岐阜県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

岐阜県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


羽島市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県羽島市

岐阜県南部 岐阜県の表玄関、交通の要衝 人口約67,100人

岐阜県の表玄関、羽島市のナンバープレートには、東海道新幹線と名神高速道路が交差する様子が描かれています。市内には東海道新幹線岐阜羽島駅と、名神高速道路岐阜羽島インターチェンジが在り、近年は物流関連企業が多く進出しています。

また竹鼻町にある「竹鼻別院」には、樹齢300年ともいわれる県指定天然記念物「竹鼻別院のフジ」が有り、開花時期の4月下旬から5月上旬にかけて「美濃竹鼻ふじまつり」も行われます。


大野町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県揖斐郡大野町

岐阜県南西部 笑顔あふれるやすらぎのまち 人口約23,000人

ナンバープレートに、大野町の特産品「柿」と「バラ」をモチーフにしたキャラクター「パーシーちゃん」と「ローズちゃん」が描かれています。大野町の大玉富有柿は、果汁が豊富で甘みが強いのが特徴です。また大野町はバラ苗木の生産が日本一で、新品種の導入などにも積極的に取り組んでいます。

柿、バラ以外にも有名なのが「揖斐二度桜」で、1つの木に一重と八重の花が咲き、八重の花弁の中に、ごくまれに遅咲きの八重が咲くことがあります。一度しぼんだ花が、再び開花することから二度桜と呼ばれています。


笠松町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県羽島郡笠松町

岐阜県南部 木曽川と共に歩んだ街 人口約22,700人

笠松町マスコットキャラクター「かさまるくん」と競走馬が描かれています。かさまるくんは、頭に笠と松を被り、笠松町をアピールしています。笠松町には全国的に有名な笠松競馬場があります。かつて「芦毛の怪物」と呼ばれ、JRA重賞12勝(うちGI 4勝)を記録した「オグリキャップ」は、笠松競馬場出身です。のちにJRAに移籍し、数々のグレードレースを勝利した「安藤勝己」ジョッキーも笠松競馬場出身です。

スポンサーリンク


岐阜市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県岐阜市

岐阜県南部 県庁所在地 織田信長の城下町 人口約412,000人

清流長良川の流れる岐阜市のナンバープレートは、「長良川の鵜飼の鵜」です。長良川の鵜飼は1,300年の歴史があり、現在は岐阜市の代表的な観光資源です。鵜を扱う人を鵜匠と言い、長良川の鵜匠は職名を「宮内庁式部職鵜匠」といい国家公務員になります。鵜匠は鵜の、毎日の餌やり、体調管理、鳥屋の掃除、鵜飼の訓練をして、鵜を家族の一員として扱います。この様に信頼関係を築き、鵜と鵜匠の、ぴったり息の合った鵜飼が行われます。

また岐阜市は、日本一の和傘の産地で、岐阜県郷土工芸品に指定されています。一方他府県の和傘生産地に、部品の供給も行い、和傘生産の火を消さないよう努めています。


神戸町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県安八郡神戸町

岐阜県南西部 濃尾平野の西北端 人口約19,100人

神戸町のナンバープレートには、町の花で特産品の「バラ」が飾られています。神戸町はバラの温室栽培が盛んで、岐阜県下最大のバラ生産地です。神戸町大字前田にある「ばら公園いこいの広場」では、約7,000㎡の敷地に、約300品種3,300株のバラが植えられています。(しかも入場無料です。)

また神戸町日吉神社のまつり「神戸山王まつり」は、松明と神輿を担いで全力で駆け抜ける勇壮なまつりで、「神戸の火祭り」とも言われています。


関市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県関市

岐阜県中南部 ときめき きらめき いきいきの街 人口約87,900人

関市イメージキャラクター「関*はもみん」は、耳の部分が特産品の刃物になっています。(外刃なので挟んで切ることは、無いようです。)関の刀鍛冶の歴史は、鎌倉時代からで「折れず、曲がらず、よく切れる」と武将の間で評判だったと言われています。

その地位を確固たるものにしたのが「関の孫六」こと孫六兼元です。「四方詰め」と言う独特の鍛刀法で、より頑丈な刀を作りあげました。三島由紀夫事件で使用された一振りは、関の孫六だったとも言われています。関鍛冶伝承館では、鎌倉時代から続く日本の名刀や関の刃物文化が生んだ数々の製品が展示されています。また毎年10月に開催される「関の刃物まつり」では、刃物大廉売市が行われ、安く刃物を購入することができます。

スポンサーリンク


池田町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県揖斐郡池田町

岐阜県南西部 西に池田山、東に揖斐川の流れる街 人口約24,000人

ナンバープレートに描かれている「いけキャラ ちゃちゃまる」は、うさぎの妖精で池田山に住んでいます。池田山は東側が大きく開けており、濃尾平野を一望できる有名な夜景スポットです。

またスカイスポーツの盛んな山で、週末には「ハングライダー」「パラグライダー」が数多く離陸します。麓には1,995年掘削に成功した「池田温泉」があり、お肌つるつる、すべすべの美人の湯として人気を集めています。


大垣市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県大垣市

岐阜県南西部 奥の細道むすびの地 人口約159,400人

大垣市のナンバープレートには、松尾芭蕉のシルエットと船町港(現在は船町公園)の住吉燈台が描かれています。松尾芭蕉は船町港で、奥の細道の最後の一句「蛤のふたみに別れ行く秋ぞ」を読み、船で桑名へ向かいました。大垣市には「奥の細道むすびの地記念館」があり、松尾芭蕉の奥の細道の旅を、追体験することができます。

また大垣市に本社を置く西濃運輸のトラックに「子育てなら大垣市」のPRスッテカーを見かけることがあります。

スポンサーリンク


各務原市(かかみがはらし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県各務原市

岐阜県南部 パークシティ 人口約144,600人

各務原市のナンバープレートには、公園に咲く市民の花木、桜が描かれています。各務原市には、大小150以上の公園があり、街全体が公園であるかのような「公園都市」の街造りを推進しています。一方で工業出荷高は県内第1位で、航空機、自動車、金属加工等の企業が集まり、バーチャルリアリティやロボット技術の研究開発拠点「テクノプラザ」もあります。


富加町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県加茂郡富加町

岐阜県南部 日本最古の戸籍が現存する街 人口約5,500人

富加町のナンバープレートには、マスコットキャラクターの「とみぱん」が描かれています。背中のあたりをよく見ると、半布里戸籍(はにゅうりこせき)でできたマントが見えます。大宝二年御野国加毛郡半布里戸籍(たいほうにねんみのこくかもぐんはにゅうりこせき)は、今から約1300年前の現存する日本最古の戸籍です。

当時の戸籍は、30年の保存期間が過ぎると廃棄されてましたが、半布里戸籍は裏面が写経のために二次利用され、破棄を免れ奇跡的に現在まで残りました。(要するに、チラ裏しました。しばらく置いておこう。1300年経過。←今ココ。)


美濃加茂市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県美濃加茂市

岐阜県南部 岐阜と愛知を結ぶ交通の要衝 人口約56,100人

木曽川に架かる太田橋とアジサイが描かれています。太田橋は、トラス構造(三角形を基本にした造り)の岐阜県初の近代的道路綱橋です。少し下流には、日本ライン下りの乗船場がありますが、2017年現在休止中で再開を模索しているとのことです。

さて美濃加茂市の特産品に、日本一の干し柿「堂上蜂屋柿」があります。1,000年以上前から作られ、その昔朝廷や将軍に献上され、2007年食の世界遺産とも呼ばれる「味の方舟」に認定された品です。毎年12月1日 午前8時30分より予約が開始されますが、生産量が少ないためすぐに完売になるようです。


スポンサーリンク

美濃市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県美濃市

岐阜県中部 和紙とうだつの街 人口約20,200人

美濃市の市章・市旗をデザインしたナンバープレートです。市章は、美濃(三の)を図案化し、市街地の地形をかたどった亀甲形をしています。

美濃市市街地の中ほどに「うだつの上がる町並み」(うだつ 屋根に付けられた防火壁、装飾 裕福な家の象徴)があり、江戸時代に建てられた、裕福な町並みが保存されています。ここでは毎年10月に、美濃市の伝統的工芸品「美濃和紙」を使った「美濃和紙あかりアート展」が開催され、1300年の伝統と、現代アートの共演が鑑賞できます。また「あかりアート館」では、あかりアート展の優秀作品が常設展示され、和紙のあかりアート製品も購入できます。

スポンサーリンク


養老町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県養老郡養老町

岐阜県南西部 元正天皇の愛した若返りの滝のある街 人口約28,000人

養老町のナンバープレートには、養老町マスコットキャラクター「スマイルげんちゃん」と若返りの滝「養老の滝」が描かれています。スマイルげんちゃんは、孝子伝説の親孝行な木こり「源丞内」がモチーフで、「養老の滝の水を汲むとお酒になった」という話です。

その昔この話を聞いた時の天皇「元正天皇」は、当地を訪れ滝の水を飲み、若返りの効能に感心されました。そして年号を「霊亀」から「養老」に改元されたという話です。


輪之内町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

岐阜県安八郡輪之内町

岐阜県南西部 カワバタモロコの棲む街 人口約9,900人

輪之内町のナンバープレートには、カワバタモロコキャラクター「かわばたくん」と「もろこちゃん」が描かれています。輪之内町は、カワバタモロコの保護・保全を通じて、豊かな自然環境を守る活動をしており、野生個体の捕獲を禁じている数少ない自治体の一つです。

また輪之内町の乙姫公園内には、「乙姫ポスト」が有りまして、ここに手紙を入れますと、竜宮城の乙姫さんに届きます。乙姫さんは多忙な中、月に20通の返事を書いてくれるそうです。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA