F1とNASCARを比べてみた





自動車レースの最高峰 F1世界選手権(フォーミュラ1以下F1)とNASCARトップカテゴリー モンスターエナジーNASCARカップ・シリーズ(長いので以下NASCAR)を比べてみました。


プロフィール

F1

・パワーユニット 2016年現在 メルセデス フェラーリ ルノー ホンダの4社が提供している。
・推定馬力は、エネルギー回生システム込で 600~900馬力
・シャーシ 車輪とドライバーが剥き出しになっている。カーボンファイバーが使用されている。
・最低重量 ドライバー込みで 722kg
・最高速度 イタリア モンツァ 370km/h 日本 鈴鹿 320km/h位
・価格 開発費込みで1台10億~20億位


NASCAR

・エンジン 2016年現在 GM フォード トヨタの3社が提供している。
・推定馬力は、 840馬力(デイトナ タラデガのコースではエンジンにリストリクタープレートを取り付けることにより500馬力に制限)
・シャーシ 市販車ベースのスットクカー(実際にはパイプフレームに金属板を貼りつけ市販車を模した物 チタンなど高価な素材は禁止されている。)
・2012年より燃料噴射装置を導入(それ以前はキャブレター)
・最低重量 1,560kg
・最高速度 330km/h位
・価格 1台 1500万円前後


比べてみました

いやーF1高いですねぇ。チームの年間予算が100億~500億とも言われています。莫大なお金を使って、少しでも速い車を作るという事でしょうか。

一方NASCARでは、「お金を使って速い車を作る」と言う考えが有りません。(禁止されている) エンジンもシャーシもレギュレーションで細かく決められており、どのマシーンも大きな性能差は有りません。エンジンはV型8気筒OHV5,86リットル 車体は第6世代(Gen-6) タイヤはグッドイヤー製で統一されています。

このように共通の物を使う事によって車両製造コストを下げ、多くのチームがイコールコンディションで参加出来るようにしています。F1では20台前後でレースがおこなわれますが、NASCARでは40台前後です。

さてほぼ同じ性能のマシーンが40台 一斉にゴールを目指すとどうなるでしょうか?御覧ください。