コウノトリと共生するまち-兵庫県豊岡市-


・コウノトリとの約束
減り続けるコウノトリを保護し、人工飼育に踏み切るため、1965年に野外のコウノトリを檻の中に閉じ込めました。「いつか増やして、きっと空に帰すから!」それは、人間がコウノトリと交わした”約束”でした・・・・
現在、豊岡の人里には、コウノトリが100羽以上暮らしています。
1971年、国の特別天然記念物に指定されている「コウノトリ」は、生活環境の悪化、乱獲、毒性の強い農薬使用によるエサの減少や繁殖力の低下などが原因で、野生個体は絶滅しました。
やがて、豊岡市のコウノトリ飼育場を始め、日本各地の動物園で人工飼育・繁殖に成功、個体数が増加し始めます。
1992年には「コウノトリ野生復帰プロジェクト」が始動、1999年その中心的役割を担う「兵庫県立コウノトリの郷公園」が豊岡市祥雲寺に開園します。

画像出典元 豊岡市ホームページより引用

コウノトリは、全長110cm体重5kg程度の大型の鳥で、魚類、甲殻類、カエル、昆虫など、主に水辺の生き物を1日に400~500gほど食べる大食漢です。豊岡市ではコウノトリの野生復帰に向けて、湿地の確保と整備、また住民の協力を得て無農薬・減農薬の栽培を推奨しています。
市では、コウノトリも棲める豊かな環境づくりを通して、住民の安心安全と健康づくり、環境教育と郷土愛の育成、安全な農作物のブランド化なども進めています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください