏡石町公式キャラクター ホルスタインの「牧場のあーさー♪」の図柄になっています。

鏡石町にある「岩瀬牧場」は日本初の西欧式牧場として、明治時代に誕生しました。この岩瀬牧場をモデルに創られたのが、文部省唱歌「牧場の朝」で、鏡石町のシンボルソングになっています。公式キャラクター「牧場のあーさー♪」は、岩瀬牧場に、オランダから輸入された13頭の乳牛の子孫です。現在「岩瀬牧場」は観光化され、バター作りや収穫体験、小動物ふれあいコーナー、フラワーガーデンなど、家族で一日楽しめる施設になっています。

また鏡石町では2012年より「窓から眺める絵本 ~もう一つの”図書館”~」をコンセプトに「かがみいし田んぼアート」を行っています。また11月から1月にかけては、太陽光発電パネルと発光ダイオードを組み合わせ「輝る田んぼアート LEDイルミネーション~きらきらアート~」も実施しています。


楢葉町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県双葉郡楢葉町

福島県浜通り真ん中あたり 復旧・復興を遂げる町 人口推定3,500人

2018年、震災とそれに伴う原発事故から7年が経ち、楢葉町は徐々に町の機能を取り戻しつつあります。小・中学校の再開や合同運動会の開催、災害公営住宅の完成、消防屯所の復旧、「ゆずの里ロードレース大会」を7年ぶりに実施し、町のシンボルであったJヴィレッジも一部再開しました。

楢葉町のご当地ナンバープレートは、震災からの復旧・復興を遂げる町をPRし、地域活性化や町への愛着を深める願いを込めて交付されました。ナンバープレートには、楢葉町の特産品「ゆず」をPRするマスコットキャラクター「ゆず太郎」が描かれています。(楢葉町の「ゆず」の特産品化は、道半ばです。近い将来、ゆず酒、ゆずポン酢、ゆずこしょうが、商品化されることを期待しましょう。)


北塩原村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県耶麻郡北塩原村

福島県北西部 地区内に桧原湖を有する人口約2,700人の村

村の花ミズバショウと磐梯山が描かれています。磐梯山は会津富士、会津磐梯山とも呼ばれ、現在も活動する活火山です。1888年の大噴火で周辺の集落に大きな被害が出ました。この時の噴火で、山体崩壊を起こし周囲の川を堰き止め桧原湖などの湖が形成されました。

現在桧原湖ではブラックバスフィッシングが盛んで、観光資源の1つになっています。桧原湖のバスは主に「スモールマウスバス」で、クランクなどの巻き物によく反応し、釣り人に人気の魚種です。毎年JB日本バスプロ協会のトーナメントが行われます。また冬にはワカサギ釣りが楽しめます。


国見町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県伊達郡国見町

福島県北部 宮城県との境にある義経ゆかりの町 人口約9,300人

国見町キャラクター「くにみももたん」です。国見町ゆかりの源義経の装束に特産品のももを組み合わせたデザインです。

源頼朝と袂を分かった義経は奥州藤原氏の元へ身を寄せます。やがて奥州の地で自害する義経ですが、国見町にも伝説や伝承地が数多く残されています。国見町では、これにちなんだ「義経まつり」が行われています。

また国見町特産品の「もも」は全国9位の出荷量を誇り、町の部では1位です。


桑折町(こおりまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県伊達郡桑折町

福島市の北 果物の町 人口約12,000人

国の重要文化財の旧伊達郡役所、特産品の桃の花、ホタルとPRキャラクター「ホタピー」が描かれています。ホタピーは桑折町の初夏の名物ホタルと特産品の桃を組み合わせたデザインです。

桑折町の桃は質が高いことが知られており、「献上の桃」と言われ皇室・宮家への献上桃として指定を受けています。桑折町はりんごの生産も盛んで、「王林」発祥の地でもあります。また「旧伊達郡役所」は町のシンボル的存在で、明治初期の面影を残す数少ない建築物の一つです。


スポンサーリンク

本宮市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県本宮市

福島県の中央部 交通の要衝本宮市 人口約30,700人

本宮市のイメージキャラクター「まゆみちゃん」です。まゆみは本宮市の木に選ばれており「まゆみちゃん」は、まゆみの木の実がモチーフです。お腹の部分に福島県がシルエットで描かれており、「福島のへそのまち本宮」を表す、かわいいおへそがあります。

本宮市の特産品に「本宮烏骨鶏」があります。烏骨鶏は滋養強壮の薬用鶏として知られ、皮膚や骨まで黒色のニワトリの一種です。本宮市では、エサや交配の研究を積み重ね「本宮烏骨鶏」として、ブランド販売しています。


会津若松市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県会津若松市

福島県西部 会津地方の中心都市 人口約122,000人

SAMURAI CITY会津若松市のナンバープレートです。「伊達政宗公」が城主を努めた「鶴ヶ城」をモチーフにした、観光PRキャラクター「お城ボくん」が描かれています。お城ボくんはタイムボカンシリーズで監督を努めた、会津若松市出身の「笹川ひろし氏」ががデザインしました。(鶴ヶ城こと会津若松城は、明治維新の時に新政府軍のアームストロング砲などの猛攻を、1ヶ月間持ちこたえ耐え抜いた難攻不落の城です。)

もののふの郷、会津若松には「鶴ヶ城」を初めとする日本史上重要な史跡が沢山あります。また国の伝統工芸に指定されている「会津漆器」は、伝統的技法を守りつつも、最新技術を積極的に取り入れ、常に新しいものに挑戦しています。

スポンサーリンク


郡山市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県郡山市

福島県の中央 東日本の交差点・陸の港郡山市 人口約334,000人の市

郡山市は「音楽都市・郡山」「楽都・郡山」を全国にPRしています。その役目を担っているのが、ご当地キャラバンド「がくとくんバンド」です。メンバーは「バンドのリーダー Bassがくとくん(プレート左下)」「Keyboardおんぷちゃん(プレート右上)」「Drumsスーパー環太郎」です。

また郡山市は稲作が盛んで、ブランド米「あさか舞」が有名です。


須賀川市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県須賀川市

福島県の中部 福島空港を有する人口約76,600人の市

ウルトラマンの産みの親「円谷英二氏」の出身地須賀川市は、M78星雲光の国と姉妹都市( Sister Cities)の提携を結んでおり、文化交流が盛んに行われています。市の中心地、松明通りでは、ウルトラマン・ウルトラ兄弟・宇宙怪獣などのモニュメントが沢山設置されています。詳しくはコチラ「すかがわ市M78光の町

また須賀川市では毎年11月の第2土曜日に「松明あかし」の祭りが行われます。日本三大火祭りの一つに数えられることがあり、幾つもの巨大松明に一斉に火が付けられる光景は壮観です。


棚倉町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県東白川郡棚倉町

福島県南端 東北の小京都 人口約13,900人の町

ナンバープレートに印刷されているのは、棚倉城跡の亀ケ城公園です。江戸時代この地方は棚倉城(別名:亀ケ城)の城下町として栄えました。

また閉店時間の合図「蛍の光」の作詞をした稲垣 千穎(いながき ちかい)は、棚倉町出身です。また棚倉町はブルーベリーの生産が盛んで、ジャムやドリンクなどの加工品としても出荷量されています。観光情報はコチラ


スポンサーリンク

西会津町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県耶麻郡西会津町

福島県の西部 新潟県と接する人口約6,200人の町

町の花、おとめゆりの下に西会津町キャラクター「こゆりちゃん」が居てます。よく見ると下駄(桐下駄)を履いているのが解ります。桐下駄は西会津町の特産品で、町では「桐下駄マラソン」「桐下駄投げ」「桐下駄飛ばし」のイベントが行われています。

西会津町は「日本の田舎、西会津町。」をキャッチフレーズに観光に取り組んでいます。大山祇神社や鳥追観音、町のいたる所に古き日本の面影が残っています。観光情報はコチラ


福島市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福島県福島市

福島県の北部に有る県庁所在地 福島市 人口約291,000人

福島県の県庁所在地福島市、ナンバープレートに書かれている様に「くだもの王国」です。「桃」は全国有数の生産量を誇り、「梨」は市区町村別で日本一です。また「りんご」「ぶどうも」の栽培も盛んです。

また、市内松浪町にあるJRA福島競馬場は、一周約1600m直線300mと短く、一攫千金の配当が出るかもしれません。

福島市は温泉も豊富で、アクセスも良く手軽に楽しめる「飯坂温泉」・多くの泉質を楽しめる、こけしでも有名な「土湯温泉」・お肌がすべすべになる乳白色の「高湯温泉」とタイプの違う温泉が揃ってます。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください