「御食国」淡路島のソウルフード「淡路島牛丼」-兵庫県淡路市・洲本市・南あわじ市-


淡路島は古代から平安時代まで、朝廷や皇室に美味しい食材を献上する「御食国」(みけつくに)と言われ、今現在も農産・畜産・水産の美味しい食材を、近隣の街に数多く出荷しています。そんな淡路島のソウルフードが「淡路島牛丼」。
淡路島牛丼のお約束は
・関西ブランド牛の祖「淡路牛」を使う。
・香り高い「淡路島のお米」を使う。
・甘く辛みの少ない「淡路島たまねぎ」を使う。

淡路島では各店舗が工夫をこらした、さまざまな牛丼に出会えます。
詳しくはコチラ 淡路島牛丼プロジェクト

画像出典元 淡路島観光協会ホームページより引用

淡路島牛丼で使われている食材の中でも、全国的に人気で有名なのが「淡路島たまねぎ」です。長めの育成期間を経て完熟してから収穫し、風通しの良い玉ねぎ小屋で乾燥され出荷されます。他の地域の玉ねぎより、辛みが少なく、甘く、柔らかいのが特徴です。

画像出典元 JA全農兵庫ホームページより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください