「御食国」淡路島のソウルフード「淡路島牛丼」-兵庫県淡路市・洲本市・南あわじ市-


淡路島は古代から平安時代まで、朝廷や皇室に美味しい食材を献上する「御食国」(みけつくに)と言われ、今現在も農産・畜産・水産の美味しい食材を、近隣の街に数多く出荷しています。そんな淡路島のソウルフードが「淡路島牛丼」。
淡路島牛丼のお約束は
・関西ブランド牛の祖「淡路牛」を使う。
・香り高い「淡路島のお米」を使う。
・甘く辛みの少ない「淡路島たまねぎ」を使う。

淡路島では各店舗が工夫をこらした、さまざまな牛丼に出会えます。
詳しくはコチラ 淡路島牛丼プロジェクト

画像出典元 淡路島観光協会ホームページより引用

淡路島牛丼で使われている食材の中でも、全国的に人気で有名なのが「淡路島たまねぎ」です。長めの育成期間を経て完熟してから収穫し、風通しの良い玉ねぎ小屋で乾燥され出荷されます。他の地域の玉ねぎより、辛みが少なく、甘く、柔らかいのが特徴です。

画像出典元 JA全農兵庫ホームページより引用

浜田の水産ブランド「どんちっち三魚」-島根県浜田市-


島根県の沖合は、黒潮から分かれた対馬暖流が流れる日本有数の好漁場で、脂の乗った美味しい魚が獲れます。
なかでも、他の地域よりも旬(初夏)の脂の乗りが 格段に優れた「アジ」、高級魚の「ノドグロ」(アカムツ)、日本有数の水揚げ量を誇る「カレイ」の三種を「浜田のどんちっち三魚」としてブランド化しています。水揚げされる時期や脂の乗り、体長など細かい規格をクリアしたものだけが「どんちっち」ブランドとして認定され、ブランドシールが貼られ出荷されます。
(どんちっちとは、地元の伝統芸能「石見神楽」のお囃子)

どんちっちブランドシール
画像出典元 浜田市ホームページより引用

また島根県は、カレイ塩干品の生産量が全国一で、そのほとんどが浜田市で生産されています。「浜田の干しカレイ」は、全国的に人気が高く、淡白で上品な味わいの「水カレイ」、肉厚で脂のある「エテカレイ」、最高級と言われ子持ちカレイは絶品の 「ササカレイ」などがあります。