神奈川県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 関東 (四輪自動車)

神奈川県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


海老名市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県海老名市

神奈川県中央部 歴史と農業のベットタウン 人口約130,900人

海老名市イメージキャラクター「えび~にゃ」は、からだが名産品の「イチゴ」あたまが「エビ」(この辺りは昔、入江だったとか)の猫です。えび~にゃのうしろには、相模国文寺のシンボル「七重の塔」が立っています。七重の塔は、現存していませんが、海老名中央公園に3分の1スケールで再現した塔があります。

また海老名市は、神奈川県一のイチゴの生産地で、直売所やイチゴ狩り農園なども多く、もぎたての完熟イチゴを頬張ることができます。


藤沢市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県藤沢市

神奈川県南部 キュンとするまち 人口約428,000人

藤沢市の代表的景勝地、相模湾に浮かぶ「江の島」が描かれています。右下のマークは、ふじさわシティプロモーション「キュンとするまち。藤沢」のロゴマークです。神奈川県、湘南、海、江の島の知名度と同じように、藤沢市も知ってもらう取り組みのようです。

また境川河口にある片瀬漁港は、「シラス漁」が盛んで、朝に水揚げされたシラスを使った「シラス丼」や特産品の「たたみいわし」が有名です。「たたみいわし」・・・シラスをハガキ大の大きさに並べて、天日で乾燥させたもの。直火で炙って酒の肴にすると、幸せになります。


開成町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄上郡開成町

神奈川県西部 田舎モダンな小さい町 人口約17,300人

開成町のマスコットキャラクター「あじさいちゃん」と「しいがしくん」が描かれています。開成町には5,000株のあじさいが植栽されている「あじさいの里」があります。色とりどりの花を付けはじめる6月頃になると、「開成町あじさいまつり」が開催され、県内外から多くの人が訪れます。

また町のキャッチフレーズ「田舎モダン」なイベントが、開成町「瀬戸屋敷風鈴まつり」です。築300年の古民家に、様々な風鈴が飾られ、彩と音のハーモニーを奏でます。


鎌倉市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県鎌倉市

神奈川県三浦半島の付け根 いざ鎌倉 人口約172,000人

全国的にファンの多い「江ノ電」です。江ノ電は、単線、路面電車の区間もあり湘南の街を、ゆっくりゆっくり走るローカル線です。

鎌倉市は歴史の街で、源頼朝ゆかりの「鶴岡八幡宮」は市を代表する神社です。こちらに行くには、江ノ電が便利です。江ノ電「鎌倉駅」下車、徒歩10分。

また奈良東大寺の大仏と、人気を二分する鎌倉大仏は、「高徳院」にあります。こちらに行くには、江ノ電が便利です。江ノ電「長谷駅」下車、徒歩10分。

スポンサーリンク


茅ケ崎市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県茅ヶ崎市

神奈川県中南部 湘南地域の中心 人口約240,000人

茅ヶ崎市広報キャラクター「えぼし麻呂」の描かれたサーフボードと、自転車が海岸に止まっています。茅ヶ崎市は、日本に数あるサーフィン発祥の地の一つで(??)年間を通じて、多くのサーファーが訪れ、夏の海開きを迎えると、家族連れなどの海水用客が押し寄せます。

またサザンオールスターズのリーダー「桑田 佳祐」の出身地で、多くの歌に茅ヶ崎のイメージが織り込まれています。また茅ヶ崎市の北部に在る浄見寺には、時代劇「大岡越前」で有名な名奉行大岡越前守忠相公の墓所があります。市では、毎年4月中旬ごろ、春の時代絵巻「大岡越前祭」が盛大に行われます。


箱根町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄下郡箱根町

神奈川県西部 芦ノ湖と温泉の街 人口約11,600人

㊤のナンバープレートは、芦ノ湖畔にヱヴァンゲリヲン初号機が描かれています。新世紀エヴァンゲリヲンのネルフ本部は、箱根町に在る設定で、箱根町はヱヴァンゲリヲンの聖地になっています。㊦のプレートの周囲には、箱根町伝統工芸品「寄木細工」の模様が施されています。正月に毎年行われる「箱根駅伝」の往路優勝チームには、寄木細工で作られたトロフィーが授与されます。

また箱根町は首都圏でも有数の温泉地で、泊まってよし、日帰りでもよしの、いろんなタイプの温泉が揃っています。

スポンサーリンク


厚木市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県厚木市

神奈川県中央 先進的自治を試みる経営革新度No1自治体 人口約225,000人

厚木市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」が描かれています。市内を流れる相模川には、沢山の鮎が遡上し、厚木市では鮎を使った郷土料理や土産物を扱う店が多くあります。8月には「あつぎ鮎まつり」が開催され、小学生鮎つかみどり大会や、花火大会も行われ沢山の人で賑わいます。

