「さくらんぼ」にかける情熱も生産量も日本一!-山形県東根市-


さくらんぼの都道府県別生産量は山形県がトップで、約7割を占めます。市区町村別では東根市がトップで、全国の約2割の生産量を誇ります。
東根市はいたる所で「さくらんぼ」をPRしています。
・山形新幹線の開通に伴い東根市に新駅が開業、「さくらんぼ東根駅」と命名される。
・あたたまりの湯と言われる東根温泉は、観光パンフレット等では「さくらんぼ東根温泉」と表記される。
・2005年 総合保険福祉施設「さくらんぼタントクルセンター」開館
・さくらんぼ東根駅内にある、観光物産多目的施設「さくらんぼタント館」
・市民バス「タントくん号」には、さくらんぼのラッピングが。
・「さくらんぼマラソン大会」や「さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ」などのイベント。
・きらやか銀行には「さくらんぼ東根支店」とインターネット専用の「ネットきらやかさくらんぼ支店」があります。
・その他、まなびあテラスと統合された今は無き「さくらんぼ図書館」や民間の「さくらんぼ保育所」などがあります。
※余談ですが東根市にある山形空港は「おいしい山形空港」と言われています。
東根市観光果樹園MAPはコチラ

画像出典元 東根市ホームページより引用

山形県で生産されるさくらんぼの約8割は、さくらんぼの王様と言われる「佐藤錦」です。「佐藤錦」は、約100年ほど前に東根市で作出された品種で、甘く、日持ちがよく、運搬に適しているのが特徴です。1928年新品種を作り出した「佐藤栄助」氏の名を取って「佐藤錦」と名付けられ世に送り出されました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください