福井県ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)」または 地方版図柄入りナンバープレート 中部 (四輪自動車)

福井県ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


越前町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県丹生郡越前町

福井県嶺北地方の西端 人口約21,000人

ナンバープレートに越前がにと水仙が描かれています。冬の味覚ズワイガニは、この地方では、「越前がに」と呼ばれブランド化されています。最近では一定の品質基準を満たしたズワイガニは、水揚げされた漁港(漁連)ごとにブランドタグ(リンク先のカニの足に付いてる黄色のタグ)が付けられます。福井県沿岸は、寒流と暖流がぶつかり、エサのプランクトン小魚が豊富な場所で、身のしっかりと入った良質の「越前がに」が穫れます。

また越前町は日本六古窯の一つ「越前焼」も有名で、硬く緻密でありながら、粘りも強く生活に根ざした焼き物です。1971年に誕生した「越前陶芸村」は、若い陶芸家の受け皿となり、新たな創作活動の拠点になっています。

スポンサーリンク


高浜町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県大飯郡高浜町

福井県及び北陸地方の最西端 人口約10,400人

透き通るような高浜の海と青葉山が描かれ、ナンバープレート上部は、山と雲を縁取っています。高浜町で最も人気の海水浴場「若狭和田海水浴場」は、広い砂浜と遠浅の海、日本海の透き通った水が特徴です。バーベキュー・キャンプ場、海の家、トイレ、救護所などの施設、ライフセーバーも常駐しており、京阪神からのアクセスも良く、夏には多くの観光客が訪れます。(和田ビーチ以外にも多くの海水浴場が有ります。)

また福井県はトラフグの養殖にも力を入れており、若狭湾で育った「若狭ふぐ」は、身の締り、旨味が評判で、冬には京阪神などに出荷されます。


永平寺町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県吉田郡永平寺町

福井県北部 永平寺のある街 人口約19,500人

永平寺町イメージキャラクター「えい坊くん」と曹洞宗大本山「永平寺」が描かれています。曹洞宗永平寺は専ら坐禅に徹する黙照禅が特徴で、現在でも曹洞宗に限らず、参禅研修を希望する人を広く受け入れています。(一泊の参籠、三泊の参禅などがあるようです。)

また町の特産品「永平寺ごまどうふ」は、古くから修行僧たちに受け継がれる精進料理で、貴重なたんぱく源でもありました。

スポンサーリンク


越前市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県越前市

福井県中部 刃物の街 人口約80,700人

図柄も形状も「越前打刃物」のナンバープレートです。越前打刃物は700年の伝統「日本古来の火づくり鍛造技術」「手仕上げ」を守り、軽く薄くそして強くて永切れするのが特徴です。特に「二枚広げ(包丁)」「廻し鋼着け(鎌、苅込み鋏)」は、越前打刃物独特の技法で、他に例を見ない優れた製品を生み出します。

また越前打刃物とならんで有名なのが「越前和紙」で、こちらは1500年の歴史があります。古くは公家・武士階級の公用紙として重用され、日本最初の藩札(今で言う紙幣)福井藩札にも越前和紙が使われました。現代でも美術品や証書、証券などに使われています。


スポンサーリンク

勝山市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県勝山市

福井県北東部 いにしえの昔恐竜が闊歩していた街 人口約23,400人

緑色の部分をよく見ると、恐竜の形になっているのが解ります。首の長さから勝山市で発見された恐竜の一つ「フクイティタン・ニッポネンシス」君と思われます。

フクイティタンは、竜脚類ティタノサウルス形類(ざっくり言うと、くびの長い身体の大きい草食恐竜)に属します。勝山市は日本有数の恐竜化石産地で、学術的に貴重な恐竜化石が数多く発見されました。その一部を世界三大恐竜博物館の一つ「福井県立恐竜博物館 」で観ることが出来ます。また発掘現場を見学できる野外恐竜博物館専用バスツアーも用意されています。


若狭町

出典元「日経研調べ ご当地プレート

福井県三方上中郡若狭町

福井県西部 美しい水に恵まれた街 人口約14,800人

若狭町のナンバープレートは、水をテーマにしています。降る水、湧く水、流れる水、水の恩恵、水に集う、をイメージしています。若狭湾のリアス式海岸に面する若狭町には、有名な観光道路「三方五湖レインボーライン」があり、リアス式海岸の日本海と、三方五湖を見渡す眺望は圧巻です。

さて、三方五湖最大の面積を誇る「水月湖」の湖底には、世界の地質学者が注目する「奇跡の堆積物」があります。湖底の堆積物は一年ごとに、樹木の年輪のような縞模様「年縞」をつくります。この年縞を詳しく調べると、その時期の気温や気候の変化が推測できます。水月湖は、湖底に酸素がなく生物が生息せず、水深が深く大きな流入河川が無いため、堆積物がかき乱されず、きれいな状態が保たれています。

また水月湖の湖底は、年々海面に対し沈んでおり、堆積物が溜まっても水深が保たれます。このようにしてできた堆積物を、ボーリング調査し、世界で最も正確な、世界の標準のものさし「水月湖年縞」が誕生しました。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください