徳島県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

徳島県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


石井町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

徳島県名西郡石井町

徳島県北東部 なだらかな丘陵地の街 人口約25,300人

石井町イメージキャラクター「ふじっこちゃん」の描かれたナンバープレートです。ふじっこちゃんは町の花「藤」から生まれた妖精で、髪の毛が藤の花房になっています。石井町のシンボル、樹齢200年余りの紫藤があるのが「藤の寺地福寺」で、こちらの花房は1mにも及びます。地福寺では、毎年4月下旬から5月上旬に「藤まつり」が開催され、町内外から多くの人が訪れます。

また石井町と上板町を結ぶ「高瀬橋」は、吉野川に架かる最長の沈下橋です。(地元では潜水橋と言うようです。)全長は522mありますが、水面から数メートルの高さに架っているため、増水時には水没します。増水時に流木などが引っかからないように、欄干はありません。このため転落事故が起きないように注意が必要です。①スピードを落として注意して走る。②道幅が3mしか無いので対向車が来ていないのを確認して渡る。③自転車・単車・歩行者とすれ違う時は車を止めて行き過ぎるのを待つ。

スポンサーリンク


徳島市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

徳島県徳島市

徳島県東部 県庁所在地 阿波おどりの街 人口約257,600人

阿波おどりに使われる、提灯の形をしたナンバープレートに、男踊りと女踊りが描かれています。徳島県内のみならず、全国で多数開催される阿波おどりですが、中でも日本最大規模を誇るのが本場徳島市の「阿波おどり」です。毎年8月12日から15日まで4日間開催され、100万人以上の人出で賑わい、徳島市は阿波おどり一色に包まれます。

阿波おどりが最高に盛り上がるのが、その日の締めとなる「総踊り」で、有名連(阿波おどりを踊る団体、グループのことを連と呼びます。)が次々に登場し華やかな踊りを披露します。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA