三重県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【三重県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

三重県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究所さんの承諾を貰って使用しています。コピー・転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


尾鷲市(おわせし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県尾鷲市 海の碧(みどり) 山の緑(みどり) あふれる情熱 東紀州 人口17,950人

市の魚ブリと市の花ツバキ(ヤブツバキ)、海の3大テーマをモチーフに明るく元気のある尾鷲を表しています。

ブリは「アブラ」が「ブラ」>「ブリ」と呼ばれるようになったといわれます。出世魚で、地域・サイズによって呼び方が変わりますが、80cmを超えると全地域でブリと呼ばれるようになります(養殖物を「ハマチ」天然物を「ブリ」と区別することもある)。一般にブリといえば寒ブリが有名ですが、三重県~和歌山県では3~4月がシーズンで、この時期のブリを「桜ブリ」と呼びます。

尾鷲市街には世界遺産に登録されている熊野古道伊勢路が通っています。尾鷲市の馬越峠の石畳は、江戸時代から続く最も美しい石畳と言われています。尾鷲観光物産協会(観光案内所、近くに尾鷲高校コロッケで有名な馬屋峠さんがある)。おわせマルシェ(市街から少し離れた場所にある。ドッグラン・キッズスペースあり)。

九鬼町は毛利水軍を第二木津川口の戦いで破った九鬼水軍発祥の地です。九鬼氏ゆかりの九鬼神社や錦花堂の「九鬼水軍虎の巻(とらまき)」が有名です(地元スーパーや尾鷲のおととでも売っている)。また、大配(おはい)の柱状節理の崖と透明度の高い海のコントラストが、「オハイブルー」といわれ人気が出ています。

尾鷲の特産(というか尾鷲でしか栽培されていない)刺し身唐辛子「虎の尾」を栽培しているおわせむかい農園。虎の尾醤油や虎の尾おかず辣油もあります。


木曽岬町(きそさきちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県桑名郡木曽岬町 木曽川の東にある街 人口6,730人

鍋田川堤桜並木とマスコットキャラクターの「トマッピー」のデザインです。

鍋田川堤桜並木は愛知県との県境を流れる一級河川の鍋田川沿いに約4km、1,500本の桜が植えられていて、春には桜まつりが開かれ多くの人が観光に訪れます。

トマッピーは町が未来に向かってより一層飛躍していくことを願って町の特産品トマトに羽根を付けたキャラクターになっています。

干拓地として発達した木曽岬町は1959年の伊勢湾台風による高潮のため、町全体が水没する被害を受けました。塩害により一時期田畑が不作になったものの、現在ではトマトの指定産地となっており、その産出量は三重県全体の出荷量の6割を占めます。くらもとファームでは平均糖度10%の「ひめトマ」のトマト狩りを行っています(糖度はイチゴ並み)。

魔法少女トマトちゃんは木曽岬の地域コミュニティ団体「ボラ倶楽部」のキャラクターで、ご当地魔法少女として一時期有名になりましたが、現在では名古屋市東区のキャラクターになっており、キャラクターとしても全く別のものになっています(二代目の動画)。


伊賀市(いがし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県伊賀市 ひとが輝く 地域が輝く ~住み良さが実感できる自立と共生のまち~ 人口90,580人

滋賀県甲賀市、三重県伊賀市が共同で採用した忍者ナンバープレートです。左右に忍者、巻物、手裏剣が描かれています。上下の忍者が甲賀市の「こ」、左右の巻物が伊賀市の「い」を表しています。

伊賀市は2017年2月22日(忍者の日)に、「伊賀流忍者発祥の地」として忍者市宣言を行っています。上野エリア(旧上野市)では忍法道場、忍者変身処や忍者のトリックアートが設置され、「忍者のまち」としての特化が進んでいます(伊賀上野は日本有数の和菓子のまちでもある)。

伊賀上野城(白鳳城)は上野1585年に筒井定次によって築かれた平山城で、後に築城の名手と呼ばれる藤堂高虎の大改修を受け、大阪城を意識した高い石垣で知られています。復興された天守は博物館になっています(藤堂高虎の兜がある)。上野公園内には伊賀くみひも 組み匠の里伊賀流忍者博物館、俳聖殿などがあります。

赤目町長坂にある忍者の森は大人も子供も気軽に忍者修行ができる体験型アトラクションです(紹介動画90秒)。この辺りは修験道の開祖 役小角や忍者が修行したといわれる赤目四十八滝で有名です。かなりの山奥になりますが、カフェができるなど観光地として整備されつつあります。(忍者の森は2019年に手裏剣のVRや弓術が加わった)。

伊賀市は良質な温泉を有し、日帰り入浴施設が多数あります(だいたいナトリウム-塩化物泉)。伊賀市の温泉情報


亀山市(かめやまし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県亀山市 緑の健都 人口50,230人

一般公募で選ばれた、市制施行10周年記念のナンバープレートです。亀と「カメのぶんちゃん」、市の花ハナショウブのデザインになっています。

カメのぶんちゃんは「かめやま文化年」という3年に一度行われる文化の祭典のイメージキャラクターです。みそ焼きうどんのキャラクターとして「かめみちゃん」という頭にご当地グルメのみそ焼きうどんを載せたカメのキャラクターもいます。

亀山市は歴史的な交通の要衝で、古くは東海道五十三次の関宿・坂下宿が築かれ宿場町として発展しました。その後、戦後の高度経済成長期に乗じて企業誘致による工業化を進め、三重県下有数の内陸工業都市になっています。

温暖な気候と豊かな土質の亀山市は、古くからお茶の栽培が盛んで、起源は千年以上前と言われています。亀山のお茶は「亀山茶・伊勢茶」と言われ、上品で濃厚な味わいと良質の香りが特徴です。亀山市には県下最大の88.8haを有する茶園 中の山パイロットがあります。

関町にある関宿(せきじゅく)は国の重要伝統的建造物群保存地区になっており、江戸時代の宿場町の雰囲気をそのまま残しています。みどころとして関まちなみ資料館、関の山車資料館、関宿旅籠玉屋歴史資料館があり、街道を少し離れると無料の足湯に浸かることができます。


鳥羽市(とばし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県鳥羽市 国際観光文化都市 笑顔と感動に出会う鳥羽 人口19,230人

平成23年にオープンした「鳥羽マリンターミナル」をイメージしたナンバープレートです。

鳥羽マリンターミナルは、鳥羽港(佐田浜)と離島を結ぶターミナルで、真珠のネックレスをイメージしたモダンな外観をしています。鳥羽市では人口の約2割の人が離島に居住していて、住民の足となる市営定期船や観光客向けの遊覧船の起点として活躍しています(イルカ島巡りが人気)。

鳥羽城は九鬼嘉隆によって築城された平山城・海城です。大手門(大手水門)が海に突き出す珍しい形でしたが、今は本丸周辺に石垣を僅かに残すのみで、城山公園・鳥羽市役所・旧鳥羽小学校などが建っています。鳥羽城の麓にある鳥羽水族館は私営の水族館で、飼育・展示種数1,200種、通路全長1.5kmと全国屈指の規模を誇ります。

鳥羽市には市が運営する鳥羽市水産研究所があります。同研究所に勤める岩尾豊紀氏は「海藻博士」の異名で知られ、海苔・ワカメ・ヒジキ・アラメ等海藻のほかアワビや牡蠣等貝類の種苗に関する研究・活動を行っています。過去にミキモト真珠島の周辺にアラメの植林を行っています。

浦村にある鳥羽市立海の博物館は「海民(かいみん)」と呼ばれる漁師・海女・船乗り・海辺にする人々の歴史や資料を展示する博物館です。「なんでも集める」という方針で6万を超える収蔵品がありますが、特に海女の歴史に関するもの、80隻を超える木造船の展示は迫力があります。また、牡蠣の国浦村祭りの会場でもあります。


松阪市(まつさかし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県松阪市 明るいわ!楽しいわ!松阪やわ! 人口163,900人

特産品のお茶と松阪牛をモチーフにしたマスコットキャラクター「ちゃちゃも」が描かれています。

松阪市の松阪牛(まつさかうし/まつさかぎゅう)は、日本はもとより世界的にも有名な和牛ブランドです。「肉の芸術品」とも呼ばれ、霜降りの美しさ、柔らかさ、低い融点が生み出す舌触りの良さで知られています。松阪牛のなかにも等級があり「特産松阪牛」は但馬系の黒毛和種の雌牛を900日以上肥育(黒毛和種平均は600日程度)、松阪牛全体の数パーセントに留まります。

松阪市は土地柄駅の近くに焼肉屋が多く、動画サイトでよく紹介されています(一升びん本店、和田金あたりが多い)。回転焼肉 一升びん宮前店では回転寿司の要領で肉が流れてきます。なお、松阪市はすき焼き推しのようです。

三重県は全国3位の茶の産地で、かぶせ茶生産では日本一です。松阪市は南勢地域の代表的な産地で、2010年から公募によって決まった「松阪茶」という愛称を使用しています。

松阪の伝統工芸品 松阪もめんは天然藍の染め糸を使う織物で江戸時代に大流行し、松阪豪商人の基礎をつくりました。松坂もめん手織りセンターでは織姫体験という手織り体験をやっています(男性もできる。一時間1,300円 一日6,000円)。


四日市市(よっかいちし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県四日市市 未来にはばたく1・2・3・四日市! 人口311,000人

市の鳥ユリカモメが描かれています。四日市市が高く羽ばたいてほしいという思いが込められています。

四日市市は、県庁所在地の津市をしのぐ人口が居住する北勢地域の中心都市であり、中京工業地域の代表的な工業都市です。また、日本初の石油化学コンビナートである四日市コンビナートは日本夜景遺産に選ばれ、夜景クルーズが行われるなど観光資源となっており、愛好家から「聖地」と呼ばれるほどの人気を誇ります。また、四日市ぜんそくを克服した環境問題推進都市でもあります。

四日市では農業(主に茶)や萬古焼(ばんこやき)など古くからの地場産業も盛んです。とくに萬古焼は耐熱性に優れており、その特性を活かした土鍋の生産は国内シェア7、8割を占めます。最近ではIH(電磁調理)対応の土鍋も生産しています。

8月に開催される大四日市まつり、10月に開催される四日市祭には、1805年に製造されたという日本一大きなからくり人形「大入道山車」が現れます(大入道の動画)。

四日市の銭湯は個性派揃いで浴槽も多めです。住吉湯(熱い、電気風呂が強い、スチームサウナに殺気を感じる)。玉の湯(130~150度の灼熱サウナ、喫煙者にとっては楽園、入れ墨の人が多い)。


志摩市(しまし)

志摩市ホームページより

三重県志摩市 新しい里海のまち・志摩 人口53,060人

下部に横山展望台から望む英虞湾、特産品の伊勢海老と真珠、国の重要無形文化財に指定されている海女漁をイメージしたデザインです。

志摩市南部にある英虞湾(あごわん)は日本有数のリアス式海岸美を誇り、古くからの観光名所としてホテル・キャンプ場などリゾート地が集まっています。横山展望台は英虞湾を一望できる展望台です。デッキやスロープができていて、展望台としては珍しいバリアフリーの施設で、カフェも併設されています。麓にある横山ビジターセンターでは自然教室や標本の展示などを行っていて、桜の名所でもあります。

志摩市は水産業が盛んで、アオサ、的矢かき、アコヤ貝の貝柱などが有名です。とくに伊勢海老の漁獲量は全国シェア1位を誇り、市の魚にもなっています。浜島地域福祉センターさくら苑に全長7mのモニュメントがあり(元は大阪道頓堀にあった)、毎年6月には伊勢海老をはじめとする海の幸への感謝と豊漁を願って伊勢えび祭が開催されます。

志摩は海女が多いことで知られ、「鳥羽・志摩の海女漁の技術」として国の無形重要文化財に指定されています。現在、海女小屋(海女が火を焚いて体を温める小屋)は観光客向けのレストランになりつつあり、当地の海女さん自慢の料理を食べることができると好評です。

2014年に登場した志摩市の海女萌えキャラ「碧志摩メグ(あおしまメグ)」は、2015年に「過度に性的」などの批判を浴び炎上、その後しばらく活動を自粛していましたが、翌16年には伊勢志摩及び三重県全域の非公認キャラクターとして活動を再開しています。(アニメPV、45秒)。


伊勢市(いせし)

伊勢市ホームページより

三重県伊勢市 美(うま)し風起(た)つ回帰新生都市 人口127,800人

「想いを運ぶおかげ参り犬」というデザインです。伊勢湾と桜を背景に「おかげ犬」が描かれています。

伊勢神宮に参拝することを「おかげ参り」と呼びます。江戸時代には奉公人が主人の承諾を受けずに行うことから「抜け参り」とも呼ばれました。なかには犬と共に参拝に訪れたり、犬のみが代参するということもあり「おかげ犬」と呼ばれます。伊勢神宮外宮参道におかげ犬の像があり、お土産にもなっています。

伊勢神宮は元来「神宮」という正式名称ですが、他の◯◯神宮と区別するために伊勢神宮と呼び習わします。「お伊勢さん」「大神宮さん」とも呼ばれ、内宮には天照大神、外宮には衣食住の守り神 豊受大御神を祀っています。伊勢神宮前の鳥居から五十鈴川沿いはおかげ横丁という門前街になっていて、お茶屋さんやお土産屋さんが並んでいます(ユニークな招き猫が沢山ある)。

ともいきの国伊勢忍者キングダムは安土・桃山時代~戦国時代をテーマにしたテーマパークです(元の伊勢戦国時代村から5回ほど名前が変わっている)。現在は元来のショー的要素の上に、謎解き要素のあるリアルRPGや忍者・和装のレンタル衣装、忍者修行、温泉(バナナ葉風呂がある)等が加わり、一日楽しめる施設になっています。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

愛知県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【愛知県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

愛知県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


美浜町(みはまちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県知多郡美浜町 ひと・まち・自然 健康に輝く 人口22,700人

美浜町のランドマーク野間埼灯台(通称野間燈台)が描かれています。町制60周年を記念して300枚が交付されました。

昔は「野間灯台を囲う鉄柵に恋人同士で南京錠をかけると、恋愛が成就する」というジンクスがありましたが、南京錠の重みで柵が倒壊したそうです。燈台擬人化プロジェクト「燈の守り人」に野間埼灯台も含まれ、現段階では音声のみのガイドが公開されています。

愛知県美浜町は知多半島に属し、伊勢湾・三河湾の2つの湾に面する町です。特産品は玉ねぎ(愛知県の生産量シェア4割)、大根、里芋、ねぎ、うるめいわし、えびせんべい等です。また、みかんでは「みはまっこ」「あまみっこ」の産地ブランド銘柄をもちます。

南知多ビーチランドは伊勢湾奥田海岸沿いにある総合海浜公園(遊園地+水族館+海水浴・潮干狩り)です。同施設の水族館「海洋館」は1000t級大水槽を主軸に150種7,000匹の魚を展示しています。こちらの海獣のショーはレベルが高い、客席との距離が近いと定評があり、アシカ・イルカ(7頭と多い)・ペンギンのショーを行っています。おもちゃ王国も併設されています。

山本音吉(やまもとおときち)は美浜町の歴史的人物で、1832年に「宝順丸」が嵐で遭難したおりにアメリカ太平洋岸に漂着、日本人で初めてロンドンの土を踏む、世界初の聖書の日本語訳を刊行するなどの偉業で知られています。音吉の遺骨は町内の良参寺に眠っています。

南知多道路沿いにあるえびせんべいの里は試食・工場見学などができるお菓子工場です。場内にえびせんべいの歴史が展示されています。えびせんべいだけでなく、梅小花・わさび小花やイカ七味など多種の菓子・珍味を取り扱っています(休憩室の飲み物は無料で飲める)。


岡崎市(おかざきし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県岡崎市 人・水・緑が輝く 活気に満ちた 美しい都市 人口381,100人

㊤岡崎市非公式キャラクター「オカザえもん」と花火㊦夕暮れの岡崎城と市の花サクラの2種類です。どちらも市制100周年を記念して交付されました。

岡崎城(龍城)は徳川家康(幼名竹千代)生誕の地です。同城は岡崎公園内にあり、周辺に三河武士のやかた家康館、菅生神社、龍城神社などがあります。また、2023年の大河ドラマ「どうする家康」放送に向けて岡崎市徳川家康公顕彰推進評議会のオリジナルロゴマーク&キャッチコピーが完成しています。

我が国で観賞用の花火がみられるようになったのは江戸時代からですが、江戸時代初期には火薬の製造は幕府によって規制されており、唯一徳川家康ゆかりの三河地区にのみ火薬工場がありました。現在も岡崎市を中心とした三河・遠州地区には多くの狼煙製造者や問屋が集中していて、伝統産業となっています。当地では8月の岡崎城下家康公夏まつりのメインイベントで花火大会が行われます。

岡崎市の特産品八丁味噌は約2年長期熟成された豆味噌で、大豆の旨味を凝縮した濃厚な味わいが特徴です。75歳まで生き、当時としては長寿であった家康公が好んで食したと言われています。

カクキュー八丁味噌の郷には資料館が併設されていて、八丁味噌の製造工程が紹介されています。味噌蔵の工場見学ができてお味噌汁の試飲もあります。


春日井市(かすがいし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県春日井市 書のまち春日井 人口306,500人

四輪自動車の春日井ナンバーと同一のデザインで、マスコットの「道風くん」と春日井サボテンのPRキャラクター「春代・日丸・井之介」が描かれています。

春日井市には平安時代の能書家 小野道風(みちかぜ/とうふう)の出身地であるとする伝承があります。道風は和様書道の基礎を築いた人として知られ、「野跡」と呼ばれるその筆跡は雄渾豊麗、温雅などと評されます。春日井市は「書のまち」をキャッチフレーズにしていて、道風記念館が建てられています。

春日井市はサボテンの生産が盛んで、実生サボテンでは全国のシェアの8割を占めます。元来果樹栽培の副業として営まれていましたが、1959年の伊勢湾台風の影響が少なかったことから、栽培主体をサボテンに切り替えたといいます。市では食用のウチワサボテンを栽培、給食にするなどサボテン料理・菓子等をアピールしています。サボテンを使った食品を売っている春日井サボテンラボ&ショップ

春日井市には王子グループに属する製紙会社 王子製紙の工場があります。同工場ではコート紙、上質紙~クラフト紙、紙おむつからティッシュまで様々な紙製品が製造されています。春日井市には同社が運営する王子バラ園があり、一般に開放されています。


知多市(ちたし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県知多市 ちょうどいいまち 知多 人口83,890人

知多市商工会の公認キャラクター「梅子」とキャッチフレーズ「ちょうどいいまち 知多」のロゴ、市の花ウメのデザインです。

知多市の特産品、佐布里梅(そうりうめ)は明治時代初期に鰐部亀蔵という人によって作られ、同市の佐布里地区を中心として栽培されています。佐布里緑と花のふれあい公園(梅っ花そうり)には約25種6,000本の梅が植えられていて、2~3月中旬の開花時期にあわせて佐布里池梅まつりが催されます。

新舞子マリンパークは緑浜町にある人工島の公園です。名古屋市から最も近い海水浴場として知られ、海水浴・バーベキュー・海釣りなどに用いられます。

大智院は「めがね弘法」という愛称で知られる真言宗智山派のお寺です。八百比丘尼が植えたとされる樹齢千年余の大楠や、めがねをかけた弘法大師像(身代大師)があります。

岡田地区(旧岡田村)は知多市の特産の一つ知多木綿の生産が盛んでした。今では岡田町並保存会がガイドを行っていて、木綿蔵ちた(現在は工房になっている)では木綿織体験ができます。


阿久比町(あぐいちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県知多郡阿久比町 調和の中で豊かに実るまち阿久比 人口28,290人

阿久比町マスコットキャラクター「アグピー」が描かれています。町制60周年記念として50cc以下600枚の交付になりました。

アグピーは町制50周年「ほたるサミットあぐい」のキャラクターとして生まれました。阿久比町は1983年から「自然と人間の共生 ホタルを守ろう」を合言葉にホタルの保護活動を続けています。現在、白沢大池周辺の白沢ほたるの里では10万を超えるホタルを見ることができます。

当地で秋分の日に行われる虫供養は、農作業で犠牲になった田畑の虫を供養する行事です。平安時代から約800年続いていることから愛知県の無形民俗文化財に指定されています。

ちたブルーベリーは2021年に白沢にオープンしたブルーベリー農園です。当面は女性専用ソロキャンプ、青空カフェ、各種イベント用の貸し切りスペースとして利用できるようです。オーナーのこだわりを感じるお洒落な農園です。

阿久比町の特産品は梅とれんげ米「阿久比米れんげちゃん」です。れんげ米とは、苗を植える前にれんげを育てて土に鋤き込むことで有機肥料にする、昔ながらの育て方で作られたお米をいいます。また、丸一酒造株式会社では「ほしいずみ」という日本酒が造られています。


あま市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県あま市 人・歴史・自然が綾なす セーフティー共創都市 人口87,650人

あま市のナンバープレートには、戦国大名 前田利家の正室「お松の方(芳春院)」と甚目寺観音の三重塔、梅の花が描かれています。

お松の方の生誕地はあま市の七宝町沖之島瑞円寺のあたりで、お寺の脇にお松の方生誕の碑が残っています。お松の方は11歳で前田利家に嫁ぎ、2男9女の母になりました。学問と武芸に優れた女性だったと言われています。あま市には他にも蜂須賀小六正勝公顕彰碑や福島正則生誕の地があります。

あま市の市名はもともとの海部郡(あまぐん)の地名を残し、一方で難読都市名を避けるためにひらがなの「あま」の表記となっています。

甚目寺(じもくじ=甚目寺観音)は 597年 創建されたとされる真言宗智山派の寺院です。法隆寺や四天王寺に次ぐ歴史がある同寺院は、徳川家康が名古屋城を築城した際に四方を護る尾張四観音の一つとしました。

上萱津には日本で唯一の漬物の神様が祀られている萱津神社(かやづじんじゃ)があります。言い伝えによると、ウリ・ナス・タデ・藻塩といった供物が腐るのを惜しんだ土地の人々が、供物を瓶に入れて奉納するとほどよく漬物(塩漬け)になったといわれています。境内には漬物を治める香の物殿があり、香の物祭には多くの漬物業者・製塩業者が参詣します。

七宝町は七宝焼発祥の地です。七宝焼とは金・銀・銅など金属の上にガラス質の釉薬を焼き付けた伝統工芸品のことで、当地のものは「尾張七宝」ともいいます。あま市には七宝焼アートヴィレッジがあり、歴史の展示や七宝焼の実演・体験教室を行っています。


犬山市(いぬやまし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県犬山市 人が輝き 地域と活きる“わ”のまち 人口73,420人

犬山市のナンバープレートには、木曽川と犬山城(国宝天守)、犬山市のキャラクター「わん丸君」が描かれています。

犬山城(白帝城)は織田信長の叔父・広近が築いた平山城です。別称の白帝城は李白の詩「早發白帝城(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が名付けたものです。現存十二天守の一つ(櫓と門は復興)で、2004年まで個人が所有していました(現在は財団法人が所有)。周辺は公園になっていませんが、猿田彦神社・三光稲荷神社・針鋼神社があり、緑の多い場所となっています。

犬山城下町は犬山市文化史料館、IMASENからくりミュージアム、犬山藩の学問所であった敬道館跡などがあり、飲食店が多く並んでいます(犬山忍術道場で手裏剣も打てる)。

日本モンキーパークは犬山官林にある名古屋鉄道の子会社、名鉄インプレスが運営する(以下明治村、リトルパークも同様)遊園地です。名前の通り日本モンキーセンターが併設されていますが共通入園はできず、別途に入園料を払う形になっています。同モンキーセンターは猿専門の動物園で73種600頭の猿が飼育されています。

博物館明治村は明治時代をテーマにした野外博物館です。帝国ホテル中央玄関や宇治山田郵便局やなどの歴史的建造物を収蔵していて、ドラマの収録やアニメのモチーフによく使用されます。世界コスプレサミットのサブ会場としても有名で、週末はコスプレイヤーが多く見られます。

リトルワールドは犬山市と岐阜県可児市に跨る野外民俗学博物館です。日本のテーマパークで第二位の面積の敷地に世界各国の建築物、多様な衣装、工芸品などが展示されています。


尾張旭市(おわりあさひし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県尾張旭市 ともにつくる元気あふれる公園都市 人口81,950人

尾張旭市のイメージキャラクター「あさぴー」が大きく描かれています。50cc以下の白ナンバーのみの交付です。

「ともにつくる元気あふれる公園都市」のキャッチフレーズの通り、尾張旭市には110箇所以上の公園・児童公園があり、市として整備に力を注いでいます。2022年3月には城山公園にバラ園が開設されました(遊具広場も「スカイパーク」に名称変更した)。

尾張旭市には市の面積の約6分の1を占める広大な公園愛知県森林公園があります。体育館・植物園、児童遊園地や芝生広場、バーベキュー場、ゴルフ、乗馬、テニスなどの施設があります。とりわけ植物園は「森林浴の森100選」に選ばれていて、展示館があるなど充実しています。

尾張旭市は、日本紅茶協会によって人口1人当たりの「紅茶のおいしい店」が日本一多い市として認定されており、「紅茶のまち」として紅茶フェスティバル等が行われています。尾張旭市には「シュラバスター」と「ティーバトラー」というご当地ヒーローがいて、紅茶のティーバッグ(キャラティー)にもなっています。また、尾張旭市観光協会はカフェの紹介、おいしい紅茶の淹れ方など紅茶に関する動画を多数発信しています。

日本一紅茶がおいしい街なのに茶畑が無い、そんな尾張旭市観光協会では尾張旭ブランドの茶葉をつくるためにOWARIASAHIBARIというプロジェクトを行っています(紹介動画)。


刈谷市(かりやし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県刈谷市 人が輝く 安心快適な産業文化都市 人口149,800人

マスコットキャラクターの「かつなりくん」が描かれています。50cc以下の白ナンバーのみの交付になりました。

かつなりくんは刈谷藩初代藩主の水野勝成がモチーフです。水野勝成は「倫魁不羈(りんかいふき)=凄すぎて誰にも縛りつけることはできない」と称された人で、諸国を巡り戦場に出ては抜け駆けで大暴れ、藩主としては名君と謳われちゃっかり88年を生き抜いた戦国武将です(刈谷の生まれという説もある)。

新名神高速道路(E1A)沿いにある刈谷ハイウェイオアシスは、高速道路・一般道路の両方からアクセスできるレジャーエリアで、東京ディズニーランド、USJに次いで国内3位の年間入場者数を誇ります(観覧車・メリーゴランドほか商業施設多数、温泉やえびせんべいの里もある)。

刈谷市郷土資料館は亀城小学校旧本館を改装したものです。昭和レトロな玩具・道具などの展示のほか、教室や茶の間の復元展示、機織りの実演も行っています。

刈谷市では7月に200年以上続く万燈祭(まんどまつり)が行われます。武者絵や歌舞伎絵などが描かれ、内部に照明を施した万燈は重さ60kgにも及びますが、これを一人で担ぎ上げ笛や太鼓の音に合わせて舞を披露します。

刈谷駅周辺では毎年秋にマンガ・アニメの総合市刈谷アニメコレクションが開かれコスプレイヤーが集まります(コロナ禍のため2019年は中止、2020年はオンライン開催となった)。


蒲郡市(がまごおりし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県蒲郡市 海とみどりに包まれた安心して暮らせるまち 人口80,060人

蒲郡のシンボル・観光名所の竹島と蒲郡みかん、市の花ツツジが描かれています。

竹島は三河国定公園の中核を成す無人島で、本土とは約400mの橋(竹島橋、縁結びの橋とも呼ばれる)で結ばれています。400mしか離れていないにも関わらず、対岸の植生とは大きく異ることから国の特別天然記念物に認定されています。島には日本七弁天の一つ、八百富神社(やおとみじんじゃ)があります。

蒲郡は露地栽培と温室のみかんを栽培しており、一年を通してみかんを出荷しています。「蒲郡みかん」として地域ブランド化されていて、糖度が高く程よい酸味を兼ね備えることから全国的にも評価が高い商品です。

ラグーナテンボスは海陽町にある複合リゾート施設です。テーマパーク「ラグナシア」、商業施設「ラグーナフェスティバルマーケット」、ホテル、温浴施設「ラグーナの湯」などが入っています。世界コスプレサミット期間中は「ラグコス」としてオールナイトイベントが開かれます。

竹島水族館(愛称タケスイ)は市が管理する水族館です。日本で1,2を争う施設の古さから「施設を見て不安になった」とアンケートに書き込まれるなど廃館が懸念されていましたが、各水槽に手書きの説明パネルを採用し、タッチプールを設営するなどアットホーム路線に転向し人気を博しています。

蒲郡は「蒲郡温泉」「三谷温泉」「形原温泉」「西浦温泉」の4つの温泉郷を有する一大温泉地です。三谷温泉は僧行基によって発見されたとされる古湯、蒲郡温泉は市街からのアクセスの良さ、西浦温泉は海辺の風景とカフェ、片原温泉は5万株の紫陽花(夜にはライトアップされる)とそれぞれの良さがあります。


幸田町(こうたちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県額田郡幸田町 人と自然を大切にする緑住文化都市 人口42,200人

茂る葉っぱの縁取りに特産品の筆柿と幸田町環境オリジナルキャラクター「えこたん」が描かれています。50cc以下の白ナンバーのみの交付です。

環境オリジナルキャラクター「えこたん」は、パンフレット、環境グッズ、イベント、環境教育のほか、市内を循環する無料コミュニティバス「えこたんバス」でも活躍しています。

また特産品の筆柿は、珍宝柿、ちんぽ柿とも呼ばれ、全国の生産量の87%程度が幸田町で作られています(残りは長野県)。市場に出回る時期が富有柿などより一ヶ月程度早く、濃厚な甘さが特徴です。皮が薄いので剥かずに食べることもできます。

幸田町は産業の集約と住宅地の開発によって、全国的に人口が伸び悩んでいる20015ー2020年の間も7.4%の人口成長を遂げています(愛知県全体は0.8%)。一方農家数は2010年で1,041戸と1970年の2,017戸から半減、農業就業人口も4分の1以下になっています。

幸田町では2016年からアイサンテクノロジーと名古屋大学が共同で自動運転車(遠隔型自動運転システム)の為の3Dマップ作りを始め、同年6月22日に乗車体験会が開催されました。2017年には全国で初の公道での実験が行われています。

須美にある国道23号・国道23号岡崎バイパス(下り)の道の駅 筆柿の里・幸田(フランクフルトと海鮮丼が人気、閉まるのが早い)。


江南市(こうなんし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土 人口97,900人

マスコットキャラクター「藤花(ふじか)ちゃん」、市の花フジと川の流れが描かれています。50cc以下の白ナンバーのみの交付になりました。

藤花ちゃんは漫画家・イラストレーター・小説家のくらはしかん(倉橋寛)氏がデザインしました。氏は中日スポーツでおなじみの「おれたちゃドラゴンズ」の作者で、江南市に在住しています。

前飛保町寺町の日輪山曼荼羅寺(日輪山曼荼羅寺)の境内にある曼陀羅寺公園では、4月下旬から5月上旬にかけて12種60本の藤が花をつけ江南藤まつりが開催されます。他にもツツジ・ボタン・シャクナゲ(いずれも春の花)が植えられていて見ごたえがあります。

フラワーパーク江南は木曽川流域に広くひろがる国営木曽三川公園の一角を成す公園です。温室・屋上庭園を兼ねたクリスタルフラワー内では様々なワークショップが開かれ、売店ではハーブティーが飲めます。市内の和洋菓子店が出店する江南スイーツフェスティバルやマルシェなどのイベントも行われます(駐車場 入園無料)。

木賀町大門にある布袋の大仏は高さ18mコンクリート製の住居一体型薬師如来像です。近くの踏切からみると大仏がサングラスをかけているように見える(というかターミネーター)ということから、珍スポットとして有名です。


知立市(ちりゅうし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

市制50周年記念 知立市ホームページより

愛知県知立市 輝くまち みんなの知立 人口71,990人

㊤市の花かきつばたと川の流れをイメージしたイラスト、市制40周年時のもの㊦市制50周年記念、あんまきとマスコットキャラクター「ちりゅっぴ」、50cc以下400枚、50~90cc15枚、90~125cc80枚、ミニカー5枚の交付となっています。

三河八橋は伊勢物語の昔から知られるかきつばたの名勝地で、在原業平がかきつばたの歌を詠んだことで知られています(かきつ姫公園の落田中の一松も同様のかきつばた伝承がある)。無量寿寺の境内にある八橋かきつばた園には、復元された八ツ橋があり在原業平の像が建っています。

知立名物大あんまきの藤田屋さん。オーソドックスな小豆や抹茶のほかにもチーズや天ぷらバージョンもあります(ほうじ茶味は期間限定)。

池鯉鮒(ちりゅう)と読みます。もともと知立市の名の由来になった知立神社の古い呼び名が池鯉鮒神社です。神社の池に鯉や鮒が多かったことから池鯉鮒の名がついたそうです。

↑生地に醤油が入っている素朴な味わいのたこ焼き、予約の電話をして注文を伝えてから取りに行くといいでしょう。駐車場はありません。

毎年5月2~3日に行われる知立まつりは江戸時代からの歴史があり、国の重要無形民俗文化財に指定されています。西暦の偶数年には本祭りが行われ、山車の上で上演される知立山車文楽と知立の山車からくりが披露されます。からくり人形は専門家が作ったものではなく、首以外は雑木や布切れなどから町の人々が作ったものだそうです。

かきつばた(杜若)はアヤメ(菖蒲)に酷似しますが、①水生②花弁の白い部分が剣型(アヤメは網型)③葉がアヤメより幅広く柔らかい、の3点で見分けることができます。


豊川市(とよかわし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県豊川市 光と緑に映え、ゆたかで、住みよい、夢のあるまち 人口182,400人

プレート右側に市の花サクラと豊川市の観光マスコットキャラクター「いなりん」、下部に山と川のデザインです。市制70周年記念として700枚が交付されました。

豊川市には日本三大稲荷の一つ豊川稲荷(妙源寺)があり、豊川いなり寿司が名物・ご当地グルメです。いなりんは「いなり寿司食べりん(いなり寿司食べて下さい)」の4文字を取って名付けられました。豊川市は名古屋市と共に「稲荷ずし発祥の地」とされています。

豊川市は豊川稲荷の門前町から発展し、曹洞宗の専門僧堂があります。豊川稲荷の参道には飲食店が多く立ち並び、境内ではほいとも祭や豊川手しごと市(豊川きつね祭)が開かれることがあります。

旧東海道赤坂宿~御油宿間には600mにわたって約300本の御油の松並木があり、全国的にも有名です。音羽川沿いに御油の松並木公園となっています(「東海道中膝栗毛」で弥次さん喜多さんがキツネに化かされた場所)。御油の松並木資料館は松並木から1kmほど南に行ったところにあります。

豊川のお祭りは沢山ありますが、手筒花火の手筒祭り、地元の青年が花魁や武士に扮装して練り歩く雨乞い祭り、囃子方「ヤンヨウガミ」が歌に合わせて所構わず寝っ転がるうなごうじ祭(うじむし祭)、きつねと天狗が子どもたちを食紅で真っ赤に染めるどんき祭りが有名です。


南知多町(みなみちたちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県知多郡南知多町 太陽と海と緑豊かなまちづくり 人と自然! みんなの汗で光るまち 人口17,390人

下部背景に海、右側に町のキャラクター「ミーナ」が大きく描かれています。50cc以下の白ナンバーのみの交付になりました。

南知多町は知多半島の最南端で漁業・観光業が盛んな町です。主産業の漁業は7つの漁港を有し、沿岸漁業を中心に県下一の漁獲量を誇ります。魚介はとらふぐ、鯛が有名でしょうか、各漁港ごとに水揚げ対象が異なるので漁港周辺を巡ってみるのもよいでしょう。

千鳥ヶ浜にある内海千鳥ヶ浜海水浴場は愛知県下最大の海水浴場です。周辺にはホテルや海の家が並び、夏は観光客で賑わいます。砂浜は川をはさんで内海海岸海水浴場とつながっています。

247沿い豊岡かに川にあるポン菓子専門店ぽんかふぇは家田製菓株式会社の工場直売店です。常時30種以上のポン菓子を取り揃えていて、カフェでは知多みかんジュースを飲むことができます。

観光農園花ひろばは四季折々の花が植栽されていて、花摘みやイチゴ・ブルーベリーの収穫体験を行っています。犬同伴の入園・コスプレ撮影もOKです。野菜の産地直売もやっています(春先の菜の花が人気、カフェはあるが規模が小さい)。

知多半島の最南端羽豆岬には羽豆神社、羽豆岬展望台、SKE48「羽豆岬」記念歌碑などがあります。師崎港から10分ほど高速船に乗ると、2つの離島 篠島日間賀島に渡ることができます。どちらも海水浴や釣りのメッカとして知られ観光地になっています。


弥富市(やとみし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県弥富市 LOVE10弥富~みんなの笑顔でつくる街 人口44,590人

左側に市の木サクラ、左側に市のキャラクター「きんちゃん」と市の花「キンギョソウ」を配したデザインです。

弥富市は金魚の日本有数の産地で、当地で産出される金魚は「弥富金魚」として特産品になっています。同市は日本にいる金魚の全品種約26種類がすべてそろう金魚生産・流通の拠点となっており、毎年10月には金魚日本一大会が開催されます。

弥富市の三ツ又池公園はシバザクラとネモフィラが植栽されていて、毎年4月中旬から5月上旬にかけて公園一面が赤、ピンク、白のシバザクラ、スカイブルーのネモフィラがきれいな絨毯みたいになります。

海南こどもの国は県立の児童公園です(児童公園とはいっても面積10万㎡)。一回50円で乗れる足踏み式のゴーカート、足踏み式ボートがあります(遊具や児童用プールなどは無料)。前述の三ツ又池公園から大体600mくらいのところにあります。

弥富市はもともと金魚と文鳥のまちでした。昭和50年代には文鳥生産者は200戸以上で全国シェアの8割を担ったといいます。現在は1戸だけとなっていて、地元では歴史民俗資料館に文鳥職員のぶんちゃんを迎え、文鳥をモチーフとしたパンや大福を開発するなど「弥富の文鳥」を盛り上げようとしています。

国道1号線が155号と交差する辺りににある文鳥電話ボックス。中の電話はちゃんと使えます。

鯏浦(うぐいうら)町と読みます。近鉄弥富駅とJR弥富駅が並んでいます。


稲沢市(いなざわし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県稲沢市 自然の恵みと心の豊かさ 人が輝く 文化創造都市 人口136,900人

マスコットキャラクター「いなッピー」が描かれたナンバープレートです。50cc以下1000枚、50cc~90cc200枚、90~125cc300枚の交付になりました。

いなッピーの頭は植木とアシタバの緑、体がイチョウ・銀杏の黄色で、国府宮裸祭りのはちまきとフンドシをしています。稲沢市は植木・苗木の日本四大生産地として全国的に知られています。また、銀杏は日本一の生産量を誇り「祖父江銀杏(そぶえぎんなん)」として地域ブランド化されています。

稲沢フルーツ園稲沢バナナ園、どちらも温室でフルーツを育てている果樹園で、バナナの解説・収穫体験などを行っています。

尾張大国霊神社(国府宮)で行われる「国府宮はだか祭(こうのみやはだかまつり)」は、日本三大奇祭に数えられることがあります。数千人ものはちまき・ふんどし、白足袋姿の「裸男」がもみ合う祭りです。天下の厄災を搗き込んだ土餅を神職の手により埋める事で、世に生じた罪穢悪鬼を土中に還し厄払いをします。

祖父江砂丘は木曽川沿いにできた河畔砂丘で、湿潤で植生豊かな日本の内陸部では珍しいものです。毎年10月~11月頃に砂の芸術展「稲沢サンドフェスタ」が開かれます。


岩倉市(いわくらし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県岩倉市 健康で明るい緑の文化都市 人口47,930人

岩倉市PR大使「い~わくん」が描かれたナンバープレートです。

い~わくんは鯉のぼりの糊落とし作業「のんぼり洗い」と市の中心部を北から南へとゆったり流れる五条川の桜をモチーフにしたキャラクターです。

五条川両岸には15kmに及ぶ約1,800本の桜並木があり、さくら名所100選に選ばれています。散り際には川面が桜の花びらで覆われます。3月下旬~4月上旬には岩倉桜まつりが開催されます(のんぼり洗いの実演もある)。

五条川では、「鯉のぼり」の糊落とし作業「のんぼり洗い」が大寒の頃から始まります。400年続く伝統的な手法「のんぼり洗い」は、岩倉市の初春の風物詩となっています。岩倉市内には鯉のぼりを造る業者が2軒あり、糊はもち米から作られているため川の魚がエサにするそうです。

日本三大地鶏の一つ、名古屋コーチンは岩倉市の古くからの特産品の一つです。当地では「ひきずり」と呼ばれる名古屋コーチンのすき焼きが郷土料理になっています。岩倉市名古屋コーチン振興会では毎年鶏供養を行っています。

2022年5月大地新町に、東海地方を中心に展開するトルコサンドイッチチェーン「メガケバブ」岩倉店が開店しています。


大府市(おおぶし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県大府市 みんな輝き 幸せ感じる 健康都市 人口92,180人

公式マスコットキャラクター「おぶちゃん」が描かれたナンバープレートです。

大府市は知多半島の付け根にあたり、健康・医療・福祉・介護関連の機関が集中するウェルネスバレーを擁する自動車産業が盛んなまちで、愛知用水を利用した近郊農業も行っています。2022年の「住み続けたい自治体ランキング」(リクルート社のアンケートによる)では愛知県下5位になっています。

大府市はWHO(世界保健機関)の提唱する健康都市連合に加盟し、「市民主体の生涯スポーツ推進」、「歩きたくなるまちづくり」が評価されています。大府市はスポーツが盛んで、多目的グラウンド・テニスコート・プール・体育館など施設も充実しており、大府市ゆかりのオリンピックメダリストが数多くいます。

あいち健康の森公園は大府市と東浦町に跨る県営の都市公園です。100haの敷地に体育館・球技場・ベビーゴルフ場、子どもの森・大芝生広場があり親子で楽しめる空間になっています。ほたるの里には森岡ホタル保存会によってホタルの幼虫が放流されています(子どもの森と薬草園が人気)。周辺にはJAあぐりタウンげんきの郷(ファーマーズマーケット)があります。

長草天神社では毎年どぶろく祭りが行われています。500年以上の伝統があるお祭りで、参拝者にどぶろくがふるまわれ、投げ餅が行われます。この祭りには酒好きの「猩々(しょうじょう)」という怪物が現れ子供を竹の棒で叩きます(無病息災・頭が良くなる利益があるとされる)。また、大府市は全国どぶろく研究大会を開催していて、どぶろくコンテスト(全国のどぶろくの品評会)を行っています。


蟹江町(かにえちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県 海部郡蟹江町 かわ ひと まち 表情豊かないきいき小都市(こまち) 人口37,080人

背景に水郷をイメージした水色のライン、上部に「水郷のまち」とマスコットキャラクター「かに丸くん」ロゴ、右側に町の花ハナショウブが描かれています。

蟹江町は5本の川が流れていて、河川が総面積の5分の1を占める水郷のまちです。町を大きく蛇行する佐屋川沿いの佐屋川創郷公園では、毎年6月頃に色とりどりのハナショウブが見ごろを迎えます(花弁の付け根が黄色いのがハナショウブ、カキツバタと違い水生ではない)。

かに丸くんは、以前はロゴマークを3次元化した色々と無理矢理感があるキャラクター(旧バージョン)でしたが、現在は爪が稼働したり巨大だった目が違和感の無いサイズになっていたりします。「カニエ」の地名は1215年の「水野家文書」の中に出ていて、その頃は周囲が海で蟹がたくさんいたようです。

蟹江町には愛知県で唯一「名湯百選」に選ばれている尾張かにえ温泉があります。もともと川のヨシ原の一角に冬になると魚が集まる場所があり、掘削した結果発見された温泉です。尾張温泉東海センターや無料で楽しめる足湯かにえの郷、尾張温泉かにえ病院などがあります。

川の多い当地は川魚の鯉・フナ・ドジョウ・なまずなど、あるいは汽水域を好むボラを食す文化があり郷土料理になっています。鮒味噌やもろこ寿司などが有名です。


北名古屋市(きたなごやし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県北名古屋市 健康快適都市 誰もが安全・安心に暮らせるまち 人口86,070人

右側に名古屋芸術大学生がデザインした「キツツ」のイラストが描かれています。市制10周年記念として限定200枚が交付されました。

北名古屋市は2006年に西春日井郡師勝町と西春町が合併して誕生した市で、名古屋市の北に位置します。名鉄犬山線で名鉄名古屋駅まで10分と愛知県下3番目の人口密度を誇るベッドタウンになっています。

北名古屋市には昭和の日常をテーマにした昭和日常博物館(北名古屋市歴史民俗資料館、北名古屋市東図書館3F)があります。昭和の時代のごく一般的な家庭の様子や、昔懐かしいゲーム・おもちゃなどが展示されており、子供の頃の記憶が蘇ってきます(入場無料)。

二子瀬古にある極上わらび餅たなか屋さん。黒蜜きなこやココア、生チョコのわらび餅があります。


清須市(きよすし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県清須市 水と歴史に織りなされた安心・快適な環境都市 人口69,690人

市章と織田信長が10年間居城とした清州城(きよすじょう)が描かれたナンバープレートです。

清洲城は、織田信長が桶狭間の戦いのおりこの城から出陣したとされています。また、本能寺の変の後にこの地で「清州会議」が行われたとされ、歴史的に重要な役割を果たしました。現在の清洲城は移転・復興されたもので、天守も模擬天守(内部は博物館)となっています。

清州城から北西へ大手門を渡ると清州城跡公園になっていて、本丸土塁と復元された石垣があります。甲冑などを展示している清洲ふるさとのやかたがあり、地下は清洲甲冑工房になっています。

あいち朝日遺跡ミュージアムは、2020年にオープンした弥生時代の遺跡 朝日遺跡を紹介する博物館です。出土品の展示やパネルによる説明のほか、ジオラマやアニメーションを駆使して当時の衣食住を紹介しています(ジオラマが精緻)。また、企画展示や体験型の教室なども充実しています。

清須市はカレーチェーン「CoCo壱番屋」西枇杷島店は同チェーンの一号店で、ファンからは聖地とされています。同店舗には壱番屋記念館が併設されています。


田原市(たはらし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県田原市 Wind&Wave 新しい風を起こし 時代の波を乗り切る 人口60,210人

左側に市章、右側に市制10周年記念ロゴ、下部背景に菜の花の丘が描かれています。市制10周年を記念して50cc以下300枚、50~90cc50枚、90~125cc50枚、小型特殊200枚、合計600枚の交付になりました。

渥美半島の大部分を占める田原市は、例年市町村別農業産出額で上位に入る(R1年度は1位を宮崎県都城市に譲った)農業が盛んな土地柄で、「農業王国」などといわれることがあります。黒潮による温暖な気候を利用した近郊農業はキャベツ、メロン・スイカなどが有名でしょうか、畜産物は豚を中心に乳牛・肉牛で県内シェア25~40%ほどを占めます。

図柄になっている菜の花は田原市の花で、17ha約1000万本が植えられています。1月から3月にかけては、渥美半島菜の花まつり(メイン会場伊良湖ガーデン)が開催され、渥美半島全体で開花をみることができます。

渥美半島の秋の菊温室の電照は日本夜景遺産に選ばれていて、ナイトツアーが行われています。

2022年4月から伊良湖温泉温泉スタンドが運用開始となっています。100円で34リットルです。

国道259号沿いの道の駅 田原めっくんはうす(2018年にリニューアルした、メロンが人気、品揃えが良く見やすい)。国道42号沿いの道の駅 あかばねロコステーション(海沿い、BBQテラスとサーフィンスクールあり、しらすが人気)、フェリークルーズのターミナルになっている伊良湖クリスタルポルト(ラーメン屋、土産屋、ヤシの実博物館が入っている)。

田原市には東海漬物株式会社のきゅうりのキューちゃん専門工場があります。


豊橋市(とよはしし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県豊橋市 輝き支えあう水と緑のまち・豊橋 人口374,800人

マスコットキャラクターの「トヨッキー」が手筒花火を揚げているナンバープレートです。

トヨッキーは=豊(とよ)+鬼(き)で、赤鬼をロボット風にアレンジしたものです。当地の安久美神戸神明社(あくみかんべしんめいしゃ)では豊橋鬼祭が行われます。このお祭りは少なくとも1,000年の伝統があるとされ、赤鬼・青鬼が浄罪として厄除けのタンキリ飴と白い粉を撒き、町を巡りながら厄除けをして回ります(鬼に頭をなでてもらう)。

手筒花火は孟宗竹に火薬を詰めた吹き上げ式の花火で、豊橋市の吉田神社が発祥の地と言われています。当地では吉田神社の豊橋祇園祭以外でも市内各所の祭りや「炎の祭典」などで手筒花火が実施されます。

豊橋カレーうどんは地域おこしの一環で2009年頃から提供をはじめたものです。とろろご飯の上にカレーうどんが乗っていることで、余りがちなカレーのだしを余さずカレーライス・カレー雑炊として食べられるというものです。また、「おいしさイナズマ級!」のブラックサンダー発祥の地で、生産も主に豊橋市で行われています。

豊橋鉄道大清水駅の自販機には「あつい」「つめたい」のほか「ぬる~い」が販売されていて、珍スポットとして有名です。駅側が電車の待ち時間に飲みきれるよう配慮した結果だということです。

国道23号の道の駅 とよはし。農産物直売所が2店舗ほかコッペとサンドオリーブの風・ヤマサちくわ・ジェラートサンタ等が店舗として入っています。


長久手市(ながくてし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県長久手市 人が輝き 緑があふれる 交流都市 人口61,500人

積み木をイメージしたデザインになっています。配色・デザイン等地域コミュニティーバス「N-バス」と統一感のあるものとなっています。

長久手市は全国で一番平均年齢が若い自治体です。また、2015年度の国勢調査で人口増加率でも日本一となっています。

長久手市と瀬戸市は2005年の国際博覧会「愛・地球博」の開催地で、開催に合わせて日本初の磁気浮上鉄道「リニモ」が開通しました。リニモは最高速100km/h程度の狭義のリニアモーターカーで、静粛性・乗り心地が大変優れています。

市内には日本の世界の自動車とクルマ文化をテーマにしたトヨタ博物館があります。同博物館の140台の車はほとんどが動態保存となっていて、イベントの際には敷地内を自走します。名都(めいと)美術館では日本画の展示のほか、ワークショップやミニコンサートが行われています。

愛・地球博公園(モリコロパーク)は愛・地球博長久手会場の跡に開設された公園で、約190haの敷地を有する広域公園です。敷地内にジブリパークが開園予定(2022年秋に開園、2023年秋に全面開園)となっています。

当地は1584年の小牧・長久手の戦いの一戦場です。徳川家康が陣取ったといわれる色金山歴史公園、長久手古戦場、血の池公園、首塚に記念碑や解説などがあり、歴史散策をするにはいい場所です。


半田市(はんだし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛知県半田市 情熱、蔵出し。半田市。 人口116,900人

新美南吉童話イメージキャラクター「ごん吉くん」が描かれています。童話「ごん狐」の作者新美南吉氏の生誕100周年記念事業として交付、50cc以下の白ナンバーで限定3,000枚の交付になりました。

半田市は「ごん狐」や「手袋を買いに」の作者 新美南吉(にいみなんきち)氏の出身地です。半田市には新美南吉記念館があり、新美南吉文学の世界に触れることが出来ます。記念館周辺には「ごん狐」の描写にちなんで彼岸花が植えられています。

半田市は江戸時代中期頃から醸造業が発達し、醸造の町として発展してきました。当地には明治時代にパリ万博で金牌を受賞した幻のビール「カブトビール」を復刻生産・提供する半田赤レンガ建物、日本唯一の酢の博物館ミツカンミュージアム、酒蔵を改装した國盛酒の博物館などがあります。

半田市の春の祭りで曳き廻される山車は豪華な造りが特徴で、精緻を極めた彫刻、華麗な刺繍幕、一部の山車にはからくり人形も備えられています。これらの豪華な山車10地区31輌が5年に一度集結するのが「はんだ山車まつり」です。勇壮な曳き廻しの後、一堂に会す様子はまさに圧巻で50万人もの観客が訪れます。


豊田市(とよたし)

豊田市ホームページより

愛知県豊田市 未来のフツーをつくろう 人口422,500人

豊田スタジアムとグランパスエイトの「グランパスくんファミリー」が描かれています。排気量の色分けは図柄のスタジアム部分で判別できます(上記は白ナンバー)。

豊田スタジアムはプロサッカークラブ「グランパスエイト」の本拠地で、2002年にFIFAワールドカップの試合会場にすることを念頭に建造されたスタジアムです。陸上競技場ではない球技用のスタジアムとしては国内二番目の規模です(席数約45,000 延べ面積97,004㎡)。多目的広場に市やサーカスなどが立つこともあります。

豊田市はトヨタ自動車が本社を置く企業城下町で、市名の由来は同企業の社名です。日本で私的団体の名前を有する自治体は、奈良県天理市と豊田市の2つだけです。工業都市として有名な豊田ですが、農業も盛んで抹茶の原料になるてん茶や桃、梨、シンビジウム(蘭の一種)の栽培が行われています。

豊田市は観光資源が豊富にあります。①豊田市街には豊田市美術館とトヨタ会館(技術博物館)があります。②足助町の町並みは重要伝統建造物保存地区に指定されていて美しく、紅葉やカタクリの花で知られる香嵐渓(こうらんけい)があります。③徳川300年の礎石となった松平郷では松平東照宮、高月院、松平城址などが見どころです。


みよし市

みよし市ホームページより

愛知県みよし市 笑顔がいいじゃん!みよし市 人口62,780人

名古屋グランパスの「グランパスくん」と三好稲荷閣の大提灯のコラボナンバーです。

三好大提灯まつりは三好稲荷閣で毎年行われるお祭りで、高さ10m重さ1tを越す提灯3張りが奉納されます。これらの提灯は「世界最大の吊り下げランタン」としてギネス世界記録に認定されています。棒の手(農民武術の型の披露で愛知県で広く行われる)やスターマインもあり、露店120店舗ほどが出る盛大なお祭りです。

みよし市は愛知県のほぼ中央に位置し、「三好面」といわれる洪積台地の上にあります。トヨタ自動車の工場(下山・三好・明知)があることから、西三河自動車工業地域の一角を成します。

市のほぼ中央にある三好池は農林水産省のため池100選に選ばれる巨大なため池で、農業用水として使われています。カヌー競技場があり、国内外の様々な大会が行われています。

みよし市の特産品は柿(富有柿、次郎柿など)梨、ぶどうであり、「みよし柿カレー」が話題になっているようです。


安城市(あんじょうし)

安城市ホームページより

愛知県安城市 幸せつながる健幸都市 人口184,100人

安城七夕祭りをイメージした竹飾りと吹き流し、安城市のマスコットキャラクター「サルビー」が描かれています。白色プレート500枚、桃色プレート150枚が交付されました。

安城七夕まつりの1,000本を超える竹飾りストリートは長さ日本一となっていて、期間中は100万人が訪れる七夕まつりです。サルビーは市の花サルビアをモチーフにしたキャラクターです。安城市には「環境戦隊サルビアン」というご当地ヒーローもいます。

安城市は、1920~30年代にかけて農業に先進技術を取り入れたことから「日本のデンマーク」と呼ばれた農業都市で、いちじく、梨「愛甘水」(新品種として「甘ひびき」)、チンゲンサイ(生産量県下トップ)が有名です。また、自動車工業を中心とする機械工業が発達した工業都市でもあります(TOYOTAの下請け、孫請け会社が多い)。

安城産業文化公園デンパークは、高さ19mの大風車や3,600㎡の温室を持つ農業公園です。料理や工芸などのカルチャースクールと道の駅(第二駐車場)の機能を兼ねています。冬季は園内のイルミネーションと花火によるショーが行われます(ソーセージが人気)。

倉庫を改装したギャラリー&カフェの13倉庫(プリンが人気)。


新城市(しんしろし)

新城市ホームページより

愛知県新城市 市民(ひと)がつなぐ 山の湊(みなと) 創造都市 人口44,580人

2019年に500枚限定で交付されました。桜の名所として知られる桜淵県立自然公園のデザインです。

桜淵県立自然公園はJR東新町から南1kmくらいのところにある公園で、桜の名所であり「三河の嵐山」という異名で知られています。園内の芝生公園には木造茅葺の釜屋建民家(移転してきたもの)があります。図柄に描かれている橋は桜淵にかかる歩行者専用橋の笠岩橋です。

長篠城(末広城)は、1508年に菅沼元成によって豊川と宇連川の合流地点に築かれた平城です。遺構としては土塁・空堀・曲輪(野牛曲輪)がよく残っています。桜の名所・紅葉の名所でもあり、5月5日には長篠合戦のぼり祭り(甲冑行列と火縄銃実演)が行われます。

長篠の戦い決戦場跡(長篠・設楽原古戦場)は長篠城から西に2km強、三河東郷駅から北に1kmほどのところにあります。当時を思わせる馬止柵や絵巻物風の案内の看板があります。こちらは6月に設楽原決戦場まつりが行われます。

長篠堰堤(余水吐)は日本三大美堰提の一つ、テレビや動画などで「三河のナイアガラ」などと紹介されて観光名所化しています。長篠発電所は1912年に完成した日本初の立軸型発電所で、現在も稼働しています(濡れた岩は滑るので運動靴推奨)。

道の駅もっくる新城。(足湯あり、ジビエと長い五平餅で有名、温泉卵かけご飯のモーニングが好評)


豊山町(とよやまちょう)

豊山町ホームページより

愛知県西春日井郡豊山町 小さくてキラリと輝くまちづくり 人口15,630人

町制50周年記念のナンバープレートで、50cc以下の白色ナンバーのみ交付となりました。街の花サザンカと県営名古屋空港を連想させる航空機が描かれています。

豊山町は愛知県下最小の自治体です。面積の1/3を名古屋空港が占め、残り2/3が住宅地とエアポートウォーク名古屋(商業施設・シネコン)など商業地になっています。

名古屋空港は1952年-2005年の間日本国内の主要空港の一つでした。中部国際空港の開港によって、現在では同空港を拠点とする航空会社は1社のみとなっています。2015年に愛知県が「航空のフィールドミュージアム」化する構想を発表し、あいち航空ミュージアムMRJミュージアムができています(MRJ=三菱リージョナルジェット、三菱スペースジェットともいう)。

豊山町は元プロ野球・メジャーリーガーのイチロー(鈴木一朗)選手の故郷です。豊場四ツ塚にはアイ・ファインという記念館が建っています。施設の運営は鈴木宣之(チチロー)氏が代表を務める運営会社BTRが行っています。

他の1.5~2倍ほどのサイズのいちご大福や、見た目アイスバーなのに溶けないお菓子「くずバー」を売っている秀清堂


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

静岡県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【静岡県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

静岡県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究所さんの承諾を貰って使用しています。コピー・転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


牧之原市(まきのはらし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県牧之原市 ふれあいビタミンあいのまち 人口45,810人

茶畑、サーファーと波越しの富士山、静岡空港の飛行機と牧之原市を象徴するものを詰め込んだデザインです。市制10周年を記念して交付されました。

牧之原市は茶園の面積が静岡市に次いで全国2位、荒茶(出荷段階ひとつ手前まで加工されたお茶)の生産量は全国1位です。同市は深蒸し茶発祥の地で、深蒸し茶は通常の煎茶に比べてコクや旨みが深いのが特徴です。グリンピア牧之原では茶つみ体験・工場見学のほかお茶うけや茶器の販売も行っています。

牧之原市には自由の女神像がある静波海水浴場やサーフポイントとして有名な鹿島ビーチ・片浜海水浴場・須々木海岸など様々なマリンアクティビティースポットがあります。

静岡空港(静岡富士山空港)は牧之原市と島田市にまたがる地方管理空港です。地方空港が過剰となり、政府が離島以外は空港新設をしない方針を打ち出しているため「最後の地方空港」と呼ばれることがあります。

さがらサンビーチで毎年4月に行われるさがら草競馬大会では県内外から40頭ほどの馬が集まり、約700mの砂浜で競争します。マルシェ・フリマ・露店が出店し、人間草競馬やポニーの乗馬体験なども行われます。

相良城跡の本丸には牧之原市史料館があります。同史料館は遠江相良藩の初代藩主 田沼意次(たぬまおきつぐ)を中心とした資料展示が行われています(賄賂政治で有名な人で、「白河の清きに魚も住みかねてもとの濁りの田沼恋しき」の落首で知られる)。


西伊豆町(にしいずちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県賀茂郡西伊豆町 ”ふるさと”と言いたくなる夕陽のまち 人口7,798人

駿河湾に沈む夕日を背景に大田子海岸の男島、女島、メガネッチョ(ゴジラ岩)が描かれています。

大田子海岸は約50mほどの小さな海水浴場です。ここから望む夕陽は日本夕陽百選に選ばれていて、大田子海岸夕陽展望所があります。

西伊豆町の海岸は国の名勝西伊豆南海岸、伊豆半島ジオパークとなっていて、黄金崎、堂ヶ島では奇岩・海蝕洞・柱状節理などがみられます。西伊豆の魅力-西伊豆観光協会

西伊豆町は堂ヶ島温泉・浮島温泉・宇久須温泉の3つの温泉を有し、市内にはしおさいの湯、沢田公園露天風呂、西伊豆町中公衆浴場せせらぎの湯、西伊豆町大浜公衆浴場なぎさの湯などの日帰り入浴施設が充実しています。

宇久須地区には昔、伊豆珪石鉱山(珪石はガラスの原材料)がありました。現在は「ガラス文化の里」として観光を展開していて、現代ガラス専門の美術館 黄金崎クリスタルパークがあります(カフェや体験工房を併設)。

仁科にあるゆる宿猫太丸(ねこたまる)、猫が4頭いるアットホームな素泊まり宿です。

イカサマ丼とは短冊切りのイカ刺し身、漁師秘伝のたれに漬けたイカ刺し身の二種を酢飯にのせた丼です。酢飯には刻んだ沢庵・大葉やごまが入っていて、卵の黄身が乗っかっています。そこへ醤油をちょいちょいと落として食べるものです。


静岡市(しずおかし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県静岡市 活発に交流し価値を創り合う自立都市 人口705,000人

上部に「サッカーのまち」のロゴ、右側にサッカーグラウンドに立つ清水エスパルスのマスコットキャラクター「パルちゃん」のデザインです。

清水区(旧清水市)はJリーグプロサッカークラブ 清水エスパルスのホームタウンで、同サッカークラブのホームグラウンド「IAIスタジアム日本平」を有しています。

静岡市は世界遺産「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」の一部 三保の松原、徳川家康が終の棲家とした駿府城、家康が建造した静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)、家康の亡骸を埋葬した久能山東照宮、登呂遺跡などの観光資源が豊富で、年間約2,500万人の観光客が訪れます。

静岡市は、緑茶・わさびの栽培、桜えび・マグロの水揚げ、プラモデルの生産などが全国トップクラスです。当地では5月にツインメッセ静岡で「静岡ホビーショー」というプラモデルの見本市が開かれます。

大道芸ワールドカップは、毎年11月初旬に駿府城公園及び葵区市街地(清水区にサテライト会場)で行われます。多数の協賛を集め、4日間の延べ来場者が150万を超えるビッグイベントです。音響や設営、ロジスティクス等の業務を除いて全ての運営が市民ボランティアの手によって行われています(2020~2021年はコロナ禍の為中止)。

駿河の工房 匠宿は国内最大級の伝統工芸体験施設です。和染・竹細工・漆・陶芸などの体験ができます。企画展示を行うほか、ギャラリーやカフェも併設しています(2021年5月にリニューアルオープンした)。


掛川市(かけがわし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県掛川市 あなたの夢、描いた続きは掛川で。 人口114,900人

下段に茶畑、左側にイメージキャラクターの「茶のみやきんじろう」が描かれています。

茶のみやきんじろうは掛川の歴史と繋がりの深い二宮尊徳(二宮金次郎)をモチーフにしています。当地には二宮尊徳の報徳思想を広めることを旨とする大日本報徳社があります(明治8年設立、見学できる、二宮金次郎グッズを販売している)。

掛川市は全国有数のお茶の産地です(静岡県全体の20~25%程度)。掛川茶の主流は深蒸し茶で、まろやかなコクがありあざやかな水色(すいしょく)と豊潤な香りになります。静岡県では世界農業遺産に認定された茶草場農法(茶園周辺で刈り取ったススキやササなどを有機肥料とする農法)で、高品質なお茶を作り出しています。

掛川市はかつて掛川城(雲霧城、松尾城とも)の城下町・東海道掛川宿として発展してきました。掛川城公園には掛川城二の丸茶室掛川城二の丸美術館、遺構の二の丸御殿(入場可)公園周辺には掛川ステンドグラス美術館が建っています。掛川城には忍者や戦国武将姿で観光案内をするボランティア、「掛川城戦国おもてなし隊」がいます。

掛川花鳥園は「花と鳥とのふれあい」をテーマにしたテーマパークです。従来型の動物園と違い、熱帯性植物が植栽された温室内でオオハシ、インコ、孔雀などの鳥類とふれあうことができます。フクロウ・ヘビクイワシのショーも行っています。

アニメ「氷菓」で使われた加茂荘花鳥園は花菖蒲や紫陽花などが植栽されていて、カモが池を泳いでいます(上記施設と間違われることが多いみたい)。


袋井市(ふくろいし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県袋井市 人も自然も美しく 活力あふれる 日本一健康文化都市 人口88,400人

市の木金木犀(左)市の花コスモス、市の鳥フクロウ(右)のアイコンと袋井市のキャラクター「フッピー」が描かれています。上部の緑のカーブは特産品のメロンと茶をイメージしたものです。

フッピーはミミズク(羽角があるもの)をモチーフにしたキャラクターです。耳のように見えますが耳朶ではありません。市では市の鳥であるフクロウの目撃情報を募集しています。

クラウンメロンは静岡県袋井市、森町を中心として作られるアールスメロン(品種)の地域ブランド名です。温室栽培で一本の苗から一果のみを実らせることで大きく甘いクラウンメロンが採れます。主に贈答品として喜ばれる最高級メロンです。袋井市は年間2,200時間前後と日照期間が長い地域の一つです。

たまごふわふわ」は袋井市に江戸時代から伝わる名物・郷土料理です。玉子とだし汁をつかったメレンゲのような料理です。

可睡ゆりの園は3万坪の敷地に150品種200万本のゆりが植栽されています。開園は5月末~7月上旬です。周辺にお雛様・牡丹・風鈴で有名な可睡斎というお寺があります(曹洞宗の寺院で徳川家康ゆかり)。

袋井市の農産物直売所とれたて倶楽部。生鮮は午後には売り切れになるみたいですが、カフェやお土産屋さん、フードコートなどが入っていてテラス席はペットOKです。


磐田市(いわたし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県磐田市 光と風・水と緑 ひとが、まちが、いま輝き出す 人口167,200人

市のキャラクター「しっぺい」が描かれています。市制10周年記念として交付されました。

当地の見付天神には、霊犬悉平太郎(しっぺいたろう、長野県の光善寺だと早太郎)が、神を偽って村の娘をとって食っていた妖怪 狒々を退治したという伝説・民話が残っています。日本まんが昔話では「猿神退治」として紹介されています(ゲーム「大神」のアマテラスのモチーフでもある)。

磐田市はプロサッカークラブジュビロ磐田のホームタウンであり、ヤマハスタジアムは同サッカークラブのホームグラウンドです。また、ラグビーの普及にも力を入れています。「地域ブランド調査2021」のスポーツのまちとして思い浮かぶまちで初めて全国一位になったと公表されました。

磐田市の特産品は、海老芋、温室メロン、茶、白ネギなどです。とくに海老芋は日本一の生産量を誇ります。ヤマハ発動機や河合楽器製作所、東洋ピアノ製造が市内に工場を持っています。

福田(ふくで)と読みます。シラスの漁業とベルベット(別珍)・コール天といった繊維産業が盛んです。クリーム大福で有名な和菓子屋さんがあります。

又一庵見付本店。きんつばが有名でほかにもどら焼きや静岡メロン、笹麩餅などを多様な商品を扱っています。カフェを併設していてパフェやパンケーキなども食べられます。


浜松市(はままつし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県浜松市 やらまいかスピリッツ! 創造都市・浜松から。 人口798,000人

「バイクのふるさと浜松」をテーマにしたバイクの形のプレートです。

浜松市は本田技研工業(通称ホンダ)創業の地であり、スズキ(現浜松市中区中島一丁目で創業)・ヤマハ(浜松で日本初の本格的オルガンを製造)が本社を置く工業が盛んな都市です。2003年からオートバイ産業の振興と交通安全啓発を目的としたイベント「バイクのふるさと浜松」を毎年開催しています。スズキ歴史館浜松広報館(エアーパーク)。

また、同市は世界的な楽器生産地でもありヤマハ、カワイ、ローランド、スズキ楽器製作所が立地することから「楽器の街」などと呼ばれることがあります。アクトシティ浜松の一画を占める浜松市楽器博物館は日本で唯一の公立の楽器専門の博物館です。

浜松城は元は曳馬城といい、徳川家康が1570年に入城したおり浜松城に改称しました。その後、譜代大名に引き継がれるうちに改修を受けています(遺構は石垣・曲輪)。現在は浜松城公園として整備されていて、浜松市美術館が敷地内に入っています(ガラス作品が主)。

西区は浜名湖の東岸一帯に広がっています。はままつフラワーパークとテーマパーク浜名湖パルパル、浜名湖オルゴール博物館、浜名湖かんざんじ温泉 華咲きの湯などがあり、全国的にも有名な観光地になっています。ぬくもりの森とふくもり(有料でフクロウ、チンチラ、ハリネズミが触れる)が話題になっています。


藤枝市(ふじえだし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県藤枝市 元気供奏・飛躍ふじえだ 人口143,600人

市制60周年記念のナンバープレートで、市の花フジとサッカーボール、グラウンドが描かれています。

藤枝市のサッカーの歴史は古く、過去に多くの一流選手を輩出してきました。藤枝サッカーの特徴は、小学生から社会人・シニアまで老若男女問わず数多くのサッカーチームが存在することです。市ではサッカーをスポーツの枠を超えた市の文化・地域活性化の礎としています。現在は「元祖サッカーのまち」や「蹴球都市」で検索しないと出てきません。

藤枝市のほぼ中央にある蓮華寺池公園では約260本のフジが植栽されており、4月下旬から5月上旬にかけて藤と鯉のぼりが共演する藤まつりが開催されます。周辺に藤枝市郷土博物館・文学館があります(入館料:高校生以上200円、駐車場無料、藤まつり時は有料)。

朝比奈地区(現在の岡部町あたり)は京都の宇治、福岡の八女と並ぶ「玉露」の三大産地のひとつです。茶室 瓢月亭や四季折々の茶花が楽しめる茶花園、物産館などがあります。道の駅 玉露の里

田中城跡は現在は水堀、石垣・移築された櫓を残すのみですが、珍しい同心円状の縄張りと徳川家康が鯛の天ぷらを食した地として知られていて、お城好きには根強い人気があります。

藤枝市プロモーション映像「ふふふ ふじえだ」(長い)。


松崎町(まつざきちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県賀茂郡松崎町 花とロマンの里 豊かな自然と文化の薫るまち 人口6,563人

下部背景に石部の棚田、上部背景になまこ壁の模様、右側に花畑を歩くマスコットキャラクター「まっちー」、右上に雲見海岸から見る富士山と牛着岩が描かれています。

なまこ壁(海鼠壁)は漆喰の部分を盛り上げるように塗る工法、またその工法で塗られた壁を指し、土蔵などでよくみられる日本の伝統技法です。松崎町には鏝絵の展示を行う伊豆の長八美術館と静岡県有形文化財の「雲龍」がある長八記念館(浄感寺)があります。

石部(いしぶ)の棚田は静岡県棚田等十選の一つ、伊豆半島ジオパークに含まれている石積みの棚田です。90%ほどが耕作放棄地だった2000年から復田を開始し、現在4.2ha約370枚の田が稼働中です。棚田で作られる古代米からは「百笑一喜」という焼酎が製造されるそうです(観光地として展望台・見学用の道が整備されている)。

岩科学校は伊豆地域最古の小学校校舎(明治13年竣工)で、国の指定文化財になっています。日本の伝統的ななまこ壁とアーチ窓や半円型バルコニーが混じった擬洋風建築になっていて、2階の和室には入江長八の鏝絵「千羽鶴」が残されています(長八美術館とセット割引のチケットがある)。

松崎町の特産品の一つ、桜葉漬け(主に桜餅に利用される)は全国シェアの7割ほどを占めています。なお、桜葉漬けを練り込んだ桜葉そばも全国シェアの9割ほどを占めるそうです。

松崎町の温泉や足湯は非常に多いのでリンクを貼っておきます(無料で浸かれる温泉情報-松崎町温泉組合)。大沢温泉 依田之庄(2020年にオープン)。


焼津市(やいづし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県焼津市 人がキラリ 海がキラリ まちをキラリ 人口139,500人

焼津の海の波をイメージした不規則な凹凸のプレートに魚河岸シャツの豆絞りをイメージした水玉模様のナンバープレートです。

魚河岸・鰹縞シャツは焼津市の特産品です。元来焼津港で働く漁業関係者の仕事着で、手拭い生地で作った「手ぬぐいじゅばん」というシャツが始まりとされています。他にももんぺ型のズボン大漁旗パンツや魚パン(ぎょパン)というものもあります。

焼津はヤマトタケルがアメノムラクモで草を薙ぎ払い、賊を焼き討ちにしたことが地名の由来になっています(静岡市清水区には草薙の地名が残る)。

焼津市には焼津漁港(焼津港・小川港の総称)と大井川港があります。焼津漁港はマグロの水揚げ量日本一であり、全国の1/3のマグロが水揚げされます。また、カツオ・サバの水揚げでも有名です。大井川港はシラス・桜えびなどの沿岸漁業と貨物港の2つの面をもちます。

焼津さかなセンターは焼津ICの近くにあります。卸売店が並ぶ魚介専門の商店街といった趣でどことなくレトロな雰囲気です。焼津漁港親水広場ふぃしゅーな内には釣り場や潮溜まり、アクアスやいづ(プール)や深層水ミュージアムが入っています。

飴屋河合は面白い形の創作和菓子が多い老舗和菓子屋さんです。いちご餅やだるま最中など可愛らしい菓子が多く手土産にも良さそうです。


小山町(おやまちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県小山町 富士をのぞむ 活気あふれる 交流のまち  人口18,460人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。静岡側の富士山地域は富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町の4市1町で構成されています。

足柄サービスエリア(EXPASA足柄)は下り側が小山町になります。コンビニエンスストア、フードコートのほか、入浴施設のあしがら湯が入っています。金太郎ラウンジのドクターフィッシュの足湯が人気です。

富士スピードウェイはFIA(世界自動車連盟)のグレード1の世界トップレベルの施設を持つサーキットです。国内トップレベルのレースから国際的なレースまで幅広く利用されています。2021年には東京オリンピックの自転車競技の会場となりました。

富士浅間神社(須走浅間神社)は世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一部です。平安時代初頭、富士山東麓の噴火を治めるための鎮火祭が成就したため、返礼として創建されたとされています。

国道138号の道の駅 すばしりは富士山に一番近い道の駅です。土産屋レストランなどのほか足湯と湧き水があります。また、東富士演習場が近いので自衛隊グッズも売っています。

キノコ料理 山小屋、夏は富士5合目「東富士山荘」、冬は須走でキノコ料理をやっています。


御殿場市(ごてんばし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県御殿場市 緑きらきら、人いきいき 人口88,370人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。静岡側の富士山地域は富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町の4市1町で構成されています。

御殿場市は富士登山の拠点として栄え、東海道線(現御殿場線)開通以後は富士登山口・避暑地として発展してきました。1912年からは陸軍が演習場を開設し、現在も市域の1/3を防衛関連の施設が占めます。御殿場市・小山町・裾野市にまたがる東富士演習場では富士総合火力演習が行われています。

御殿場高原時之栖はクラフトビールの醸造所 御殿場高原ビールを中心にレストラン・スパ・パン工房・お土産屋などが建っていて観光地化しています。時之栖美術館はアクアリウムが見どころになっています。

御殿場プレミアム・アウトレットは国内最大の商業施設です。ウエスト・イースト・ヒルゾーンに分かれています。メリーゴーラウンドやスパもあります。

印野の御胎内健康センターには気泡風呂、露天風呂、檜風呂など6種の湯船があります。近くに御胎内清宏園があり、園内に御胎内神社と印野の隧道があります。隧道内は全長68mほどの狭いトンネルになっています。

富士山からの最速下山で有名な大砂走り。砂地はクッションが効きますが、砂に隠れている岩に引っかからないよう足元に注意が必要です。


裾野市(すそのし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県裾野市 富士のすそのの健康文化都市 人口51,220人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。静岡側の富士山地域は富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町の4市1町で構成されています。

西に愛鷹山、東に箱根山外輪、北西に富士山を望む裾野市は工業が盛んで、大企業の工場を多数有することから市民一人あたりの製造物出荷額は県下トップクラスです。また、沼津市・三島市のベッドタウンになっています。トヨタ自動車がWoven city計画を発表し、先端技術の実験・研究都市となっています。

裾野市の特産品はいちご(きらび香、紅ほっぺ等)、やまといも、蕎麦、裾野ポーク、モロヘイヤなどです。とくにモロヘイヤはご当地グルメすその水ギョーザに用いられます。また、当地は古くから芝生産を行っていて、富士芝と呼ばれる野芝(紅葉する)の一種を生産しています。

須山は別荘地とレジャーランドが集約していて、日本で最も早くオープンするスキー場スノーパークイエティ、遊園地ぐりんぱ富士サファリパークなどがあります。また、世界遺産「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」に登録されている須山浅間神社があります。

古民家でいちごのスムージーやかき氷などを売っているいちご農園 いちごの里 berry good

さし身処鮮海、刺身定食550円でご飯おかわりできます。


富士市(ふじし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県富士市 いただきへの、はじまり 人口248,400人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。静岡側の富士山地域は富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町の4市1町で構成されています。

富士市は静岡県内3位の人口を誇り、富士(岳南)都市圏の中心市となっています。豊富な地下水を利用した製紙・パルプ産業を主とした工業都市として発展してきました。富士市の工場夜景は夜景電車が走るなど観光資源にもなっています。

一方、富士市の工業は深刻な環境破壊を引き起こし、1960~70年代には大気汚染による喘息・水質汚染・騒音公害が揃うことから「公害のデパート」、「黒い海」などといわれるようになりました。現在は長年の環境基準値の測定、脱硫、低炭素化、浚せつなどによって川魚が戻るなど従来の環境を取り戻しつつあります。

当地に残るかぐや姫伝説は「富士山縁起」をもととするもので、かぐや姫は月ではなく富士山の洞穴に隠れますし、お爺さんは愛鷹権現、お婆さんは犬飼明神だったとされます。富士市にはかぐや姫ミュージアムがあり、毎年かぐや姫コンテストが行われます。竹取ロールというお菓子にもなっています。

富士川(ふじかわ)楽座は静岡県道10号の道の駅です。ハイウェイオアシスとEXPASA富士川(上り)に併設される形になっています。プラネタリウムやちょっとしたアトラクション、戸塚洋二ニュートリノ館等が入っています。また、晴れていれば富士山が見えます。

富士川は日本三急流の一つで、かつては頻繁に水害を起こしました。雁(かりがね)公園で行われるかりがね祭りは雁堤の人柱となった僧や氾濫の犠牲者を弔う祭りで、蜂の巣と呼ばれるかごに向かって松明を投げます。


富士宮市(ふじのみやし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

静岡県富士宮市 富士山と食のまち 人口130,800人

富士山のナンバープレートです。富士山地域の4輪のご当地ナンバーと親和性のあるデザインとなっています。静岡側の富士山地域は富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町の4市1町で構成されています。

富士宮市は富士山本宮浅間大社(浅間大社=せんげんたいしゃ)の鳥居前町として発展してきました。同神社は全国に約1,300ある浅間神社(富士山を信仰の対象とする)の総本社です。本宮境内には富士山の湧水が湧き出す湧玉池があり、国の天然記念物に指定されています(ビートたけし原作「教祖誕生」でロケ地として使われた)。

富士宮やきそばは富士宮のご当地グルメとして、11回のB-1グランプリで2度ゴールドグランプリを受賞しています。全国的に柔らかい蒸し麺が普及するなか、富士宮では麺を日持ちさせるため水分が少なくコシの強い麺を使い、鉄板の上で水を加えたりキャベツの水分などで食べやすく工夫する方向に進んだそうです。

富士宮市北部標高700~1,000mに広がる朝霧高原は、夏の避暑地・富士山観光の名所となっています。養分の多い黒ボク土を活かした酪農が行われているほか、随所にキャンプ場、富士山ワイナリー富士正酒造などがあります(「魔界の牧場」でもちゃんと検索ヒットするまかいの牧場)。

白糸の滝は富士山の湧水が流れる幅150m落差20mの滝です。周辺に音止の滝があり、この2つの滝に挟まれた中洲のエリアはお土産屋さんや食事処が並んでいます。

奇石博物館では「奇石」をキーワードに様々な美しい石、奇妙な石が展示されています。その多くは触れることができ「触ってください」の展示がなされています。レストハウスや水中の砂利に埋もれた宝石探しのアトラクション「宝石わくわく広場」(着替えの用意推奨)も設営されていて、幼児から大人まで楽しめる内容になっています。


下田市(しもだし)

下田市ホームページより

静岡県下田市 自然と歴史を活かし、やすらぎと活力のある美しいまち 人口21,400人

下田の海を背景にサーフィンとマスコットキャラクター「ぺるりん」を組み合わせたデザインです。市制50周年記念として交付されました。

ぺるりん(ひらがな表記が正しい)は、下田市と姉妹都市関係の米ロードアイランド州ニューポート生まれとなっています。下田は「開国のまち」がキャッチフレーズで黒船祭を行っていることから、ペリーとペンギンを組み合わせたネーミングになっています。

1853年、黒船来訪として知られるペリー艦隊が日本に来たのは江戸湾入り口の浦賀ですが、1854年3月に日米和親条約が結ばれると下田と函館の2港が開港し、艦隊は下田に移りました。下田市にはペリー艦隊来航記念碑とペリー艦隊が行進したペリーロード、ペリー艦隊乗組員の墓所があり、下田開国博物館ではペリー艦隊と開国の経緯を知ることができます。

下田市は海水浴と温泉、自然が豊富で観光業が盛んです。白浜海岸の白浜大海水浴場・白浜中央海水浴場を始めとして9つの海水浴場を有しています。また、総排水量1300tのアクアドームペリー号を中心とした下田海中水族館はイルカとのふれあい体験・ショーを中心とした水族館で、コツメカワウソやアザラシ、ペンギン等も見ることができます。

下田の温泉は観音、蓮台寺、相玉、河内、白浜の5つを総称して下田温泉と呼びます(加えて吉佐美温泉がある)。日帰り温泉をやっている場所も多くあり、足湯として伊豆急下田駅開国の湯、まどが浜海浜公園に海遊の足湯があります。

下加茂熱帯植物園、温泉熱を利用して約2,000種の熱帯植物を育てています。数年前から入場無料となっています。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

岐阜県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【岐阜県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

岐阜県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究所さんの承諾を貰って使用しています。コピー・転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


羽島市(はしまし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県羽島市 ともにつくる、明日につながる 元気なまち 人口67,910人

羽島市を象徴する新幹線・高速道路、藤の花の風景を詰め込んだデザインです。

羽島市には岐阜県で唯一東海道新幹線が停車する岐阜羽島駅があります。大野伴睦夫妻の銅像が立つことから、政治駅の代表のようにいわれることが多い同駅ですが、実際には岐阜県の案は地盤の弱さ・建造費用の高騰への懸念・除雪のコストといった問題から羽島に駅を作らざるを得なかったというのが実情のようです。

図柄に描かれている竹鼻別院の藤は樹齢300年以上とされ、県の天然記念物に指定されています。4月中頃から美濃竹鼻藤まつりとして露店やお抹茶コーナーが出ます。近くに歴史民俗史料館・映画資料館、和菓子屋兔月園(みそぎ団子が有名)、不二竹鼻町屋ギャラリーなどがあります。

正木町坂丸のあたりにかみなり村という場所があります。児童や障がい者などを対象としたボランティア組織の敷地なのですが、ロンドンバスや気動車キハ605などが鎮座していて、ちょっとした観光名所になっています。

羽島市は12万体の仏像を彫ったといわれる円空上人のふるさとで、中観音堂・羽島円空史料館には222cmの十一面観音像をはじめ17体の円空仏が展示されています(外にあるものは全国の円空ファンが彫ったものらしい)。

Rock’n Roll DINER マジックアイランドはアメリカンテイストなカフェ・レストランです。なまずバーガーが評判です。


恵那市(えなし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県恵那市 人・地域・自然が調和した交流都市 人口48,780人

淡い青や紫の曲線が入り爽やかな風が吹き渡るイメージのデザイン、左側に市の花ササユリ、右側に市の公式キャラクター「エーナ」が配置されています。

恵那市は市域のほとんどが美濃三河高原に位置し、平均標高300mと山がちな地勢です。市域を木曽川水系、矢作川水系、庄内川水系(土岐川)が流れています。観光名所となっている恵那峡は木曽川の渓谷で、奇岩が多いことで知られています。

恵那市の特産品は細寒天(シェア日本一、羊羹などに用いられる)・栗・柚子・はちのこ(クロスズメバチの幼虫=へぼ、串川の特産品)、菊ごぼう(山ごぼう)等です。

岩村城(霧ヶ城)は日本三大山城に数えられ、付近に霧が多く発生することから別名を霧ヶ城といいます。最も標高の高い山城、または信長の叔母・艶の方が城主だったことで有名です。石垣や曲輪がよく残っていて、看板のQRコードで在りし日の影像を見ることができます。岩村城下町は重伝建に指定されていて商家・旧家が並んでいます。

中山道広重美術館では歌川広重を中心に浮世絵が展示されています。浮世絵は熱や光に弱く常設展示ができないため、企画展/特別企画展の展示になります(入館料:18歳以下無料 大人520円/820円)。体験コーナーでは浮世絵の版画を刷って持ち帰ることができます。

くしはら温泉 ささゆりの湯は標高464mの山頂にある日帰り温泉施設です(安価、眺めの良い露天風呂、アメニティが充実、循環式)。

道の駅 おばあちゃん市・山岡(2022年4月にリニューアルオープン)、道の駅 そばの郷らっせいみさと(蕎麦・天ぷらそばが人気でお茶もそば茶、そば打ち体験あり)、上矢作ラ・フォーレ福寿の里(キャンプ場のモンゴル村を併設、ゲルはあるが馬はいない)


中津川市(なかつがわし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県中津川市 自然ゆたかなまち 歴史と文化が薫るまち 人口78,930人

左上に特産品の栗のイラスト、右側に恵那山と連なる山々が描かれています。

中津川市は北部と南部を中心に山地が広がり、最も標高の低い場所で約230mと山がちな地勢です。市街地から東に木曽山脈最南端の恵那山を見ると、前景に前山・保古山など屏風山山系が南北ー北東に連なります。

中津川市の特産品は栗・米・茄子・茶・あじめこしょう・チコリー(キクニガナ)などです。中津川市・恵那市では栗きんとんを販売する店舗が多く、「中津川栗きんとん」として地域ブランド化されています。元禄年間創業の「すや」、1864年創業の「川上屋」が特に知られています。また、中津川IC近くにちこり村という土産屋・レストランがあり、チコリーの茶や焼酎などが買えます。

当地の中津川宿、馬籠宿(まごめじゅく)、落合宿は旧中山道の宿場町で、当時の趣が残る町並みが人気を博しています。とくに馬籠宿は島崎藤村の生家(藤村記念館になっている)があり、藤村の代表作「夜明け前」の舞台になっています。

苗木城(霞ヶ城、赤壁城)は遠山正廉によって築かれたといわれる(はっきりしていない)標高432mの山城です。山を構成する巨岩・岩盤と石垣とを組み合わせた独特な外観から「岐阜のマチュピチュ」などと呼ばれ、人気の高い城です(苗木遠山史料館に当時の姿を復元した模型がある)。

さわら、こうやまき、檜など木曽5木を用いた浴槽がある付知峡倉屋温泉 おんぽいの湯(源泉かけ流し加温あり、フィンランドサウナあり、眺望よし)。


郡上市(ぐじょうし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県郡上市 みんなでつくる郡上-人と自然が調和した交流文化のまち- 人口41,860人

「清流と躍動感あふれる鮎」をテーマにしたデザインです。50cc以下999枚 50~90cc200枚 90~125cc200枚の計1,399枚の交付となりました。

郡上市は岐阜県のほぼ中央、飛騨高原の南にある丘陵・山岳地帯で、市域のほとんどが長良川流域になっています。人口の多くが八幡町、白鳥(しろとり)町に集中しています。

長良川上流で簗漁・友釣りで採れる鮎は「郡上鮎」として地域ブランド化していて、姿かたち・身の締り、香り共に一級品とされ、皇室献上品にもなっています。他にも猪肉・鹿刺しなどジビエ、山菜、明宝ハムなどが特産品となっています。

郡上おどり(重要無形民俗文化財)は八幡町で開催される伝統的な盆踊りです。400年以上の歴史を有する郡上踊りは日本三大盆踊り・日本三大民謡に数えられます。7月中旬~9月上旬まで続く日本一長い盆踊りです。

郡上の特産品の一つ、食品サンプルは全国シェアの50%以上を占めます。八幡町には食品サンプル創作館「さんぷる工房」があり、食品サンプルを実際に作ることができます。近くにクラフトビールの醸造所八幡麦酒こぼこぼ(パブを兼ねる)があり、こちらも話題になっています。

国道256号周辺にケイビングスポットが集中してあります。①水質が豊富で地下運河になっている郡上鍾乳洞(比較的広く歩き回りやすい)②縄文人の住居跡が発見された縄文鍾乳洞(貸出された懐中電灯のみで探索)③鍾乳石が多くみられる大滝鍾乳洞(大滝鍾乳洞と縄文鍾乳洞はセットのチケットあり)

郡上市の日帰り温泉マップ


大野町(おおのちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県揖斐郡大野町 快適で 笑顔あふれるやすらぎのまち 人口23,110人

大野町のマスコットキャラクター「ローズちゃん」と「パーシーちゃん」が描かれています。50cc以下の白ナンバーのみの交付となっています。

大野町は揖斐川(いびがわ)と根尾川の合流地点に位置し、肥沃な平地に広がっています。同町の特産品はバラ苗(生産量日本一)と富有柿です。パーシーちゃん(柿のキャラクターの方)の名前は柿の英名「persimmon」からきています。他にも水稲・小麦・大豆・イチゴの生産が盛んです。

大野町バラ公園には150種2,000株のバラが植栽されています。毎年5月にバラまつりが開かれ、秋バラは10月上旬~11月上旬が見ごろになります(現時点で最も青に近い園芸品種「ブルーヘブン」もある)。

揖斐二度桜は外側の花がしぼむ頃、内側の花が咲くことから名付けられました。一本の木に一重、八重、二段咲きがみられるという珍しい桜です(現在みられるのは3代目、春秋に咲く二度咲きではない)。

黒野駅レールパークは廃線となった名鉄揖斐線の黒野駅を記念する公園です。同駅はほのぼのとした風情のある駅として、第一回中部の駅百選に選定されていました。現在は黒野駅ミュージアムとして、Nゲージのジオラマや運行当時の写真などが展示されています(パン屋とカフェが併設)。

道の駅パレットピアおおの(パン屋、柿、ジビエが人気)。


笠松町(かさまつちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県羽島郡笠松町 清流木曽川に抱かれた“ひと・まち・自然”輝く創造文化都市 人口22,270人

マスコットキャラクター「かさまるくん」と町の花サクラのデザインです。

笠松町は岐阜県南部の濃尾平野に位置し、木曽川に沿って広がっています。木曽川の対岸は愛知県になります。廃藩置県からしばらくの間岐阜の県庁が置かれていました。かつては水害の地であったため、輪中(松枝輪中)が発達しています。

笠松競馬場はオグリキャップやマックスフリートといった名馬、安藤勝己、柴山雄一といった騎手を輩出したことで有名な地方競馬場です。2022年4月に「ウマ娘シンデレラグレイ」とコラボした「ウマ娘シンデレラグレイ賞」が行われました。

トンボ池はもともと木曽川が流れていた場所にあり、現在は池になっている河跡湖です。6個の池と4つの広場からなるトンボ天国という自然保護地区になっています。池・草むら・やぶなどの地形はトンボの生息に適したもので、30種ほどが確認されています。

笠松歴史未来館は1Fで笠松町の郷土と歴史・円空仏・懸仏などの展示、2Fではドローン・リニアや航空宇宙産業など未来志向の展示を行っています(入場無料)。

パティスリー小菊(サバリン=サヴァラン・シュークリームが人気、蹄鉄クッキーもある)。


岐阜市(ぎふし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県岐阜市 人・まち・自然 個性輝く 市民協働都市 人口406,700人

鵜(う)が翼を広げたデザインになっています。

日本三大清流の一つ長良川は岐阜市の北東から南東にかけて流れています。長良川の鵜飼はおよそ1,300年の歴史があり、岐阜市を代表する観光資源になっています。長良川では鵜匠は世襲制で、宮内庁式部職鵜飼という国家公務員になります。

岐阜城(稲葉山城)が本格的に整備されたのは斎藤道三の時代とされています。織田信長は斎藤龍興から稲葉山城を奪取すると地名を「岐阜」と改めたため、岐阜城と呼ばれるようになりました。遺構は石垣・曲輪・土塁・堀切で、天守は模擬天守(内部に資料展示)となっています。金華山ロープウェーで昇ることができ、岐阜城資料館や岐阜城金華山リス園(元は硝煙庫の跡だったりする)があります。

正法寺(しょうぼうじ)は黄檗宗(日本の三禅宗の一つ)の寺院です。本尊の岐阜大仏は日本最大級の乾漆仏で、日本三大仏の一つに数えられることもあります。

岐阜公園内にある岐阜市歴史博物館は二階が大河ドラマ館になっています。また、隣接する名和昆虫博物館は日本で最も古い昆虫博物館です。世界各国の昆虫18,000種m30万以上の標本を有する日本有数の施設となっています。

長良川南岸、鵜飼鵜飼観覧船乗り場の西にある川原町では古い町並みが残り、カフェや土産屋などが並ぶ観光名所となっています。


神戸町(ごうどちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県安八郡神戸町 みんなで創る 元気 快適 いきいきタウン 人口19,360人

町の特産品バラと揖斐川をイメージした2色の青のラインが描かれています。

安八郡(あんぱちぐん)神戸町は濃尾平野の北西端にあります。バラやアルストロメリアなどの花卉栽培のほか小松菜が特産です。817年に最澄によって創建された日吉神社(三重塔・狛犬共に重要文化財)の門前町として発展し、明治のはじめまで市がたっていたといいます。

ばら園いこいの広場には9,000㎡の敷地に300種、3,300本のバラが植えられています。春は5月中旬~6月上旬までが見ごろで、秋は10月頃となります(入園無料)。

当地は安八郡の伝説「夜叉ヶ池伝説」の里で、夜叉堂という場所の隣にある萬歳館で資料展示が行われています。毎年8月16日に夜叉龍神大祭が行われています。神戸町では夜叉ヶ池伝説マラニックという催しを行っていて、夜叉堂と夜叉ヶ池(福井県との境あたりにある)の135kmを2日で往復するマラソンとピクニックの合わせた競技です(夜叉ヶ池伝説 動画版)。

銭湯 神戸町ばらの里(温泉ではない、サウナあり、安価)。

お菓子処 平野屋、ごうどブランド認定商品などを扱っています。


関市(せきし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県関市 ときめき きらめき いきいき 人口89,020人

「刃物のまち」のロゴと市のイメージキャラクター「関*はもみん」のデザインです。

関市は中濃地方にあり、広く美濃市を取り囲むようなV字型の市域をなしています。刃物の3s(ゾーリンゲン・シェフィールド・関)として世界的にも有名な刃物生産のまちで、海外への輸出が4割を占めます。貝印グループ、フェザー安全剃刀、ツヴァイリング J.A.ヘンケルス等の企業が拠点をおいています。

関市には刃物に関する施設が多くあり、関鍛冶伝承館せきてらす(協同組合関刃物会館)、フェザーミュージアムは市街地に固まっているため、歩いて回ることができます。ログハウス風のナイフ博物館にはギネスブックに乗っている巨大なナイフがあります。

関市円空館は生涯に推定12万の円空仏を彫ったとされる僧・円空を専門とする博物館です。関市の神社・寺・個人が所有する円空仏約290体の中から展示が行われています(一回の展示は30体ほど)。また、近隣の小瀬鵜飼や弥勒寺遺跡の紹介もなされています。

岐阜県百年公園は広さ100haの里山をイメージした公園です。園内に岐阜県博物館、冒険の森せき(アスレチックコース)、菖蒲園などが入っています。遊具・植物共に豊富な公園です。

上之保の名物「さわやかゆじゅ」は2021年4月より「ゆずじゅーす」となっています。上之保温泉ほほえみの湯は2022年4月にオープンしました。


池田町(いけだちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県揖斐郡池田町 北アルプス展望の里・花とハーブの里 人口24,030人

左側に桜と茶畑、右側にマスコットキャラクター「ちゃちゃまる」のデザインです。町制60周年記念として50cc以下の白ナンバー500枚の交付となりました。

池田町は西濃地域に含まれ、東は揖斐川、西は池田山に挟まれています。

池田町の特産品は美濃いび茶・梅干し・しいたけ・ゴキブリ駆除剤等です。池田町にはゴキブリ・ナメクジなどの殺虫剤メーカーのタニサケが本社を置いています。また、過去には町ぐるみでゴキブリ追放運動を行い、ゴキブリがいなくなったといわれています。

霞間ヶ渓(かまがたに)は市の西側にある渓谷で、桜と渓谷の調和が非常に美しいことから国の名勝及び天然記念物に指定されています。現在1500~2000本の桜があり、周辺には芝桜の花畑、お茶畑、近くのカフェがやっているラベンダー畑などがあります。

池田温泉は町がふるさと創生基金で掘削・造営した温泉です。本館・新館とありますが泉質(ヌルヌル)や入浴料は同じです(新館には宿泊施設がある)。道の駅 池田温泉もできています(足湯あり、バウムクーヘンが人気)。

国道417号沿いにある本舗いげたや国道店、肉桂餅(にっきもち)、非戦のゼリーなどを売っています。


大垣市(おおがきし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県大垣市 水の都・おおがき 水と緑の文化・産業・情報・交流都市 人口159,900人

市章と松尾芭蕉の頭巾をイメージした五角形のプレートに「奥の細道むすびの地」のロゴ、松尾芭蕉のシルエット、船町港跡の住吉燈台と住吉橋が描かれています。

大垣市は濃尾平野北西部にあり、岐阜県下2位の人口を擁しています。上石津(地図で西)大垣市(中央)墨俣(東側)の3つに分かれた特異な市域を形成しています。

大垣市は、旅を終えた松尾芭蕉が門人の所で疲れを癒やしたことにちなんで「奥の細道むすびの地」としています(その後伊勢の遷宮を見に桑名へ舟で出発する)。船町には松尾芭蕉が舟で新たな旅に出発したとされる水門川が残っていて、住吉灯台(江戸時代の水湊の灯台)や奥の細道むすびの地記念館があり、たらい舟に乗ることができます。

大垣市は湧水(自噴水)に恵まれていて、「水の都」と呼ばれることがあります。名物の水まんじゅうをはじめ菓子作りが盛んな土地です。

枡メーカー大橋量器がプロデュースする枡カフェ、当地は枡が特産品で生産量日本一(シェア80%ほど)を誇ります。

上石津にある島津豊久碑、島津の退き口が行われたとされる勝地峠にあります。また、上石津町上多良の瑠璃光(禅)寺に豊久の墓とされる墓があります(豊久の菩提は諸説あり、古文書では豊久と特定できていない)。


各務原市(かかみがはらし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県各務原市 夢ある都市 元気な各務原市 人口144,700人

「市民の花木」として桜が描かれています。

各務原市の市の木はマツ、市の花はツツジです。加えて2010年に市民の花木としてサクラを制定しています。呼称は「かかみはら」「かがみはら」「かかみがはら」「かがみがはら」のどれとも統一されていません(市としてはかかみがはら)。若者語としての「みっぱら」というのもあり、お土産品になっています。

市街地の中央には、国内で現存する最古の飛行場を有する航空自衛隊岐阜基地があり、基地南部には岐阜かかみがはら航空宇宙博物館があります。各務原は岐阜基地に関連する工業都市として発展し、航空・宇宙機器を取り扱う川崎重工業の岐阜工場などもあることから、県下一位の工業生産高となっています。また、岐阜市・名古屋市のベッドタウンでもあります(日本一ソフトウェアの本社もある)。

各務原市は「パークシティ(紹介動画)」を掲げ、前市長時代に各務原自然遺産の森・学びの森・河跡湖公園・各務野櫻苑が整備されました。「緑の都市賞」で内閣総理大臣賞を受賞しています。また、新境川岸には「百十郎桜」と呼ばれる桜並木が続いています。

河川環境楽園内にある世界淡水魚園水族館(アクア・トトぎふ)は、淡水魚を主として動物220種25,000点、植物40種3,500点の展示を行っています。メコンオオナマズ、ピラルクーなど大型の淡水魚のほか、コツメカワウソやアシカといった哺乳類の展示もあります。

川島竹早町にある内藤記念くすり博物館は医学・薬専門の企業博物館です(エーザイ株式会社が運営している)。薬に関する資料65,000点、収蔵図書62,000のうち2,000点ほどを展示しているようです。江戸時代の製薬・医学道具が展示されていて薬用植物園もあります(入園無料)。


富加町(とみかちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県加茂郡富加町 日本最古の戸籍ゆかりの町 人口5,714人

マスコットキャラクターの「とみぱん」が描かれています。

富加町は濃尾平野の北端、中濃地域の中央部にあります。町域の半分が梨割山など山林地で、残り半分の平地が市街地です。数多くの古墳が存在し、日本最古の戸籍である「半布里戸籍(はにゅうりこせき)」ゆかりの地です。

半布里戸籍は奈良の正倉院で発見された奈良時代(702年)の戸籍です。半布里とは現在の富加町羽生(はにゅう)にあたるとされています。東山浦・羽生遺跡では竪穴建物150棟が見つかっています。富加町郷土資料館(入館無料)では、古墳出土物の展示のほか近隣の加治田城・堂洞城の資料展示や戦国時代・近代がテーマの書籍を販売しています。

清水寺は京都の清水寺と同じ縁起で、1,200年の歴史がある古刹です。本尊の木造十一面観世音菩薩坐像は毎年成人の日のみ開帳されています。

松井屋酒造は1795年に建造された酒蔵で、「半布里戸籍」「加治田城」「赤米」等を製造しています。松井屋酒造資料館として酒造用具や明治~昭和初期の生活道具を展示しています。

道の駅 半布里の郷とみか(こじんまりした道の駅、これといった特徴なし)。


美濃加茂市(みのかもし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県美濃加茂市 まぁるいまち みのかも 人口56,970人

市の色であるコバルトブルーの着色で木曽川、太田橋と市の花のアジサイが描かれています。市制60周年記念として50cc以下1,650枚、50~90cc200枚、90~125cc300枚、小型特殊(農耕用)250枚、その他100枚の交付となりました。

美濃加茂市には飛騨川と木曽川が流れています。美濃加茂市から愛知県犬山市までの木曽川沿岸を「日本ライン」といい、風景がヨーロッパ中部を流れるライン川と似ていることから命名されました。市はコバルトブルーの色調に「ラインブルー」の名称を付け、市の色として制定しています。

美濃加茂IC付近にあるぎふ清流里山公園は、ハイウェイオアシス・道の駅 みのかも(足湯あり)・昭和村(ファーマーズマーケット)などを併設した都市公園です(入園無料)。遊具・ジップラインなどのアクティビティのほかに陶芸教室・和紙クラフト・収穫体験などの体験、入浴施設の里山の湯などが入っています。

中山道太田宿は美濃加茂市南部木曽川沿いにあります。太田中山道宿会館・糸遊庵(岡本一平=岡本太郎の父、日本初の漫画家の旧宅)、御代桜醸造などがあります。近くにある音羽浴場は古き良き昭和の銭湯です(入浴料300円)。

平町にあるヤマザキマザック工作機械博物館は、ヤマザキマザックの創業100周年記念事業として2019年11月2日に開館した企業博物館です。18世紀から現代までの工作機械が展示されています。一部の機械は実際に稼働していて製品を作る様子を見ることができます。

美濃加茂市の特産品、堂上蜂屋柿は美濃加茂市・富加町で作られる干し柿です。「堂上」とは朝廷に上がることを許された格をもつという意味で、2015年のミラノ万博に出展するなど国内外で高い評価を得ています。


美濃市(みのし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県美濃市 和紙とうだつの街 人口20,750人

美濃市の市章(三つの「の」を図案化したもの)を敷き詰めたデザインです。一つの「の」のデザインは市街地が亀甲型の台地にあるため、慶長時代から「亀野」と呼ばれていることにちなんで亀甲型になっています。

美濃市は岐阜県中央部にあり北側を郡上市、南側をぐるっと関市に囲まれています。美濃和紙の産地として有名で、市街地は「うだつの上がる町並み」として国の重要伝統的建造物保存地区に指定されています(和菓子屋が豊富にある)。近年は観光地として定着してきました。

美濃和紙とは現存するなかでは日本最古とされる和紙で、奈良の正倉院に702年の戸籍用紙がありますから、およそ1300年の歴史があることになります。本美濃和紙の技術は2014年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。障子紙・行灯・傘などに用いられる丈夫な紙です。

美濃和紙あかりアート館は美濃和紙とあかりをテーマにした美術館です。美濃市で毎年10月に行われるあかり美濃和紙あかりアート展を館内に再現しています(入館料:高校生以上200円)。

小倉公園小倉山城跡のある小倉山一帯を公園として整備したものです。約1,000本の桜が植えられていて、桜・紅葉の名所となっています。公園内には孔雀・猿・合鴨・ムフロンなどがいるミニ動物園があります。小倉山城跡は標高が159.2mと上りやすく市街からも近いです。

道の駅美濃にわか茶屋(中型の道の駅、物販が豊富)。「にわか」とは素人が演じる即興の芝居、滑稽噺などを指す「にわか狂言」の略称です(当地では仁輪加と書く)。うだつの上がる町並みなどで行われていることがあります。

同市は美濃焼(主に東濃、土岐市の名産)の産地ではありません。


養老町(ようろうちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県養老郡養老町 人が織りなす 輝くまち 養老 人口29,310人

マスコットキャラクターの「スマイルげんちゃん」と養老の滝が描かれています。50cc以下750枚、50~90cc100枚、90~125CC100枚、ミニカー100枚の限定交付となっています。

養老公園にある養老の滝は「親孝行の木こりが湧き出た水を汲み、父に飲ませると若返った」という伝説(孝子伝説)が伝わる落差32m、幅4mの滝です。昔から文人・墨人が訪れる行楽地で、葛飾北斎も「諸国滝巡り」のなかで浮世絵にしています。

養老公園は養老の滝から麓の県道まで広がる面積78.5haの県営都市公園です。遊園地の養老ランドと隣接し、園内に体験型アート作品の養老天命反転地があります。

養老町西側の養老山地の麓を走る県道56号(薩摩カイコウズ街道)は精肉・焼肉屋が多いことから「養老焼肉街道」という名称で呼ばれるようになっています。また、みつばちの郷という自然食品販売店が観光地の土産屋のような機能を果たしています。

古今珍品情報流通センター(珍品城)とは骨董・逸品・珍品を扱うアンティークショップです。恐竜の卵から江戸時代の刀・甲冑、明治~昭和の民芸品はては門柱や石像まで幅広く扱っているようで、博物館のような趣です(外観は城に近い)。

かつては三ツ矢サイダーと双璧を成していた養老サイダーは、クラウドファウンディングなどの支援を受け復刻生産されています。

養老町の特産ブランドに認定されているケリ米は、ケリ(チドリ科の小鳥)が住む環境に配慮して減農薬・減化学肥料の栽培環境で育てられたお米です。


輪之内町(わのうちちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県安八郡輪之内町 住んでいて良かった、これからもずっと住み続けたいまち 人口9,910人

伊吹山と養老山地の背景に、町の木ウメ・町の花タンポポ・町の鳥ヒバリ、右側下に「かわばたくん」と「もろこちゃん」のデザインです。町制60周年記念として限定200枚の交付となりました。

安八郡(あんぱちぐん)輪之内町は長良川と揖斐川に挟まれた低湿地帯の町で、「輪中のうち」を意味する輪之内の名前がついています。かつては水害の地であり、江戸時代の265年で25回の洪水を記録しています。当地には水害時の避難場所として築かれた水屋(石垣の上に建っている)が残っています。

町のマスコットキャラクターのモチーフになっているカワバタモロコは日本固有の淡水魚で(全長5cmくらいになる)、2020年に国内希少野生動植物に指定されています。輪之内町は2009年から保全事業に始めています。

輪之内町の特産物として徳川将軍家御膳米、徳川将軍御膳酒があります。江戸時代に当地で採れた米(ハツシモ)が江戸城で食べられていたという歴史にちなんだものです。また、懸崖菊の産地としても有名です。

輪中堤 十連坊の切割は堤の一部を切り取って道路にしています。輪中堤の燈明は伊勢神宮を遥拝するためのもので、200年ほど前に立てられたものとされています。輪中堤の上は桜、アジサイ等が植えられています。

輪之内町南部、海松新田には乙姫公園があり、乙姫(高さ10mほど)と浦島太郎の像があります。昔輪之内町にあった大榑川の辺りでは、漁師が灯明淵に投網を打ったところ網ごと水中に吸い込まれ、美しい女が住む場所ににたどりついたという伝説がもとになっています(他にも「堤の赤じじ」という伝説がある)。


海津市(かいづし)

海津市ホームページより

岐阜県海津市 協働が生みだす魅力あふれるまち 人口34,960人

海津明誠高等学校生のデザインで、養老山地と木曽三川の豊かな清流を背景にマスコットキャラクター「かいづっち」が千代保稲荷神社や温泉をアピールしています。市の花であるミカンの花も描かれています。

長良川と揖斐川が流れる海津市は、ほぼ全域が海抜0メートル地帯で輪中が築かれています。市の西部には養老山地があり、ミカンや柿の生産が行われています。宝暦治水事件では薩摩藩士が動員され33名が病死、平田靱負をはじめとする51名が引責または幕府への抗議のため自害しました。同市は鹿児島県と姉妹都市関係にあり、長良川と揖斐川の合流地点には薩摩義士を弔うための治水神社や薩摩じいなどが残っています。

千代保稲荷神社(ちよほいなりじんじゃ)は「おちょぼさん」の愛称で親しまれる稲荷神社です。日本三大稲荷に数えられることもありますが、神社側は否定しています。約150軒ほどの門前町があり、串カツや草餅、川魚料理、どて串(モツを味噌で煮た串)が有名です。

海津温泉は市街のアクアワールド水郷パークセンターの近くにあります。南濃温泉 水晶の湯は道の駅 月見の里南濃の脇(足湯あり)の遊歩道を登っていった所にあります(シャトルバスあり)。

木曽三川公園センター(アクアワールドとは隣接していない)は木曽三川公園で最初に供用開始された施設です。チューリップで有名な公園で、治水事業や木曽三川の魚・虫・鳥・植物を紹介する水と緑の館があります。油島千本松締切堤(千本松原自然公園)には日向松が1kmにわたって植栽されています。

南濃町津屋にある馬印氷砂糖史料館は、中日本氷糖株式会社の企業博物館です。事前に申し込めば資料展示のほかに工場見学もできます(古いですが見学の様子)。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

コチラのページが便利です
市町村別の目次
コチラのページが便利です
市町村別の目次