また厚木で有名な料理に「シロコロホルモン」があります。下茹でしていない豚の大腸を、輪切りにして網焼きしたもので、(一般的なホルモンは、下茹でしている、腸を開くように切る)過去にB-1グランプリで優勝しています。


綾瀬市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県綾瀬市

神奈川県中部 緑と文化が薫るふれあいのまち 人口約84,200人

綾瀬市の河岸段丘の風景に、カワセミをモチーフにしたマスコットキャラクター「あやぴぃ」が描かれています。カワセミは市の鳥で、綾瀬市のコミニュティバスも「かわせみ」の愛称で親しまれています。(カワセミの絵が描かれたバスです。あやぴぃ仕様も見てみたいものです。)

またアメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している「厚木基地」は、綾瀬市と大和市にまたがる場所にあります。(厚木市にはありません)アメリカ海軍にとっては、横須賀港に係留されている空母の艦載機基地という位置づけのようです。

スポンサーリンク


伊勢原市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県伊勢原市

神奈川県ほぼ中央 しあわせ創造都市 人口約102,000人

伊勢原市公式イメージキャラクター「クルリン」は、大山こまの帽子をかぶっています。300年の伝統がある大山こまは、よく回ることから「金運がついてまわる」と言われ、縁起物の贈答品・装飾品として人気です。市の北部にある観光地大山に向かう「大山ケーブル駅」周辺には、大山こまを取り扱う店が沢山あります。

また大山では「豆腐料理」も有名で参道には、豆腐料理のお店が軒を連ね、3月には、直径4mの大鍋で湯豆腐をふるまう、仙人鍋などの「大山とうふまつり」が開催されます。


大磯町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県中郡大磯町

神奈川県南部 相模湾の中ほど 人口約31,400人

大磯海水浴場のシンボルかぶと岩を背景に、市の観光キャラクター、アオバトの「いそべぇ」「あおみ」が描かれています。大磯町照ヶ崎海岸では、アオバトが群れで飛来し「海水を飲む」極めて珍しい光景が観察できます。

「いそべぇ」「あおみ」は、明治から昭和初期の時代から、タイムスリップしてきた設定で、この時代には、多くの政界の重鎮や文豪が大磯に別荘を構えました。今でも旧吉田茂邸や旧島崎藤村邸に、当時の面影を垣間見ることができます。


座間市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県座間市

神奈川県ほぼ中央 大凧とひまわりの街 人口約129,300人

座間市マスコットキャラクター「ざまりん」が大凧を揚げています。ざまりんはひまわりの妖精で、座間市では7月下旬と8月中旬に、55万本のひまわりが咲き誇る「ひまわりまつり」が開催されます。

また例年5月4日5日に行われる「座間市大凧まつり」は、重さ約1トンの大凧を100人以上で引き揚げる、圧巻の凧揚げです。毎年大凧には、市民・団体から公募された「今年の文字」が描かれます。時間があれば、コチラ「座間のむかし話」も合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク


松田町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄上郡松田町

神奈川県西部 丹沢山系のふところに抱かれた街 人口約11,000人

まつだ大名行列の主役「赤坂奴(あかさかやっこ)」の「奴さん」と、松田山ハーブガーデンが描かれたナンバープレートです。まつだ大名行列は、江戸時代の赤坂奴の行列様式を、ほぼそのまま現代に伝える大名行列で、8月下旬に行われる「まつだ観光まつり あしがら花火大会」で観る事ができます。まつだ大名行列について詳しくは、こちら「広報まつだ」のPDFファイルを御覧下さい。

また松田山ハーブガーデンには、181種16,500本のハーブが植栽され、関連グッズを購入することが出来ます。


南足柄市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県南足柄市

神奈川県西部 わくわくがわく街 人口約42,600人

童謡「きんたろう」でも歌われているように、「あしがらやまのきんたろう」は、けものを集めて相撲を取っていたようです。南足柄市の金太郎は、「よいしょの金太郎」と言い、仲間のクマ・シカと相撲を取っています。

また金太郎が産湯をつかったと言われている「夕日の滝」は、落差23m、幅5mで夕日に映える景色はとても美しく、春は新緑、夏はキャンプ、秋は紅葉と楽しませてくれます。


スポンサーリンク

湯河原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

神奈川県足柄下郡湯河原町

神奈川県南西部 湯けむりと四季彩の街 人口約24,500人

湯河原町の広報マスコットキャラクター「ゆがわら戦隊ゆたぽんファイブ」の描かれた、デザインナンバープレートです。湯河原は万葉の時代から、良質の温泉が湧く場所として知られていました。湯河原町には、奥湯河原、湯河原、浜湯河原などの温泉があり、泉質・効能も様々です。

また日本最大級の足湯専用施設「万葉公園足湯施設 独歩の湯」では、日本列島をイメージした園内に、9つの泉が用意されており、様々な効果が期待できます。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.