三重県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

三重県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


尾鷲市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県尾鷲市

三重県南部 リアス式海岸が熊野灘に面する街 人口約17,300人

尾鷲市の魚「ブリ」を描いたナンバープレートです。体側に黄色の縞がくっきりと浮き出ており、極上の天然物と解ります。尾鷲地方は、ブリの三大漁場として知られ、定置網漁が盛んに行われています。

また尾鷲市には、世界遺産に登録されている「熊野古道」の一つ「伊勢路」が通っています。熊野古道「伊勢路」は、伊勢神宮と熊野三山の、ふたつの聖地を結ぶルートで、尾鷲市の馬越峠の石畳は、江戸時代から続く最も美しい石畳と言われています。

スポンサーリンク


木曽岬町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県桑名郡木曽岬町

三重県北東端 木曽川の東にある街 人口約6,300人

木曽岬町のナンバープレートには、「鍋田川堤桜並木」と、トマトをモチーフにしたキャラクター「トマッピー」が描かれています。鍋田川堤桜並木は、愛知県との県境を流れる鍋田川沿いに、約4kmに渡り、1,500本の桜が植えられており、春には多くの人が観光に訪れます。

また木曽岬町の「特産品」トマトは、三重県の出荷量の6割を占めます。トマトから創作されたキャラクター「トマッピー」は、自主運行バスのデザインやバス停の標識でも活躍しています。


伊賀市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県伊賀市

三重県北西部 忍者の里 人口約89,100人

忍者の里、伊賀市のご当地ナンバープレートです。滋賀県甲賀市のナンバープレートと、同じデザインになっています。左右に、忍者、巻物、手裏剣が描かれています。左の「卍手裏剣」は甲賀流、右の「十字手裏剣」は伊賀流です。伊賀市と甲賀市では、忍術対決(手裏剣対決)が行われ、負けた市は勝った市のPRポスターを1年間掲示します。

伊賀市では、毎年4月から5月にかけて「伊賀上野NINJAフェスタ」が開催され、忍者変身処で忍者衣装に変身できます。(愛犬も忍犬に変身できます。)

また伊賀市は松尾芭蕉生誕の地で、上野公園にある「芭蕉翁記念館」では、多くの資料の展示や、グッズの販売もおこなわれています。


亀山市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県亀山市

三重県北部 三重県の交通の要衝 人口約49,900人

亀山市のご当地ナンバープレートは、一般公募で選ばれた亀をイメージしたデザインです。亀山市は古くからの交通の要衝で、現在でも名阪国道、新名神高速道路や、関西本線、紀勢本線などが通い交通の結節点になっています。

また温暖な気候と豊かな土質の亀山市は、古くからお茶の栽培が盛んで、起源は千年以上前と言われています。亀山のお茶は、「亀山茶」「伊勢茶」と言われ、上品で濃厚な味わいと良質の香りが特徴です。

スポンサーリンク


鳥羽市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県鳥羽市

三重県東部 志摩半島のリアス式海岸と離島の街 人口約18,700人

平成23年にオープンした「鳥羽マリンターミナル」をイメージした、ナンバープレートです。鳥羽マリンターミナルは、鳥羽港(佐田浜)と離島を結ぶ「市営定期船」のターミナルで、真珠のネックレスをモチーフにした、モダンな外観をしています。鳥羽市では、人口の約2割の人が離島に居住しており、市営定期船は住民の足として、また観光客の交通手段として活躍しています。

また鳥羽市には、「飼育種類数 日本一」の鳥羽水族館があります。鳥羽水族館では、約1,200種もの生物が飼育されている外、世界で4箇所(もちろん日本ではここだけ)しか見ることができない「ジュゴン」、大人気の「ダイオウグソクムシ」に出会えます。


松阪市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県松阪市

三重県中央 豪商のまち 人口約161,800人

松阪市のナンバープレートには、特産品のお茶と松阪牛をモチーフにした、マスコットキャラクター「ちゃちゃも」が描かれています。松阪市の特産品「松阪牛」は、日本はもとより世界的にも有名な和牛ブランドです。中でも「特産松阪牛」は、明治時代からの肥育技術を継承し、但馬系の黒毛和種の雌牛を900日以上肥育したものです。究極のエイジングビーフとも言われ、松阪牛全体の数パーセントのみが認定されています。

また豪商のまち松阪の伝統工芸品「松阪もめん」は、天然藍の染め糸を使う織物で、江戸時代に大流行し、松阪豪商人の基礎をつくりました。


スポンサーリンク

四日市市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

三重県四日市市

三重県北部 三重県の産業中心地 人口約310,300人

四日市市のナンバープレートには、市の鳥「ユリカモメ」が描かれており、美しい空気の中を、高く舞い上がる光景を連想させます。三重県下最大の工業都市、商業都市の四日市市ですが、農業(お茶の栽培)や焼き物(萬古焼)など古くからの産業も盛んです。四日市萬古焼は耐熱性に優れており、その特性を活かした土鍋の生産は、国内シェア7、8割を占めます。最近ではIH(電磁調理)対応の土鍋も生産しています。

また8月に開催される「大四日市まつり」、10月に開催される「四日市祭」では、日本一大きなからくり人形「大入道山車」が現れます。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.