埼玉県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【埼玉県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 関東 (四輪自動車)

埼玉県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究所さんの承諾を貰って使用しています。コピー・転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


和光市(わこうし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県和光市 アクセス最高 ちょうどいいまち ちょっといいまち 和光 人口84,160人

市の輪郭に虹をかけた図柄で交通の便の良さ、未来への発展などを表しています。左右に市の花サツキと市の木イチョウ、イメージキャラクターの「さつきちゃんとわこうっち」が描かれています。市制45周年を記念して2015年から交付開始、ミニバイク(50cc以下、50~90cc以下、90~125cc以下)+ミニカー・小型特殊の5種類が交付されています(現在ミニカー・コタが特殊のみ在庫あり)。

和光市は埼玉県南部の市です。東京都板橋区・練馬区と接していて、戦後急速にベッドタウンとして人口が増加し、本田技研工業の工場によって工業都市として発展しました(工場は現在は廃止、本社と研究所が市内にある)。市南部は戦後に開発されたエリアで、住宅団地ないし国や民間の研修・研究施設が多く所在する一方で、北部は住宅地・田園・雑木林が混在しています。

和光市駅は東武鉄道・東京メトロの駅で、東武鉄道・東京メトロともに一日の乗降客数が14万程度と和光市の中心駅となっています(東武鉄道では北千住駅・池袋駅に次いで3位)。池袋・渋谷・有楽町・横浜などに一本でアクセスできます。南口に繁華街が形成されていて、イトーヨーカドーがあります。和光市駅南口周辺のいこいの広場では月に二度、軽トラ市がひらかれていたり、駅から徒歩10分ほどでいちご狩りができる農園があったりします。

和光樹林公園は県営の都市公園です。返還されたキャンプ・ドレイクの再利用として建設され、1989年に開園した公園で、ラバーが張られたジョギングコースや総合体育館などがあります。練馬区の大仙中央公園と隣接しています。バーベーキューや桜の名所として利用されています。

理化学研究所(国立研究開発法人、RIKEN)の本部は和光市広沢にあります。1917年に設立され、湯川秀樹や朝永振一郎など著名な科学者を輩出してきた機関で、3,000人ほどの科学者が擁する日本最大の科学研究所です。2016年に世界初の合成元素(113番)ニホニウムが発見されたため、当地の和光市駅~理化学研究所まで続く通りには「ニホニウム通り」と名付けられています。

新倉ふるさと民家園は和光市下新倉にある600坪ほどの施設です。和光市指定文化財の旧冨岡家住宅(およそ300年前の建物)を移築・復元したものに、庭として里山を意識した植栽や池を加えた施設です。

レーマン(Reman、現在はブルボン傘下の株式会社)は、1948年に創業したチョコレート菓子メーカーです。1961年に日本で初めて「麦チョコ」を製造した会社として知られています。和光市中央浅久保通り沿いに和光工場があり、工場直売もやっています。


日高市(ひだかし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県日高市 笑顔と元気を 未来(あした)へつなぐ 緑きらめくまち 人口55,290人

高麗郡1,300周年を記念して作られたもので、日和田山を背景に高麗川流域の巾着田と市のマスコットキャラクター「くりっかーとくりっぴー」が描かれています。50cc以下のミニバイクを対象に2015年10月から2017年3月まで交付されていました。

日高市は埼玉県の中南部にある市です。市域の東部は関東平野の西端に位置しおおむね平坦、東部は外秩父系の丘陵地となっていて、ハイキングコースやゴルフ場がみられます。戦後の高度成長期に東京のベッドタウンとして人口が急増、1991に日高町から日高市になっています。市名の由来は当地のシンボルである日和田山(ひわださん)から「日」、高麗・高麗川から「高」の一文字ずつをとったとされています。埼玉県屈指の栗の産地であり、「日高マロン」「高麗川ぽロン」といったブランドを有しています。

巾着田は、高麗川の湾曲部にある巾着の形をした平地です。8世紀に日本に移り住んだ高句麗人が湾曲した高麗川を利用して水田を始めたと伝わる地で、現在はヒガンバナの名所として有名な観光地となっています。春には桜・菜の花、初夏~夏にはアジサイとハス、秋はヒガンバナが終わるとコスモスが咲くように工夫されています。遠足の行き先として人気があるスポットで「遠足の聖地」と呼ばれています。また、川越日高線北側には高麗郷古民家(旧新井家住宅、国の有形文化財)があります。

高麗神社は霊亀2年(716年)に関東一円の高句麗人を集めて作られた高麗郡の鎮守として創建されたとされる神社で、高麗王若光が祀られています(「王」の姓は外国の王族であることを指す)。出世・開運の神様と有名な神社で、在日大韓民国民団から寄贈された花崗岩製の将軍標や茅葺きの高麗家住宅などがあります。水天宮が素晴らしいと評されますが、山道を登った所にあるためたどり着くまでが大変です。

サイボクは、ハムやソーセージ加工を行う埼玉種畜牧場(略称サイボク)が運営するテーマパークです。直売所・レストラン・カフェ・アスレチック・ハムソーセージ工場などと温泉の入浴施設(2002年に日高牧場跡から天然温泉が湧出した)がはいった施設で、「埼玉のディズニーランド」と評されるほどの人気があります。

醤遊王国(しょうゆおうこく)日高本店は弓削多醤油(日高市田波目)が運営する醤油に関する資料館・販売施設です。工場見学や自分で絞った醤油を持ち帰ることができる施設です。2階にイートインコーナーがあり、卵かけご飯や醤油ソフトクリームが食べられます。

加藤牧場は日高市旭が丘のベイシアの近くにあります。ジェラートが有名な牧場で、スイーツ店とレストランが併設されています。乳搾り体験やチーズ作り体験などは執筆現在(R4.8月 )休止中となっています。


吉川市(よしかわし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県吉川市 ひとに優しさ まちに安らぎ 未来に夢ある みんなのよしかわ -市民主役の都市構想- 人口73,260人

吉川市の田園風景と川、イメージキャラクターの「なまりん」が描かれています。ミニバイク用50cc以下、90cc以下、125cc以下の3種とミニカー用の計4種類が交付されています。

吉川市は埼玉県の南西部にある市です。江戸川と中川に挟まれた南北に長い三角地帯を市域としていて、1996年市制施行と市としては比較的若い自治体になります。中世以前の昔から稲作地帯でしたが、江戸時代に江戸がひらかれると水運を利用した物資集積地として発展しました。現在に至るも市域の1/3強が耕地で、うち3/4程度が田んぼと稲作が盛んな地域で、伝統料理であるうなぎ・なまずといった川魚料理を食べさせる店が出ています。都心部から一時間以内、川や田園風景が残るということもあり、近年は人口が増加し続けています。

吉川美南駅は武蔵野操車場跡地を再開発したもので、2012年に開業した比較的新しい駅です。一日の平均乗降客数は5,308人(R3年度)で、西口はイオンタウン・ケーズデンキなどがはいる商業地として開発されています。東口は農業振興地域の田圃であるため開発が進んでいません。

芳川神社は1187年に創建、鎌倉時代に時の武士団吉川氏によって諏訪神社として再興されたとされる神社で、建御名方命・経津主命を祀るほか、仏教の信仰対象であるはずの愛染明王が愛染大神として祀られていて、神仏習合時代の名残がみられます。毎年吉川八坂祭りという祭が行われていて、神輿を高くさし上げる(1tほどの神輿を投げ上げている)ことから暴れ神輿とも呼ばれています。神社の隣に自家製餡が自慢の和菓子屋さんがあります。

よしかわ天然温泉ゆあみは吉川駅北口の吉川市保にあるスパです。強食塩泉の天然温泉と智光薬湯という生薬をブレンドした湯など多数の湯船とサウナ・レストラン・大衆演劇がセットになった施設です。風呂の種類が多いことが売りですが、浴槽が2~3階に跨っているため階段の上り下りが大変です。

街のミニ水族館しおやは芳川神社の北側100mくらいのところ、住宅街のなかにあります(というか施設自体が自宅)。個人が趣味で当地の川魚をメインに水槽を展示しているものですが、案内のパンフレットやガイドツアー?もあります。ナマズもいます。


戸田市(とだし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県戸田市 やさしいまちに、なりたい。 パートナーシップでつくる 人・水・緑 輝くまち 人口136,200人

2016年の市制50周年を記念したもので、戸田市ハーモナイズド・マークのロゴ(左下)、戸田橋と花火が描かれています。50cc以下1,300枚、90cc以下100枚、125cc以下600枚の計2,000枚が交付されています(ミニカーと小型特殊は対象外)。

戸田市は埼玉県南東部にある市です。市の西側から南側を荒川が流れ、市域はおおむね平坦な低地となっています。江戸時代に荒川に設けられた戸田の渡しで知られる地域です。荒川を挟んで東京都特別区部に接するため印刷・食品加工といった製造業、その他流通関連の企業が倉庫や営業所をおいています。市西部の荒川沿いには洪水の被害に備えた荒川第一調節池~旧荒川流路あたりは彩湖・道満グリーンパークという公園になっています。

戸田公園駅は一日に乗員人員28519人、戸田駅は18,061人(どちらもJR東日本、R3年度の数字)です。人口密度が高いためかなり大きい数字となっていますが、商業地はさほど発達していません。元来戸田市は中山道の板橋宿~蕨宿の中継地点で、宿場町が発達しなかったことから商業面は発達が遅れたということのようです。一方で出生率が高く、人口流入もあって人口増加が続いているため、コンビニなど小規模・地域密着型の店舗がかなり多い印象です。

埼玉県営戸田公園は戸田市の南部にある都市公園です。日本最大規模の東西に2.5km、幅300mの静水コース 戸田漕艇場を有する公園です。戸田漕艇場は1964年の東京オリンピックの漕艇競技会場となったこともあり、現在でもボート競技の聖地として多くの大学や社会人チームがボート競技を行っています。一部は戸田競艇場になっています。また、漕艇場南側の堤防上は戸田桜堤として当地の桜の名所になっています。

彩湖・道満グリーンパークは戸田市の西部、荒川の旧流路の道満河岸あたりを整備した公園です。遊具・バーベキュー場・釣り堀・野球場・サッカー場などがあります。公園内のヤクルト戸田球場は1976年から東京ヤクルトスワローズの二軍本拠地として使用されていましたが、2026年には二軍本拠地は茨城県守谷市に移転する予定となっています。

戸田橋花火大会は毎年8月第一土曜に行われる花火大会です。初回の花火大会は、1951年に埼玉県戸田町(現・戸田市)と東京都板橋区の都県境をよりわかりやすいものにするため協議を行ったことを記念して行われました。現在は共催という形ではなくなり、名前も「戸田橋」と「板橋」と分かれてはいますが、例年板橋区と戸田市で同日に行われ合計1万を超す花火が上がります。


朝霞市(あさかし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県朝霞市 むさしのフロントあさか 人口136,300人

㊤市内を流れる黒目川とその堤防に咲く桜、右側に彩夏祭のシンボルキャラクター「彩夏ちゃん」、2013年から50cc~125cc以下のミニバイクを対象に交付されている。㊦朝霞市のキャラクター「ぽぽたん」が描かれたもので、市制50周年を記念して2017年から交付されている。こちらもミニバイクが対象。

朝霞市は埼玉県南部にある市です。市域は荒川低地と武蔵野台地に分けられその高低差は40mほどです。古くは川越街道の膝折宿として発展した地域で、1932年に東京ゴルフ倶楽部が移転してくると、同倶楽部の名誉総裁で皇族の朝香宮親王にちなみ、皇族の名前をそのまま利用するのは恐れ多いとして一字変えて「朝霞」としました。現在の朝霞は食料品加工・輸送用機械器具・印刷業など製造業が盛んな一方、市域の12%程度が農地や原野であるなど緑も残るエリアとなっています。

朝霞市には東武鉄道東上本線とJR東日本武蔵野線の二本の鉄道が走っていて、朝霞台・北朝霞駅と朝霞駅が中心駅として機能しています。どちらかというと急行が止まる、乗り換えができる朝霞台・北朝霞駅周辺が人気となっていて、駅前にファストフード店が数多く出ています。朝霞駅周辺も飲食店が多く出ていますが、居酒屋が中心でゆっくりするお店が多い印象です。

陸上自衛隊朝霞駐屯地は東京都練馬区、埼玉県朝霞市・和光市・新座市にまたがる駐屯地です。朝霞の市名の由来になった東京ゴルフ倶楽部が旧陸軍省により転用されたもので、陸上自衛隊広報センター(愛称:りっくんらんど)が所在しています。VRを利用した戦車や水陸両用車の疑似乗車体験や戦闘用車両・ヘリコプターの展示などがあり、人気の施設となっています。

滝の根公園は神明坂を登る途中にある、アスレチックや鯉が泳ぐ池のある公園です。大きな公園ではないですが、当地は低地と台地にまたがるため坂が多く、アスレチックに高低差が利用されています。大人ひとり分くらいの幅の吊り橋があり公園のシンボルになっています。

黒目川は朝霞市内をおおむね東西に流れる一級河川です。川岸は桜230本ほどが植栽されて黒目川桜堤として当地の桜の名所になっています。時期になると提灯や灯籠などが設置され、夜桜も楽しめるよう工夫されています。

丸沼芸術の森は、当地の株式会社丸沼倉庫がアーティスト育成を目的として1985年に設立した美術館で、朝霞市上内間木にあります。アンドリュー・ワイエスやベン・シャーン(どちらも現代アメリカを代表する画家)のコレクションは世界有数とされるほか、陶芸教室なども行っています。少し離れたところに丸沼美術サロンというカフェがあって、バウムクーヘンが評判です。

Kファーム(朝霞第一牧場)は朝霞市浜崎 高堤にある農場・牧場です。羊が居て餌を与えられるほか、鶏・うさぎなどが飼育されています。向かいに朝霞養魚池という釣り堀があり、ついでにメダカや金魚などを売っています。第一農場の方は時期が良ければ収穫体験もやっているようです。

おまけ:発売当日にゲーム「スプラトゥーン3」に飛びつく朝霞市eスポーツ部>動画


熊谷市(くまがや)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県熊谷市 川と川 環境共生都市 熊谷 人口198,700人

2019年のラグビーワールドカップ2019の開催都市として選ばれたことを記念して発行されたものです。同年7月20日に交付が開始され、12月27日に交付終了となっています。

熊谷市は埼玉県北部にあります。同県北部では最大の人口を誇り、業務核都市・景観行政団体などに指定されています。江戸時代に中山道熊谷宿として発達し、明治時代初期には熊谷県の県庁所在地となりました。現在の熊谷は農業・工業・商業すべてが県内3位~5位程度で、県北部の産業の中心となっています。2007年に国内最高気温の41.1度が観測され、気温の高さが全国的に知られたことから夏の暑さを逆手に取ったPRが行われていました。学生グライダーの聖地としてグライダーフェスや競技会が行われる妻沼滑空場、「西の花園、東の熊谷」と呼ばれラグビーの聖地として知られる熊谷ラグビー場を有しています。

熊谷市はJR上越新幹線・高崎線、秩父鉄道秩父本線が通っています。熊谷駅は前述の3線がが乗り入れる接続駅で、当地の中心駅となっています。北口はショッピングモール・ビジネスホテル・飲食店が並ぶ商業地、南口側は市立文化センタープラネタリウム館があり、荒川緑地沿いに当地の桜の名所の一つ 熊谷桜堤が続いています(おかしやのんという大人向けのお菓子屋さんがある)。また、駅北口から500mほどのところに星溪園という江戸時代~明治初期の日本庭園があります。

妻沼聖天山歓喜院は熊谷市妻沼(めぬま)にある高野山真言宗の寺院です。日本三大聖天の一つとされる名刹で、1179年に長井庄(現在の妻沼)の総鎮守として当地の武将 斎藤別当実盛が守り尊の聖天(歓喜天=ガネーシャ)を祀るために創建したとされています。本殿は江戸時代に造られたもので、彫刻・装飾ともに素晴らしく埼玉県唯一の国宝建造物になっています。名物として聖天寿司(細長いいなり寿司)があるほか、周辺ではねぎの栽培が盛んで、「妻沼ねぎ」としてブランド化を目指しています。

別府沼公園は1994年に開園した総合公園です。古くから当地にあった自然の湧き水を源流とする別府沼を利用した公園で面積は17.1ha、日本庭園・ハナショウブ園・遊具・広場・ジョギングコース・観察池などがはいっています。春には花見客で賑わうほか、ハナショウブの名所として知られています。

熊谷うちわ祭は毎年7月19日~23日(一般向けは20~22日の3日間)に行われる愛宕八坂神社の例大祭です。神社自体は小さいものの、祭りの方は大規模で有名であり、山車6台・屋台6台が囃子に合わせて市内を巡行します。2020~2021年はコロナウイルスの影響で自粛となり、必要最低限の神事のみ行われましたが、2022年度は露店の出店禁止、駅前の初叩きあいを自粛しての開催となりました。

江南の藤は熊谷市の南西部、熊谷市板井1625-8にあります。樹齢推定140年ほどのノダナガフジという藤で、見頃は4月下旬~5月上旬くらい、房は長いもので40cmくらいになります(重くなり本体を痛めるため、早めに刈り取りが行われる)。地域のボランティアが保護と一般開放を行っていて、花期には民謡や詩吟、琴の演奏などが行われることがあります。入場料300円(お茶のサービスあり)で駐車場もあります。


北本市(きたもとし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県北本市 さくらと範頼伝説のまち 人口66,020人

トマトの形のプレートに市の木であるサクラのイラストとイメージキャラクターの「とまちゃん」が描かれています。2018年からミニバイク(50cc以下~125cc以下の3種)+ミニカー・小型特殊の5種類が交付されています。

北本市は埼玉県中央東寄りに位置する市です。1602年に移転するまで中山道の鴻巣宿があったことから本宿村>北本宿村>北本町>現在の北本市となっています。1960年代から埼玉市・東京のベッドタウンとして開発が進み人口が増加しましたが、2004年に人口70,719人でピークを迎え、以降人口減少が続いているため消滅可能性都市の一つとなっています。

グリコピア・イーストは2012年に操業した江崎グリコの北本工場(関東最大規模となる)にある工場見学施設です。ポッキーなど同社の製品の製造過程が見られるほか、過去のグリコ製品についてきたおまけのおもちゃのミュージアムやオリジナルポッキー・プリッツを作る体験もあります。

北本自然観察公園は北本市北西部の石戸宿地区にあります。台地西側の浸食谷をそのまま利用した公園で、雑木林や湿地がそのまま残っています。樹齢約200年ほど、埼玉県の天然記念物でもあったエドヒガンザクラが有名でしたが、2019年の台風で根本から折れてしまいました。

石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)は北本市石戸宿3丁目にあるカバザクラの古木です。1922年に国の天然記念物に指定され、日本五大桜に数えられる巨大な一本桜で、樹高12m、樹齢800年を超える銘木です。石戸蒲ザクラの名は「蒲冠者(かばのかじゃ)」と呼ばれる源範頼に由来するとされています。

北本市はトマト栽培と関わりが古く、大正時代末期にトマト栽培が開始された先進地です。昭和2年に国内初の無着色ピューレ「トマトクリーム」が開発されました。現在はどちらかというとねぎや白菜といった他の野菜の栽培が多いですが、北本トマトカレーとしてご当地グルメになっています(他にもトマトようかん、大福などもある模様)。

学校給食歴史館は北本市の北西側、北本総合公園の近くにある施設です。埼玉県学校給食会という法人の敷地内にあり、学校給食の歴史について学べる施設になっています。コッペパンや脱脂粉乳、ソフトめんなど懐かしの給食のサンプルが時代順に並び、当時の給食風景の写真も展示されています。


小川町(おがわまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県比企郡小川町 和紙のふるさと 人口28,970人

小川町七夕まつりの竹飾りとイメージキャラクター「星夢(スタム)ちゃん」が描かれています。2018年から50cc以下~125cc以下のミニバイク用を対象に交付されています。

小川町は埼玉県中部の西寄りに位置する町です。ユネスコ無形文化遺産に登録されている小川和紙が有名で、和紙の里として知られています。日本の有機農法の第一人者である金子美登(かねこよしのり)氏が経営する霧里農場があることから有機農法の輪がひろがり、現時点では有機農業の里(無農薬・無化学肥料)として世界的にみても先駆者的な位置づけとなっていて、当地のPRとしてオーガニックフェス(オガフェス)が行われています。また、蔵元・ワイナリー・ブルワリーを有する酒の町でもあります。

道の駅おがわまちは国道254号沿いの中規模の道の駅です。直売所と麺工房かたくり(レストラン)がはいっているほか、埼玉伝統工芸会館が併設されていて、雛人形・絣・桐細工などの展示があるほか、細川和紙の紙漉き体験を行っています。

旧小川小学校下里分校は小川町大字下里の槻川沿いにあります。1964年に現在の校舎が新築され、児童数の減少により2011年に廃校になっています。現在はNPO法人が管理していて、分校カフェMOZART(モザート)が入っています。アニメ「のんのんびより」のロケ地として知られるほか、さくら祭りなどイベントに利用されています。周辺に1971年から有機農業を行っている霧里農場があります。

玉成舎は1888年に建てられた養蚕伝習所でした。その後、昭和初期には民家として利用されていましたが、住人がいなくなったため取り壊しが検討されました。現在は交流施設としてリノベーションされ、インドネシア雑貨ぶんぶん丸、武蔵ワイナリー直売所、有機野菜食堂わらしべがはいっています。

武蔵ワイナリーは小川町高谷にあるワイナリーです。2011年からブドウを栽培開始、2017年に法人化しています。無農薬・無化学肥料で育てたブドウ(JAS有機で認められているボルドー液も使用していない)を土着の天然酵母で醸すといった趣旨のワイナリーです。直売所では日本酒・ワインの試飲ができます。シードルやキウィの酒、ワインのソフトクリームも扱っています。

小川町には3軒の日本酒の蔵元があり、晴雲酒造は「金勝山」「晴雲」無農薬米で造った「おがわの自然酒」、武蔵鶴酒造は「武蔵鶴」(奈良漬けも有名)、松岡醸造は「帝松(みかどまつ)」といった地酒が造られています。それぞれ蔵見学を行ったり、直営レストランを有しています。また、当地の地ビールとして麦雑穀工房マイクロブルワリー(大塚1151-1)があり、雑穀を使ったビールやパンが作られています。


狭山市(さやまし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県狭山市 お茶香るまち 人口152,400人

同市在住の童絵作家 池原昭治氏が描いた「茶娘」と狭山市入間川七夕まつりの様子が描かれています。2019年1月から、50cc以下の白ナンバーを対象に交付されています。

狭山市は埼玉県南西部にある市です。川越狭山工業団地・狭山工業団地の2つの工業団地を有し、県下第一の製造品出荷額を誇る工業都市(2018-2020年)、またはベッドタウンとして住宅が多い印象です。市名の由来は狭山丘陵、または市の特産品である狭山茶から来ていますが、入間市(旧冨岡町)と狭山市(旧入間川町)と名前が入れ替わっているため、地名などに「狭山」「入間」の混乱が見られます(合併を見越した「狭山」のネーミングだったが、結局合併しなかった)。狭山市・入間市にまたがる航空自衛隊入間基地の約9割が所在しています。

智光山公園は狭山市北部の日高市との境あたりにある都市公園です。1977年から順次整備されてきた公園で面積は53.8ha、武蔵野のナラ、アカマツ、クヌギといった雑木林を活かした公園になっています。公園内にこども動物園(大人200円、小学生以上50円)、都市緑化植物園、釣り堀などがはいっています。

狭山稲荷山公園は、返還されたジョンソン空軍基地の一部を活用した県営の都市公園です(米軍管理下では「ハイドパーク」と呼ばれていた)。造成にアメリカ人が関わったため、芝生を中心としたアメリカ風の公園になっています。桜の名所として知られるほか、さやま大茶会の会場となっています。園内に狭山市立博物館がはいっています。

狭山茶は埼玉県西部または東京都西多摩地区を中心に栽培される茶で、静岡茶・宇治茶と並んで日本三大茶とされています。気候が比較的冷涼であり、年に二回しか摘まないため他の産地より葉が厚く、味・色・香りが強いことが特徴となっています。狭山市北入曽に宮野園という茶摘み(お茶摘み娘の衣装を貸してもらえる)や手もみ茶・組茶が体験できる企業があります。

入間基地は南東北・関東・中部・近畿の防空を担う中部航空方面隊司令部が置かれている主要基地です(人員数では国内最大)。イベントとして7月末頃に納涼祭として盆踊りや花火、11月3日に航空ショーが行われています(2022年は納涼祭は中止、航空祭は開催の予定)。団体向けの基地見学のほか、定期的に修武台記念館が一般開放されています。

狭山ベリーランドは狭山市堀兼にある関東最大規模のベリー農園です。いちご狩り・しいたけ狩り・ブルーベリー狩りをそれぞれのシーズンに行っています。ブルーベリーの品種が多いこと、ハウス内の道が広いことが特徴です。


上尾市(あげおし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県上尾市 あなたに げんきを おくるまち 人口225,200人

市のイメージキャラクター「アッピー」と市の花ツツジが描かれています。ミニバイク用の500cc以下~125cc以下を対象に2019年4月から交付されています。

上尾市は埼玉県の中央から東寄りに位置する市です。県下8位の人口を有する市で、市域はおおむね住宅地、商業地、工業団地から成ります。江戸時代に中山道の上尾宿、平方の平方河岸、原市には市場町がひらかれて発展しました。1883年に日本初の私鉄 日本鉄道が開通し、上尾駅(現在はJR東日本)ができたことから開発がすすんだ地域です。主産業はサービス業・卸売業といった第三次産業であり、上尾駅の東西や旧中山道沿い、上尾道路沿いに商業地が発達しています。

上尾丸山公園は「水と緑の調和」をテーマとして1978年に開園した総合公園です。荒川に流れ込む低地と台地の高低差を利用した公園で、児童遊園地、バーベキュー場、自然学習館、小動物園(2019年にコツメカワウソ3頭を導入)などがはいっています。湧水を利用した大池、修景池に人気があり、蓮や滝、紅葉をテーマにした写真を撮る方が多いようです。

榎本牧場は市西部の荒川沿い、前述上尾丸山公園から1kmくらいのところにあります。牛の乳搾りやバター作りなど牧場体験や無添加のヨーグルト、ジェラートの販売を行っています。荒川沿いのサイクリングロードが近いこともあり、自転車愛好家に人気の施設となっています。

文楽 東蔵(あずまぐら)は、「文楽」を代表銘柄とする酒造メーカー 北西酒造と蕎麦・一品料理の東蔵が共同で2008年にオープンした店舗です。上尾駅から東口から旧中山道を北側に600mくらい行ったところにあります。和モダンのレストランで、和食中心ですが洋食もやっています。テラス席は犬連れOKです。

八枝神社は上尾市平方にある神社で、スサノオと「狛狗大神(はっくだいじん)」と呼ばれる獅子頭を祀る神社です。厄除招福・疫病退散の神様として親しまれていて、獅子頭は年間通じて貸出を行っています。毎年7月には「どろいんきょ」と呼ばれる祭りが行われています。これは、「隠居神輿」と呼ばれる白木の神輿を泥の中で転がし回すという祭りです。

原市沼は上尾市の東部の原市沼川(利根川水系綾瀬川の支流)と東北・上越新幹線が交わるあたりにあります。野鳥や湿生植物に恵まれた湿地で、昔から蓮の花で有名な当地の名所の一つです。戦後の食糧難の時期に当地の蓮は食べ尽くされてしまったので、現在見られる蓮は行田市から譲り受けた古代蓮になっています。

平野観光農園は上尾市菅谷にある観光農園です。直売所で焼きとうもろこしや干し芋などを販売しているほかに、さつまいも掘りとキウイフルーツ狩りを行っています。モモとサクラという二頭のヤギが飼育されています。


志木市(しきし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県志木市 みんなで創る、みんなのふるさと、輝く志木市 人口76,601人

志木市文化スポーツ振興公社のイメージキャラクター・志木市の観光大使「カパル」といろは親水公園エリアの新河岸川、桜、富士下橋(赤橋)が描かれています。2019年8月からミニバイク50cc以下~125cc以下を対象に交付されています。デザインは複数の図案からカパルが選んだものです。

志木市は埼玉県の南部にある市です。市としては全国で6番目に小さく(9.05k㎡)、市域には新河岸川・柳瀬川・荒川が流れています。江戸時代に引又河岸の舟運で栄え、その経済基盤を背景として東武東上線が誘致され、志木駅(駅自体は新座市にある)が設置されました。市名は新羅郡志木郷(現在の和光市白子周辺)からで、明治の大合併の折に新地名を親村である舘と経済に優れる引又のどちらにするかで揉めたため、昔近くにあった志木郷の名をとったとされています。現在の志木市は東京のベッドタウンとして住宅街になっています。

長勝院旗桜(ちょうしょういんはたざくら)は、志木市柏町にあるヤマザクラの一種で、1998年9月号の「櫻の科学」で世界に一本だけの新種とされています。花の中央にある雄しべの一部が花弁になることで(旗弁という)、旗をつけたように見えることから旗桜と呼びます。ヤマザクラの変種なのでソメイヨシノより開花が1週間ほど遅れます。樹齢400年ほど、高さ11mほどで、当地ではまんじゅうや最中、日本酒に旗桜にちなんだものがあります。

宝幢寺は真言宗智山派の寺院で志木市柏町にあります。「お地蔵さんとカッパ」というカッパ伝説が残っていて、境内にカッパ像があります。枝垂れ桜の名所でもあり、花期には夜桜も見れるようライトアップされています。志木市はイメージアップにカッパを利用していて、市内には24体のカッパ像があります。なお、観光PRキャラクターもカッパがモチーフです。

いろは親水公園は柳瀬川と新河岸川が合流する地点にある公園です。近年新市庁舎とともに開発が進められ、2022年8月にリニューアルオープンしています。旧村山快哉堂(市の指定文化財・薬局として利用されていた店蔵)、カフェ・ベーカリーのデイジー、水遊びができるウォーターパークなどがはいっています。桜・芝桜・アジサイなどが植栽され、遊歩道が整備されています。

敷島神社は当地の浅間神社(富士信仰の神社でコノハナサクヤヒメを祭神とする)に村山稲荷神社・星野稲荷神社・水神社を合祀した神社です。境内に田子山富士と呼ばれる富士塚(富士山を模したもの、当地のものは再現性が高いとされる)があり、天気が良ければ富士山がチラリとみえるそうです。

食品サンプル教室FAKE FOOD COOKINGは、志木市本町4丁目にあるカルチャースクールです。2018年から自宅教室としてお家で作れる食品サンプルの講座を開いています。


行田市(ぎょうだし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県行田市 古代から未来へ 夢をつなぐまち 人口80,240人

忍城と埼玉古墳群の遺跡が描かれています。50cc以下の白ナンバーを対象に交付されています。

行田市は埼玉県北部にある市です。万葉集や風土記に「さきたまの津」や「武蔵国埼玉郡」の記述がみられ、県名である「埼玉」の発祥の地とされています。江戸時代に下級武士の内職として足袋の生産がはじまり、「行田足袋」として有名になりました。第二次大戦後の洋装化に伴い足袋生産は衰退したものの、繊維産業が盛んに行われています。JR高崎線の行田駅が市域の南西端にありますが、中心市街にある秩父鉄道行田市駅とは5kmほど離れていて徒歩圏内ではありません。最近は花手水で観光誘客を狙っているようです。

忍城は室町時代中期に成田氏によって築かれたとされる城で、数度の攻城を受けても落城しなかった要害堅固の城として知られています。戦国時代には北条氏についたため、豊臣方から水攻めを受けたことから「浮き城」「亀城」とも呼ばれています。天守は現存しておらず、現在見られるものは3階建ての模擬天守(内部は資料館)です。行田市郷土博物館が隣接しています。

埼玉古墳群は行田市内にある9基(前方後円墳8、円墳1基からなる)の古墳群です。さきたま風土記の丘(さきたま古墳公園)という公園になっていて、県立さきたま史跡の博物館や行田市はにわの館(はにわ作りができる施設)などがはいっています。とりわけ稲荷山古墳から出土した鉄剣(金錯銘鉄剣)が有名です。

古代蓮の里は行田市小針にある風致公園で、ふるさと創生事業の一環として1992年から2000年にかけて整備されました。行田市の天然記念物でもある古代蓮(行田蓮)は、公共施設工事の際に1400年~3000年前の地層から種が出たものです。同公園は古代蓮園・水生植物園を主として様々な花木が植栽され、古代蓮会館がはいっています。また、うどん屋や枝豆アイスなど売店が多いのが特徴となっています。約2.8haの行田市田んぼアート会場が隣接していて展望タワーから一望できます。

足袋とくらしの博物館は牧の本店という足袋工場を改装した博物館です(入館料:大人200円、子供100円)。別途2,500円かかりますが、オリジナル足袋を作れる体験を行っています。足袋蔵まちづくりミュージアムは栗代蔵という足袋蔵を改装した博物館で、当地の観光案内所を兼ねています。中央通りを離れますがどちらも行田市駅近くにあります。また、藍染の工房で牧禎舎(まきていしゃ)という施設があり、藍染の体験を行っています。

行田八幡神社は行田市の総鎮守とされている神社です。創建年は不明ですが、口伝えによると平安時代中期に源頼義・源義家が奥州討伐の折に戦勝を祈願して勧請したとされています。行田市は毎月14日まで花手水ウィークを行っていて、こちらがメインとなっています。

行田市を含む北埼玉では「フライ」というと水で溶いた小麦粉に肉や野菜をいれたお好み焼き風の食べ物を指します。かつては足袋工場で働く女工のおやつとして人気がありました。また、「ゼリーフライ」はおからとじゃがいもをベースに人参やネギなどが入った衣のない揚げ物です(小判形であることから元は「銭フライ」といったのが訛ったらしい)。


鴻巣市(こうのすし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県鴻巣市 ひな人形と花のまち 人口118,100人

メインキャラクターの「ひなちゃん」が描かれたカラフルなデザインです。2013年からミニバク50cc以下~125cc以下の3種+ミニカー・小型特殊を対象に交付されています。

鴻巣市は埼玉県北部にある市です。中山道の鴻巣宿として発展し、現在は東京の衛星住宅都市の性格をもちます。主産業は第三次産業ですが、埼玉県下9位の農業産出額を誇り、稲作・花卉園芸が盛んです。また、400年近い伝統を持つひな人形の産地でもあります。埼玉県の運転免許技能試験場があるため、他の自治体からも訪れる人が多い地域です。2007年に鴻巣駅東口に再開発ビル群「エルミ鴻巣」、2010年に新宿・北新宿あたりに複合商業施設「ウニクス鴻巣」ができています。

鴻巣市の伝統工芸品のひな人形は「鴻巣雛」といって、江戸時代、鴻巣市がまだ鴻巣宿だった頃からの名産です。また、「赤物」と呼ばれる招き猫やだるま、獅子頭といった縁起物もひな人形と同じ技法で作られています。当地の鴻巣びっくりひな祭りは「日本一高いひな壇のひな祭り」として現在はエルミ鴻巣をメイン会場として行われています(開始当初は市役所で行っていた)。

鴻神社(こうじんじゃ)は、鴻巣駅から北へ200mくらいのところにある神社で、鴻巣宿の総鎮守です。当地に伝わる「コウノトリ伝説」の舞台となっている神社で、さほど大きなものではありませんが、活気があります。毎年12月4日に酉の市がひらかれています。子授け・安産の神様として親しまれていて、お守りも形が卵です。

ナンジャモンジャの木は正式にはヒトツバタゴといって、中国や台湾、日本では愛知・岐阜県・対馬に自生している木です(楡、菩提樹などをいうこともある)。花期は5月で、小さい白~桃色の花を多数つけるので木全体に雲がかかったようになります。埼玉県では珍しいものですが、当地では鴻神社や勝願寺の境内、なんじゃもんじゃ稲荷などに植栽されていて花見の対象になるようです。

「ふゆみずたんぼ」とは冬の間も田に水を張る農法(=冬期湛水)で江戸時代から行われている農法です。微生物やイトミミズ、魚類や野鳥など湿地に生息する生き物の生態の保全に寄与するほか、鳥の糞による施肥効果や雑草を抑える効果、地下水を涵養する効果があるとされています。当地では小谷(こや)地域で行われていて、冬場に白鳥が飛来するようになっています。同地域では光酒造・鴻巣蒸溜所というジャパニーズウイスキー蒸溜所が2020年にできていて、2025年に商品としてリリースされる予定です。

鴻巣フラワーセンターは市内にあった埼玉綜合園芸と鴻巣園芸センターの2つの花市場が合併したものです(それまでは1つの自治体に2つの花市場がある珍しい状態だった)。東日本屈指の花市場で、予約は必要ですがせりの見学ができます。パンジーハウスという農産物直売所を併設していて花苗・野菜苗・野菜などを販売しているほか、うどん・ラーメン・パン屋などがあります(市場内の食堂では海鮮丼が食べられる)。

鴻巣市コウノトリ野生復帰センター(愛称:天空の里)は2022年1月に一般公開されたコウノトリの飼育施設です(鴻巣市明用632にある)。現在「空(そら)」と「花(はな)」のつがいが飼育されています。入館料は100円で中学生以下は無料です。


さいたま市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県さいたま市 のびのびシティ さいたま 人口1,264,000人

プレート上部にさいたま市と各区名、左上側にその区の花(画像は中央区なのでバラ)、右下側にPRキャラクターの「つなが竜ヌゥ」が描かれています。市制施行10周年となる2012年からミニバイク50cc以下~125cc以下を対象に交付されています。

さいたま市は埼玉県南東部にある政令指定都市です。2001年に浦和・大宮・与野市が合併して誕生、その後2005年に岩槻市を編入して現在の形になっています。10の行政区を有する全国で9番目の人口を誇る100万都市であり、1市に浦和レッズ・大宮アルディージャの2つのプロサッカークラブを有するサッカーのまちでもあります。産業でみると従業者の8割が商業・サービス業に従事していて製造業の比率が低く、県庁所在地として珍しく昼夜人口比率が100を切るなど東京の衛星都市という印象があります。

旧浦和市(現浦和区・桜区・緑区・南区)は、古くは調神社や玉蔵院の門前町として栄え、その後中山道の浦和宿として発達した地域です。明治2年に浦和県として県庁が置かれ、その後埼玉県になった後も県庁が置かれています。浦和区・南区は宅地化が進む一方で、東西に張り出した桜区・緑区は自然の残る地域となっています。

旧大宮市(現大宮区・西区・北区・見沼区)は、氷川神社(旧武蔵国に280社ほどある神社の総本社)の門前町として栄え、こちらも中山道の大宮宿として発展してきました。戦後に日本鉄道大宮工場や大宮操車場ができて「鉄道の町」として知られるようになりました。観光名所として鉄道博物館大宮盆栽美術館があります。

中央区(旧与野市)はさいたま市の行政区の中で最小で、旧浦和市・旧大宮市域に挟まれた格好になっています。さいたま新都心駅側にさいたまスーパーアリーナ、JR埼京線与野本町駅側に彩りの国さいたま芸術劇場を有しています。また、1877年開園の与野公園は1977年にバラ園が開設され、バラの名所として親しまれています。

岩槻区(旧岩槻市)は、岩槻城の城下町として栄え、江戸時代には日光御成街道の岩槻宿として発展した地域です。もともと桐の産地であったことから伝統工芸として岩槻人形が有名で、2020年に岩槻人形博物館が開館しています。岩槻総鎮守の久伊豆神社(久伊豆信仰といって、このあたりには同名の神社が多い)は岩槻城址の一部を成しています。


深谷市(ふかやし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県深谷市 夢を育み 明日(あす)に飛翔(ひしょう)する 笑顔都市 人口143,800人

㊤イメージキャラクターの「ふっかちゃん」が描かれたもの㊦経済界の偉人 渋沢栄一の肖像とJR深谷駅が描かれている。2019年9月から交付されている。

深谷市は埼玉県北西部にある市です。上杉房顕が康正2年に築いた深谷城の城下町として発達し、江戸時代には中山道深谷宿として繁栄した地域です。現在の深谷は農畜産物の生産が盛んで、「関東の台所」として知られるまちです。また、第一国立銀行・東京証券取引所といった多種多様な企業、経済団体の設立に関わり、「日本資本主義の父」と呼ばれる実業家・渋沢栄一が生まれた場所でもあります。

深谷市はねぎの生産量日本一の市であり、深谷ねぎは全国的なねぎのブランドとして知られています。明治時代にそれまで盛んに栽培されていた藍の相場が暴落したことからねぎ栽培が始まったとされています。瀧宮神社では毎年1月に深谷ねぎ祭りが行われています。ねぎの他にもトマト・きゅうり・ブロッコリーといった畑作、深谷牛と呼ばれる黒毛和牛や養鶏といった畜産も盛んです。

渋沢栄一記念館は深谷市北部の青淵公園(せいえんこうえん)近くにあります(生家は西に500mくらいのところにある)。2020年から2階で渋沢栄一翁のアンドロイドが公開されています。生家の中の家(なかんち)は無料で見学できる施設ですが、執筆現在(R4.9月)では構造補強・改修工事が行われていて公開範囲が限定されているようです。

深谷グリーンパークは深谷市樫合にある公園で、東京ドーム一個強の敷地に大小の広場と流れるプール、波のでるプールなどを有するアクアパラダイス・パティオがはいっています。チューリップ・桜・ユリ・コスモスやハーブ類が植栽されていて、春~秋にそれぞれの花が楽しめます。

ふかや緑の王国は深谷市櫛引にある公園で、もともとは埼玉農林総合研究センターの深谷試験地跡を2009年に開拓ボランティア(ふかや緑の王国ボランティア)が半年かけて市民の森として整備したものです。梅園・カエデ園やローズガーデン・クレマチスのアーチなどがあり、樹木主体の落ち着いた雰囲気の公園です。埼玉県花植木流通センターが併設されていて、盆栽が人気です。

深谷テラスパークは2022年5月にオープンした施設で、深谷市黒田にあります。体験農園・レストラン・直売所を兼ねるキューピーのヤサイな仲間たちファームやじゃぶじゃぶ池、バーベキュー場がありますが、周辺の田園風景に負けていてまだ少し寂しい感じがします。2022年10月に深谷花園プレミアム・アウトレットが営業開始する予定です。周辺に花園芍薬園(入場料400円)があります。

丸山酒造は明治6年創業の酒蔵で、深谷市横瀬の華蔵寺ちかくにあります。当地の地酒として「金大星正宗(きんたいぼしまさむね)」、埼玉工業大学と提携した「瞬喜道(しゅんきどう)」、「仁科誉(にしなほまれ)」といった酒を扱っています。


横瀬町(よこぜまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県秩父郡横瀬町 緑と風が奏でる こころ和むまち うららかよこぜ 人口7,732人

武甲山を背景にイメージキャラクターの「ブコーさん」が描かれています。2011年から50cc以下の白ナンバーを対象に交付されています。

横瀬町は埼玉県北西部秩父郡に属する町です。北側~東側、南東側~南側をぐるりと山に囲まれていて、町域の8割が森林です。住宅や農地などは町域北西部の横瀬川周辺の平野に集中しています。主な産業は石灰岩鉱業(セメントや製鉄に利用される)で、農業も行われています(畑作中心で果樹作・茶が比率としては多い)。人口流入はあるものの、少子高齢化に追いついておらず、日本創生会議・人口減少問題検討分科会の出した消滅可能自治体に指定されています。

道の駅 果樹公園あしがくぼは国道299号線沿いにある道の駅で、西武鉄道秩父線の芦ヶ久保駅を降りたところにあります。あしがくぼ果樹公園村(12軒の果樹農家で構成されている)やあしがくぼの氷柱への観光の拠点施設となっていて、レストラン(ずりあげうどん・みそポテトあり)・農産物直売所・そば打ちの体験施設などがはいっています。

武甲温泉は横瀬の市街地の中心を流れる横瀬川沿いにあります。日帰り入浴・宿泊・オートキャンプ場を兼ねる施設で、露天風呂・内風呂・ジェットバス・炭酸泉・サウナなど充実しています。泉質は単純硫黄泉(源泉はph11.1と高スペックだが、加水循環式と思われる)です。1995年(平成7年)開業とのことですが、なぜか昭和感があります。また、林道丸山線沿いに丸山旅館「花悦の湯」という日帰り入浴をやっている施設があります(こちらは薬湯が有名)。

小松沢レジャー農園は横瀬町横瀬にある観光農園です。いちご狩り・ぶどう狩り・しいたけ狩り・さつまいも掘りに手打ちそば・うどんやピザ焼きの体験、マス釣りや溶岩石でバーベキューなどができる当地のテーマパーク的施設です。ヤギと合鴨がいるほか、裏山に千本以上の紅葉が植えてあり紅葉が見事です。

寺坂棚田は横瀬町横瀬の林道丸山線の入口辺りにあります。約330枚の田んぼが集まったもので、全体面積5.2ha(うち田んぼ4ha)、ジオパーク秩父(日本ジオパーク)に認定されています。7月にはホタルかがり火祭り、9月に彼岸花祭りが行われていますが、2022年度は中止のようです。


吉見町(よしみまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県比企郡吉見町 みんなで創る、みどりと笑顔があふれるまち 人口18,590人

町を散歩する「よしみん」が描かれています。2012年12月からミニバイク50cc以下~125cc以下、ミニカー、小型特殊を対象に交付されています。

吉見町は埼玉県中部にある町です。国道・鉄道ともに町域に無いため、県道27号線が主要道路になっています。稲作を中心とした農業・工業ともに盛んに行われていますが、昨今は流通業のオフィスや倉庫が多い印象です。特にいちごは県内有数の生産量を誇り、「吉見いちご」と呼ばれます。埼玉県の消滅可能性都市のうちの一つとなっています(-70.7%)。

吉見百穴(ひゃくあな/ひゃっけつ)は6世紀末~7世紀末に作られた横穴墓群で、219基が現存しています。吉見町の西側市野川あたりにあり、当地の観光名所として資料館やうどん屋、野菜の直売所などが周辺にでています。国の天然記念物「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」に指定されています。

岩窟ホテルは前述の吉見百穴から南に100ほど行ったところにあります。明治~大正時代にかけて農夫の高橋峰吉氏・奏次氏が60年間掘ったもので、正式名称を「岩窟ホテル・高壮館」といい、調度・装飾なども岩から彫り出したものです。1982年と1987年の台風による二度の崩落のため閉鎖されていますが、向かいの岩窟売店に写真など資料があります。

岩殿山安楽寺は、吉見町御所にある真言宗智山派の寺院です。本尊は聖観世音菩薩で、坂東三十三観音の11番札、関東八十八箇所の75番札、東国花の寺百ヶ寺埼玉5番です。「吉見観音」の名で親しまれ、源頼朝の弟源範頼が匿われたとされる寺院です。門前町というほどではないですが、厄除け団子の店が山門前にあります。

道の駅 いちごの里よしみは県道27号東松山鴻巣線とみどりのみち(大里比企広域農道)が交差するあたりにある大型の道の駅です。物産館・レストランのほか子供用の遊具を備えたわんぱく広場、園芸センターなどがはいっています。

松山城(武蔵松山城)は1399年に上杉友直によって築かれたとされる平山城です。関東平野を押さえる戦略的要衝として戦国時代には上杉・武田・北条氏が狙う係争地でした。かなり広い範囲に高低差をつけた曲輪が残っていますが、道が十分に整備されていないので登城の際は軽装・動きやすい靴で行くといいでしょう。


桶川市(おけがわし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県桶川市 はつらつとした 緑豊かな 市民文化都市 人口75,220人

左側にべに花畑とマスコットキャラクターの「オケちゃん」、上部にホンダエアポートのセスナ機が描かれ、「べに花の郷」のロゴが入っています。2014年11月からミニバイク50cc以下~125cc以下を対象に交付されています。

桶川市は埼玉県中東部にある市です。江戸時代に整備された中山道の宿場町として発達した地域で、周辺の農産物の集散地として重要な役割を果たしていました。天明・寛政年間(1781~1801年)に最上(山形)から最上紅花の種子がもたらされ、全国2位の産出量を誇るべに花は「桶川臙脂」と呼ばれました。1960年代から首都圏のベッドタウンとして開発が進み、現在の桶川は住宅が目立つようになっています(紅花の一般的な表記は「紅花」、桶川ではおおむね「べに花」と呼称するようです)。

JR高崎線桶川駅は1885年に日本鉄道の駅として開業した鉄道駅です。高崎線は旧中山道(国道17号)とほぼ並行しているため、駅の東口近くは旧家や蔵造りの建物、桶川宿府川本陣跡といった史跡と住宅・小店舗(菓子屋が多い)が入り混じっています。西口は三井精機工業(三井直系10社のうちの一つ)の工場跡地が再開発され、おけがわマイン(パトリア桶川)・さいたま文学館・桶川市立中央図書館と駅西口公園が整備されています。

城山公園は、鎌倉時代に築かれた三ツ木城跡の周辺を整備した面積10.5haの都市公園です。公園内に三ツ木城(単郭式、舌状台地を活かした一辺60mくらいの三角形)の土塁・空堀が残っていますが、整備されていないのでかなり分かりづらいようです。上尾道路を挟んで、公園北西側に桶川市歴史民俗資料館があります。

桶川飛行学校平和祈念館は前述城山公園から西に600mくらいのところにある施設です。文化財の熊谷陸軍飛行学校桶川分教場を改修したものです。同分教場は1937年に竣工され、1945年まで特別攻撃隊の訓練施設として使用されました。戦後~2007年まで引揚者や生活困窮者を受け入れる市営住宅「若宮寮」として利用されていましたが、2020年に復元整備が終わり、当時の資料を展示する施設となっています。

坂巻醤油店は桶川市大字川田谷にある耐小14年創業の醤油メーカーです。漫画「将太の寿司」に取り上げられたこともあるタマジョウ醤油というブランドで有名で、だし醤油や醤油を使ったジェラートなども取り扱っています。工場見学はコロナ禍の間中止となっています。

べに花ふるさと館は桶川加納ICあたりにある旧家を再生利用した施設です。メインの母屋はうどん・そばを食べさせるレストラン、その他各種体験教室のある工房、ギャラリーなどがはいっています。付属の広場ではフリーマーケットなどが行われ、地元のコミニティー施設としても利用されています。


加須市(かぞし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県加須市 水と緑と文化の調和した 元気都市 人口112,200人

こいのぼりの形をしたナンバープレートです。2011年4月からミニバイク50cc以下~125cc以下、ミニカー・小型特殊を対象に交付されています。

加須市は埼玉県北東部にあり、2010年に旧加須市・騎西町・大利根町・北川辺町が合併してできた市です。市域の北側を利根川・渡良瀬川が流れ、おおむね平坦な地域となっています(ただし、海抜15mは以上)。古くから農業が盛んな土地柄で、現在も埼玉県下1位の稲作地帯になっています。市名の由来も新田開発により石高が「加増」したことからきているとされています。昔から稲の裏作として小麦の生産やこいのぼり生産が盛んで、「うどんのまち」や「こいのぼりのまち」として知られています。

緑の中のファミリーランド むさしの村は加須市志多見にある遊園地・農業体験施設です。1969年に開園したレジャー施設で、実質農協が運営しています。乗り物のある遊園地エリアと収穫体験ができる観光農園・ふれあい牧場があるわくわくファームエリアに分かれています。

毎年5月3日の市民平和祭で遊泳するジャンボこいのぼり(全長100m以上で世界最大)は加須市のシンボルとして有名です。加須のこいのぼり作りは、明治の初めに傘や提灯の職人によって作られはじめたとされています。手描き鯉のぼりの職人は最盛期の昭和初期ごろには40軒を数えたとされていますが、2016年に橋本弥喜智商店が閉業したことで、当地には手書き鯉のぼりの職人がいなくなってしまいました。

加須はなさき公園は加須市水深にある埼玉県営の都市公園です。36haの敷地内に、はなさき水上公園(プール施設)や修景池、メタセコイヤ・イチョウの並木道、バーベキュー広場などがはいっています。埼玉県道370号を挟んだ隣接地ではフリーマーケットがひらかれています。

不動ヶ岡不動尊 總願寺(そうがんじ)は加須市不動岡にある真言宗智山派の寺院です。成田山新勝寺・高幡不動尊と並んで関東三大不動の一つに数えられることがある寺院で、886年に創建されたとされる古刹です。2月に行われる大護摩供・鬼追い豆まき式には力士や芸人も参加することで有名です。また、毎月第4日曜には骨董市がひらかれています。

道の駅 かぞわたらせは埼玉県道9号沿いにある小規模の道の駅です。もともと2004年に「道の駅 きたかわべ」として開駅したものですが2020年に現在の名称になっています。渡良瀬遊水地のほとりにあり、通常の道の駅の施設のほか、スポーツ遊学館でヨット・カヌー・自転車のレンタルを行っています。近くに埼玉・栃木・群馬の三県境やオニバスの自生地があります。

童謡のふる里・おおとねは埼玉県道46号加須北川辺線沿いにある小規模の道の駅です。建物裏手の休耕地にホテイアオイの群落があり、開花期の9月頃にはちょっとした名所になっています。県道60号を北上して利根川沿いに行くと「日本一安くて、日本一綺麗(市HPより)」と自負するプラネタリウムがある加須未来館加須市大越昆虫館があります。


神川町(かみかわまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県児玉郡神川町 水と緑そして人が織りなす豊かなまち -安らぎとゆとりのある大地を目指して- 人口13,370

町のマスコットキャラクター「神じいとなっちゃん」が描かれています。2016年から50cc以下のミニバイクを対象に交付されています。

神川町は埼玉県北東部、児玉郡に属する町です。2006年に旧神川町・神泉町が合併して誕生した町で、群馬県の県境である神流川(かんながわ)に沿った細長いS字型の町域を有しています。畑作や稲作、クジャクソウ・梨・下仁田ネギを特産とする農業や児玉工業団地(神川町、本庄市、上里町にまたがる)の製造業が盛んな町ですが、温泉や三波石峡(国の名勝)、城峯公園の冬桜などがあり、観光地としても知られるようになっています。

お風呂cafe 白寿の湯は神川町渡瀬にある入浴施設です。温泉は関東一の源泉濃度(溶存成分35g/kg)を誇る塩化物ーナトリウム泉(赤錆色のにごり湯)で、全国的にみても珍しいものとなっています。源泉濃度が高いため浴室の床には千枚田のように堆積物が出るようです。駐車場に温泉サバの陸上養殖場が併設されています。ほかに、かんなの湯という入浴施設が神川町小浜の町営グラウンド沿いにあります。こちらは普通のスーパー銭湯に農協の直売所やBBQ施設が付随したものです。

金鑚神社(かなさなじんじゃ)は武蔵国二宮に数えられる神社で、本殿は無く社殿後背の御室山(御室ヶ獄)を御神体とする古代祭祀の様式が残っています。社殿ではヤマトタケルが火打金を御室山に納め、天照大神と素盞鳴尊を祀ったことが創建とされています。多宝塔は国の重要文化財に指定されているほか、周辺には御嶽の鏡岩(国指定天然記念物)があります。

城峯公園(じょうみねこうえん)は神川町矢納の神流湖を見下ろす高台にあります。紅葉と同時に開花する桜が「冬桜」(十月桜とも呼ばれる)として知られていて、10月下旬~11月頃が見頃というちょっと変わった桜の名所です。毎年10月の最終日曜に「冬桜まつり」が開催されています。

ヤマキ醸造は明治35年創業の味噌・醤油蔵で、神川町下阿久原の神流川のほとりにあります。直売所の糀庵とレストラン湯葉カフェ紫水庵を有し、豆腐作りや醤油絞りなど見学・体験もおこなっています。毎年9月には「みそまつり」としてみその量り売りを中心に、みそを使った料理の販売を開催しています。

カネザワフルーツリゾートは神川町元阿保にある農園で、バナナ・梨・ブルーベリー・オリーブなどを作っています。国内でバナナの栽培を行っている農家は珍しく、無農薬のバナナは皮も食べられるそうです(1本あたり千円ほどとかなりお高い)。もっちりとして甘みが強いグロスミッシェル系バナナのスムージーを販売しています。


上里町(かみさとまち)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県児玉郡上里町 人と自然が響きあう“ハーモニーガーデン上里” 人口30,840人

マスコットキャラクターの「こむぎっち」が描かれています。2012年から50cc以下のミニバイクを対象に交付されています。

上里町は埼玉県北部にある町です。利根川水系の烏川・神流川を挟んで群馬県に接し、埼玉県の北側の入り口となっています。1883年の高崎線開通から近代化が進んだ地域で、町域はほぼ平坦です。そのうち36.7%が耕地としてねぎ・ブロッコリー・水稲・梨などが作られていて種子小麦が特産品になっています。また、南東部は児玉工業団地となっています。なお、最北端となる大字 毘沙吐には人が住んでいません。

上里町には一般国道17号と高速道路の関越自動車道が通り、そのうち関越自動車道には上里サービスエリアがあります(2015年からスマートインターチェンジが供用開始)。上り・下りともにスターバックス、パン屋、うどん屋などがはいっていますが、お土産の種類が多いことが特徴になっています(東は水戸納豆~西は山梨の信玄餅まである)。ご当地感は下りの方が強いようです。

上里カンターレは洋菓子の委託製造業者 株式会社シェリエが運営する工場・店舗併設の施設です。南イタリアのリゾートホテルをイメージした外観で、内部はパン工房や菓子工場、レストランになっています。上里SA上り側近くにあり徒歩で行くことができます。周辺に農産物直売所や上里いちご&トマト園という観光農園があります。

ジハンキ イチバはウニクス上里から西に200mほど、下仁田街道をはずれて少し北上したあたりにあります。向かいのシフォンケーキ優-上里本店が運営する施設で、卵・米・ダシ・昆虫食品・謎の飲料など変わったものを各種取り扱っています。道路向かいにケーキの自販機があります。

神流川の戦いは1582年7月5日~8日まで行われた合戦で、織田方の滝川一益と北条氏直・氏邦が戦ったものです。戦国時代において関東地方最大の野戦とされています。神流川畔の国道17号から30mほど北に神流川古戦場の碑があります(案内板と石碑のみでトイレ・駐車場などなし)。


川口市(かわぐちし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県川口市 きらり川口ゆめわ~く 人口578,100人

地場産業の鋳物工業をイメージしたイラストが描かれています。2014年からミニバイク50cc以下~125cc以下を対象に交付されています(2021年以降は従来型からオリジナルナンバーへの交換に200円かかるようになっている)。

川口市は埼玉県南東部にある市です。さいたま市に次ぐ県下第二位の人口を有し、政令指定都市を除く市のなかでは船橋市に次ぐ全国第二位の市となっています。江戸時代に日光御成街道の宿場町 川口宿と鳩ヶ谷宿として発展し、荒川で鋳物に適した砂が採れたことから鋳物業が発達、その後の明治時代に軍需品の製造を開始し、戦後は日本を代表する鋳物のまちとなっていました。その後1970年代のオイルショックにより鋳物業は衰退しますが、工場跡が宅地化されて、現在は首都圏のベッドタウンとして機能しています。南西部のJR高崎線西川口~川口駅および埼玉高速鉄道南鳩ヶ谷~川口元郷駅あたりに住宅地・商業地が集まっています。

川口オートレース場は1952年に開場した施設で、全国5場のオートレース場の中で売上・入場者数1位を誇っています。執筆現在(R4.9月)は11月30日まで走路改修工事が行われています。当地の夏祭り「たたら祭り」のメイン会場でもあるため、オートファン以外にも人気のある場所です。売店のもつ煮は昔から人気があるようで、オートレースはやらないがもつ煮とビールで一杯という層がいます。

赤山歴史自然公園(愛称:イイナパーク川口)は首都高速川口線の川口料金所あたりにあります。もともと廃棄物の最終処理場として計画が進んでいましたが、代えて清掃工場の朝日環境センターが整備されたことから公園に転用されたものです。名称の「イイナ」は伊奈氏にちなんでいます。歴史自然資料館・物産館・遊具エリア・川口ハイウェイオアシスなどがはいっています。

道の駅 川口・あんぎょうは国道298号線沿いにある大規模の道の駅です。東京都心から2番めに近い道の駅であり(開駅当初は1番め)、川口市の伝統産業である植木・園芸・造園の拠点施設 川口緑化センターや安行公園のスポーツセンター、プールに隣接しています。菓子屋や蕎麦屋もありますが、植木販売がメインとなっています。

SKIPシティは「埼玉川口インテリジェントパーク」の頭文字をとったもので、NHK川口ラジオ放送所の跡地を再開発したものです。川口市立科学館(サイエンスワールド)・SKIPシティ映像ミュージアム・埼玉県生活科学センターなどがはいっています。

旧田中家住宅は川口市末広の岩槻街道沿いにあります。2018年に国の重要文化財に指定されている建物で、洋館・和館・文庫館・日本庭園と茶室からなっています。当地の旧家で味噌蔵と材木商で繁栄した田中家の建てたもので、大正~昭和初期頃の建築物です(入場料:大人210円、小中学生50円)。見事な和洋折衷の建築様式が見られ、メンテナンスも行き届いているようです。

安行原の蛇造りは江戸時代に始まったとされる当地の伝統行事で、五穀豊穣・天下泰平・無病息災を祈って5月24日に長さ10mほどの藁の蛇を造り、欅(いまはやぐら)に掛ける行事です。東本郷赤山通りにある欅の下に設置されていますが、以前作られたものは前述の道の駅 川口・あんぎょう内に展示されています。


川越市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県川越市

埼玉県南部 さいたま市の西 昔の面影を残す町 人口約352,000人

古き面影を残す川越の街並みを背景に、川越市マスコットキャラクター 「ときも」が描かれています。ときもは、川越の特産品サツマイモ「紅赤」を基にデザインされました。頭には川越市のシンボル「時の鐘」が載っかています。

川越市は都心からおよそ30kmの距離にありながら、明治・江戸時代の「蔵造りの町並み」が今も残っています。蔵造りの町並みのある、川越一番街を中心とする旧市街地は、1999年国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。


久喜市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県久喜市

埼玉県東部 花がもてなす絵になるまち 人口約151,900人の市

八雲神社の夏のお祭り「久喜の提灯祭り・天王様」の威勢の良い提灯山車と、栗橋エリアの「ハクレン」の豪快なジャンプが描かれています。普段、霞ヶ浦や北浦に生息しているハクレンは、産卵時期が近づくと利根川を100km以上も遡って栗橋地先まで来ます。毎年6月から7月にかけて、かなりの数のハクレンが一箇所に集まり、豪快なジャンプを見せてくれます。

また「久喜の提灯祭り・天王様」は、山車の四面に数百個の提灯を飾りつけ、回転させたり、ぶつけたりする威勢の良い祭りです。


越谷市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県越谷市

埼玉県南東部 水郷こしがや 人口約341,000人

越谷特別市民「ガーヤちゃん」が飛び立ちました。ガーヤちゃんは、鴨とねぎをイメージして誕生したキャラクターです。背景に描かれているのは、「しらこばと橋」でこちらは、大空に向かって飛び立つ2羽のシラコバトをモチーフにデザインされました。

2008年に街開きした「越谷レイクタウン」は、計画人口22,400人の大規模ニュータウンです。地区内には、日本一の商業施設面積を誇る「イオンレイクタウン」が在ります。


幸手市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県幸手市

埼玉県東部 歴史が語る、花木が魅せる街 人口約51,900人

ナンバープレートに描かれている、幸手市のマスコットキャラクター「さっちゃん」は、桜と菜の花の妖精です。幸手市の権現堂堤(利根川の支流である権現堂川の堤防)には、約1kmに渡り桜並木が続きます。

桜の開花と時を同じくして、菜の花も満開になり、あたり一面が黄色とピンクのコントラストに彩られ、この光景を見物に多くの観光客が訪れます。また6月にはアジサイ、9月には彼岸花、2月には水仙と、四季を通じて色々な花が楽しめます。


白岡市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県白岡市

埼玉県東部 緑の多いベットタウン 人口約51,900人の市

白岡市は埼玉県有数の梨の生産地で、「梨」にちなんだご当地ナンバープレートです。右側のキャラクターが、梨のことなら何でも知っているおじいちゃん「なしべえ」で、隣に居るのが孫の「なしりん」です。

白岡市は、都心から約40kmとベットタウンに適した位置にあります。一方自然が沢山残されており、近郊農業も盛んで、梨の生産は県内随意一です。また白岡市には、「シラオ仮面」と言う謎のヒーローが出没することがあり、市のPRをして去っていきます。

2018年8月、ついに「シラオ仮面」のナンバープレートが誕生しました。以前より進化を遂げたようで、専用の乗り物(自転車)やのぼり旗が装備されました。「シラオ仮面」自身もPower Upしているようで、ナンバープレートには空を飛んでいる様子が描かれています。


所沢市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県所沢市

埼玉県南部 航空発祥の地 人口約341,000人の市

所沢市は、市章とは別に「市のシンボルマーク」も作成しています。ナンバープレートに描かれている、飛行機の形をした物が「所沢市のシンボルマーク」で、「狭山丘陵」の自然や「日本の航空発祥の地」を表現し、未来へ飛翔しています。

所沢市は、日本で初めて飛行場が開設された土地で、1911年(明治44年)4月5日に日本初の飛行をしました。また狭山丘陵は、「トトロの森」の愛称で親しまれる自然豊かな丘陵地帯です。狭山丘陵では、自然と文化財を守るためのナショナルトラスト運動「トトロのふるさと基金」が設立されています。

2018年に追加されたナンバープレートは、埼玉県所沢市を本拠地とする「埼玉西武ライオンズ」をモチーフにしています。所沢市イメージマスコット「トコろん」とライオンズのマスコット「レオ」が野球をしている構図です。


新座市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県新座市

埼玉県南部 東京都と境を接する人口約163,700人の市

せせらぎが流れる雑木林に、ゾウの形をしたような、キリンの模様のような不思議な動物が居ます。この動物は、新座市のイメージキャラクター「ゾウキリン」(漢字で書くと雑木林)で、「観光都市新座」づくりのスローガン「雑木林とせせらぎのあるまち新座」を読み違え、住み着いたようです。

新座市には、ゾウやキリンだけでなく「ダチョウ」も居てます。また雑木林とせせらぎのあるまちを代表するのが、新座市役所の西側に隣接する「平林寺」です。国指定天然記念物に指定された雑木林や、野火止用水のせせらぎが楽しめます。


蓮田市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県蓮田市

埼玉県東部 縄文時代の貝塚がある街 人口約62,000人

元荒川の河川敷を蓮田市マスコットキャラクター「はすぴぃ」が散歩しています。蓮田市付近には、約3万年前から人が住んでいたと考えられ、市内には貝塚や住居跡の遺跡が残されています。

歴史のある蓮田市には、200有余年前から続く民俗行事「伊豆島の大蛇」があります。詳しくは動画を御覧下さい。(大蛇はお酒が大好きです。)


鳩山町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県比企郡鳩山町

埼玉県中央部 人口約13,900人の町

鳩山町イメージキャラクター「はーとん」が描かれています。鳩は平和のシンボルで、鳩山町では自然と挨拶が出来る町、温もりある街造りを行っています。鳩山町の取り組みはこちらを参考にして下さい。


羽生市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県羽生市

埼玉県北東 群馬県都の県境 人口約54,400人の市

ムジナもんと仲間たちが描かれています。ムジナもんのシッポは、絶滅危惧種の「ムジナモ」です。ムジナモは羽生市の宝蔵寺沼のみ自生している食虫植物で、行政と市民ボランティア団体が保護活動を行っています。羽生市三田ヶ谷にある、「さいたま水族館」でムジナモをみることができます。

また羽生市の特産品「青縞」は、この地で古くから生産されている、藍染物の伝統工芸品で、「武州正藍染」という地域ブランドで、全国にPRしています。


東松山市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県東松山市

埼玉県中央部 彫刻のある街 人口約91,900人

中央部に大きなボタンの花(市の花)が描かれ、隣に市のマスコットキャラクター「まっくん・あゆみん」が居てます。東松山市には、東松山ぼたん園と、箭弓稲荷神社ぼたん園の2つのぼたん園があって、4月下旬から5月中旬にかけて見頃を迎えます。

また東松山の名物と言えば「やきとり」です。東松山のやきとりは、豚のカシラ肉(ほほやこめかみの部分)を使うのが特徴で、焼きあがったやきとりに、店独自にブレンドされた辛味噌ダレを付けて食べるのが、東松山スタイルです。


富士見市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県富士見市

埼玉県南部さいたま市の東側 人口約109,000人

上部に流れているのは、荒川、新河岸川、柳瀬川でしょうか。右側に市のマスコットキャラクター「ふわっぴー」が描かれています。富士見市西部に在る「びん沼自然公園」は、約57,000平方メートルの敷地にシラカシ、クヌギ、エゴノキなどが沢山植えられ、野鳥、昆虫、植物などの自然観察が出来ます。

園内には、ゲートボール場、野球グラウンド、芝生広場も整備され市民の憩いの場です。なかでもびん沼は、ヘラブナ釣りの人気スポットで、季節を問わず沢山の釣り人が訪れます。びん沼から見える富士山も美しく、富士を見ながら一日釣りをするのも乙なものです。


ふじみ野市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県ふじみ野市

埼玉県南部 富士見市の北西側に隣接する 人口約111,900人

ふじみ野市 PR 大使「ふじみん」です。頭には、富士山の帽子を被っています。ふじみんは、天然記念物にもなっている(地蔵院のしだれ桜)桜の花びらの妖精です。ふじみ野市は、近郊農業が盛んでネギ、ホウレン草、ブロッコリー、ニンジン、キャベツなどが栽培されています。


本庄市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県本庄市

埼玉県北部 歴史と古墳の町 人口約77,600人

前の山古墳から出土した「笑う盾持人物埴輪」をモチーフに誕生した、マスコットキャラクター「はにぽん」が描かれています。笑う盾持人物埴輪は、市指定文化財の、笑う表情を持つ埴輪で、パリで開催された「日本美術が笑う」展にも出品され、日本や本庄市をPRしました。

また「長泉寺」にある「骨波田の藤」は、樹齢650年とも言われ、県の天然記念物に指定されています。毎年4月下旬から5月中旬にかけて、薄紫の美しい花を咲かせます。


三郷市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県三郷市

埼玉県南東端 読書のまち 人口約138,700人

三郷市の市の鳥「カイツブリ」をモチーフにした、マスコットキャラクター「かいちゃん&つぶちゃん」が三郷市をPRしています。カイツブリは、日本に広く生息する水鳥で、潜水がとても上手で「みさと公園」の小合溜井でその姿を観察することが出来ます。

みさと公園から小合溜井を挟んで、対岸が東京都の水元公園で、メダカ橋を渡って行き来できます。また三郷市は近郊農業も盛んで、中でも小松菜は、全国有数の生産量を誇ります。


美里町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県児玉郡美里町

埼玉県北部にある人口約11,000人の町

美里町の特産品ブルーベリーをモチーフにした、美里町マスコット「ミムリン」です。美里町はブルーベリー植栽面積日本一で、観光果樹園もたくさんあり、例年6月上旬から7月中旬頃に成ると、ブルーベリーの収穫体験もできます。

また美里町で毎年8月15日に行われる「猪俣百八燈」は、国の重要無形民俗文化財にも指定されており、猪俣・堂前山に108基の塚を築き一斉に火が付けられます。(合わせて花火大会も行われます。)


皆野町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県秩父郡皆野町

埼玉県北西部 秩父音頭の古里 人口約9,800人の町

皆野町イメージキャラクター「み~な」は、頭に美の山(蓑山)の帽子を被り花、緑、清流の自然を現しています。皆野町と秩父市にまたがる蓑山の、山頂付近を整備してできた「美の山公園」は、サクラ、ヤマツツジ、アジサイなどの花の名所です。

また皆野町は秩父音頭発祥の地で、8月には「秩父音頭まつり」が町を上げて開催されます。


毛呂山町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県入間郡毛呂山町

埼玉県 中部 流鏑馬の町 人口約36,700人

特産品の柚子の顔をした、毛呂山町マスコットキャラクター「もろ丸」くんは、馬に乗って弓を射ることが得意だそうです。毛呂山町「出雲伊波比神社」の流鏑馬(やぶさめ)は、埼玉県の無形民俗文化財で、950年以上続く地域の祭りとして受け継がれています。

また毛呂山町のゆずは、日本最古のゆずの産地(農作物として柚子を栽培した)で、「桂木ゆず」のブランドで全国に出荷されています。毛呂山町ではゆずの収穫時期(例年12月)になると、「ゆず祭り」が開催され即売会などが行われます。


嵐山町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

埼玉県比企郡嵐山町

埼玉県中央 オオムラサキが生息する町 人口約18,100人

嵐山渓谷を国蝶「オオムラサキ」がてふてふしてます。その下をオオムラサキの兜を被った、嵐山町のキャラクター「むさし嵐丸」がバイクに乗っています。

嵐山渓谷は、京都の嵐山に勝るとも劣らない景勝地で、都心からも近く大勢の人が訪れます。また河原の「バーベキュー場」は、幅広い層で楽しめる人気のスポットです。2017年「JTBるるぶ.COM」のBBQ&キャンプ場人気スポットランキング全国1位獲得


伊奈町(いなまち)

伊奈町ホームページより

埼玉県北足立郡伊奈町


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コチラのページが便利です
市町村別の目次
コチラのページが便利です
市町村別の目次