長野県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【長野県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

長野県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究所さんの承諾を貰って使用しています。コピー・転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


安曇野市(あづみのし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県安曇野市 自然を愛し、水と緑の薫るまち 人口97,800人

下部のひし形は、安曇野市の魅力である雄大な山々・清らかな水・田んぼなどを表したものです。市のホームページでも同様のデザインが採用されています。

安曇野市は長野県中央に広がる松本盆地の北西部、梓川・烏川・黒沢川・穂高川の複合扇状地上にあります。市名の「あづみの」は海の神(アマツミ・ワタツミ)を奉じる安曇氏(あづみし=信州に進出し安曇野に名を残したとされる)に由来します。豊富な湧水と堰(せぎ=用水路)を活かした水田が多くみられる土地です。

市内には日本最大規模の大王わさび農場(年間生産高130t)があり、日本一のわさびの生産量を誇ります。同施設はわさび丼やわさびカレーが食べられるレストランがあり、園内のわさび園が散策できるなど市を代表する観光名所となっています。

安曇野市内には美術館が豊富です。一部を挙げておきます。①禄山美術館(荻原守衛を主に近代彫刻)②絵本美術館&コテージ森のおうち(宮沢賢治など絵本とクラフトがテーマ)③田淵行男記念館(田淵行男氏は山岳写真家・自然生態研究で知られる、写真や蝶の展示)④安曇野山岳美術館(山岳をテーマにした絵画を展示、山小屋をイメージした梁組みに高い天井)⑤大熊美術館(ロイヤルコペンハーゲン、アンデルセン、ボタニカルアートなど)

長野県産ぶどうでワインを造っている安曇野ワイナリー、香料・安定剤無添加の飲むヨーグルトが好評を博しています。

道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里(ドラえもんが印象的な中型の道の駅、レストランはおふくろの味、惣菜・おこわが人気)。


天龍村(てんりゅうむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県下伊那郡天龍村 信州に春を告げる村 人口1,275人

村の鳥ブッポウソウ、山の斜面に広がる茶畑と龍のデザインです。龍の宝玉には村章が描かれています。天龍村誕生60周年記念として50cc以下200枚、50~90cc50枚、90~125cc50枚の交付となりました。

天龍村は長野県最南端にあり、県内で梅や桜が最も早く開花することから「信州に春を告げる村」をキャッチフレーズにしています。

ブッポウソウは村の鳥であると共に長野県の天然記念物です。日本には夏鳥として飛来し、冬には東南アジアに渡る全長29cmくらいの青~群青色の美しい鳥です。保護事業として天龍村各所に巣箱がおかれ、シーズン中は村役場の巣箱の観察記録が公表されます。

中井侍(なかいさむらい)銘茶」とは、中井侍で採れた茶葉を当地の製茶工場で製茶したものです。天竜川から立ち上る朝霧が茶の味を柔らかくするといわれ、苦味が少ないお茶です。中井侍の茶畑は「七曲り」と呼ばれる傾斜にあり、景観が素晴らしいことから天龍村の名所となっています。

天龍温泉おきよめの湯(2020年にリニューアル)、アルカリ性単純温泉、浴槽は内湯1・外湯1とサウナのシンプルな浴場です。付属するレストランの信州サーモンや馬刺しが人気(入浴料:中学生以上500円 小学生以下200円)

ふれあいステーション龍泉閣はJR飯田線平岡駅に併設された宿泊施設です。レストラン龍泉・温泉(運び湯)・お土産の売店・トイレなど施設は一通り揃っています(素泊まりにも対応)。

ていざなす(たいざわなすともいう、元は田井沢茄子だが訛った)は天龍村の特産で、長さ25cm重さ400gにもなる巨大茄子です。果肉が柔らかく甘みが強いのが特徴です。


辰野町(たつのまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県上伊那郡辰野町 ひともまちも自然も輝く 光と緑とほたるの町 人口18,950人

イメージキャラクター「ぴっかりちゃん」と「ほたるのまち」のロゴが描かれています。50cc以下の白ナンバー200枚、小型特殊100枚の交付となりました。

松尾峡は明治時代からゲンジボタルの発生地とされ、長野県の天然記念物に指定されています。6~7月にかけてホタルが発生し、6月中~下旬頃にほたる祭りが催されます。当地のホタルは移入種であり、1960年からホタルを補うために度々移入種を放流し、在来種の遺伝子が駆逐されて生物多様性を損なった典型的な例とされています。

現在町では「トビチ商店街」というプロジェクトを行っていて、市街のシャッター街に対して閉店した店舗を許容しつつ個性的な店舗を無理のない程度に誘致し、商店街を歩く楽しみを知ってもらおうという企画のようです。

横川は中央アルプスの最北端になり、全長18kmの横川渓谷(横川川)が流れています。国の特別記念物 横川の蛇石や横川ダムがあり、紅葉の名所やキャンプ地として知られています。レジャー施設としてグリーンビレッジ横川かやぶきの館(マグネシウム・薬草・ハーブの入浴施設あり、沸かし湯)、かやぶきの館交流体験館よりあい工房などがあります。

湯にいくセンター(入浴料:中学生以上500円、小学生以下300円、幼児無料。各種割引あり、2022年5月、県外からの客は利用不可)。

当地の名物ほたる丼は信州ハーブ鶏を用い、野菜が草むら卵の黄身をほたるが発光している様子に見立てた丼です。ほたる饅頭とうものもあります(こちらは普通の饅頭です)。


宮田村(みやだむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県上伊那郡宮田村 人と自然にやさしい創造のみやだ 豊かな人文・住みよい宮田 人口9,050人

イメージキャラクターの「みやさん」と村の特別シンボル コマウスユキソウが描かれています。

宮田村の花は梅ですが、1998年に村の特別シンボルとしてコマウスユキソウが制定されています。ヒメウスユキソウ(=コマウスユキソウ)はエーデルワイスと同じキク科ウスユキソウ属の高山植物で、絶滅が危惧されています。中央アルプスを代表する花です。

宮田村は中央アルプスの主要観光地を抱え、中央アルプス国定公園のうち特別保護地区の80.6%を村域としています。土地所有権と利用権を分離した宮田式農業でも知られる村です。2022年の宝島社「住みたい田舎ベストランキング」人口1万未満のまちで子育て世代、若者・単身者部門において全国3位(全国の村では1位)を取得しました。

宮田村の特産品は信州みやだワイン紫輝などワイン、南信州ビールなど地ビールです。上伊那産のさつまいもを利用した芋焼酎 「伊那八峰」シリーズの「脈々」が宮田村の特産になります。マルス信州蒸留所(薩摩酒造と同根企業の本坊酒造の工場、主にウイスキーを生産)では見学が可能で、ビジター棟にバーと売店を併設しています。

宮田とうふ工房は国道153号沿いにあります。地元信州大豆を使った豆腐・当乳製品を売っていて、かりんとう・ドーナツ・ソフトクリームなどスイーツもあり、食べ歩き/お土産どちらでも対応可。同じく国道沿いにあるアルッガマゲ(スリランカ料理)。カレーの辛さは誰でも食べられる程度で、テーブルにあるスパイスで調節するタイプ。紅茶・スイーツが評価されています。

紫輝彩丼(しきさいどん)とは信州みやだワイン紫輝を使った丼のことで、2006年に開発された「鶏のぶどう酒煮丼」がベースになっています。店によって様々な工夫を凝らしていて、コンビニでも一時期販売されていました。

当地の津島神社祇園祭では「あばれ神輿」といって、石段から神輿を投げ落とし板などを剥いで破壊します。毎年新しい神輿が作られています。


坂城町(さかきまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県埴科郡坂城町 ものづくりとやすらぎのまち 人口15,020人

朝日が照らす千曲川(ちくまがわ)とバラ公園、マスコットキャラクターの「ねずこん」が描かれています。50cc以下の白ナンバーのみの交付となりました。

信濃川は日本三大河川の一つ、流域面積は日本3位長さは日本一です。上流にあたる長野県側を千曲川と呼びます。埴科郡(はにしなぐん)坂城町は中小・零細企業のまちとして知られる工業が盛んなまちです。2008~2009年のリーマンショックで大打撃を受けましたが、現在の工業生産高は回復しています。

さかき千曲川バラ公園には330種2,300株のバラが植栽されています。毎年5月下旬にバラ祭りが開催されバラ苗の販売や特産品の販売が行われています。

坂城町は工業のまちであること、刀匠として人間国宝になった故宮入行平氏の出身地であることから「鉄の町」を標榜しています。坂城鉄の展示館では刀剣や刀装具を展示していて、「刀と太刀の違い」や「刀ができるまで」といったパネル展示があります(入場料:高校生以上400円、中学生以下無料)。

坂城町の特産品は中之条大根(ねずみ大根)で、中之条地区でよく生産されています。おしぼりうどんは、大根をおろして絞った汁に味噌や薬味を加えて食べるうどん(だしの代わりに大根の絞り汁)で当地の郷土料理になっています。他に果樹(りんご・もも・ぶどう)、花卉(バラ・カーネーション・トルコギキョウ)などが有名です。

葛尾城(かつらおじょう)は坂城市街の北側にある山城で、武田信玄を野戦で2度破った村上義清の根拠地として有名な城です。木道を登って1時間強といったところですが、標高805m比高400mほどで勾配が大きいです。郭・堀切・石積みなどが残っていて案内板もあります。

ロビニア工場売店(チョコレート工場のアウトレット)、金曜・土曜には正規品・規格外品の直売を行っています。


飯田市(いいだし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県飯田市 文化経済自立都市 美しい自然に恵まれ、長い歴史と尊い伝統文化につつまれた人情豊かなまち 人口101,600人

風越山、リニア中央新幹線、伝統産業の水引が描かれています。50cc以下は1,500枚、50~90ccと90~125ccは250枚ずつの計2,000枚の交付となりました。

飯田市は長野県第5位(佐久市・安曇野市は人口が近いので変動あり)の都市で、南信州を代表する市です。りんご並木や人形劇のまちとして知られています。川本喜八郎人形技術館があり、毎年8月にいいだ人形劇フェスタが行われています。また、文化の日に飯田丘のまちフェスティバルというサブカルの祭典が開催されます。

飯田水引は市の伝統産業で、元禄時代の1672年飯田藩主堀美作守親正が産業奨励で製紙・元結業を盛んにしました。現在全国の70%程度のシェアを占めるといわれています。

飯田市動物園には狸・ヤギ・コンドル・ペンギンなどがいます。小さな動物園ですが、入場無料で手書きのPOPが可愛らしく好評です(汽車ぽっぽ100円、ゴーカート50円、エサ100円)。

上村は南アルプスと伊那山地に挟まれた山間の村で、下栗地区からの眺めは「日本のチロル」と呼ばれています。下栗唯一のドライブイン はんば亭(そば・定食屋)。

当地ではおでんにねぎだれ(醤油に刻んだねぎ混ぜたもの)をかけて食べます。また、粉豆腐とは高野豆腐を粉末状にしたものです。人参・しいたけなどと一緒に炊きます。

10月の第4週に行われる峠の国盗り綱引き合戦は信州軍(飯田市)vs遠州軍(浜松市天竜区)の間で行われます。結果によって「国境」と書かれた標札を移動させます。現在は県境の丘越峠の国盗り公園で行われています。飯田市側は「信州に海を」を合言葉に6万7千勝を目指しています。


千曲市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県千曲市

長野県北部 さらしなの里 人口約59,800人

ナンバープレートに市名の由来となった千曲川(新潟県に流れ込むと信濃川と名称が変わる)と千曲市のキャラクター「あん姫」様が描かれています。あん姫は、頭にあんずの花と実、手には戸倉上山田温泉に行くのでしょうか、風呂桶と手ぬぐいを持って千曲市をアピールしています。

あん姫の元となったのが、元禄時代に伊予国から嫁入した「豊姫」で、故郷を偲ぶ品としてあんずの種を持参したと伝えられています。この種を元にあんずを栽培し、現在に伝わるのが「あんずの里」です。

余談ですが、蕎麦屋の屋号によく見かける「更科」は、千曲市と長野市にまたがる昔の地域の名称で、元々は「信州の上等な蕎麦粉を使っています」という意味合いが込められていました。


南箕輪村(みなみみのわむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県上伊那郡南箕輪村

長野県中部 日本の真ん中あたり 人口約15,300人

ナンバープレートに、日本で一番人気のないキャラクター(だった)「まっくん」が描かれています。(2011年ゆるキャラグランプリ最下位)まっくんは村の木アカマツの妖精で、まつぼっくりをイメージしています。(全身黄色ですが、トウモロコシではありません。)

まっくんが生まれ育ったのが「信州大芝高原」です。ここでは、各種スポーツ施設、キャンプなどのアウトドア、温泉、宿泊施設などが整っており、しかも料金が安く設定されています。


阿智村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県下伊那郡阿智村

長野県南部 日本一の星空の街 人口約6,400人

日本一の星空、阿智村のナンバープレートは「星のナンバープレート」で、夜間ライトが当たると、星がキラキラと反射する仕組みになっています。阿智村では、4月から10月にかけて「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」が開催されます。イベントスケジュール等は公式サイトでご確認下さい。

またこの村にある昼神温泉(ひるがみおんせん)の温泉街は、ネオンサイン、バー、風俗店などが厳しく規制されており、自然と調和した長閑な雰囲気が楽しめます。


上田市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県上田市

長野県東部 真田家ゆかりの街 人口約155,900人

二度にわたり徳川軍を撃退した、難攻不落の城「上田城」をモチーフにしたナンバープレートです。城主真田家の家紋「六文銭」(主に戦時の旗印)も描かれています。

現在の上田城跡公園は、上田城の本丸、二の丸を中心にスポーツ施設などが整備され市民の憩いの場です。園内には真田神社や上田市立博物館もあり、真田家の歴史に触れることが出来ます。また上田城跡公園は、春に行われる「上田真田まつり」のメイン会場になっています。

個人的好みですが、特産品のりんご「シナノスイート」は、甘みが強く歯ごたえがありオススメです。関西方面では、出回る時期が短く(10月ぐらい?)見かけたら買うのが吉。


岡谷市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県岡谷市

長野県中部 諏訪湖に隣接する街 人口約49,400人

岡谷市出身の、日本を代表する童画家「武井 武雄」(そもそも童画という言葉を作ったのも武井氏)の代表作「ラムラム王」が描かれています。(ラムラム王が「生まれがい」を探しに旅に出るお話。)岡谷市立の美術館「イルフ童画館」(イルフ ふるいの反対 新しいの意)では、武井 武雄氏の作品が常設展示され、時代とともに輝きを増す武井 武雄の世界に没入できます。


木祖村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県木曽郡木祖村

長野県中部 御嶽山の麓 人口約2,800人

長野県から岐阜県、愛知県、三重県を経て伊勢湾に注ぐ木曽川の源流「木祖村」のナンバープレートです。

昔むかしこの地方に「お六」という村娘が居りました。持病の頭痛を治そうと、御嶽山に願掛けをしたところ「みねばりという木で作ったすき櫛で、朝夕髪を梳かせば必ずや治る」というお告げを受けました。お告げのとおりに櫛を作り髪を梳いたところ、すっかりこの病が治ったと言い伝えられています。

これが現在の、木祖村薮原に伝わる伝統工芸品の「お六櫛(おろくぐし)」です。お六櫛は、一つ一つ職人が手作業で、丁寧に作るため、生産数が限られます。注文から納品まで数ヶ月かかる事もある、人気の工芸品です。


喬木村(たかぎむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県下伊那郡喬木村

長野県南部 阿島傘を伝承する街 人口約6,200人

喬木村のナンバープレートには、村の木「イチョウ」が描かれています。天竜川の河岸段丘に位置する喬木村は、ブルーベリーやイチゴなどの果実栽培が盛んです。特にイチゴは長野県内屈指の産地で、イチゴ狩りを楽しめる農園も沢山あります。阿島傘の置かれている現状と制作風景です。よろしければ御覧下さい。


松川町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県下伊那郡松川町

長野県南部 中央アルプスと南アルプスに挟まれた街 人口約12,900人

長野県屈指の果物の町、松川町のナンバープレートには、リンゴとナシが描かれています。松川町では、収穫体験のできる観光農園も盛んで、6月のさくらんぼ狩りからブルーベリー、桃、プルーン、プラム、梨、りんごと12月まで楽しめるのが特徴です。

12月には、りんごの収穫祭「まつかわふじ祭り」も開催され、りんごの詰め放題や、まつかわの美味しい食のテント横丁など、楽しいイベントが行われます。


佐久市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長野県佐久市

長野県東部 群馬県と接する街 人口約99,000人

ナンバープレートに、千曲川、浅間山、市の花コスモス、龍岡城をイメージした輝く星、五郎兵衛米、バルーンフェスティバルの気球、そして佐久鯉と佐久市の魅力がいっぱい詰まっています。

龍岡城五稜郭は、函館五稜郭とともに日本に二つしかない、五芒星形の洋式城郭で、堀と土塁、建物の一部が残されています。

佐久鯉」は冷たい流水で飼育されるため、川魚独特の臭みが少なく、身が締まり、適度に脂肪が乗った美味しい肉質が特徴です。近年では無農薬栽培農家の、湛水期の水田で育成されることもあります。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

山梨県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【山梨県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 関東 (四輪自動車)

山梨県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


甲府市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県甲府市

山梨県の中央を南北に縦断 武田氏の本拠地 人口約187,100人

「疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」 甲府市のご当地ナンバープレートは武田氏ゆかりのデザイン「風林火山」のナンバープレートです。武田信玄の軍配うちわを型取り、背景には甲州印伝の勝ち虫「トンボ」をあしらっています。

武田信玄は戦国時代屈指の強さを誇り、生涯戦歴は「72戦49勝3敗20分」(諸説あり)とされ「戦国時代最強の武将」と呼ばれています。一方で治水(信玄堤)や新田開発にも力をいれ、領民から慕われる大名でもありました。甲府市では郷土を代表する英雄を称え、毎年4月に「信玄公祭り」が開催されます。

また甲府市には日本遺産に認定され、国の特別名勝に指定されている景勝地「御嶽昇仙峡」があります。「日本五大名峡」の一つに数えられる「昇仙峡」には、不思議な奇岩・奇石と、爽やかな清流の風景が広がり、国産水晶発祥の地としても有名で、周辺には水晶をはじめとした天然石のアクセサリーなどを販売するショップもあります。


韮崎市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県韮崎市

山梨県北西部 武田家発祥と終焉の地 人口約30,200人

韮崎市制施行55年(2009年)を記念して誕生した絵本「ニーラ」の主人公、夢をかなえる不思議なカエル「ニーラ」が描かれています。カエルは古くから縁起物として使われ、「事故を起こさず無事かえる」という思いが込められているようです。

また韮崎市は戦国武将武田家の故郷と言われ、武田八幡宮、願成寺、将棋頭、新府城跡など武田家の歴史を垣間見れる、史跡・文化財が点在しています。韮崎市では一年を通して、武田の名を冠する祭りを多数開催しています。


笛吹市(ふえふきし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県笛吹市

山梨県中部 桃源郷と称される街 人口約69,000人

ナンバープレートに特産品の桃、ぶどう、温泉の湯けむり、そして笛吹市のみなもと笛吹川が描かれています。笛吹川によって形成された肥沃で水はけの良い土壌、昼夜の寒暖差が大きく日照時間が長い笛吹市は、果樹栽培に大変適しています。桃・ぶどうは、栽培面積、収穫量、出荷量いずれも全国市町村の中で一位を誇っています。

春に行われる「笛吹市桃源郷春まつり」で、水芭蕉・桜・桃・山桜などが咲き乱れる様は、「日本一の桃源郷」と称されています。


忍野村(おしのむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県忍野村 美しいむら、人にやさしいむら あふれる自然ときれいな水 そして雄大な景色 人口9710人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。山梨側の富士山地域は富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、山中湖村、道志村の1市2町4村で構成されています。


道志村(どうしむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県道志村 緑と清流と歴史の郷 人口1676人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。山梨側の富士山地域は富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、山中湖村、道志村の1市2町4村で構成されています。


鳴沢村(なるさわむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県鳴沢村 心地よく健やかに暮らせるために みんなでつくる鳴沢村 人口3,152人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。山梨側の富士山地域は富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、山中湖村、道志村の1市2町4村で構成されています。


西桂町(にしかつらちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県西桂町 水と山と織物の里 人口4,298人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。山梨側の富士山地域は富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、山中湖村、道志村の1市2町4村で構成されています。


富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)

山梨県富士河口湖町 富士山と湖と高原の町 人口26,540人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。山梨側の富士山地域は富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、山中湖村、道志村の1市2町4村で構成されています。


富士吉田市(ふじよしだし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県富士吉田市 富士の自然と文化を活かし ともに築く 自立と創造のまち 人口48,780人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。山梨側の富士山地域は富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、山中湖村、道志村の1市2町4村で構成されています。


山中湖村(やまなかこむら)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

山梨県山中湖村 富士山・山中湖と共に生き、人が育ち、人と人がつながり、みんなで築く、活力に満ちた山中湖村 人口5,826人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。山梨側の富士山地域は富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、山中湖村、道志村の1市2町4村で構成されています。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

福井県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【福井県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

福井県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


越前町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県丹生郡越前町

福井県嶺北地方の西端 人口約21,000人

ナンバープレートに越前がにと水仙が描かれています。冬の味覚ズワイガニは、この地方では、「越前がに」と呼ばれブランド化されています。最近では一定の品質基準を満たしたズワイガニは、水揚げされた漁港(漁連)ごとにブランドタグ(リンク先のカニの足に付いてる黄色のタグ)が付けられます。福井県沿岸は、寒流と暖流がぶつかり、エサのプランクトン小魚が豊富な場所で、身のしっかりと入った良質の「越前がに」が穫れます。

また越前町は日本六古窯の一つ「越前焼」も有名で、硬く緻密でありながら、粘りも強く生活に根ざした焼き物です。1971年に誕生した「越前陶芸村」は、若い陶芸家の受け皿となり、新たな創作活動の拠点になっています。


高浜町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県大飯郡高浜町

福井県及び北陸地方の最西端 人口約10,400人

透き通るような高浜の海と青葉山が描かれ、ナンバープレート上部は、山と雲を縁取っています。高浜町で最も人気の海水浴場「若狭和田ビーチ」は、広い砂浜と遠浅の海、日本海の透き通った水が特徴です。バーベキュー・キャンプ場、海の家、トイレ、救護所などの施設、ライフセーバーも常駐しており、京阪神からのアクセスも良く、夏には多くの観光客が訪れます。(和田ビーチ以外にも多くの海水浴場が有ります。)

また福井県はトラフグの養殖にも力を入れており、若狭湾で育った「若狭ふぐ」は、身の締り、旨味が評判で、冬には京阪神などに出荷されます。


永平寺町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県吉田郡永平寺町

福井県北部 永平寺のある街 人口約19,500人

永平寺町イメージキャラクター「えい坊くん」と曹洞宗大本山「永平寺」が描かれています。曹洞宗永平寺は専ら坐禅に徹する黙照禅が特徴で、現在でも曹洞宗に限らず、参禅研修を希望する人を広く受け入れています。(一泊の参籠、三泊の参禅などがあるようです。)

また町の特産品「永平寺ごまどうふ」は、古くから修行僧たちに受け継がれる精進料理で、貴重なたんぱく源でもありました。


越前市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県越前市

福井県中部 刃物の街 人口約80,700人

図柄も形状も「越前打刃物」のナンバープレートです。越前打刃物は700年の伝統「日本古来の火づくり鍛造技術」「手仕上げ」を守り、軽く薄くそして強くて永切れするのが特徴です。特に「二枚広げ(包丁)」「廻し鋼着け(鎌、苅込み鋏)」は、越前打刃物独特の技法で、他に例を見ない優れた製品を生み出します。

また越前打刃物とならんで有名なのが「越前和紙」で、こちらは1500年の歴史があります。古くは公家・武士階級の公用紙として重用され、日本最初の藩札(今で言う紙幣)福井藩札にも越前和紙が使われました。現代でも美術品や証書、証券などに使われています。


勝山市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県勝山市

福井県北東部 いにしえの昔恐竜が闊歩していた街 人口約23,400人

緑色の部分をよく見ると、恐竜の形になっているのが解ります。首の長さから勝山市で発見された恐竜の一つ「フクイティタン・ニッポネンシス」君と思われます。

フクイティタンは、竜脚類ティタノサウルス形類(ざっくり言うと、くびの長い身体の大きい草食恐竜)に属します。勝山市は日本有数の恐竜化石産地で、学術的に貴重な恐竜化石が数多く発見されました。その一部を世界三大恐竜博物館の一つ「福井県立恐竜博物館 」で観ることが出来ます。また発掘現場を見学できる野外恐竜博物館専用バスツアーも用意されています。


 

若狭町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県三方上中郡若狭町

福井県西部 美しい水に恵まれた街 人口約14,800人

若狭町のナンバープレートは、水をテーマにしています。降る水、湧く水、流れる水、水の恩恵、水に集う、をイメージしています。若狭湾のリアス式海岸に面する若狭町には、有名な観光道路「三方五湖レインボーライン」があり、リアス式海岸の日本海と、三方五湖を見渡す眺望は圧巻です。

さて、三方五湖最大の面積を誇る「水月湖」の湖底には、世界の地質学者が注目する「奇跡の堆積物」があります。湖底の堆積物は一年ごとに、樹木の年輪のような縞模様「年縞」をつくります。この年縞を詳しく調べると、その時期の気温や気候の変化が推測できます。水月湖は、湖底に酸素がなく生物が生息せず、水深が深く大きな流入河川が無いため、堆積物がかき乱されず、きれいな状態が保たれています。

また水月湖の湖底は、年々海面に対し沈んでおり、堆積物が溜まっても水深が保たれます。このようにしてできた堆積物を、ボーリング調査し、世界で最も正確な、世界の標準のものさし「水月湖年縞」が誕生しました。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

石川県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【石川県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 北陸信越 (四輪自動車)

石川県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


宝達志水町(ほうだつしみずちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

石川県羽咋郡宝達志水町

石川県中部 能登半島の付け根 里山里海が多く残る街 人口約13,200人

宝達志水町のナンバープレートは、能登半島最高峰「宝達山」を背景にしています。右下には、宝達志水町マスコットキャラクター「ほっぴーさん」(モチーフは宝達山?)が描かれています。

宝達志水町には、バイク、自動車、バスで波打ち際を走ることができる「千里浜なぎさドライブウェイ」があります。砂浜を車両が通行できるのは、世界的にも珍しく、日本では唯一「千里浜海岸」だけです。千里浜なぎさドライブウェイ南側の今浜海岸には、3月~10月頃にかけて貝売店が立ち並びます。焼きハマグリが美味しいです。

また宝達志水町のグルメに「オムライス」があります。(宝達志水町出身のシェフ・北橋茂男が、大阪の洋食屋でオムライスを考案したことに因みます。)町では「オムライスの郷」プロジェクトとして、様々なオムライスが考案されています。


金沢市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

石川県金沢市

石川県ほぼ中央 県庁所在地 加賀藩城下町 人口約465,000人

加賀100万石を治めた加賀藩藩主、前田家の家紋「加賀梅鉢」と兼六園の「雪吊り」の様子が描かれています。江戸時代に繁栄を極めた加賀は、今の金沢に多くの歴史的文化を伝えています。金箔、銀箔、加賀友禅を代表する織物、染め物、金沢漆器、和菓子、多くの神社仏閣。

前田家によって造営された、日本三名園の一つ「金沢兼六園」もそのひとつです。兼六園では、冬に雪の重みで樹木の枝が折れないよう「雪吊り」を行います。雪吊りされた銘木の姿が大変美しく、北陸の冬の風物詩になっています。

金沢市の美しいプロモーションムービーです。


志賀町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

石川県羽咋郡志賀町

石川県 能登半島のほぼ真ん中 人口約19,700人

日本海に沈む夕日を「大島諸願堂」(左)と「旧福浦灯台」(右)が眺めています。旧福浦灯台は日本で一番古い木造灯台で、その誕生は1608年まで遡ります。大島諸願堂はさらに古く、室町の時代の物と言われています。

また志賀町の歴史のある祭り「富来八朔祭礼」は千年前から始まったと伝えられています。富来八朔祭礼は、一年に一度旧暦の8月朔の日(新月)に、八幡神社の男神様をお神輿に乗せ、約2km離れた女神様の待つ住吉神社まで送り届ける逢瀬の祭りです。


小松市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

石川県小松市

石川県南部 建設機械コマツの企業城下町 人口約106,900人

小松市のナンバープレートには、歌舞伎の隈取りが施されています。小松市に存在した安宅の関(あたかのせき)は、歌舞伎の代表的演目「勧進帳」の舞台で、小松市は古くより歌舞伎の盛んな街です。

毎年5月に行われる、菟橋神社と本折日吉神社の春季例大祭「お旅まつり」は、石川県特産の銀箔、金箔、漆できらびやかに飾られた曳山(山車、だし)が町内を巡行します。曳山はそのまま歌舞伎の舞台になり、練習を積んだ子供たちが、街のいたる所で歌舞伎を演じます。この江戸時代から継く伝統芸能「曳山子供歌舞伎」を一目見ようと、全国から大勢の観光客が訪れます。


野々市市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

石川県野々市市

石川県中部 住みやすい街 人口約55,300人

野々市市のナンバープレートは、全体に丸みを帯びており、優しさを感じさせます。上部に市の花「椿」、よく見ると下に「nonoichi」の文字が見えます。プレートの外観が頭文字のNになっています。野々市市は、東洋経済新報社の「住みよさランキング」(全国の市が対象)で常に上位で、2017年度は総合5位です。市内には大学や商業施設も多く、近年でも人口が増加しています。


輪島市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

石川県輪島市

石川県能登半島北部 奥能登中核の街 人口約26,300人

伝統工芸「輪島塗」の椀が、そのままナンバープレートになっています。輪島塗は、下地を何層にも厚く施し、手作業の工程を幾重にも繰り返し完成する、美しさと実用性を兼ね備えた漆器です。

また輪島で一千年以上続く「朝市」では、野菜、海産物、工芸品などが沢山並びます。特に輪島のアワビは有名で、7月には「アワビ祭り」も開催されます。アワビ祭りや朝市を支えているのが、石川県無形民俗文化財にも指定されている「輪島の海女」です。シーズンになると200名程の海女が沖合の舳倉島・七ツ島で活躍します。(私見ですが、べっぴんさんが多いです。)


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

富山県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【富山県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 北陸信越 (四輪自動車)

富山県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


黒部市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県黒部市

富山県東部 黒部峡谷鉄道の走る街 人口約40,800人

黒部川に架かる後曳橋(あとびきばし)を、黒部峡谷鉄道のトロッコ電車が渡っています。黒部川は、北アルプスから富山湾まで一気に下り、長い年月をかけて日本有数のV字谷「黒部峡谷」を生み出しました。峡谷を縫うように走る黒部峡谷鉄道沿線には、宇奈月温泉を始めとして観光地、絶景スポットが沢山あります。

黒部川の豊富な水は一部が地下水となり、生地(いくじ)で湧き水として再び地上に現れます。生地の湧き水は「清水(しょうず)」と呼ばれ、適度なミネラルを含んだ「おいしい水」として親しまれています。


朝日町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県下新川郡朝日町

富山県東端 うみ彦・やま彦・夢産地 人口約11,700人

ビーチボールバレー発祥の地、朝日町のナンバープレートです。ビーチボールバレーは、ビニル樹脂でできた、空気を入れて膨らますレジャー用のビーチボールを用いた球技で、(公式には、直径27cm、重さ70g軽いです)ビーチバレーとは異なります。ボールが軽く柔らかいため、幅広い年齢層が参加でき、突き指などの頻度も少ないようです。

プレート左の朝日町の郷土食「名物たら汁」は、スケソウダラのぶつ切りを、味噌で煮込んだものです。また朝日町の特産品「バタバタ茶」は、日本では珍しい発酵茶で、食欲が増しコレステロールを減少させるなどの効果が有るようです。


高岡市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県高岡市

本州のほぼ中央富山県北西部 ほっとホットな街 人口約170,000人

万葉の歌人「大伴家持」のシルエットが描かれています。大伴家持は、746年から5年間この地方の国守として赴任し、在任中に220首余りの歌を万葉集に残しました。JR高岡駅の古城公園口を出ると、これを記念した「大伴家持像」が設置されています。

また大伴家持像から通りを挟んだところには、ドラえもんとその登場キャラクターの像が設置されています。高岡市は藤子・F・不二雄氏の出身地で、市には「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」があり、F氏の「まんが」の原点に触れることができます。


富山市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県富山市

富山県の真ん中 県庁所在地 人口約417,700人

富山市の何処からでも眺めることが出来る「立山連峰」が描かれています。南に3000m級の立山連峰に抱かれた富山市は、北に水深1000mを超える富山湾と接しています。

富山湾は、水深の深い場所の温度の低い海水と、対馬海流の暖かい海水、黒部川などから送り込まれる豊富な栄養素が相まって、日本有数の漁場となっています。なかでも「ホタルイカ」と「ブリ」は全国的に有名で、他にもシラエビ、ベニズワイガニ、岩牡蠣などもPRしています。

また富山と言えば古くより売薬が有名で、今でも越中富山の反魂丹を販売している店もあります。


南砺市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県南砺市

富山県南西部 世界遺産の街 人口約50,000人

南砺市のブランドマーク「なんと君」がナンバープレートに描かれています。南砺市は面積の8割が森林で、庄川や小矢部川が流れる自然に恵まれた街です。庄川の中流域にあたる五箇山には、合掌造りの集落があり「白川郷・五箇山の合掌造り集落」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。五箇山相倉合掌造り集落の動画です。時間があれば御覧下さい。


魚津市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県魚津市

富山県東部 蜃気楼の見える街 人口約42,200人

魚津市のイメージキャラクター「ミラたん」がナンバープレートに発生しました。名前の由来は、ミラージュ(蜃気楼)から取ったもので、魚津市では冬から春先にかけて、蜃気楼が発生することがあります。蜃気楼についてはコチラに詳しく説明されていますので、興味のある方はどうぞ。

また魚津市は「ほたるイカ」の代表的な漁場で、常願寺川右岸から魚津市に至る約15km、沖合い約1.3kmまでの海域は「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物に指定されています。宝石のように青緑に光る姿は、幻想的です。(現実的には、かるくボイルしたものを酢味噌で食べると最高です。)


