京都府ご当地ナンバープレート紹介・一覧


原付・小型バイクのご当地ナンバー

四輪自動車の地方版図柄入りナンバープレートはコチラ「地方版図柄入りナンバープレート 一覧 (四輪自動車)

京都府ご当地ナンバープレートの紹介です。少しだけ地域の紹介もしています。

(当サイトの画像は、日本経済研究研さんの承諾を貰って使用しています。コピー転載は禁止されています。)

都道府県別インデックスは、コチラ


亀岡市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

京都府亀岡市

京都府中西部 肥沃な亀岡盆地に広がる街 人口約88,400人

亀岡市のナンバープレートには、豊かな緑と豊富な水、そして亀岡市の観光マスコットキャラクター「明智かめまる」が描かれています。亀岡市は丹波地区に属し、多くの農産物が、丹波産〇〇や丹波の〇〇として出荷されています。亀岡盆地は、盆地特有の昼夜の寒暖差が大きい気候で、良質の農産物が収穫され、丹波米、丹波の黒豆、丹波栗、丹波松茸、亀岡牛、丹波地鶏などが有名です。

またマスコットキャラクター「明智かめまる」は、亀山城を築いた戦国武将「明智光秀公」をモチーフにしています。光秀公は、戦国時代最も有名な知将・教養人として知られ、その合理的手腕は高く評価されています。領民・家臣に対しての思いやりが深く、見舞いの書状などがいくつも残っています。「本能寺の変」、その時光秀公が何を思い、何を考え、何を憂いたのかは永遠の謎で、今後も解き明かされる事はないでしょう。ただ光秀公の決断が成功したという歴史的事実が残るだけです。

スポンサーリンク


京丹後市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

京都府京丹後市

京都府北端 丹後半島にある街 人口約53,500人

京丹後市のナンバープレートには、丹後半島の名勝「立岩」と、冬の味覚「松葉ガニ(間人ガニ)」が描かれています。丹後半島は、世界ジオパーク「山陰海岸ジオパーク」の一部で複雑な海岸線をしています。

ジオサイト(ジオパークの見どころ)の一つ「立岩」は、周囲1kmにも及ぶ玄武岩の1枚岩で、用明天皇の第三皇子、麿子親王が、この岩に鬼を封じ込めたと言われています。

また間人(たいざ)漁港で水揚げされる松葉ガニは、間人ガニと呼ばれ、日帰り操業により水揚げされるため鮮度は抜群で、水揚げ量の少なさから「幻のカニ」とも呼ばれています。


スポンサーリンク

宮津市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

京都府宮津市

京都府北部 日本三景 天橋立がある街 人口約17,700人

日本三景の一つ「天橋立」が描かれたナンバープレートです。プレートの形状は、「股覗き」をイメージしています。

天橋立のビューポイントの一つ、「天橋立ビューランド」からの眺めは「飛龍観」と言われ、股の間から覗くと、龍が天に舞い上がる姿が見えるそうです。この他にも「斜め一文字」「一字観」「雪舟観」などの有名ビューポイントがあります。天橋立には、約8000本もの松が自生(大部分が自然発生的に生えたもの)しており、景観を一層高めています。

また、船が通る時に90度回転する「廻旋橋 」や絶景の海水浴場「天橋立海水浴場」など、見どころ遊びどころ満載です。


向日市

出典元「日経研調べ ご当地プレート

京都府向日市

京都府 京都盆地の南西端 古の都 人口約55,400人

向日市の特産品「たけのこ」の竹を型どったデザインに、向日市歴まちPRロゴマークがワンポイントで描かれたナンバープレートです。向日市の竹は、ほとんどがモウソウ竹で、肉質が厚く、歯ざわりの良い最高の品質を誇っています。

また今から1200年以上も前、向日市は日本の中心地「長岡京」のあった場所です。784年に平城京から遷都され、794年に平安京に都を遷すまでのわずか10年間、長岡京・現在の向日市が日本の首都でした。向日市では、歴史まちづくりのシンボルとなる「向日市歴まちPRロゴマーク」を定め、向日市の歴史と魅力を全国に発信しています。


都道府県別インデックスは、コチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.