佐賀県ご当地ナンバープレート紹介・一覧

原付・小型バイクのご当地ナンバー

【佐賀県編】

全47都道府県を網羅 掲載市町村区550以上


四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 九州 (四輪自動車)

佐賀県ご当地ナンバープレートの紹介です。地域の観光・グルメ・道の駅情報なども少し扱っています。

当サイトの画像は、日本経済研究所さんの承諾を貰って使用しています。コピー・転載は禁止されています。

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

原付のご当地ナンバー市町村区別目次はコチラ


唐津市(からつし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県唐津市 太閤秀吉ゆかりの地 人口120,300人

唐津くんちの曳山が勢揃いしたナンバープレートです。

「唐津くんち」は毎年11月2日から11月4日までの3日間、唐津神社で行われる秋季例大祭です。くんちは「おくんち」「宮日」「供日」とも書き収穫を祝う行事です。「唐津くんち」は日本三大くんちの一つで、独特の漆の技法で飾られた14台の豪華な曳山が街を巡ります。昭和55年「国の重要無形民俗文化財」に指定され、平成27年には「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。

唐津は豊臣秀吉が朝鮮出兵の折に拠点として名護屋城を築城したことから、太閤にちなんだものが多くあります。近年名護屋城跡にほど近い名護屋城博物館にて黄金の茶室が復元・公開されています。

唐津市で全国的に有名なのが「唐津焼」です。市内で約70の窯元を数える唐津焼は、土の素朴さ、力強さから「用の美」を湛え、茶器として好まれました。現在では釉薬や技法による種類も豊富で、普段使いのマグカップやお茶碗などにも人気があります。


嬉野市(うれしのし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県嬉野市 神功皇后が兵を休めた街 人口26,700人

日本三大美肌の湯・嬉野温泉」をイメージしたナンバープレートです。

嬉野温泉の歴史は古く、神功皇后の時代(おおむね3世紀頃、諸説あり)まで遡ります。三韓征伐(朝鮮半島への出兵)の帰途にこの地に立ち寄った神功皇后は、傷ついた白鶴が川中で羽を休め、やがて元気に飛び立つ様子をごらんになったそうです。神功皇后が「あな、うれしや」と感嘆したことが嬉野温泉の名の由来になったといわれています。嬉野温泉の湯は無色透明のナトリウムを多く含む重曹泉で、「日本三大美肌の湯」といわれています。

アニメ「ゾンビランドサガ」水野愛のマンホール、日本マンホール蓋学会より

嬉野温泉の湯は飲用にも適しており、この温泉水を使った湯豆腐が江戸時代から伝わる嬉野名物「嬉野温泉湯どうふ」です。温泉水に含まれた重曹の働きで豆腐がとろとろになり、煮汁が白濁色になります。薬味入れて煮汁と一緒にいただきます。

嬉野温泉には忍者を体験できるテーマパーク肥前夢街道を本拠とする九州忍者保存協会があり、楽しみながら葉隠忍者を学ぶことができます。毎年うれしの温泉忍者フェスタが行われています。


白石町(しろいしちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県杵島郡白石町 宝の海、有明海に面する街 人口23,100人

ナンバープレートに描かれているのは、白石町特産物PRキャラクター「しろいしみのりちゃん」です。タマネギ、米(稲穂)、海苔(有明海苔・佐賀海苔)、イチゴ(さがほのか)、れんこんと町の特産物をPRしています。

白石町のタマネギは佐賀県の生産量の7割近くを占める、全国屈指の生産地です。れんこんは干拓地の重粘土質で育てられ、ねばりともっちりとした食感が特徴です。2001年(平成13年)に品種登録された「さがほのか」は、果皮はツヤのある紅色で、甘味が強く多汁で酸味は控えめ、日持ちするのが特徴です。

世界有数の干満の差を誇る有明海は、多くの河川から栄養分が流れ込む海苔の養殖には最高の環境で、白石町を中心とした地域で品質・生産量共に日本一の「佐賀海苔」が生産されています。佐賀海苔は、口どけがよく、香ばしさがあり、とろけるような甘みが特徴です。


基山町(きやまちょう)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県三養基郡基山町 鳥栖市とともに九州交通の要衝 人口17,400人

お隣の鳥栖市のナンバープレートと同じデザインです。基山町イメージキャラクター「きやまん」と鳥栖市イメージキャラクター「とっとちゃん」が描かれています。きやまんは基肄城(きいじょう)を守る防人をイメージしたキャラクターです。

基山町には、つつじ寺として有名な「大興善寺」があります。大興善寺の本堂の後背に広大な大興善寺公園がひろがり、4月中旬~5月初旬にかけて約5万本のつつじが見ごろを迎えます。秋には約500本のもみじが色づく紅葉の名所としても知られています。園内にはお抹茶処、売店、新客殿、花見堂などがあり、いずれも趣のある造りになっています。

基山町にはオーストラリア原産の大型鳥類エミューの牧場があり、エミュー料理やエミューの脂肪を利用した化粧品などが商品化されています。エミュー料理の動画です。お肉は高たんぱく、低脂肪でクセが少ないそうです。

基山体験型観光サイトきままにきやまより

基山町には、大野城とともに我が国最古の山城といわれる「基肄城跡(きいじょうあと)」があります。白村江の戦いの後大宰府防衛のため築かれた山城で、大野城が北の守り基肄城が南の守りを務めました。


鳥栖市(とすし)

出典元「日経研調べ ご当地プレート

佐賀県鳥栖市 基山町とともに九州交通の要衝 人口73,700人

お隣の基山町のナンバープレートと同じデザインになっています。鳥栖市イメージキャラクター「とっとちゃん」と、基山町イメージキャラクター「きやまん」が描かれています。

鳥栖市は、古くは鳥屋が多くあったことから「鳥巣」と呼ばれ養鶏が盛んでした。現在でも深い味わいをもつみつせ鶏や、柔らかくきめ細かい肉質のふもと赤鶏といった地鶏が育てられています。また、鳥栖市ではグロテスクさで知られる珍魚ワラスボやムツゴロウを様々な料理法で食べることができます。九州の味ムツゴロウ&黒霧島の動画。

みつせ鶏、全国地鶏銘柄鳥ガイドより

東洋経済オンラインの「住みよさランキング」上位に入る鳥栖市は、九州の南北・東西を結ぶ交通の交点であり、物流施設の集積地でもあります。市の北西部にある「コカ・コーラボトラーズジャパン鳥栖市民の森」では、鳥栖市の地名の由来となった多くの野鳥が見れます。また河川プールや、温泉施設「とりごえ温泉 栖の宿(すみかのやど)」もあり家族連れでのんびり楽しめます。

鳥栖市には地方競馬の佐賀競馬場があります(入場料100円 こども無料)。


神埼市(かんざきし)

神埼市ホームページより

佐賀県神埼市 自然、歴史、人が輝く未来都市神埼 人口31,821人

日の隈山と川、七色の虹を背景に吉野ケ里遺跡のやぐらやハンギーにのった「くねんワン」「くねんニャン」が描かれています。

くねんワンとくねんニャンは九年庵をモチーフにしたキャラクターです。九年庵は数寄屋造りの邸宅と、スギゴケの緑と紅葉のコントラストおよびツツジで知られる日本庭園で、国の名勝に指定されています。

吉野ケ里遺跡は弥生時代の大規模な集落の遺跡発掘・復元したものです。周辺は吉野ケ里歴史公園として整備され、弥生くらし館や吉野ケ里遺跡展示室で当時のくらしを学べます。また、遊具のある遊びの原が子供に人気です。近くに吉野ケ里温泉卑弥呼の湯があります。露天風呂あり浴槽が豊富、サウナも豊富(入浴700円)です。

菱焼酎、神埼市より

ハンギーは木製のたらいで、神崎町ではもともと水生植物の菱の実を取るために用いられていたとされています。名称は「半切り」がなまったものだと思われます。神埼市では8月に「城原川ハンギーまつり」が行われていて、当地のハンギー祭りではハンギーに胡座をかき、手に持った櫂で漕ぎます。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コチラのページが便利です
市町村別の目次
コチラのページが便利です
市町村別の目次