沖縄県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

沖縄県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


宜野座村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県国頭郡宜野座村

沖縄本島ほぼ中央 阪神タイガース1軍のキャンプ地 人口約5,600人

水と緑と太陽の里 宜野座村のご当地ナンバープレートには、マスコットキャラクター「ぎーのくん」が描かれています。ぎーのくんは村のシンボル「柄マン岳」の帽子、特産品「じゃがめん」のスカーフ、「パイナップル」のズボン、海と太陽という姿です。

宜野座村は、阪神タイガース1軍の春季キャンプ地で、2月の約一ヶ月間、宜野座村営野球場を中心にトレーニングが行われます。高知県安芸で行われている2軍キャンプも、将来的には宜野座村に統一する計画もあるようです。

また宜野座村の特産品に「島らっきょう」があります。本土で栽培されている「らっきょう」に比べて小型で細長く、辛味が強いのが特徴です。(島らっきょうを使ったオススメレシピはコチラ)

スポンサーリンク


西原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県中頭郡西原町

沖縄本島中東部 文教のまち 人口約34,500人

ブーゲンビリアとサワフジ(さがりばな)の描かれた西原町のご当地ナンバープレートです。

ブーゲンビリアとサワフジは熱帯・亜熱帯の植物で、西原町の花・花木になっています。特にサワフジ(さがりばな)は、観光ツアーが組まれるほど人気の花です。6月末から7月末にかけて、夜になると甘い香りを放ちながら花が咲き、夜明け頃には散ってしまいます。(翌日には別のつぼみが咲くので、ほぼ毎夜鑑賞できます。)

また西原町は沖縄県随一の「文教のまち」で、国立琉球大学をはじめ3つの大学が立地し、幼児教育から大学教育までの一貫した教育施設が整っています。

西原町の特産品・観光などは、コチラのページ「みんなの西原町」を御覧下さい。


南風原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県島尻郡南風原町

沖縄本島南部 かすり織りのルーツの街 人口約38,700人

南風原町のご当地ナンバープレートには、沖縄の石造りの伝統をモチーフとした「21連アーチ橋(南風原高架橋)」がシルエットで描かれています。沖縄には琉球時代から築造された、数多くの石造りのアーチ橋や城門が点在していましたが、その多くが太平洋戦争で消失しました。南風原高架橋は、沖縄の石造りの伝統を現代の技法で再現した、美しい連続アーチ橋です。

南風原町は琉球かすりや、南風原花織など織物の盛んな街です。インドを起源とし、東南アジアに広まった「かすり織り」は、琉球の地を経て日本各地に広がりました。戦前までは沖縄各地で造られていましたが、今では南風原町を中心に工房が集まっています。琉球かすり発信の中心的役割を担うのが「琉球かすり会館」で、琉球かすりを使用したウエアやネクタイ、バッグやポーチなどを販売しています。事前に予約すれば機織りの体験もできます。会館周辺には「かすりロード」と言う散策路があり、織物の工房や糸張り作業場などが集まっています。

スポンサーリンク


沖縄市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県沖縄市

沖縄本島中部 沖縄全島エイサーまつりが開催される街 人口約140,800人

エイサーのまち沖縄市のご当地ナンバープレートには、エイサーを踊るキャラクター「エイ坊」が描かれています。

エイサーは歌と踊りで先祖の霊を供養する行事で、五穀豊穣、無病息災、安寧長寿など多くの思いを込めて踊ります。沖縄県各地で行われるエイサーの中で、最大のイベントが、沖縄市の「沖縄全島エイサーまつり」です。毎年旧盆の翌週末3日間に渡り開催され、延べ30万人の観客が集まり、イベントのクライマックスには全ての人が一緒になって「カチャーシー」を踊ります。


南城市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県南城市

沖縄本島南部 琉球王国の文化遺産が残る街 人口約42,900人

2006年1月1日佐敷町、知念村、玉城村、大里村の1町3村が合併し新しく「南城市」が誕生しました。新しくできた南城市は市域がハートの形をしており、市では「ハートのまち南城市」をアピールしています。ご当地ナンバープレートもハートの形をしており、キャラクターの「なんじぃ」もハートをアピールしています。

南城市には琉球王国時代の文化遺産が数多く残っており、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ「斎場御嶽」もあります。斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球王国最高の聖地とされ、六つのイビ(神域)があり、祈りが捧げられていました。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

鹿児島県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

鹿児島県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


志布志市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

鹿児島県志布志市

鹿児島県東部 志のあふれる街 人口約30,600人

志布志市のご当地ナンバープレートは、公式キャラクターの「志武士(しぶし)ししまる」と特産品の黒豚・うなぎ、観光名所ダグリ岬が描かれています。

志のあふれる街 志布志市の「志布志市役所志布志支所」は、志布志市志布志町志布志二丁目1番1号の住所にあり、街に志があふれかえっているのが解ります。

黒豚のブランドは全国に数か所ありますが、その中でも群を抜く生産量、味、人気を誇るのが「かごしま黒豚」です。かごしま黒豚は、土着の豚とイギリス産バークシャー種をかけ合わせ、改良を重ねた豚で、肉の筋繊維が細く(口当たりがやわらかい)、アミノ酸含有量が高い(旨い)のが特徴です。かごしま黒豚を使った志布志市のご当地グルメ「志布志発かごしま黒豚三昧」は、全国ご当地どんぶり選手権に於いて、2016年・2017年に2年連続「準グランプリ」を獲得、2018年念願の「グランプリ・観光庁長官賞」に輝きました。

また鹿児島県はうなぎの生産量日本一で、その多くが大隅半島で養殖され、志布志市が約半数を占めます。この地区のうなぎが「美味しい」と評判が高いのは、養殖に使う水にあります。使用する水は全て地下水で、うなぎ特有の臭みが少ない美味しいうなぎを「養って」います。


奄美市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

鹿児島県奄美市

鹿児島県の南 奄美群島の拠点都市 人口約42,200人

奄美市のご当地ナンバープレートには、国の特別天然記念物「アマミノクロウサギ」が描かれています。

アマミノクロウサギは、原始的形態を残したウサギの仲間で、世界中で奄美大島と徳之島にのみ生息しています。生活環境の変化から生息数が減少しているとされ、絶滅危惧IB類(EN)(近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)に分類されています。またネズミ対策・ハブ対策で導入した「フイリマングース」に捕食されている記録があり、現在はフイリマングースの駆除事業を進め、生息数も回復傾向にあると推定されています。(複雑な気もしますが。)

また奄美市の特産品に「奄美黒糖焼酎」があります。サトウキビと米麹で製造される本格焼酎で、酒税法の特例通達として奄美群島でのみ、製造が許可されています。黒糖の甘い香りと米麹のまろやかな旨味が特徴で、他の焼酎には無い独特の個性が味わえます。

奄美市には、奄美大島で唯一の回転寿司「まんてん」があります。奄美で獲れた新鮮な魚を店内で捌いており、お手頃価格で奄美の海の幸を堪能できます。

スポンサーリンク


知名町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

鹿児島県大島郡知名町

鹿児島県の南 奄美群島の沖永良部島の街 人口約5,900人

知名町のご当地ナンバープレートは、沖永良部島とサンゴ・ウミガメ・ハイビスカスが描かれた南国情緒あふれるナンバープレートです。

知名町は沖永良部島(おきのえらぶじま)の西半分にあたる町で、東半分が和泊町になります。沖永良部島はサンゴ礁が隆起してできた島で、島の周辺にはサンゴの群生している場所が点在し、一年を通してダイビングが楽しめます。季節と幸運に恵まれれば「ザトウクジラ」にめぐり合えるかも知れません。

また沖永良部島の地質はサンゴ礁起源の石灰岩のため、地下には「昇竜洞」をはじめ、大小200から300の洞窟鍾乳洞があると言われています。「昇竜洞」は全長3,500mのうち600mが一般公開されており、手軽に鍾乳洞見学ができます。さらに探検気分を味わいたい人には、洞窟探検の「ケイビングツアー」も用意されています。


南大隅町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

鹿児島県肝属郡南大隅町

鹿児島県南東部 日本本土最南端 北緯31度線のまち 人口約7,000人

本土最南端 佐多岬の灯台が描かれたナンバープレートです。町のキャラクター「みさきちゃん」も頭に灯台を載っけています。

大隅半島の南端「佐多岬」は本土最南端の岬で、付近を北緯31度線が通っており、南大隅町は「北緯31度線のまち」をアピールしています。平成30年1月16日に佐多岬の新展望台がオープンし、遠くに種子島・屋久島を臨む大パノラマビューを堪能できます。(平成30年2月8日現在、トイレ・一部歩道が工事中です。詳しくはこちら「佐多岬における新展望台への通行及び園路の通行規制について」を御覧下さい。)

また周辺の遊歩道には「国の特別天然記念物・鹿児島県のソテツ自生地」に指定されている「ソテツ」や「ハマユウ」・「ビロウ」などの亜熱帯植物が自生しています。


天城町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

鹿児島県大島郡天城町

鹿児島県南部 奄美群島 徳之島の街 人口約5,700人

天城町のご当地ナンバープレートには、闘牛とトライアスロンをイメージした、マスコットキャラクター「あまぎくん」が描かれています。

天城町は、奄美群島 徳之島の北西部の町で、徳之島町、天城町、伊仙町の3町で徳之島を構成しています。徳之島では毎年夏に「トライアスロンIN徳之島大会」が行われます。サンゴの海を泳ぎ、美しい自然の徳之島をバイクで一周する徳之島の大会は人気が高く、多くの鉄人(700人前後)が集います。(大会が終われば、選手・島民・関係者みんなで踊ります。)

また徳之島では日常に溶け込むように「闘牛」が行われています。徳之島の闘牛は400年以上前から行われていたとされ、他の県の闘牛と比べ、アツイ、激しいのが特徴です。徳之島町、天城町、伊仙町の各町に協会が組織され、持ち回りで大会を主催しています。

スポンサーリンク


肝付町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

鹿児島県肝属郡肝付町

鹿児島県東南部 小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられた街 人口約15,100人

肝付町のご当地ナンバープレートには、世界で初めて月より遠い天体から、地表物質を持ち帰った小惑星探査機「はやぶさ」が描かれています。

日本でロケットを打ち上げている場所は、鹿児島県熊毛郡南種子町(種子島)にある「種子島宇宙センター」と肝付町にある「内之浦宇宙空間観測所」の2箇所です。内之浦宇宙空間観測所は、日本初の人工衛星「おおすみ」(名前は大隅半島に由来)をはじめ、約400機のロケットが打ち上げられています。

2003年5月9日に小惑星探査機「はやぶさ」がM-Vロケット5号機によって打ち上げられ、2010年6月13日に、7年の歳月と60億kmの旅を終え地球に帰還、小惑星イトカワのサンプルを持ち帰ることに成功しました。(はやぶさ「2」は、2014年12月3日に種子島宇宙センターから打ち上げられています。)

また内之浦宇宙空間観測所は、ローコストで打ち上げまでの準備期間の短い、次期固体燃料ロケット「イプシロンロケット」の打ち上げ場所として注目されています。内之浦宇宙空間観測所の「施設見学」や「ロケット打ち上げ見学」はコチラのJAXA公式サイトまで。

肝付町は種子島宇宙センターのある南種子町と「宇宙兄弟都市宣言」を締結しています。


南種子町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

鹿児島県熊毛郡南種子町

鹿児島県種子島の南部 ロケットの町 人口約5,500人

ロケットの町、南種子町のご当地ナンバープレートは、HーⅡ型ロケットの打ち上げの様子が描かれています。

南種子町のある種子島は、北から西之表市、中種子町、南種子町の1市2町で構成されており、島の南東部にJAXAの「種子島宇宙センター」があります。種子島宇宙センターは、三つのロケット発射施設を持つ日本最大のロケット発射場で、大型の液体燃料ロケット「HーⅡ」シリーズをはじめ、さまざまなロケットが打ち上げられています。種子島宇宙センターの「施設見学」や「ロケット打ち上げ見学」はコチラのJAXA公式サイトまで。

南種子町は内之浦宇宙空間観測所のある肝付町と「宇宙兄弟都市宣言」を締結しています。

2014年12月3日に、HーⅡAロケット26号機により打ち上げられた「はやぶさ2」の準備から打ち上げまでの動画です。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

宮崎県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

宮崎県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


門川町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

宮崎県東臼杵郡門川町

宮崎県北部 カンムリウミスズメの繁殖地 人口約17,800人

門川町のナンバープレートには、夢人島サバイバルアイランド「乙島」とマスコットキャラクターの「かどっぴー」が描かれています。「かどっぴー」はカンムリウミスズメがモチーフになっています。

国の天然記念物に指定されている「カンムリウミスズメ」は、朝鮮半島南部と日本近海にのみ生息し、その数6000羽程度と推定されています。一生のほとんどを海の上で生活し、繁殖期のみ離島など陸に上がります。門川町の無人島「枇榔島」は、カンムリウミスズメの世界最大の繁殖地で、毎年3月中旬頃、どこからともなく3000羽程のカンムリウミスズメが飛来し、4月末から5月中旬にかけて、孵化して間もない雛と共にどこかえ旅立ちます。

現在カンムリウミスズメは絶滅の危機にさらされており、絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に分類されています。2005年門川町ではカンムリウミスズメを町の鳥に制定し、保護・情報発信をしています。

また門川町は「魚のまち」とも言われ、漁業・水産加工業が盛んです。特に、宮崎県水産物ブランドに認定されている「門川金鱧(ハモ)」が有名で、厳格な基準のもと「門川金鱧」のブランドで出荷されます。

スポンサーリンク


国富町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

宮崎県東諸県郡国富町

宮崎県中部 えがお くにとみ 人口約19,100人

国富町のご当地ナンバープレートには、特産品「白玉まんじゅう」をモチーフにしたキャラクター「しらたマン」が描かれています。

白玉まんじゅうは一説によると、今から150年ほど前に誕生したと言われている、国富町に伝わるお菓子です。米粉を練った生地で、甘さ控えめのこしあんを包み、蒸し上げます。ふつう白玉は、もち米を使用することが多いですが、国富町の白玉まんじゅうは、うるち米(一般的なお米)を用い、あっさりした食感が特徴です。

国富町は大根の栽培のが盛んで、大根を使った加工食品「切り干し大根」の全国有数の産地です。(切り干し大根の90%は宮崎県で造られています。)また大根を使った漬物「たくわん」も古くから造られており、最近では昔ながらの黄色いたくわん、無着色たくわん、梅味、かつお味、味噌漬けなど多くの商品が開発されています。


宮崎市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

宮崎県宮崎市

宮崎県南東部 県庁所在地 人口約399,500人

サーフボードを型どった、宮崎市のご当地ナンバープレートです。南国のリゾートを連想させる青い海と空・フェニックス(カナリーヤシ)が描かれています。

日向灘に面する観光都市 宮崎市には、県内外から多くの観光客が訪れ、なかでも青島地区は、年間約35万人が訪れる宮崎を代表する観光スポットです。青島の北側には青島ビーチが広がり、サーフィンをはじめ、ボートセイリング、スタンドアップパドルボードなどの、マリンスポーツが楽しめます。青島ビーチはビギナーに適した波が立ちやすく、インストラクターによる初心者向けの講習(詳しくは、青島サーフィンセンターにて)や「渚の交番」などもあり、初めての人でも安心してマリンスポーツを楽しめます。

また島全域が青島神社の境内になっている「青島」には、ビロウジュをはじめ、亜熱帯性植物が多く茂り、国の特別天然記念物「青島亜熱帯性植物群落」に指定されています。青島の周囲は、波がそのまま岩になったように見える「鬼の洗濯板」に囲まれています。沖合100mにおよぶ、波状岩の不思議な光景で、こちらも国の天然記念物に指定されています。

スポンサーリンク


高原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

宮崎県西諸県郡高原町

宮崎県南西部 天孫降臨の地 人口約8,900人

多くの神話が残る高原町のナンバープレートには、霧島連山の高千穂峰と、その頂上に突き立てられている「天逆鉾(あめのさかほこ)」が描かれています。

いにしえの昔「ニニギノミコト」が、祖母に当たる「アマテラスオオミカミ」の命を受けて、高天原(たかまがはら)から日向国の高千穂峰、すなわち高原町へあまくだったと言われています。その折「ニニギノミコト」が持っていたのが「天逆鉾」で、国家平定の後、二度と振るわれることの無いよう、高千穂峰に突き立てたと言われています。現在高千穂峰の山頂付近は、霧島東神社の境内で、「天逆鉾」は神社の社宝となっています。

また高原町は、「ニニギノミコト」の孫に当たる初代天皇「神武天皇」降誕の地とも言われています。神武天皇は45歳までこの地で暮らし、やがて東征を行い52歳の時、奈良の橿原宮にて初代天皇として即位します。(以上神話時代の話ですので、諸説ある内の一つです。)

さて霧島連山の麓にある高原町は、畜産業 特に肉用牛の生産が盛んです。高原町産宮崎牛(黒毛和牛)は、、肉質の良さが高く評価され、全国的に人気の商品です。


都城市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

宮崎県都城市

宮崎県南西部 幸せ上々、みやこのじょう 人口約162,900人

高千穂峰を背景にして、都城市PRキャラクター兼PR部長の「ぼんちくん」が描かれたナンバープレートです。

都城市は日本有数の農業・畜産地域で、特に畜産は肉用牛、豚、ブロイラーの産出額が全国1位のトリプルクラウンです。また素牛(生後半年から1年ぐらいの仔牛)の出荷も盛んで、競りにかけられた後、全国の有名ブランド牛として育成されます。

霧島連山に抱かれた「美味しい肉」のまち都城市には、肉によく合う「美味しい焼酎」もあります。特に都城市に本社を置く「霧島酒造」は、焼酎メーカー売上高日本一です。霧島連山に降った雨が永い年月をかけ濾過された名水「霧島裂罅水」を使った焼酎は、ピュアでまろやかな飲み口です。また霧島酒造は将棋の「霧島酒造杯女流王将戦」に協賛しており、タイトル戦第1局は、都城市の霧島創業記念館「吉助」で行われます。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

大分県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

大分県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


臼杵市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

大分県臼杵市

大分県南東部海岸沿い 大日如来の磨崖仏が鎮座する街 人口約37,700人

臼杵市観光PRキャラクター「ほっとさん」が、石畳の上をバイクで走っているナンバープレートです。「ほっとさん」は国宝臼杵石仏がモチーフになってます。

大分県は全国的に「磨崖仏」(自然の巨石や岩壁に彫刻した仏像で、石仏の一種)が数多く残る県で、国宝・国の重要文化財・国の史跡に指定されている磨崖仏の半数程が大分県に現存します。中でも唯一国宝に指定されている臼杵石仏は、岩壁に彫刻された「磨崖仏」で、平安時代後期から鎌倉時代にかけて造られたと言われています。その数は60余体にもおよび、その内「古園石仏中尊大日如来像」を代表とする61体が国宝に指定されています。(臼杵駅前には、古園石仏中尊大日如来像のレプリカもあります。)

また「臼杵市の木」に指定されているのが「カボス」(柑橘類、柚子の近縁)です。大分県はカボスの全国生産のほとんどを生産しており、臼杵市も主要生産地の一つです。一方臼杵市は古くからの醸造の町で、特に醤油の生産が盛んです。地元の果実「カボス」と、地元で醸造された醤油を合わせた「かぼすポン酢」は、臼杵市を代表する特産品です。

スポンサーリンク


杵築市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

大分県杵築市

大分県北東部 国東半島の南側 きものが似合う歴史的町並み 人口約29,400人

日本一小さいお城「杵築城」(模擬天守)と、杵築市の街並み、和服が似合う女性が描かれた、江戸の風情が香るナンバープレートです。

和服の似合う町 杵築市では、着物姿での観光をオススメしています。着物姿で町を散策すると、公共観光施設の入館料が無料になり、食事割引・粗品進呈などのサービスをしている店舗もあります。市観光協会が運営する「きものレンタル和楽庵」では、300着もの着物が用意されており、着付けも含めて3000円程度のリーズナブルな料金で一日レンタルもできます。

また杵築市の白鬚田原神社では、毎年10月17・18日に「どぶろく祭り」が行われます。「どぶろく祭り」は五穀豊穣を感謝する神事で、1300年以上続いています。古来から中断することなく続いている神事であり、国税庁からもどぶろくの醸造を認められており、当日は参拝者に振舞われます。(車で参拝に来られた方は、持ち帰りもできます。)


由布市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

大分県由布市

大分県のほぼ中央  地域自治を大切にした街 人口約33,600人

由布岳を背景にマスコットの「ゆーふー」が描かれたナンバープレートです。「ゆーふー」の頭は、由布市の形をしています。(からだは、メタボです。)

由布市には特に女性に人気の高い温泉、「湯布院温泉」があります。由布院地域・湯平地域・塚原地域からなる湯布院温泉には、大型のホテルや歓楽街が無く自然の景観を大切にしているのが特徴です。湯布院温泉は、温泉利用の効果が充分期待され、健全な温泉地として国民保養温泉地に指定されています。(各地域の泉質・効能は、若干異なります。特に塚原温泉は、pH=1.4で全国第2位の強酸性の泉質で、皮膚に対する効能があるとされています。)

また由布市の絶景を一望できるのが、別府と湯布院を結ぶ「やまなみハイウェイ(県道11号)」にある「狭霧台」です。雄大な由布岳を間近に見ることができ、気象条件が良ければ、朝霧に包まれる湯布院の街並みや、美しい夕日も見れます。

スポンサーリンク


宇佐市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

大分県宇佐市

大分県北部 国東半島の付け根 からあげ専門店発祥の地 人口約55,100人

宇佐市のご当地ナンバープレートは、㊤からあげ専門店発祥の地(キャラクターは、からあげをモチーフにした「うさからくん」です。) ㊦世界農業遺産の里(背景は、宇佐神宮です。)の2種類があります。

大分県は一人あたりの鶏肉消費量が全国トップ(クラス)で、中でも県北部の宇佐市・中津市は鶏肉を使った料理「からあげ」が大変盛んです。戦後間もない頃、宇佐市四日市で、からあげ専門店「からあげ庄助」が誕生したのが、からあげ専門店の発祥とされています。今では、宇佐市が「からあげ専門店発祥の地」、中津市が「からあげの聖地」として、ご当地グルメをPRしています。

宇佐市は近隣の4市1町1村(宇佐市、杵築市、豊後高田市、国東市、姫島村、日出町)と共に世界農業遺産「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」 ~森の恵みしいたけの故郷~ に認定されています。ナンバープレートに顔を出しているオオサンショウウオは、宇佐市が九州唯一の生息地で、生息地域の南限ともされています。

また宇佐市には、全国に約40,000社ある八幡宮を束ねる「宇佐神宮(宇佐八幡)」があります。八幡宮は武運の神「八幡神(応神天皇)」を祭る神社で、宇佐神宮が総本社になり、「石清水八幡宮」「鶴岡八幡宮」と共に日本三大八幡宮とされています。国東半島の付け根、御許山 山麓に鎮座し、本殿は国宝に指定されています。(あくまでも歴史ロマンですが、邪馬台国九州説によると、宇佐神宮には卑弥呼が祀られており、墓があるとする研究もあります。)


九重町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

大分県玖珠郡九重町

大分県中西部 日本一の夢大吊橋と地熱発電の街 人口約9,200人

九重町のご当地ナンバープレートには、九重“夢”大吊橋と、町の花ミヤマキリシマをモチーフにしたキャラクター「ミヤちゃん」が描かれています。

九重“夢”大吊橋は、水面よりの高さ173m・長さ390mを誇る、日本一高い歩行者専用の吊り橋です。橋からは、「震動の滝・雄滝」や「雌滝」、鳴子川渓谷の紅葉、くじゅう連山の雄大な光景など、「天空の散歩道」にふさわしい文句なしの絶景が見れます。大吊橋施設内には、JA九重町飯田農協が運営する「天空館」があり、名物の「九重“夢”バーガー」などが販売されています。

また九重町には、日本最大の地熱発電所「八丁原発電所」があります。(八丁原にある発電所です。原発ではありません。)地熱発電は地下から取り出した蒸気を利用して電気を造る仕組みで、発電時にCO2排出がなく、24時間安定発電ができる再生可能エネルギーです。九重町は6カ所の地熱発電所がある日本最大の地熱発電の集積地で、現在も開発プロジェクトが進められています。(八丁原発電所には見学施設もあります。)


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

熊本県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

熊本県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


氷川町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県八代郡氷川町

熊本県中部 大地の恵み 歴史の香り 人口約11,600人

氷川町のご当地ナンバープレートには、氷川町PRキャラクター「ひかりん」が描かれています。「ひかりん」は、ひかわちょうの「ひ」をイメージしています。

氷川町は国道3号を境に、西に不知火干拓の平坦地、東に山林・丘陵地帯が広がります。氷川町東端には、高さ75mの絶壁が250m続く「立神峡」があり、別名「肥後の空滝」や「肥後の赤壁」と呼ばれています。周辺は、「立神峡公園」として整備され、キャンプ場・ログハウスなどがあります。

また氷川町は熊本県の梨の発祥の地で、「吉野梨」のブランド販売されています。桜の花が散り始めた頃には、県道155号線沿いを中心に約3kmに渡り梨園の白い花が咲き乱れます。


天草市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県天草市

熊本県南西部 イルカが根付く海 人口約79,600人

九州の宝島 天草市のナンバープレートには、天草灘をダイナミックに泳ぐミナミハンドウイルカの様子が描かれています。

天草市の北部 五和町沖合の海域は、海底の起伏に富み、潮の流れも良く魚類の宝庫です。これを餌にミナミハンドウイルカ約200頭が、日本近海では珍しい根付きのイルカとして生息しています。イルカマリンワールドでは、一年中 野生のイルカに会える「イルカウォッチング」が体験できます。イルカに会える確率は99%(過去5年調べ)と非常に高く、万が一出会えなかった場合は、無料で再チャレンジできます。

天草は室町時代、豪族の天草久種がキリスト教の布教を許し、後の戦国時代 キリシタン大名の小西行長の領地となります。歴史的にキリスト教徒の多い土地で、特に﨑津集落には歴史的文化遺産が多く残っています。長崎県と天草市など(6市2町)では「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の名称で世界遺産の登録申請を行っています。

スポンサーリンク


長洲町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県玉名郡長洲町

熊本県北部 金魚と鯉の郷 人口約15,500人

長洲町のナンバープレートには、有明海にに沈む夕日を背景に、マスコットキャラクターの「ふれきんちゃん」が描かれています。ふれきんちゃんは金魚の「ふれ売り」がモチーフになっています。(金魚のふれ売りは、天秤棒の両端に金魚の入った桶をぶら下げ、「きんぎょ~えっ、きんぎょっ」の掛け声と共に金魚を売り歩くことで、長洲町には全国で唯一人「浦島」さんが、今もふれ売りを続けています。)

長洲町は愛知県弥富市、奈良県大和郡山市と共に日本有数の金魚の産地で、金魚の中では桁外れに大きい「ジャンボシシガシラ」を始め多くの品種が養殖されています。迫力のあるジャンボシシガシラは、こちら「金魚の館」で見ることができます。

また「金魚と鯉の郷広場」では錦鯉が泳ぐ修景池があり、鯉たちにエサをあげたりもできます。


和水町(なごみまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県玉名郡和水町

熊本県北西部 ほっと一息、なごみの時間 人口約9,700人

和水町の町の花、ひまわりが描かれたナンバープレートです。

和水町には謎の遺跡「トンカラリン」があります。何時、誰が、何のために造ったのか解っておらず、手がかりになる資料や言い伝えも残っていない、現代のミステリーです。トンカラリンは、全長464mのトンネル型遺構で、自然の地隙に石で蓋をした場所や、人口の石積み・石壁、人が屈んで通れる狭い階段など謎の多い造りで、日本では他に類例のない遺跡です。

建設の目的は、宗教施設説、古代祭祀跡説、排水路説や故松本清張氏の「邪馬台国卑弥呼鬼道説」まで様々で「謎の遺跡」とされたままです。


水上村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県球磨郡水上村

熊本県南東部 球磨川の源流 人口約2,100人

日本三大急流 球磨川(他は富士川・最上川)の上流、市房ダムの水面と霊峰「市房山」の描かれたナンバープレートです。

水上村南部にある市房ダム湖周辺は、「日本さくら名所100選」に選定されており、春にはソメイヨシノをはじめとする1万本の桜が咲き乱れます。またダム湖には、高さ約80m吹き上がる大噴水(珍しい有料噴水です)があります。

市房ダムから国道388号線を東に進み宮崎県との県境に、2017年5月にオープンした「水上スカイヴィレッジ」があります。標高1000mに建設された「水上スカイヴィレッジ」は、高地トレーニングができる練習・合宿施設で、300mの全天候型トラックや、最長2kmのクロスカントリーコース、アイシングプールなどを備えています。実業団や大学・中高生などはもちろん、一般の方も利用できます。

スポンサーリンク


湯前町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県球磨郡湯前町

熊本県南東部 オッパイの神様が祀られている街 人口約3,800人

湯前町イメージキャラクター「ゆっくん」が描かれたナンバープレートです。ゆっくんは、風呂桶と手ぬぐいを持って温泉に行くようです。

湯前町にある温泉「ゆのまえ温泉 湯楽里」は海から遠く離れた山中にありますが、泉質は塩分を含む「潮湯」です。一般的な温泉の効能の他、切り傷、やけど、慢性皮膚病に効果があると言われています。「ゆのまえ温泉 湯楽里」には、ホテル、コテージなどの宿泊施設が完備され、グランドゴルフ、パターゴルフも楽しめます。温泉からは、湯前町自慢のロケーション、人吉盆地を一望でき、沈む夕日と満天の星空を堪能できます。

また「ゆのまえ温泉 湯楽里」から少し南へ下ると「潮神社」があります。、おっぱいを型どったものを奉納すると、お乳の出が良くなると言われ、子宝や子育てにご利益があるとされています。毎年4月には「潮おっぱい祭り」が開催されます。


大津町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県菊池郡大津町

熊本県北部 阿蘇外輪山西部の街 人口約33,800人

大津町のナンバープレートには、からいも(九州ではサツマイモのことを、からいもと呼ぶことが多い)をモチーフにしたキャラクター「からいもくん」が描かれています。

大津町北部地区は阿蘇外輪の裾野で、火山灰の土壌が広がります。土地は痩せていますが、土中に多くの酸素を含むので、からいもの栽培に大変適しています。大津町のからいもは、熊本県内で収穫量、作付面積ともに一位で、町を代表する農産物です。

毎年11月には、「からいもフェスティバル in おおづ」が開催され、からいもほり大会や、珍からいもコンテスト、からいもグルメなどのイベントが行われます。からいもフェスティバルには、大津町に工場を持つ「ホンダ技研」が、会場提供など様々な形で協力しています。


菊池市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県菊池市

熊本県北部 癒しの里 人口約47,400人

菊池川の流れるナンバープレートです。菊池川は阿蘇外輪山の尾ノ岳に端を発し、菊池市を経て有明海に注ぐ一級河川です。

菊池川の源流 阿蘇外輪山の山麓には、天然生広葉樹の原生林で覆われた「菊池渓谷」があります。「渓谷美の極致」とも言われ、名水百選、森林浴の森百選、水源の森百選、日本の滝百選に選ばれています。春は新緑、夏は避暑、秋は紅葉、冬は霧氷の花が咲く、一年を通して多くの人が訪れる観光地です。(2018年1月現在、熊本地震による被害で、菊池渓谷への立ち入りはできません。)

また菊池川流域で採れる米は、江戸時代から幻の菊池米「七城のこめ」と言われ、うまい米の代名詞です。その他「七城メロン」も有名で、国道325号線沿いにはメロンの形をした道の駅「七城メロンドーム」があります。

スポンサーリンク


玉名市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県玉名市

熊本県北部 有明海苔の発祥の地 人口約66,000人

「音楽の都」玉名市のご当地ナンバープレートには、マスコットキャラクター指揮者の「タマにゃん」が描かれています。

玉名市は、芸術性の高い演奏を指揮し、吹奏楽の世界で数々の功績を残した「小山卯三郎氏」の故郷です。 小山卯三郎氏は陸軍軍楽隊長や宮内皇居奏楽隊長などを歴任し、学校における吹奏楽の普及にも貢献した玉名の偉人で、今もなお「音楽の都玉名」として受け継がれています。

玉名市は明治7年「有明海苔」の養殖が最初に試みられた所で、その後幾多の改良・機械化が進み、今では「有明海苔」が日本全体の海苔の約4割を占めています。

また熊本県はトマトの収穫量・作付面積が全国トップで、中でも玉名市は市町村別で全国2位です。(2012年度調べ トップは同じく熊本県の八代市です。)玉名市には、玉名のトマトを使った特産物がたくさんあります。


南関町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県玉名郡南関町

熊本県北西部 緑にいきづく関所の里 人口約9,400人

町章の描かれたナンバープレートです。南関町の「南」をデザイン化したものです。

南関町は筑後と肥後の境にあり、古くより関所が置かれ、町名の由来にもなっています。今も九州縦貫高速自動車道の南関インターチェンジがあり、熊本県の北の玄関口の役割を担っています。

また南関町では毎年8月に、なんかん夏祭り「ぎおんさん」が行われます。八剣神社の祭神スサノオノミコトが、ヤマタノオロチを退治した神話を基に、「悪疫退散」「五穀豊穣」「稲虫退除」「商売繁昌」を祈願する祭りです。100軒以上の家を一軒、一軒 厄除けの火を吹かせながら街を練り歩きます。

スポンサーリンク


人吉市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県人吉市

熊本県最南端 米焼酎の故郷 人口約33,000人

人吉市の伝統工芸品「花手箱」をイメージしたナンバープレートです。

伝統工芸品の花手箱は木製の蓋付き化粧箱で、平家の落ち武者達が生活を維持する為に作ったのが、始まりと言われています。女の子の大切な宝物を入れる箱として使われ、贈答品としても人気の高い工芸品です。

人吉市には焼酎の蔵元が沢山集まっています。この地方の焼酎は、「球磨焼酎」と呼ばれ、原料には米を使用しています。鹿児島で造られる芋焼酎と比べると、クセが無くやや辛口で、日本食との相性がバツグンです。

また人吉市では「日本三大急流球磨川」の川下りも楽しめます。急流でスリルを味わいたい人から、ゆっくり景色を堪能したい人まで、幾つかのコースが用意されています。


山都町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

熊本県上益城郡山都町

熊本県東部 風かおる、文楽と石橋の郷 人口約14,300人

人形浄瑠璃「清和文楽」の人形と、水を通す石橋「通潤橋」の描かれたナンバープレートです。

清和文楽は江戸時代の後期から伝わる山都町の伝統芸能で、熊本県の重要無形文化財に指定されています。清和文楽の中心的施設が、道の駅清和文楽邑にある「清和文楽館」で、九州で唯一 人形浄瑠璃が楽しめます。付随する資料棟では、文楽に関する資料を多数展示していおり、本物の人形の頭を自分で動かすことが出来る体験コーナーなどもあります。

また山都町役場より南へ1kmほどの所に、観光名所「通潤橋」があります。通潤橋は通潤用水の一部で、農業用水はおろか、生活用水を確保することすら困難であった白糸台地に水を引くために造られた、石造りの通水橋です。通潤橋は通潤用水の中で比較的低い位置にあり、特殊な漆喰を用い、漏水しないように密封して、橋より高い白糸台地に水を送っています。今も農業用水路としての機能を維持している「生きている」国指定重要文化財です。

2018年1月現在、熊本地震による被害で、通潤橋周辺への立ち入りが一部禁止されており、放水もされていませんが、代わりに通潤橋保存修理工事 の見学所が設けられています。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

長崎県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

長崎県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


波佐見町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長崎県東彼杵郡波佐見町

長崎県ほぼ中央 陶磁器を大衆化させた街 人口約14,600人

焼き物の街 波佐見町のナンバープレートには、鬼木の棚田、登り窯、コンプラ瓶と公式マスコットキャラクター「はちゃまる」が描かれています。

波佐見町で生産される陶磁器「波佐見焼」は、今から約400年前に始まり、当時価格の高かった茶碗などの磁器を、大量生産により手頃な価格にし、庶民が毎日の暮らしの中で使える身近な物にしました。波佐見焼は丈夫な日用品が多く、手頃でしかも良質な食器を造るという姿勢は、今も受け継がれています。

ナンバープレートに描かれている瓶は、「コンプラ瓶」です。コンプラ瓶は、江戸時代から明治にかけて造られた、波佐見焼を代表する焼き物の一つで、酒(JAPANSCH ZAKY)や醤油(JAPANSCH ZOYA)を輸出するのに使われました。

また波佐見町には、世界でも珍しい窯の野外博物館「世界の窯広場」があります。やきもの公園の中の小高い丘に、世界を代表する珍しい窯が12基再現されています。


川棚町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長崎県東彼杵郡川棚町

長崎県ほぼ中央 自然を愛し くらし輝くまち 人口約13,700人

虚空蔵山を背景に、町のシンボル「クジャク」の描かれたナンバープレートです。

川棚町の南、大村湾に突き出た大崎半島はまるごと、自然豊かな「大崎自然公園」になっています。園内には、キャンプ場、テニスコート、海水浴場の他、国民宿舎「くじゃく荘」や、日帰り温泉「しおさいの湯」などもあり、家族連れでレジャーが満喫できます。また大崎半島の真ん中、小高い場所に「大崎くじゃく園」があります。ここでは町のシンボルにもなっている、インドクジャクが約200羽飼育されており、七色に映えるしゅ玉の羽で、訪れる人を魅了します。(大崎くじゃく園の入園は、無料です。)

またナンバープレートの虚空蔵山は、その姿から九州のマッターホルンと言われる川棚町のランドマークの一つです。山頂には虚空蔵菩薩が祭られ、その昔、弘法大師がここで修行に励んだとされています。

スポンサーリンク


長崎市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長崎県長崎市

長崎県南部県庁所在地 日本初がいっぱい詰まった街 人口約421,600人

長崎市のナンバープレートは、出島の形をしています。

長崎の出島は江戸時代 日本が鎖国していた頃、唯一西洋に開かれていた貿易の窓口でした。(このため長崎には、日本初や長崎伝来のものが数多くあります。汽車、ビリヤード、バトミントン、缶詰、コーヒー、じゃがいもetc)建設当時はポルトガルと、後にオランダとの貿易が行われ、多くの輸入品と共に西洋の文化も、出島を通して伝わりました。現在は周辺が埋め立てられ、島では無くなっていますが、長崎市では「 出島復元整備事業」を計画・推進中で、将来的には周囲に堀を巡らし扇形の島を復元するようです。

また港町長崎では、毎年4月下旬に「長崎帆船まつり」が行われます。国内外から大型を含む数々の帆船が集結する日本で随一の帆船イベントで、船内一般公開や体験クルーズなどが行われます。夜にはライトアップされ、花火も打ち上げられます。

この他にも「長崎くんち」「長崎ランタンフェスティバル」「精霊流し」が全国的に有名で、稲佐山から望む夜景は、函館・神戸と共に日本三大夜景と言われています。


大村市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長崎県大村市

長崎県中央付近 長崎県の空の玄関口 人口約93,800人

大村市のナンバープレートは、おおむらざくらをモチーフにしたマスコットキャラクター「おむらんちゃん」が描かれています。

大村市役所の南隣にある大村公園は、日本さくら名所100選の一つで、園内大村神社を中心に、大村市の花「おおむらざくら」が約 3 百本植えられています。「おおむらざくら」はサトザクラの突然変異で、ピンク色のボリュームのある花を咲かせます。1967年には、「大村神社のオオムラザクラ」として国の天然記念物に指定されました。

大村市のスコーコーヒーパークは、日本で初めてコーヒーの温室栽培に成功し、自家生産の豆を使用した「寿古珈琲」を販売しています。またコーヒー農園を見学できる、日本初の観光コーヒー園でもあります。

スポンサーリンク


佐世保市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長崎県佐世保市

長崎県北部 日本海軍四大鎮守府の一つが置かれた街 人口約251,700人

島の密度は日本一。西海国立公園の「九十九島」が描かれたナンバープレートです。

九十九島は、佐世保市から平戸市にかけて広がる、リアス式海岸に点在する島々で、実際には200以上の島が有るとされています。ほぼ全域が西海国立公園に指定され、リアス式海岸と、大小さまざまの島が織りなす美しい自然景観は、観光客・カメラマンに人気で多くのビュースポットがあります。九十九島パールシーリゾートからは、南九十九島を縫うように航海する「遊覧船パールクィーン」「海賊遊覧船みらい」も運行されています。

また九十九島のある海域は潮通しがよく、水深もあり漁業、養殖が盛んです。全国第1位の生産量を誇る「九十九島いりこ」、こだわりの養殖「九十九島とらふぐ」、冬の味覚「九十九島かき」などが有名です。

佐世保は東郷平八郎により、天然の良港として軍港が設置され、後に日本海軍四大鎮守府の一つ「佐世保鎮守府」が置かれます。当時の日本の最先端技術が投入され、造船所、工場の建築、インフラ整備が一斉に行われました。100年経った今もその面影は街の随所に残り、2016年「鎮守府横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~」として日本遺産に認定されました。

現在佐世保市には、海上自衛隊佐世保基地や在日米海軍佐世保基地があり、米海軍兵向けに、日本で最初に生まれたハンバーガー「佐世保バーガー」や「海軍さんのビーフシチュー」「海上自衛隊カレー」などの有名グルメがあります。


対馬市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

長崎県対馬市

長崎県北部 古くから大陸との文化的・経済的窓口 30,300人

対馬海峡に浮かぶ「対馬」の全景と、絶滅が危惧されている「ツシマヤマネコ」のキャラクター「コージー」が描かれたナンバープレートです。

国の天然記念物に指定されている「ツシマヤマネコ」は長崎県対馬にのみ生息しています。日本に生息するヤマネコは、西表島のイリオモテヤマネコと対馬のツシマヤマネコの2種類のみで、どちらも生息数は100頭前後と推定され、最も絶滅の恐れが高い「絶滅危惧IA類」に分類されています。

ツシマヤマネコの「つしまる」君です

出典元 対馬野生生物保護センター

ツシマヤマネコの死因の一つに交通事故があります。平成4年から平成29年の間に、108頭のツシマヤマネコが事故に遭い、99頭が命を落としました。対馬市ではツシマヤマネコが出没しそうな道路に「ヤマネコ飛び出し注意!」の看板などを設置し、交通事故を減らすための啓蒙活動を行っています。ナンバープレートのキャラクター「コージー」君も「Drive Safeiy!」を訴えています。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

佐賀県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

佐賀県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


唐津市

 

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県唐津市

佐賀県北部 一度は食べたいアラの姿煮 人口約120,300人

唐津くんちの曳山が、勢揃いしたナンバープレートです。

「唐津くんち」は毎年11月2日から11月4日までの3日間、唐津神社で行われる秋季例大祭です。(「くんち」は、九州北部地方で行われる秋まつりで、収穫に感謝する意味合いがあります。お供え物をする日として「供日」とも書きます。)「唐津くんち」では、独特の漆の技法で飾られた、14台の豪華な曳山が街を巡航します。期間中の人出は50万人を超える唐津最大の祭りで、昭和55年「国の重要無形民俗文化財」に指定され、平成27年には「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。

また唐津市で全国的に有名なのが「唐津焼」です。市内で約70の窯元を数える唐津焼は、素朴かつ力強いのが特徴で、「用の美」を備えています。料理を盛り、茶を入れ、ご飯をよそって、使ってこそ作品が完成します。


嬉野市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県嬉野市

佐賀県西部 神功皇后が兵を休めた街 人口約26,700人

日本三大美肌の湯・嬉野温泉」をイメージしたナンバープレートです。

嬉野温泉の歴史は古く、神功皇后の時代(おおむね3世紀頃、諸説あり)まで遡ります。三韓征伐(朝鮮半島への出兵)の帰途、この地に立ち寄った神功皇后は、傷ついた白鶴が川中で羽を休め、やがて元気に飛び立つ様子をごらんになったそうです。川には温泉が湧いていて、温泉に浸かった兵士の傷が、たちまち治癒したのが嬉野温泉の始まりと言われています。この時、神功皇后が「あな、うれしいの」と言われたことが、嬉野の地名の起源と伝えられています。

嬉野温泉の湯は、無色透明のナトリウムを多く含む重曹泉で、角質化した肌をなめらかにし、みずみずしい肌をよみがえらせる「日本三大美肌の湯」といわれています。他にもリウマチ、神経痛、婦人病、胃腸病、呼吸器疾患などに効能があるとされています。

また嬉野温泉の湯は飲用にも適しており、この温泉水を使った湯豆腐が、江戸時代から伝わる嬉野名物「嬉野温泉湯どうふ」です。温泉水に含まれた重曹の働きで、豆腐がとろとろになり、煮汁が白濁色になります。薬味入れて、煮汁と一緒にいただきます。

スポンサーリンク


白石町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県杵島郡白石町

佐賀県中南部 宝の海、有明海に面する街 人口約23,100人

ナンバープレートに描かれているのは、白石町特産物PRキャラクター「しろいしみのりちゃん」です。町の特産物タマネギ、米(稲穂)、海苔(有明海苔・佐賀海苔)、イチゴ(さがほのか)、れんこんをPRしています。白石町は、農業用の広大な干拓地と、海苔の生産に最も適した有明海を有します。

タマネギは、北海道に次いで全国2位を誇る佐賀県の生産量の7割近くを占める、全国屈指の生産地です。れんこんは干拓地の土壌「重粘土質」で育てられ、ねばり・もっちりとした食感が特徴で、品質日本一を謳っています。2001年(平成13年)に品種登録された「さがほのか」は、果皮はツヤのある紅色で、甘味が強く多汁で、酸味は控えめ、日持ちするのが特徴です。

また世界有数の干満の差を誇る有明海は、多くの河川から豊かな栄養分が流れ込む、海苔の養殖には最高の環境で、白石町を中心とした地域で品質・生産量共に日本一の「佐賀海苔」が生産されています。佐賀海苔は、口どけがよく、香ばしさがあり、トロけるような甘みが特徴です。


基山町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県三養基郡基山町

佐賀県東部 鳥栖市とともに九州交通の要衝 人口約17,400人

基山町のナンバープレートは、お隣 鳥栖市のナンバープレートと同じデザインになっています。「なかよく まちづくり」の文字とともに、基山町イメージキャラクター「きやまん」と鳥栖市イメージキャラクター「とっとちゃん」が描かれています。

基山町には、つつじ寺として有名な「大興善寺」があります。大興善寺の本堂の後背に、広大な大興善寺公園がひろがり、4月中旬~5月初旬にかけて約5万本のつつじが見頃を迎えます。また秋には約500本のもみじが色づく、紅葉の名所としても知られています。園内には、お抹茶処、売店、新客殿、花見堂などがあり、いずれも趣のある造りになっています。

また基山町には、大野城とともに我が国最古の山城といわれる「基肄城跡」があります。白村江の戦いの後、大宰府防衛のため築かれた山城で、大野城が北の守り、基肄城が南の守りを務めました。


鳥栖市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県鳥栖市

佐賀県東部 基山町とともに九州交通の要衝 人口約73,700人

鳥栖市のナンバープレートは、お隣 基山町のナンバープレートと同じデザインになっています。「なかよく まちづくり」の文字とともに、鳥栖市イメージキャラクター「とっとちゃん」と、基山町イメージキャラクター「きやまん」が描かれています。

毎年「住みよさランキング」で上位に入る鳥栖市には、多くの自然が残されています。市の北西部にある「コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森」では、鳥栖市の地名の由来となった、多くの野鳥が見れます。また河川プールや、温泉施設「栖の宿」もあり、家族連れでのんびり楽しめます。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

福岡県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

福岡県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


新宮町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県糟屋郡新宮町

福岡県北部 玄界灘に面する街 人口約31,800人

新宮町・立花村 合併60週年記念事業の一環として制作されたナンバープレートです。新宮町合併60周年のロゴマークと立花山、相島のめがね岩が描かれています。

福岡市東区、久山町と新宮町にまたがる「立花山」は標高が367mで、ハイキングコースとして人気の高い山です。山の中腹からは、他に例が無いほどのクスノキが群生し、中には樹齢推定300年 樹高30mを上回るクスノキも見られ、「立花山クスノキ原始林」として国の特別天然記念物に指定されています。

新宮漁港から、町営渡船「しんぐう」に乗り約20分で相島に渡れます。相島には、浸食によりポッカリ穴の空いた「めがね岩」や豊臣秀吉ゆかりの「太閤潮井の石」、古墳時代の「相島積石塚群」などがあります。また相島は「猫の島」としても有名で、海外メディアから「世界6大猫スポット」として紹介されました。


嘉麻市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県嘉麻市

福岡県ほぼ中央 遠賀川の源流 人口約37,300人

嘉麻市のナンバープレートには、特産品のリンゴと、嘉麻市のゆるキャラ係長「かまししちゃん」が描かれています。

嘉麻市は九州では珍しく、リンゴや梨が栽培されています。中でも「九州りんご村」では減農薬栽培により、津軽、赤城などのリンゴの他、新水、幸水などの梨も栽培されています。9月下旬〜11月下旬にかけては、観光収穫体験も楽しむことができます。

嘉麻市の真ん中を流れる、九州最大級の川「遠賀川」は、「鮭の遡上する南限の川」とされています。遠賀川の源流「馬見山」の麓には、「鮭のふ化場」があり、毎年3月に稚魚が放流されます。放流された稚魚は、オホーツク・ベーリング海へと長い旅を始めます。数年後、ほんのごく僅かの成熟した鮭が、故郷遠賀川に帰ってきます。遠賀川のほとりには、鮭を神様の使いとして祀る神社「鮭神社」があり、毎年12月13日には、「献鮭祭」が執り行われます。


赤村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県田川郡赤村

福岡県東部 山間部 トロッコの走る街 人口約2,900人

赤村のご当地ナンバープレートには、森の主「原じいさん」が運転する「トロッコ列車」が描かれています。

赤村のトロッコ列車「赤村トロッコ油須原線」は、筑豊の石炭を輸送するため、昭和30年代に建設が始まり、ほぼ完成していたにもかかわらず、石炭需要の低下により、開業することの無かった「幻の鉄道 油須原線」を走っています。冬季を除く日曜日に、月1回程度運行されていますが、日程・時間等限られますので興味のある方は、コチラ「赤村トロッコ油須原線」まで。

またナンバープレートの「原じいさん」がキャラクターを務めるのが「自然学習村 源じいの森」です。源じいの森では、自然を満喫できる、ロッジ、バンガロー、キャンプ場の他、研修室・会議室を備えた「宿泊施設 ほたる館」や温泉・陶芸体験コーナーがあります。


糸島市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県糸島市

福岡県最西部 いにしえの昔 伊都国があった街 人口約97,000人

糸島市のナンバープレートには、大型内行花文鏡に乗ったイメージキャラクター「いとゴン」と二見ヶ浦の夫婦岩が描かれています。

弥生時代 大陸との玄関口として栄えた「伊都国」現糸島市には、多くの古墳・史跡が残されています。中でも平原遺跡から出土した「大型内行花文鏡」は、日本最大の青銅の鏡で、他の出土品と共に国宝に指定されています。「伊都国歴史博物館」では、大型内行花文鏡の原寸大レプリカをはじめ、平原遺跡・三雲南小路遺跡などの出土品が展示されており、伊都国の繁栄、中国・朝鮮半島との交流の様子が垣間見れます。

また二見ヶ浦の夫婦岩には、「いざなぎのみこと」と「いざなみのみこと」が祀られており、二つの岩が大しめ縄によって結ばれています。三重県伊勢にも二見浦があり、夫婦岩がしめ縄で結ばれています。伊勢の二見浦が「日の出の二見浦」と言われるのに対し、糸島市の二見ヶ浦は、「夕日の二見ヶ浦」と呼ばれています。


岡垣町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県遠賀郡岡垣町

福岡県北部 うみがめもかえる町 人口約31,200人

岡垣町のナンバープレートは,特産品のフルーツとウミガメで、びわをモチーフにしたイメージキャラクター「びわりんとびわすけ」も描かれています。

岡垣町は果物の栽培が盛んで、中でも「びわ」は福岡県トップの生産量を誇り、「高倉びわ」として全国に出荷されています。高倉のびわは100年以上前から栽培が始まり、大玉で味が濃いのが特徴です。びわは健康に良い成分が多く含まれ、びわの葉を用いた「高倉びわ茶」や、種を焙煎した「びわ香枇(コーヒー)」なども開発されています。びわ以外にも、ぶどう(巨峰)、みかん、イチゴ(さちのか、あまおう)も栽培されています。特にイチゴの「あまおう」は、福岡県限定で生産されているイチゴの王様です。

また岡垣町 三里松原の浜に、本来太平洋沿岸で繁殖するアカウミガメが産卵に来ることがあります。(来ない年もあります。)岡垣町では「うみがめもかえる町」をキャッチフレーズに、自然保護の啓蒙活動を行っています。


みやこ町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県京都郡(みやこぐん)みやこ町

福岡県北東部 住めばみやこ 人口約19,500人

みやこ町のご当地ナンバープレートには、イメージキャラクターの「みやっこ君」が描かれています。(みやこ町には、もうお一方「みやこ姫」という萌えキャラも居てます。)みやっこ君は、神楽の衣装を身にまとい、三重塔を頭に冠っています。

みやこ町のある旧豊前国地域は、神楽を保護し、未来へ伝承していく取り組みが行われています。この地域の神楽は、「豊前神楽」として国の重要無形民俗文化財に指定されており、みやこ町では5つの団体が加入しています。(神楽・・・豊作祈願、厄払い、無病息災などを願い、神社などで行われる歌と踊り。)

また豊前国分寺跡公園にある「豊前国分寺三重塔」は、九州に3箇所しかない塔の内の一つです。二層目の軒下には、全国でも珍しい、仏教の宇宙観を表現した12星座が彫刻されています。国分寺跡公園に梅が咲く頃には「三重塔まつり」が開催され、「護摩焚き」などが行われます。


宗像市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県宗像市

福岡県北部 世界遺産登録決定 96,900人

「島で見聞きしたことを口外してはならない」「島からは一木一草一石たりとも持ち出してはならない」 神宿る島「沖ノ島」が2017年7月に世界遺産に登録されました。正式名称は「神宿る島 宗像・沖ノ島と関連遺産群」で、宗像大社などと共に登録されています。ナンバープレートは、中央に沖ノ島、右下に宗像大社の構図になっています。

宗像市の海岸線から約60km 玄界灘に浮かぶ「沖ノ島」は、島全体が宗像大社の神領で、古くより神の宿る島とされています。島への上陸は古くから制限されており、現在でも特別な場合を除いて、一般人が立ち入ることはできません。4世紀後半頃から国家的な祭祀が行われ、多くの宝物が神へ供えられました。これらの宝物は、ほぼ手付かずの状態で現代まで伝わり、学術調査の後、約8万点が国宝に指定され、宗像大社辺津宮にある神宝館(しんぽうかん)に所蔵、展示されています

また古事記・日本書紀によると、アマテラスオオミカミとスサノオノミコトの誓約(占い)により、三柱の女神(宗像三女神)が生まれたとされ、アマテラスの命により宗像の地に降臨しました。宗像大社はこの三女神を祀っており、九州本土の辺津宮には「イチキシマヒメノカミ」が、大島の中津宮には「タギツヒメノカミ」が、沖ノ島の沖津宮には「タゴリヒメノカミ」がそれぞれ祀られています。毎年10月1日には、「イチキシマヒメノカミ」が二人の姉を向かい入れる「みあれ祭」が行われ、玄界灘は数百隻の漁船で埋め尽くされます。


芦屋町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県遠賀郡芦屋町

福岡県北東部 遠賀川の河口にある街 人口約13,900人

芦屋町のご当地ナンバープレートには、芦屋釜を冠ったイメージキャラクター「アッシー」が描かれています。

芦屋釜は、14世紀頃から16世紀にかけて、遠賀川河口付近で造られた、鋳鉄製の茶の湯の釜です。端整な形と優美な文様が特徴で、現在 国の重要文化財指定されてる 茶の湯釜は、全部で9点ありますが、その内8点が芦屋釜です。芦屋町には、芦屋釜の復興に取り組む施設「芦屋釜の里」があり、芦屋釜復興工房、資料館の他3000坪野日本庭園、大小の茶室が設けられています。

また「アッシー」の頭に付いているイカは、芦屋地域ブランドの「あしやんいか」です。「あしやんいか」は、響灘で水揚げされたヤリイカ(ケンサキイカ)で、刺し身にして食べると、コリコリした食感でほのかな甘さが特徴です。当日の仕入れ状況にもよりますが、活造りが食べれるお店もあります。

スポンサーリンク


大任町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県田川郡大任町

福岡県真ん中あたり 花としじみの里 人口約5,000人

大任町のナンバープレートには、町の中心部を流れる彦山川と、しじみをモチーフにしたイメージキャラクター「しじみの大ちゃん」が描かれています。

彦山川にはしじみが自生しており、大任町では「しじみ育成保護条例」を制定ししじみの保護・育成を行っています。毎年10月の最終日曜日には、彦山川河川敷の水辺公園で「しじみ祭り」が開催され、この日だけは川に入り、しじみを獲ることが出来ます。

また国道322号下今任南交差点を少し南に下った所に「道の駅おおとう桜街道」があります。農産物の直売所や子ども広場の他、天然温泉もあり、家族連れで一日ゆっくり楽しめます。


大野城市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県大野城市

福岡県中西部ひょうたん型 愛ジョー友ジョー大野ジョー 人口約100,400人

日本最古の朝鮮式山城「大野城」の石垣の描かれたナンバープレートです。左下のキャラクターは、大野城市PRキャラクター「大野ジョー」で石垣リーゼントの髪型をしています。

大野城」は、大野城市・宇美町・太宰府市にまたがる全長約8kmに及ぶ広大な古代山城で、665年に大和朝廷が、唐・新羅連合軍の日本侵攻に備え築きました。(同時代に築かれた基肄城が大宰府の南の守り、大野城が北の守りです。)現在でも、土塁、石垣、城門跡などが残されており、国指定の特別史跡(国宝と同格)に指定されています。

市内を流れる牛頸川上流に「牛頸ダム」があります。牛頸ダムは、利水と洪水対策目的の治水ダムで、周辺には豊かな自然が残されています。ダムを囲むように「大野城いこいの森 」があり、「中央公園」「水辺公園」「スポーツ公園」「ダム記念公園」の4箇所の公園とキャンプ場が整備されています。「大野城いこいの森」については、こちらのサイトに詳しく紹介されています。「大野城いこいの森公園あそび場ガイド」


遠賀町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県遠賀郡遠賀町

福岡県北東部 遠賀川の豊かな恵みとともに 人口約18,700人

遠賀川の豊かな水と緑、笑顔の太陽をイメージした「おんがっぴー」が描かれたナンバープレートです。制作は「おんがっぴー」のデザインも手掛けた、遠賀町在住の画家・絵本制作の「さかいみる」氏です。

九州北部は、弥生時代に本格的な水田による稲作が始まった場所で、遠賀川下流域 遠賀町もその一つです。やがて九州北部で始まった水田による稲作文化は、日本全国に広がり、このとき貯蔵道具として使われていた「遠賀川式土器」も全国へと伝播します。この土器の出土した場所や年代を調べることにより、水田稲作の広がりの様子が解ります。遠賀川下流域では、遠賀町の慶ノ浦遺跡や水巻町の立屋敷遺跡などで出土しています。

また 遠賀町は古墳も多くも多く残されている町で、中でも島津・丸山古墳群には丸山古墳を中心として5基の古墳があり、史跡公園「島津・丸山歴史自然公園」として整備されています。仲秋の名月に近い土曜日の夜には、古代の杜の観月コンサート「雅」が開催され、約850本のあんどんにあかりが灯されます。


添田町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県田川郡添田町

福岡県東南部 山伏の修験道場 人口約9,500人

添田町のナンバープレートは、中央に町の花「シャクナゲ」、両脇に山伏の姿をしたマスコットキャラクター「ゆずちゃん」「ひこちゃん」が描かれています。「ゆずちゃん」「ひこちゃん」の頭の部分は、約800年前から造られている日本最古といわれる土鈴「英彦山がらがら」をモチーフにしています。

添田町の南、大分県との境にそびえる「英彦山」は、古くより山岳信仰の山として親しまれ、山形県・羽黒山、奈良県・大峰山と共に「日本三大修験山」に数えられています。昔から山伏が修行を行う霊場で、参道も勾配がきつく、永遠と続く石階段などもありますが、今では「スロープカー」が開通し、英彦山神宮奉幣殿まで気軽に参拝できます。

英彦山は豊前佐々木氏が領主で、巌流島の決闘で有名な「佐々木小次郎」は、この豊前佐々木氏出身(つまり添田町出身)、またその流派・巌流は英彦山山伏の武芸の流れをくむとする説があります。詳しくはこちら「 佐々木小次郎豊前添田説

またマスコットキャラクター「ゆずちゃん」の名前は、特産品の「柚ごしょう」に由来します。最近関西のスーパーでも売られている「柚ごしょう」は、九州が発祥で、添田町も柚ごしょう発祥の地の一つです。

スポンサーリンク


筑後市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県筑後市

福岡県南西部 恋のくに~ひと想うまち 筑後~ 人口約48,500人

2011年に開業した九州新幹線を運転する、筑後市PRキャラクター「はね丸」と、乗客の「ポネコ」と「パネコ」が描かれたナンバープレートです。「ポネコ」と「パネコ」は姉妹で、お二方とも「はね丸」に恋しています。

筑後市には、全国でただ一社「恋命(コイノミコト)」を御祭神とする「恋木神社」があります。その名が示すとおり「良縁幸福の神様」として親しまれ、境内にはハートマークが、いたるところに散りばめられています。(恋木神社は水田天満宮の境内にあります。)

また九州新幹線は、筑後市「筑後船小屋駅」に停車します。筑後船小屋駅から東へ15分ほど歩くと、日本一の含鉄炭酸泉「船小屋温泉郷」があり美人の湯として有名で、その他にも多くの効能があります。「川の駅船小屋恋ぼたる」では、日帰り温泉入浴ができ、無料の足湯も開放されています。


那珂川町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県 筑紫郡那珂川町

福岡県西部 まもなく市制施行 人口約50,100人

那珂川町の町の木「ヤマモモ」町の花「シャクナゲ」町の鳥「カワセミ」と、那珂川の流れを描いた自然豊かなナンバープレートです。

那珂川町の名前の由来となった「那珂川」は、町を南北に貫くように流れています。中流の一の井手から取水された那珂川の流れの一部は、灌漑用水「裂田の溝(さくたのうなで)」として那珂川町を縫うように流れます。「裂田の溝」は日本最古の農業用水路で、日本書紀によると神功皇后(おおむね3世紀頃、諸説あり)が、現人神社の神田を灌漑するため造ったと記されています。今も現役の用水路として利用されていることから、1700年の長きに渡りこの土地を潤してきたのが伺えます。

また那珂川町では、特産野菜としてヤーコンの栽培に取り組んでいます。ヤーコンは、フラクトオリゴ糖・食物繊維・カリウム・ポリフェノールなどを多く含み、最近健康野菜として注目されています。特にフラクトオリゴ糖が豊富で、整腸作用、老化防止、美容美肌効果、糖尿病予防に効果があるとされています。


みやま市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福岡県みやま市

福岡県南部 エネルギーの地産地消をめざす街 人口約37,000人

みやま市のナンバープレートは、清水山の豊かな自然をバックに「清水寺」の三重塔と、市のマスコットキャラクター「くすっぴー」が描かれています。

三重塔のある清水寺は、平安時代の初め頃、唐から帰国して間もない「伝教大師 最澄」が、開山したと言い伝えられています。この時道案内をしたのが、一羽の雉と言われ、この故事にちなんだ郷土玩具が、福岡県特産工芸品指定されている「きじ車」です。昔から開運、縁結び、家庭円満のお守りとされています。

またみやま市は全国で初めて、自治体が経営する地域電力会社を設立しました。電力買い取り価格を高く設定するなどで、太陽光パネルの普及促進を図り、エネルギーの地産地消をめざしています。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

高知県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

高知県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


土佐清水市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県土佐清水市

高知県南西端 四国最南端の自然がの残る街 人口約13,000人

足摺岬の灯台を背景に、漁師が「土佐の清水サバ」を釣り上げています。

土佐清水市のすぐ沖は、黒潮の流れる「サバ」の絶好の漁場です。この地区で水揚げされるゴマサバは「土佐の清水サバ」と言い、黒潮の流れにより身が引き締まっており、エサも豊富で脂の乗りもバツグンです。「立縄漁」という漁法で釣り上げられ、ほとんどが生きたまま港に運ばれます。鮮度の良い「土佐の清水サバ」は、刺し身で食べるのが一番美味しいとされ、京阪神・関東へも活魚で出荷されることもあります。

余談ですがナンバープレートの漁師さんは、見た目が解りやすいように「一本釣り」でサバを釣り上げていますが、本来は長い釣り糸に数十本の枝針を付け海中に沈める「立縄漁」が用いられます。対する一本釣りはカツオ漁に用いられる漁法で、土佐清水のカツオも全国的に有名です。また土佐清水市は「カツオのたたき」発祥の地と言われています。

土佐清水市は古くからの漁師町で、江戸時代の後期 漁の途中に嵐に会い、アメリカの捕鯨船に助けられ、青年期をアメリカで過ごし、帰国後 日米和親条約の締結などに尽力したのが、土佐清水市出身の「ジョン万次郎」です。土佐清水市には、ジョン万次郎の銅像やジョン万次郎資料館(2018年3月末まで休館中)があります。

スポンサーリンク


越知町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県高岡郡越知町

高知県真ん中あたり コスモスと仁淀ブルーのまち 人口約5,500人

横倉山と仁淀川を背景に、イメージキャラクター「よコジロー」が描かれています。「よコジロー」は、越知町のシンボル横倉山の妖精で、仁淀ブルーに染まった体と、横倉山の帽子を被っています。

越知町を流れる仁淀川は、日本一の水質を誇り、青く輝く透き通った川の流れは「仁淀ブルー」と呼ばれています。夏にはキャンプや釣り客がたくさん訪れ、カヌーなどの水遊びもできます。仁淀川には数多くの沈下橋が残っており、観光スポットの一つになっています。(沈下橋・・・水面から数メートルの高さに架かっている橋で、増水時には水没します。増水時に流れを妨げないよう、欄干が無いのが特徴です。)

また越知町には、150万本のコスモスが咲き乱れる「宮の前公園」があります。毎年秋の満開の時期には、「越知町コスモスまつり」が開催され、ライブイベントやコスモス巨大迷路などが催されます。


梼原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県高岡郡梼原町

高知県西寄り山間部 雲の上の町 人口約3,500人

雲に浮かぶ山なみと、風力発電の風車の描かれた梼原町のナンバープレートです。

日本三大カルストの一つ、四国カルスト高原のある梼原町は、標高が220mから1455mまであり、「雲の上の町」と言われています。四国カルストの中心「五段高原」では、緑の草原にカルスト特有の白い石灰岩が点在し、尾根には2基の風車が回り、春から秋にかけては土佐褐毛牛が放牧される、四国でも指折りの観光スポットです。

また梼原町には「隈 研吾氏」設計の木造建築の建物があります。(梼原町総合庁舎・まちの駅「ゆすはら」・雲の上のギャラリー・雲の上のホテル レストラン)どの建物も周りの自然と調和し、木の温もりと、どこかおごそかな雰囲気が伝わります。


芸西村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県安芸郡芸西村

高知県東部海側 小さくても元気で輝くむら 人口約3,800人

芸西村のご当地ナンバープレートには、「小さくても元気で輝くむら」のキャッチフレーズと、ご当地キャラクター「よカッパ」、「COCOROちゃん」が描かれています。

「COCOROちゃん」は芸西村の特産品「ブルースター」という花の妖精です。ブルースターの花言葉は「信じあう心」で、結婚式など人生の大切なシーンで使われるです。芸西村のブルースターは全国シェア90%を占め、オリジナルのブランド品種「ピュアブルー」は、ドイツで開かれた国際園芸見本市「IPM Essen2011」の切り花部門で、最優秀賞を受賞した人気の品種です。

また黒潮の流れる太平洋に面する芸西村は、一年を通して温暖な気候で、ビニールハウスによる施設園芸が盛んです。ナス、ピーマン、キュウリ、花卉など高知県屈指の生産を誇ります。

スポンサーリンク


日高村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県高岡郡日高村

高知県ほぼ真ん中 日本の、高知の、ほどよい田舎 人口約4,800人

日高村のキャラクター「もへいくん」の描かれたご当地ナンバープレートです。「もへいくん」は日高村に実在した忍者、日下茂平をモチーフにしています。

今から約300年ほど前、江戸時代も中ごろ、身分の違いから恋が実らなっかた日下茂平は、死に場所を求めて猿田洞へ入ります。そこで天狗に出会い、数々の忍術を会得します。やがて、高知城下の豪商・豪農から金品や米などをかすめ取り、貧しい人々に分け与えたと言い伝えられています。今も義賊的忍者「土佐のねずみ小僧」として親しまれています。

また日高村は糖度の高いフルーツトマトの産地で、11月から6月にかけての主に冬場に、「シュガートマト」のブランドで出荷されます。(6月から12月の夏場は、仁淀川町産のフルーツトマト「ぴゅあトマト」が出荷されます。)フルーツトマトは、枯れない程度に水分を減らすことにより、甘さと旨みが凝縮されます。生産者の方は、毎日時間を惜しまず水分コントロールを行います。このように生産者に見守られたフルーツトマトは、時に糖度は10を超え、メロンと同じ甘さになります。

日高村には、美味しいオムライスのお店が立ち並ぶ「日高村オムライス街道」があります。全ての店のオムライスに共通するのは唯一つ「シュガートマトを使う」です。


香美市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県香美市

高知県北東部 アンパンマンの故郷 人口約27,000人

香美市のご当地ナンバープレートは3種類あり、いずれも「やなせ たかし氏」デザインの香美市イメージキャラクターがあしらわれています。

やなせ たかし氏はアンパンマンの生みの親で、TVアニメ「それいけ!アンパンマン」の原作の他、数々の童話・絵本を手がけ、童謡「手のひらを太陽に」の作詞を行うなど、多方面で活躍した漫画家・マルチタレントです。やなせ たかし氏は高知県香美市が故郷で、その縁で香美市イメージキャラクター13体をデザインしました。ご当地ナンバープレートの発行に当たって、この13体のキャラクターの人気投票を行い、上位3つがナンバープレートのキャラに採用されています。

㊤国の天然記念物の鍾乳洞「龍河洞」をモチーフにした「龍河洞リューくん」

㊥生産高日本一を誇る特産品「ゆず」をモチーフにした「ゆずぼうや」

㊦鏡野公園や八王子宮などの「桜」をモチーフにた「さくらてんし」

また国道195号線の道の駅美良布に隣接する場所に、「香美市立やなせたかし記念館」(別名アンパンマンミュージアム)があります。アンパンマンに登場する数々のキャラクターに出会え、やなせたかし氏の描いた、詩とメルヘンの世界を体験できます。


高知市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県高知市

高知県中央 県庁所在地 本家・よさこい祭り 人口約333,300人

㊤よさこい節の歌詞「土佐の高知の はりまや橋で 坊さんかんざし 買うを見た」で有名な「はりまや橋」と、「よさこい祭り」の必須アイテム「鳴子」の描かれたナンバープレートです。全国各地で行われている「よさこい祭り」は、60年以上前に、高知市で誕生しました。よさこい祭り(踊り)には、衣装、楽曲、振り付けに決まりがなく、参加チームが独自の踊りを披露するのが、大きな魅力です。(ルールがあるのは、鳴子を持って前進することだけ。)8月9日から12日にかけて、200チーム約2万人が踊りを披露し、期間中延べ100万人の人出があり、街はよさこい祭り一色に染まります。

㊦月の名所「桂浜」と、維新志士「坂本龍馬」の描かれたナンバープレートです。坂本龍馬は江戸時代末期に活躍した土佐藩出身の志士で、当時 敵対していた薩摩藩と長州藩の間に入り、薩長同盟を成功させた人物です。桂浜には龍馬の偉業を讃えた「坂本龍馬像」や「坂本龍馬記念館」があります。

スポンサーリンク


四万十市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県四万十市

高知県南西部 川とともに生きるまち 人口約33,700人

四万十川と沈下橋が描かれたナンバープレートです。四万十市の中央を蛇行しながら流れる四万十川は「日本最後の清流」と言われ、天然遡上の鮎をはじめ、今では珍しくなった川のり・天然うなぎ・川えびなどが捕れます。(下流ではアカメも生息しています。)

また四万十川には多くの沈下橋(増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋)が架かっており、高知県では、沈下橋を生活文化遺産として、保存する取り組みが行われています。2017年11月11日、人気の観光スポット「岩間沈下橋」の橋脚が沈み、現在通行止めとなっています。

さて四万十市中村地区にある「一條神社」では、8月の上旬に「全日本女郎ぐも相撲大会」が行われます。幕内、十両の部に分かれ、多彩な決まり手を競い合う、女郎蜘蛛ファン必見のイベントです。


土佐市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県土佐市

高知県真ん中あたり海沿い 土佐節(鰹節)発祥の地 人口約26,400人

土佐市のマスコットキャラクター「とさごん」と「お竜」の描かれたナンバープレートです。土佐市を地図上で見ると、竜の横顔に見えることから作成されたキャラクターです。

土佐市は古くから鰹漁が盛んで、鰹を使った「土佐節」は、土佐市宇佐町が発祥の地と言われています。江戸時代に、燻製により鰹の水分を抜く方法が考え出され、土佐の鰹は遠く大阪、江戸まで運ばれました。輸送の途中にカビが発生することがあり、このカビがさらに鰹を乾燥させ、旨みが増すことが解ります。やがて製造の過程で「カビ付け」をする方法が考案され、これが現在の「土佐節・本枯節」になります。

またグレープフルーツより大きくなる柑橘類「文旦(ブンタン)」は、高知県が全国生産量のシェア90%を占める、県を代表するフルーツです。なかでも土佐市は、「土佐文旦」の名産地で、土佐市宮ノ内地区が、土佐文旦発祥の地です。皮が分厚く、剥くのに手こずりますが、他の柑橘類では味わえない、特別な味と香りが楽しめます。


土佐町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

高知県土佐郡土佐町

高知県北部 山間部 四国のいのち早明浦ダムのある街 人口約3,800人

土佐町の特産品「土佐あかうし」のデザインされたナンバープレートです。「土佐あかうし」は、和牛4品種(黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種)のうち、高知県内で育成されている褐毛和種の通称名です。(褐毛和種は主に、高知県と熊本県で育成されています。また和牛=国産牛では無いのでご注意を。例えばスーパーで見かける、国産 黒毛牛は和牛ではありません。)

土佐あかうしと黒毛和牛を比べると、育成方法に大きな違いがあります。

黒毛和牛は主に牛舎で育てられ、あまり運動はされません。このためサシと呼ばれる霜降りが多く入り、肉質が柔らかくなります。

対する土佐あかうしは、小さい頃から放牧に出され、自然の恵みで育った草も食べ、太陽の光を浴びて育ちます。適度な運動もするため、霜降りはあまり入らず、肉質もやや歯ごたえがありますが、甘みや旨みは黒毛和牛を上回ります。ただ生産量が少なく、入手が困難なのが難点です。

また土佐町には、「四国の水がめ」「四国のいのち」と言われる四国最大のダム「早明浦ダム」があります。早明浦ダムは、有効貯水容量2億8900万立法メートルを誇る日本最大級のダムで、四国各県に水を供給しています。特に大きな河川のない香川県では、早明浦ダムに依存する部分が大きく、渇水時にはうどんが茹でられない事態が起こります。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

愛媛県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

愛媛県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


松野町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県北宇和郡松野町

愛媛県南西部 高知県に隣接する 森の国 人口約3,900人

森の国松野町のナンバープレートには、特産品の桃が描かれています。松野町は県内有数の桃の産地で、果実の出荷以外にも「桃ジャム」や「ピーチワイン」を森の国ブランドとして認定しています。

松野町役場より徒歩約5分の所に「森の国まつの虹の森公園」があります。虹の森公園では、四万十川に生息する淡水魚(アカメもいてます)をはじめとする「おさかな館」や、吹きガラス体験のできる「森の国ガラス工房かざね」などがあり、家族連れで楽しめます。

また松野町役場の最寄り駅、JR予土線松丸駅には「森の国ぽっぽ温泉」があります。全国的にも珍しく、駅舎の2階が天然温泉になっていて、露天風呂、足湯も楽しめます。

スポンサーリンク


八幡浜市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県八幡浜市

愛媛県西部 風とらえ風おこす街 人口約33,700人

八幡浜市のご当地ナンバープレートは、特産品の「みかん」と「さかな」です。愛媛県は全国有数のみかんの産地で、中でも八幡浜市は県内トップの生産量を誇ります。

海岸線まで山地が迫ることが多い八幡浜市は、元々は田畑に適していない土地でした。この街の先人たちは、山の斜面に石段を築き、段々畑を造り、みかんを栽培しました。このような苦労の末作られたみかんは、・潮風により風通しが良い・瀬戸内気候で晴天日が多い・海面、石段の照り返しにより光合成が促進される、という利点があり、量・質共に全国トップクラスです。(ブランド品の「日の丸」は、日本一の品質と言われています。)

また天然の良港八幡浜は四国一の規模を誇る生産魚市場(隣接するどーや市場では、一般の人も安く買い物ができます。)と、トロール漁業の基地として知られています。水揚げされた魚を使って特産品の練り物、じゃこ天、カマボコ・ちくわなどが作られます。この練り物をふんだんに使った名物料理が「八幡浜ちゃんぽん」で八幡浜のソウルフードと言われています。


四国中央市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県四国中央市

愛媛県東端 交通の要衝 高速道路がクロスする街 人口約86,000人

四国中央市のナンバープレートには、マスコットキャラクター「しこちゅ~」と街の自然が描かれています。四国中央市はその名の通り四国のほぼ真ん中にあり、香川県、徳島県、高知県に隣接しています。古くからの交通の要衝で、現在では「松山自動車道」「高知自動車道」「高松自動車道」「徳島自動車道」が交差・接続しています。

南に法皇山脈のある四国中央市は、瀬戸内気候の都市には珍しく水に恵まれ、和紙の原料となるコウゾも豊富で、江戸時代より製紙業が盛んです。現在は製紙・紙加工業の企業が集まり、紙製品の出荷額は日本一です。四国中央市では、紙造りの歴史を伝える「紙のまち資料館」があり、市を代表する夏祭り「四国中央紙まつり」も開催されます。

また紙の街 四国中央市の特産品水引は、「伊予の水引」として全国的に有名で、一般的な慶弔袋の他、芸術的な「水引細工」も販売しています。


砥部町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県伊予郡砥部町

愛媛県ほぼ中央 陶街道五十三次のある街 人口約21,000人

砥部焼のどんぶり鉢の形をしたナンバープレートに、イメージキャラクター「とべっち」があしらわれています。とべっちは頭に砥部焼の笠をかぶり、みかんの顔をした、陶街道を巡る旅人です。

砥部町の特産品「砥部焼」は約230年の歴史があり、他の陶磁器に比べてやや厚手で、頑丈で割れにくいのが特徴です。このため日常使いとして、ご飯茶碗、マグカップ、どんぶり鉢、そば猪口などが人気です。図案は白素地に薄い藍色のものが多く、シンプルで素朴な絵付けを一つ一つ手作業で行います。1976年には、国の伝統的工芸品に指定されています。

また砥部町では、自然・歴史・文化・砥部焼にちなんだ53箇所を「陶街道五十三次」としています。この53ポイントを巡る遊びが「陶街道五十三次スタンプラリー」で、スタンプを集めるとうれしい特典があります。(詳しくは上のリンクから)

スポンサーリンク


今治市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県今治市

愛媛県北東部 サイクリストの聖地 人口約155,800人

今治市のナンバープレートは、しまなみ海道をイメージしています。今治市は本州四国連絡道3ルートのうち、西側にある「しまなみ海道」の四国側入り口です。しまなみ海道は、四国と本州、瀬戸内の7つの島を10本の橋で結んでいます。他の2ルート(神戸・鳴門ルート、児島・坂出ルート)と異なり、生活道路・観光道路の側面も強く、橋の部分は原付き、自転車、徒歩で渡る事ができます。(頑張れば、四国・本州を徒歩で行き来できます。片道50km程度)

特にサイクリングコースとして有名で、遠方から来られる自転車旅行者や、レンタサイクルを利用して、のんびり観光する方などに人気です。(レンタサイクルは、ルート内に設けられた13箇所のレンタサイクルターミナルで乗り捨ても出来ます。今治で借りて尾道で返却も可。)

また今治市はタオルの生産が日本一で、シェアは国内生産量の約5割を占めます。今治タオルは品質の良さが特徴で、特に5秒ルールなどの厳しい品質基準をクリアしたタオルだけが「今治タオルブランド 認定商品」を名乗る事ができ、ブランドロゴマークが与えられます。


宇和島市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県宇和島市

愛媛県南西部 牛鬼と闘牛の街 人口約74,800人

宇和島名物の「牛鬼」の描かれたナンバープレートです。宇和島市では毎年7月23・24日に和霊神社の夏祭り「和霊大祭」が行われます。この大祭に合わせて、22日から24日まで「うわじま牛鬼まつり」が行われ、最終日の24日には「うわじま闘牛大会・和霊大祭場所」が開催されます。

うわじま牛鬼まつりの山車「牛鬼」は、体長が5~6mあり、長い首の先に恐ろしげな鬼面の頭、後ろには剣をかたどった尻尾がついています。首の部分は前後に動き、家の軒先や、店舗、観客に頭を突っ込み悪魔払いをします。詳しくは下記の動画を御覧下さい。

また宇和島は、「闘牛」の街として全国的に有名です。年5回の定期闘牛大会が行われ、大相撲のように〇〇場所と呼ばれます。闘牛たちには、横綱、大関などの番付が与えられ、豪華な化粧まわしをする闘牛もいてます。闘牛では「給金」とよばれるファイトマネーが支給されますが、勝牛4割、負牛6割と敗者への思いやりが現れています。

威勢の良い「うわじま牛鬼まつり」の動画をどうぞ。


西条市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県西条市

愛媛県真ん中やや東 「うちぬき」の水が湧き出す街 人口約107,000人

西条まつりの豪華絢爛なだんじりが描かれています。西条まつりは嘉母神社・石岡神社・伊曽乃神社・飯積神社の例祭(秋まつり)の総称です。

金糸刺繍により豪華に装飾された「みこし」や、精巧な木工細工を施された「だんじり」、勇壮な「太鼓台」など約150台が奉納され、その数は日本一とも言われています。夜には提灯にロウソクであかりが灯され、祭りの雰囲気を盛り上げます。祭りの見どころの一つ「かきくらべ」では各地区の舁き夫が、「さしあげ」などを披露します。(さしあげ・差し上げ だんじりの一番下の部分を持って、天高く持ち上げること)

また西日本最高峰「石鎚山」の麓にある「水の都西条市」は、地下水の自噴井(湧き水)が豊富で、地元では「うちぬき」と呼ばれています。うちぬきは飲料に適した「おいしい水」で、西条では古くから生活用水として親しまれ、1985年には「名水百選」に選定さました。

スポンサーリンク


新居浜市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県新居浜市

愛媛県東部 あかがねのまち 人口約118,500人

新居浜市のご当地ナンバープレートは、スタジオジブリで作画監督を務め、新居浜市の観光大使でもある「近藤 勝也氏」が手がけました。太鼓台の装飾「房」と「龍」をモチーフにしたデザインになっています。(太鼓台は新居浜市の秋まつり「新居浜太鼓祭り」の山車で、屋根の部分に「房」や「龍」が飾られます。)

勇壮華麗な新居浜太鼓祭りは、四国三大祭りの一つで(徳島の阿波踊り・高知のよさこい祭り)、日本三大喧嘩祭り(諸説あり)とも言われています。重さ約2.5トンの太鼓台を約150人の「かき夫」が担ぎ、街を練り歩きます。総数52台の太鼓台が一斉に街に繰り出すため、思わぬところで鉢合わせが起こることもあります。

またJR新居浜駅から徒歩1分の所にある「あかがねミュージアム」では、実物の太鼓台を間近で見ることができます。市内各地区の太鼓台が順番に展示されており、2~3ヶ月ごとに入替が行われます。


松山市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

愛媛県松山市

愛媛県ほぼ中央 県庁所在地 日本最古の温泉のある街 人口約512,600人

司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」を基にデザインされたナンバープレートです。

「坂の上の雲」は、松山市出身の3人の主人公(ー「秋山好古」 陸軍大将 日本騎兵の父と言われているー「秋山真之」 海軍中将「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」の名文で有名ー「正岡子規」俳人文学者 近代短歌や俳諧の中興の祖)を中心に、明治という時代を生きた「楽天家たち」を描いた歴史小説です。

松山市では「坂の上の雲フィールドミュージアム構想」として、市域全体を「屋根のない博物館」に見立て、小説ゆかりの施設や跡地を紹介・解説し、主人公たちが抱いた高い志とひたむきな努力、夢や希望が感じ取れる町づくりを行っています。

松山市は夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台としても有名です。市内には「マッチ箱のような汽車」と称された「坊っちゃん列車」が復元運行されています。(ただし動力はディーゼルです)また小説の中でしばしば登場する「道後温泉」は、日本最古の温泉で、道後温泉本館は坊っちゃん湯とも呼ばれています。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク