香川県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)

香川県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


坂出市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県坂出市

香川県北部ほぼ中央 瀬戸大橋の四国側玄関口 人口約52,200人

瀬戸大橋のちょうど真ん中あたりにある鍋島灯台から、公認キャラクター「さかいでまろ」が坂出市を眺めています。遠くには坂出市名物おむすび山やため池、瀬戸大橋が見えます。さかいでまろは名産の「坂出三金時」を持ち歩いています。金時とは赤いものの意味で、「金時イモ」「金時ニンジン」「金時ミカン」を称して坂出三金時と言い、いずれも赤みがかって甘いのが特徴です。

遠くに見える瀬戸大橋は、本州と四国を結ぶ3ルートの最短ルートで、上部に瀬戸中央自動車道、下部にJR本四備讃線が走る2階建て構造になっています。坂出市には瀬戸大橋開通を記念した「瀬戸大橋記念公園」があり、園内の「瀬戸大橋記念館」では架橋工事・架橋技術の全貌が紹介されています。

坂出市のうどん情報は、こちらから。


綾川町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県綾歌郡綾川町

香川県ほぼ中央 讃岐うどん発祥のまち 人口約23,300人

うどん県綾川町のナンバープレートには、讃岐うどんが描かれています。香川県の名物「うどん」は、弘法大師空海が唐から持ち帰った「唐菓子」が原型とされ、弟子の智泉大徳が、故郷である綾川町滝宮の両親をもてなしたのが始まりと言われています。道の駅滝宮にはうどん会館が併設されており、うどん打ち実演コーナーやお土産品コーナーなどがあります。

また高松空港から西へ3kmぐらいの所に「高山航空公園」があります。こちらでは、航空自衛隊の練習機「T-2超音速高等練習機」が展示されています。園内には落ちない神社「高山航空神社」もあり受験生に人気です。

綾川町のうどん情報は、こちらから。


三木町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県木田郡三木町

香川県東部 獅子たちの里 人口約27,600人

「獅子たちの里」三木町のナンバープレートには、獅子をイメージしたキャラクター「ミッキー君」が描かれています。三木町では農繁期の前後、地元青年団が各家を回り獅子舞を披露し、豊穣や商繁を祈願します。この伝統文化の継承と地域住民の交流、町おこしを目的に、毎年10月の第4土曜日に「獅子たちの里 三木まんで願。」(まんでがんは全部の意)を開催しています。

また三木町の香川大学農学部には、世界トップクラスの「希少糖」の研究センターがあります。希少糖は自然界にごく少量存在する単糖で、香川大学「何森 健」教授が希少糖の一種プシコースを、酵素を用いて大量生産することに成功しました。希少糖については、食品・医療・農業など幅広い分野で、無限の可能性が期待されています。(甘さは同じぐらいでカロリーほぼゼロ、血糖値の上昇を抑える、内臓脂肪の蓄積を抑えるなど)

三木町のうどん情報は、こちらから。


三豊市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県三豊市

香川県西部 浦島太郎伝説が残る街 人口約64,300人

瀬戸内に沈む夕日を囲むように、三豊市を代表する花「マーガレット」が飾られています。遠くに見えるのは七宝山「本山寺」の五重の塔です。三豊市では特に荘内半島を中心に、マーガレットの栽培が盛んで、生産量・出荷量ともに日本一です。(国内シェアは約60%)マーガレットは花が長持ちすることが人気で、冬場は約一ヶ月近くもちます。また落ちない花として、縁起の良い花とされています。荘内半島東側には市営の花畑「フラワーパーク浦島」があり、マーガレットなどの花摘みイベントも開催されます。

荘内半島西側、県道234号線沿いには、浦島太郎伝説にちなんだ「竜宮城公衆便所」もあります。(あまり長いトイレをすると、じっちゃん・ばっちゃんになるかもしれません。)

また四国は弘法大師「空海」ゆかり・生誕の地(香川県善通寺市)で、お遍路さんで有名な四国八十八箇所があります。その内の七宝山「本山寺」は、第70番札所です。鎌倉時代に建てられた本堂(国宝)、室町時代建立の二王門(重要文化財)などが現存し、四国八十八箇所の内四ヶ寺しか無い五重の塔が建っています。

三豊市のうどん情報は、こちらから。


宇多津町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県綾歌郡宇多津町

香川県瀬戸内海に面したほぼ中央 今も塩田の残る街 人口約18,900人

ウミホタルの形をしたナンバープレートに、宇多津ウミホタルのイメージキャラクター「う~みん」が描かれています。宇多津の海にもたくさんいるウミホタルは、体長3-3.5mmの甲殻類で、ミジンコの仲間に近いです。昼は砂に潜っていますが、夜には青白い光を放ちながら遊泳します。

かつて広大な塩田が在った場所に造られた「うたづ臨海公園」に複合施設「うたづ海ホタル」があり、塩づくりや宇多津町の歴史を紹介しています。また園内には、入浜式塩田が復元されており、昔ながらの塩づくり体験もできます(要予約)。こちらの塩田で作られた塩は、まるみとコクのある塩「宇多津入浜式の塩」として販売もされています。

宇多津町のうどん情報は、こちらから。


小豆島町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県小豆郡小豆島町

香川県東部小豆島の南半分 オリーブ栽培発祥の地 人口約14,400人

オリーブ・アイランドと呼ばれる小豆島にある小豆島町のナンバープレートは、島と海そしてオリーブが描かれています。小豆島町は日本で最初にオリーブの栽培に成功し、今も日本最大の生産地です。最近ではオリーブオイルだけでなく、オリーブを使ったお菓子、素麺、ドレッシングなどや、化粧品、石鹸も開発されています。またハーブの栽培にも力を入れており、オリーブとの相乗効果を狙った戦略も展開されています。

さて小豆島町は、小説家「壺井栄」の故郷で、代表作「二十四の瞳」のロケ地です。1987年に2度目の映画化がなされた時のオープンセットが、「二十四の瞳映画村」として保存されています。映画村には「壺井栄文学館」があり、壺井文学と二十四の瞳の原点を垣間見れます。

小豆島は手延素麺で有名ですが一応、宇小豆島のうどん情報は、こちらから。

スポンサーリンク


高松市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県高松市

香川県ほぼ中央 県庁所在地 瀬戸の都 人口約420,200人

高松市のランドマーク「屋島」の描かれたナンバープレートで、外観も屋島の形をしています。山なのか?島なのか?意見の別れる「屋島」ですが、公式(国土地理院)では島のようです。屋島は南北に長い台形の形をしており、屋根のように見えることから「屋島」と呼ばれています。

平安時代の末期、都を追われた平家はここ屋島に本拠を置く事となる。対立する源氏は「源 義経(牛若丸)」を 大将として屋島に攻め入る。これが「源平合戦」の中でも有名な「屋島の戦い」である。戦いの最中平家は、小舟に「扇の的」を据え、「この的を弓で射落としてみろ」と挑発する。これを見事射落としたのが、アニメ「ドリフターズ」で有名な「那須与一」である。戦いの末敗れた平家は、山口県「彦島」に逃げのびる事となり、最終決戦「壇ノ浦の戦い」が始まります。

高松市のうどん情報は、こちらから。


丸亀市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

香川県丸亀市

香川県中西部瀬戸内海に面する 骨付き鳥の発祥の地 人口約109,900人

丸亀市のご当地ナンバープレートは、石垣の高さが日本一の「丸亀城」と、日本一の生産量を誇る「丸亀うちわ」の2種類があります。

丸亀市のシンボル「丸亀城」の石垣は、4重にかさねられ、合計すると高さ60m日本一の石垣です。壮大な石垣の上には、高さ15mのやや小ぶりな天守が建っています。天守は小さいながら、江戸時代から続く「現存12天守」(ほぼ創建当時のままを維持している天守)の一つで、大手門と共に重要文化財に指定されています。丸亀市では毎年ゴールデンウィークに、「丸亀お城まつり」が開催され「火縄銃砲術実演」や「全日本骨付鳥選手権」などが行われます。

江戸時代に考案された「丸亀うちわ」は、金毘羅参りのお土産として全国に広まり、現在は経済産業省の伝統工芸品にも指定され、全国生産の約9割を占めています。丸亀港に在るうちわの博物館「丸亀市うちわの港ミュージアム」では、うちわの歴史や製法が紹介されており、「うちわ製作体験」も行っています。(丸亀城内にあるうちわ工房「竹」でも「うちわ製作体験」を行っています。)

丸亀市のうどん情報は、こちらから。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.