小矢部市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県小矢部市

富山県西部 メルヘンの街 人口約29,800人

小矢部市シンボルキャラクター「メルギューくん」と「メルモモちゃん」は、「メルヘンおやべ源平火牛祭り」の火牛を基にデザインされました。おやべ源平火牛祭りは、倶利伽羅峠の戦い(くりからとうげのたたかい)で木曾義仲が用いた「火牛の計」(牛の角に松明をくくりつけて敵中に向け放つ)にちなんだお祭りです。

またメルヘンの街小矢部市には、世界中の有名な洋風建築物をモデルにした「メルヘン建築」が数多くあります。「薮波保育所」がホワイトベースに見えるのは、私だけでしょうか。


上市町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県中新川郡上市町

富山県東部 北アルプス立山連峰に抱かれた街 人口約20,500人

富山は古くから売薬が有名で、現在でも上市町には多くの製薬会社が、拠点を構えます。そんな上市町のナンバープレートは、北アルプスの立山連峰を背景に、上市町マスコットキャラクター「つるぎくん」が描かれています。つるぎくんは、立山連峰主峰「剱岳」の妖精です。剱岳は古くから山岳信仰のシンボルで、現在でも「試練と憧れ」の山と言われています。それでは、一般登山者が登る山のうちでは、危険度の最も高い山「剱岳」に登ってみましょう。


砺波市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県砺波市

富山県西部 散居村の田園風景のある街 人口約48,600人

庄川の流れる砺波平野に点在する散居村(農家の屋敷が散在する村落)と市の花「チューリップ」が描かれています。富山県はチューリップ球根の生産が日本一で、なかでも砺波市は県生産量の3分の1を占めます。

砺波市とチューリップの関わりは古く、100年の歴史があり戦後間もない頃、GHQにチューリップの魅力を伝える鑑賞会が現在の「となみチューリップフェア」の始まりです。となみチューリップフェアは、4月下旬から5月上旬にかけて砺波チューリップ公園で開催され、700品種300万本のチューリップが鑑賞できます。特にゴールデンウィーク中は、県外からも多くの人が訪れる人気のイベントです。富山県のチューリップの球根は、コチラ「富山県花卉球根農業協同組合」から購入出来ます。


滑川市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県滑川市

富山県東部 富山湾に面する街 人口約32,600人

滑川市の特産「ホタルイカ」をモチーフにした、市のイメージアップキャラクター「キラリン」がナンバープレートに描かれています。滑川市はホタルイカの代表的産地で、沿岸部は魚津市と共に「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物に指定されています。

定置網で捕獲する富山湾産のホタルイカは、傷みが少なく新鮮な味わいが堪能できます。滑川市中川原にある「ほたるいかミュージアム」では、ホタルイカの発光の仕組みや、生態などを知ることができます。(余談ですがこちらでは、ダイオウグソクムシを観ることも出来ます。)


入善町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

富山県下新川郡入善町

富山県東部 日本を代表する扇状地 人口約24,900人

ナンバープレートに「入善ジャンボ西瓜」をモチーフにした、入善町PRマスコットキャラクター「ジャンボ~ル三世」が描かれています。入善町は黒部川扇状地に位置し、水はけの良い扇央部(扇形の扇状地の真ん中あたり)では、室町時代から西瓜が栽培されていました。特産品の入善ジャンボ西瓜は、ラグビーボールを一回り大きくしたような形で、重さは平均で15~18kgもあります。西瓜本来のサクサクとした歯ごたえと、みずみずしくさっぱりとした上品な甘味が特徴です。

また扇状地の扇端部、地下水の湧き出す所に、国指定天然記念物「杉沢の沢スギ」があります。伏条現象と呼ばれる一株から何本もの幹ができる、珍しい杉林です。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

新潟県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【新潟県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 北陸信越 (四輪自動車)

新潟県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


糸魚川市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

新潟県糸魚川市

新潟県最西端 翠の交流都市 人口約42,900人

世界ジオパークのまち、糸魚川市のナンバープレートには、糸魚川ジオパークのマスコットキャラクター「ジオまる」と「ぬーな」が描かれています。どちらのキャラクターも、糸魚川産翡翠(たぶん)で出来た勾玉を持っています。糸魚川市は世界でも数少ない翡翠の産地で、特に糸魚川産の翡翠は硬度が高く、美しく、たいへん人気があります。2016年、翡翠は日本の国石に選定されました。

また富山県から新潟県に入ろうとすると、天下の険「親不知、子不知」が待ち受けています。高さ300〜400 mの断崖が15km程続くこの場所は、古くは北陸道最大の難所とされ、今では景勝地として多くの観光客が訪れます。


刈羽村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

新潟県刈羽郡刈羽村

新潟県中部 羽原子力発電所のある街 人口約4,600人

かりわ村のナンバープレートには、特産品の桃とお米の稲穂が描かれています。刈羽の砂丘桃は、水はけがよく照り返しの強い砂丘で栽培され、独特の甘みが出るのが特徴です。またコシヒカリを使用する「おらんち米」は、活きたモミのまま保管、出荷直前に精米されるため、本当の米の味が賞味できます。


五泉市(ごせんし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

新潟県五泉市

新潟県ほぼ中央 新潟市の東に隣接する街 人口約51,000人

五泉市のマスコットキャラクター「いずみちゃん」は、チューリップを「桜 タマ吉」は桜を持っています。五泉市は花の町としてチューリップ、桜、水芭蕉、牡丹が有名で、中でも牡丹は、全国1,2位を争う出荷量を誇っています。(東公園『ぼたん百種展示園』

「桜 タマ吉」は、昭和の初めに実在し、2度も主人の命を救った柴犬の「忠犬タマ公」がモデルです。また五泉市は古くからの絹織物の産地として知られ、現代ではその文化を活かした「ニット」の生産が盛んです。


三条市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

新潟県三条市

新潟県のほぼ中央 金属産業都市 人口約97,600人

ナンバープレートに市の花「ひめさゆり」(別名 乙女百合)が大きく描かれています。ひめさゆりは日本特産のゆりで、新潟県の他、宮城県、山形県、福島県、の一部でのみ自生しています。三条市では、5月中旬から下旬に「越後三条・高城ヒメサユリ祭り」が開催されます。

また三条市は古くから和釘、のこぎり、鉈、包丁などの鍛冶が盛んで、今でもキッチン用品、農作業用品、大工道具、機械工具など金物工業の街として、全国に多くの商品を出荷しています。こちらのサイト「燕三条金物本舗」(ネット通販)では、三条産の商品が沢山紹介されています。


上越市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

新潟県上越市

新潟県南西部 発酵の街 人口約194,000人

日本を代表する戦国武将「上杉謙信公」のふるさと上越市のマスコットキャラクター「上越忠義隊けんけんず」が参上しました。上杉謙信公は、内乱続きであった越後国を統一し、五度に渡る「武田信玄」との「川中島の戦い」で互角以上の戦果を上げました。上越市では、上杉謙信公の歴史的活躍を記念して、毎年8月下旬に「謙信公祭」が開催されます。

また夏は高温多湿、冬も雪により低温多湿という「発酵」に適した気候風土の上越市では、多くの発酵食品が特産品になっています。


十日町市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

新潟県十日町市

新潟県南部 魚沼コシヒカリの産地 人口約53,200人

十日町雪まつりイメージキャラクター「ネージュ」が描かれています。日本有数の豪雪地帯、十日町の雪まつりは、日本で最も歴史のある雪まつりで、展示される雪の芸術作品は、細部まで作り込まれた芸術性の高さが特徴です。

十日町市は全国的に有名な魚沼コシヒカリの産地で、(魚沼コシヒカリは、魚沼市で作られたコシヒカリと言う意味ではなく、おおむね旧魚沼郡にあたる地域、現在の5市2町で栽培されています。)なかでも十日町産魚沼コシヒカリは、気候風土が良く人気が高い商品です。

また美人の多い十日町市に「美人林(びじんばやし)」があります。凛とした美しいブナの立ち姿は、十日町市の女性を象徴しているようです。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

神奈川県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【神奈川県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 関東 (四輪自動車)

神奈川県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


海老名市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県海老名市

神奈川県中央部 歴史と農業のベットタウン 人口約130,900人
海老名市イメージキャラクター「えび~にゃ」は、からだが名産品の「イチゴ」あたまが「エビ」(この辺りは昔、入江だったとか)の猫です。えび~にゃのうしろには、相模国文寺のシンボル「七重の塔」が立っています。七重の塔は、現存していませんが、海老名中央公園に3分の1スケールで再現した塔があります。

また海老名市は、神奈川県一のイチゴの生産地で、直売所やイチゴ狩り農園なども多く、もぎたての完熟イチゴを頬張ることができます。


藤沢市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

藤沢市ホームページより

神奈川県藤沢市

神奈川県南部 キュンとするまち 人口約428,000人

藤沢市の代表的景勝地、相模湾に浮かぶ「江の島」が描かれています。右下のマークは、ふじさわシティプロモーション「キュンとするまち。藤沢」のロゴマークです。神奈川県、湘南、海、江の島の知名度と同じように、藤沢市も知ってもらう取り組みのようです。

また境川河口にある片瀬漁港は、「シラス漁」が盛んで、朝に水揚げされたシラスを使った「シラス丼」や特産品の「たたみいわし」が有名です。「たたみいわし」・・・シラスをハガキ大の大きさに並べて、天日で乾燥させたもの。直火で炙って酒の肴にすると、幸せになります。


大井町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄上郡大井町

神奈川県南西部 「夢 おおい 未来」の実現に向けて 人口約17,100人

大井町のご当地ナンバープレートは「大井町から見た富士」のイラスト(元画像はコチラ関東の富士見百景)と町のイメージキャラクター「すいっぴー」がデザインされています。「すいっぴー」は大井町の「O」をモチーフに町の花「すいせん」を身に着けています。

大井町のホームページや刊行物には、「ひょうたん」の図柄がよく見かけられます。これは1970年代 、JR上大井駅で日除けのため「ひょうたん棚」を設けたのが始まりで、1981年には「交通公社の時刻表」8月号の表紙も飾りました。今では「ひょうたん」は大井町のシンボルとして定着し、季節になればホームページに「今週のひょうたん」と題して育成状況の画像がアップされます。

また8月の第1土・日曜日には、大井町の一大イベント「大井よさこいひょうたん祭」が開催されます。町内外から多くのチームが参加し、ダンスやパフォーマンスなど日頃の練習の成果を競い合い、披露します。(合わせてひょうたん娘も選ばれます。)


中井町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄上郡中井町

神奈川県南西部 里都まち♡なかい 人口約9,300人

「なかい誕生110年記念事業」の一環として、110枚の限定交付で発行されました。登場するキャラクターは、中井町マスコットキャラクター「なかまる」で、頭には町の鳥「しらさぎ」の帽子を被り、町の木「きんもくせい」、町の花「ききょう」が盛り込まれています。

中井町は、東京都心から約65kmに位置しながらも、豊かな自然や里山風景も残り、富士山なども望める風光明媚な町です。「里山の風景をとどめながらも都市的生活を送ることができる」のが中井町の特徴で、キャッチフレーズとして「里都まち」(さとまち)を商標登録しています。

情報発信や交流の拠点で活躍しているのが、中井中央公園にある「なかい里都まち CAFE」です。「なかい里都まち CAFE」は、富士山を眺めながらのんびりできるCAFEで、中井町の特産品の販売や採れたての「里山直売所」も在り、特産品のみかんを使ったここでしか食べられない「みかんラーメン」も味わう事ができます。


葉山町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県三浦郡葉山町

神奈川県南部 三浦半島付け根、相模湾に面す 人口約32,900人

日本のヨット発祥の地」葉山町のご当地ナンバープレートです。モチーフになったのは、「真名瀬海岸」のノスタルジックなバス停「真名瀬バス停」です。

葉山町は三浦半島の西側に位置し、相模湾越しに富士山が眺望できる絶景のスポットにあります。タイミングが合えば富士山に夕日が沈む「ダイヤモンド富士」も見れます。

出典元 時事ドットコム

海水浴・ウインドサーフィン・カヤックなどマリンスポーツ・レジャーで有名な葉山町ですが、「ハヤマ・マーケット日曜朝市」も人気です。「ハヤマ・マーケット日曜朝市」は、毎週日曜日の午前8:30にオープンする朝市で、ここに来れば、葉山の特産品がすべてそろいます。(人気の朝市限定のスイーツもあり〼。)


開成町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄上郡開成町

神奈川県西部 田舎モダンな小さい町 人口約17,300人

開成町のマスコットキャラクター「あじさいちゃん」と「しいがしくん」が描かれています。開成町には5,000株のあじさいが植栽されている「あじさいの里」があります。色とりどりの花を付けはじめる6月頃になると、「開成町あじさいまつり」が開催され、県内外から多くの人が訪れます。

また町のキャッチフレーズ「田舎モダン」なイベントが、開成町「瀬戸屋敷風鈴まつり」です。築300年の古民家に、様々な風鈴が飾られ、彩と音のハーモニーを奏でます。(あしがり郷 瀬戸屋敷については、コチラのページをご覧下さい。)


鎌倉市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県鎌倉市

神奈川県三浦半島の付け根 いざ鎌倉 人口約172,000人

全国的にファンの多い「江ノ電」です。江ノ電は、単線、路面電車の区間もあり湘南の街を、ゆっくりゆっくり走るローカル線です。

鎌倉市は歴史の街で、源頼朝ゆかりの「鶴岡八幡宮」は市を代表する神社です。こちらに行くには、江ノ電が便利です。江ノ電「鎌倉駅」下車、徒歩10分。

また奈良東大寺の大仏と、人気を二分する鎌倉大仏は、「高徳院」にあります。こちらに行くには、江ノ電が便利です。江ノ電「長谷駅」下車、徒歩10分。


茅ケ崎市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県茅ヶ崎市

神奈川県中南部 湘南地域の中心 人口約240,000人

茅ヶ崎市広報キャラクター「えぼし麻呂」の描かれたサーフボードと、自転車が海岸に止まっています。茅ヶ崎市は、日本に数あるサーフィン発祥の地の一つで(??)年間を通じて、多くのサーファーが訪れ、夏の海開きを迎えると、家族連れなどの海水用客が押し寄せます。

またサザンオールスターズのリーダー「桑田 佳祐」の出身地で、多くの歌に茅ヶ崎のイメージが織り込まれています。また茅ヶ崎市の北部に在る浄見寺には、時代劇「大岡越前」で有名な名奉行大岡越前守忠相公の墓所があります。市では、毎年4月中旬ごろ、春の時代絵巻「大岡越前祭」が盛大に行われます。


箱根町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄下郡箱根町

神奈川県西部 芦ノ湖と温泉の街 人口約11,600人

㊤のナンバープレートは、芦ノ湖畔にヱヴァンゲリヲン初号機が描かれています。新世紀エヴァンゲリヲンのネルフ本部は、箱根町に在る設定で、箱根町はヱヴァンゲリヲンの聖地になっています。㊦のプレートの周囲には、箱根町伝統工芸品「寄木細工」の模様が施されています。正月に毎年行われる「箱根駅伝」の往路優勝チームには、寄木細工で作られたトロフィーが授与されます。

また箱根町は首都圏でも有数の温泉地で、泊まってよし、日帰りでもよしの、いろんなタイプの温泉が揃っています。


厚木市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県厚木市

神奈川県中央 先進的自治を試みる経営革新度No1自治体 人口約225,000人

厚木市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」が描かれています。市内を流れる相模川には、沢山の鮎が遡上し、厚木市では鮎を使った郷土料理や土産物を扱う店が多くあります。8月には「あつぎ鮎まつり」が開催され、小学生鮎つかみどり大会や、花火大会も行われ沢山の人で賑わいます。

また厚木で有名な料理に「シロコロホルモン」があります。下茹でしていない豚の大腸を、輪切りにして網焼きしたもので、(一般的なホルモンは、下茹でしている、腸を開くように切る)過去にB-1グランプリで優勝しています。(現在は商標権の問題で、「シロコロホルモン」の名称が使えなくなり、単に「厚木のホルモン」とされています。)


綾瀬市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県綾瀬市

神奈川県中部 緑と文化が薫るふれあいのまち 人口約84,200人

綾瀬市の河岸段丘の風景に、カワセミをモチーフにしたマスコットキャラクター「あやぴぃ」が描かれています。カワセミは市の鳥で、綾瀬市のコミニュティバスも「かわせみ」の愛称で親しまれています。(カワセミの絵が描かれたバスです。あやぴぃ仕様も見てみたいものです。)

またアメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している「厚木基地」は、綾瀬市と大和市にまたがる場所にあります。(厚木市にはありません)アメリカ海軍にとっては、横須賀港に係留されている空母の艦載機基地という位置づけのようです。


伊勢原市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県伊勢原市

神奈川県ほぼ中央 しあわせ創造都市 人口約102,000人

伊勢原市公式イメージキャラクター「クルリン」は、大山こまの帽子をかぶっています。300年の伝統がある大山こまは、よく回ることから「金運がついてまわる」と言われ、縁起物の贈答品・装飾品として人気です。市の北部にある観光地大山に向かう「大山ケーブル駅」周辺には、大山こまを取り扱う店が沢山あります。

また大山では「豆腐料理」も有名で参道には、豆腐料理のお店が軒を連ね、3月には、直径4mの大鍋で湯豆腐をふるまう、仙人鍋などの「大山とうふまつり」が開催されます。


大磯町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県中郡大磯町

神奈川県南部 相模湾の中ほど 人口約31,400人

大磯海水浴場のシンボル「かぶと岩」を背景に、市の観光キャラクター、アオバトの「いそべぇ」「あおみ」が描かれています。大磯町照ヶ崎海岸では、アオバトが群れで飛来し「海水を飲む」極めて珍しい光景が観察できます。

「いそべぇ」「あおみ」は、明治から昭和初期の時代から、タイムスリップしてきた設定で、この時代には、多くの政界の重鎮や文豪が大磯に別荘を構えました。今でも旧吉田茂邸や旧伊藤博文邸に、当時の面影を垣間見ることができます。


座間市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県座間市

神奈川県ほぼ中央 大凧とひまわりの街 人口約129,300人

座間市マスコットキャラクター「ざまりん」が大凧を揚げています。ざまりんはひまわりの妖精で、座間市では7月下旬と8月中旬に、55万本のひまわりが咲き誇る「ひまわりまつり」が開催されます。

また例年5月4日5日に行われる「座間市大凧まつり」は、重さ約1トンの大凧を100人以上で引き揚げる、圧巻の凧揚げです。毎年大凧には、市民・団体から公募された「今年の文字」が描かれます。時間があれば、コチラ「座間のむかし話」も合わせてお読み下さい。


松田町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄上郡松田町

神奈川県西部 丹沢山系のふところに抱かれた街 人口約11,000人

まつだ大名行列の主役「赤坂奴(あかさかやっこ)」の「奴さん」と、松田山ハーブガーデンが描かれたナンバープレートです。まつだ大名行列は、江戸時代の赤坂奴の行列様式を、ほぼそのまま現代に伝える大名行列で、8月下旬に行われる「まつだ観光まつり あしがら花火大会」で観る事ができます。まつだ大名行列について詳しくは、こちら「広報まつだ」のPDFファイルを御覧下さい。

また松田山ハーブガーデンには、181種16,500本のハーブが植栽され、関連グッズを購入することが出来ます。


南足柄市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県南足柄市

神奈川県西部 わくわくがわく街 人口約42,600人

童謡「きんたろう」でも歌われているように、「あしがらやまのきんたろう」は、けものを集めて相撲を取っていたようです。南足柄市の金太郎は、「よいしょの金太郎」と言い、仲間のクマ・シカと相撲を取っています。

また金太郎が産湯をつかったと言われている「夕日の滝」は、落差23m、幅5mで夕日に映える景色はとても美しく、春は新緑、夏はキャンプ、秋は紅葉と楽しませてくれます。


湯河原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄下郡湯河原町

神奈川県南西部 湯けむりと四季彩の街 人口約24,500人

湯河原町の広報マスコットキャラクター「ゆがわら戦隊ゆたぽんファイブ」の描かれた、デザインナンバープレートです。湯河原は万葉の時代から、良質の温泉が湧く場所として知られていました。湯河原町には、奥湯河原、湯河原、浜湯河原などの温泉があり、泉質・効能も様々です。湯河原温泉公式観光サイト


小田原市

小田原市ホームページより引用

神奈川県小田原市


平塚市

平塚市ホームページより

 

平塚市市制施行90周年記念バージョン

神奈川県平塚市


横須賀市

横須賀市ホームページより

神奈川県横須賀市


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

コチラのページが便利です
市町村別の目次
コチラのページが便利です
市町村別の目次