沖縄県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 九州 (四輪自動車)

沖縄県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ


石垣市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県石垣市

沖縄県南西 八重山諸島

おーりとーり「日本最南端の自然文化都市」へ 人口約49,400人

石垣島の大自然をデザインしたナンバープレートです。野底マーペーやカンムリワシなどが、シルエットで表されています。

石垣島は沖縄よりさらに400km南西にあり、亜熱帯気候に属します。サンゴ礁に囲まれた美しい海や、マングローブの林、八重山諸島固有の動植物など、石垣にしか無い自然が、たくさん残っています。そんな石垣の自然を一望できるのが「野底マーペー」です。標高282mの山頂から、ほとんど遮るものがなく、360°の絶景を堪能できます。(黒島は、於茂登岳に遮られて見えないようです。)「野底マーペー」についての注意点などはコチラ。

また独特のシルエットで描かれているのが、国の特別天然記念物に指定されている「カンムリワシ」です。興奮すると、後頭部の冠羽を逆立て、相手を威嚇したりすることから「カンムリワシ」と呼ばれています。日本では八重山諸島の石垣島や西表島などで、200羽程度が生息しています。石垣島出身の不世出のプロボクサー、WBA世界ジュニア・フライ級チャンピオン「具志堅用高」のニックネームとしても有名です。(具志堅用高氏の世界王座13連続防衛記録は、今もなお破られていません。)


宜野座村

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県国頭郡宜野座村

沖縄本島ほぼ中央 阪神タイガース1軍のキャンプ地 人口約5,600人

水と緑と太陽の里 宜野座村のご当地ナンバープレートには、マスコットキャラクター「ぎーのくん」が描かれています。ぎーのくんは村のシンボル「柄マン岳」の帽子、特産品「じゃがめん」のスカーフ、「パイナップル」のズボン、海と太陽という姿です。

宜野座村は、阪神タイガース1軍の春季キャンプ地で、2月の約一ヶ月間、宜野座村営野球場を中心にトレーニングが行われます。高知県安芸で行われている2軍キャンプも、将来的には宜野座村に統一する計画もあるようです。

また宜野座村の特産品に「島らっきょう」があります。本土で栽培されている「らっきょう」に比べて小型で細長く、辛味が強いのが特徴です。(島らっきょうを使ったオススメレシピはコチラ)

スポンサーリンク


西原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県中頭郡西原町

沖縄本島中東部 文教のまち 人口約34,500人

ブーゲンビリアとサワフジ(さがりばな)の描かれた西原町のご当地ナンバープレートです。

ブーゲンビリアとサワフジは熱帯・亜熱帯の植物で、西原町の花・花木になっています。特にサワフジ(さがりばな)は、観光ツアーが組まれるほど人気の花です。6月末から7月末にかけて、夜になると甘い香りを放ちながら花が咲き、夜明け頃には散ってしまいます。(翌日には別のつぼみが咲くので、ほぼ毎夜鑑賞できます。)

また西原町は沖縄県随一の「文教のまち」で、国立琉球大学をはじめ3つの大学が立地し、幼児教育から大学教育までの一貫した教育施設が整っています。

西原町の特産品・観光などは、コチラのページ「みんなの西原町」を御覧下さい。


南風原町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県島尻郡南風原町

沖縄本島南部 かすり織りのルーツの街 人口約38,700人

南風原町のご当地ナンバープレートには、沖縄の石造りの伝統をモチーフとした「21連アーチ橋(南風原高架橋)」がシルエットで描かれています。沖縄には琉球時代から築造された、数多くの石造りのアーチ橋や城門が点在していましたが、その多くが太平洋戦争で消失しました。南風原高架橋は、沖縄の石造りの伝統を現代の技法で再現した、美しい連続アーチ橋です。

南風原町は琉球かすりや、南風原花織など織物の盛んな街です。インドを起源とし、東南アジアに広まった「かすり織り」は、琉球の地を経て日本各地に広がりました。戦前までは沖縄各地で造られていましたが、今では南風原町を中心に工房が集まっています。琉球かすり発信の中心的役割を担うのが「琉球かすり会館」で、琉球かすりを使用したウエアやネクタイ、バッグやポーチなどを販売しています。事前に予約すれば機織りの体験もできます。会館周辺には「かすりロード」と言う散策路があり、織物の工房や糸張り作業場などが集まっています。

スポンサーリンク


沖縄市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県沖縄市

沖縄本島中部 沖縄全島エイサーまつりが開催される街 人口約140,800人

エイサーのまち沖縄市のご当地ナンバープレートには、エイサーを踊るキャラクター「エイ坊」が描かれています。

エイサーは歌と踊りで先祖の霊を供養する行事で、五穀豊穣、無病息災、安寧長寿など多くの思いを込めて踊ります。沖縄県各地で行われるエイサーの中で、最大のイベントが、沖縄市の「沖縄全島エイサーまつり」です。毎年旧盆の翌週末3日間に渡り開催され、延べ30万人の観客が集まり、イベントのクライマックスには全ての人が一緒になって「カチャーシー」を踊ります。


南城市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

沖縄県南城市

沖縄本島南部 琉球王国の文化遺産が残る街 人口約42,900人

2006年1月1日佐敷町、知念村、玉城村、大里村の1町3村が合併し新しく「南城市」が誕生しました。新しくできた南城市は市域がハートの形をしており、市では「ハートのまち南城市」をアピールしています。ご当地ナンバープレートもハートの形をしており、キャラクターの「なんじぃ」もハートをアピールしています。

南城市には琉球王国時代の文化遺産が数多く残っており、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ「斎場御嶽」もあります。斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球王国最高の聖地とされ、六つのイビ(神域)があり、祈りが捧げられていました。


原付のご当地ナンバー都道府県別目次はコチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください